8/7(金)開始!KURKKU FIELDSの「“自然”と“食”の大冒険 FOOD ADVENTURE」

8/7(金)開始!KURKKU FIELDSの「“自然”と“食”の大冒険 FOOD ADVENTURE」

自然の中で過ごす、夏休み期間の子どもたちに向けた参加体験型プログラム

千葉県木更津市のサステナブル ファーム&パーク「KURKKU FIELDS (以下クルックフィールズ)」が、夏休み期間の子どもとその家族のための参加体験型プログラムとして「“自然”と“食”の大冒険 FOOD ADVENTURE(以下フードアドベンチャー)」を、 8月7日(金)から開始。
フードアドベンチャー
このプログラムでは、親子でアドベンチャーマップを頼りに、“食べ物”が生まれるまでのストーリーを学びながら広大なクルックフィールズを巡り、子ども達の五感を刺激するリアルな体験と、動画から食材の裏側のストーリーを想像させるバーチャルな体験を通して、地球や自然、食のつながりを親子で体感できる。

場内に13箇所用意されたチェックポイントを巡り、謎を解いていき、5問以上正解すると認定証のプレゼントも。

また、太陽光や大地、植物などの自然や生き物が循環する様子を描いたイラストを自由にカラーリングする「KURKKU FIELDSおえかきキャンペーン」も同時開催。
ぬりえ
さらに、8月8日(土)からは、待望のタイニーハウスの宿泊プランの提供を開始。米ポートランド発祥の新たなライフスタイルである“タイニーハウス”は、キャンプやグランピングともまた一味違う宿泊体験を楽しむことができる。

小さいながらも、遊び心やアイデアがぎゅっと凝縮されたスペースは、古材やアンティークを再利用したオシャレなデザインと、冷暖房完備の機能性が両立し、まるで秘密基地のような空間での宿泊体験は、人や自然との関係をより豊かにし、とっておきの時間を過ごすことができる。
タイニーハウス
自然や食について学びながら、「クルックフィールズ」で普段とは違った家族の時間を過ごしてみては。
“自然と食の大冒険” KURKKU FIELDSフードアドベンチャー
開催期間/8月7日(金)~9月28日(月)
参加費/無料
対象/小学生以下の子どもを持つ親子 ※対象以外の方も参加可能
受付場所/インフォメーションセンター

KURKKU FIELDSおえかきキャンペーン
開催期間/8月7日(金)~9月28日(月)
参加費/無料

KURKKU FIELDS TINY HOUSE VILLAGE
開催期間/8月8日(土)~ ※ 当面の間、毎週土曜のみの営業
宿泊費/
16,500円(税込)~(02号室/定員3名)
17,600円(税込)~(01号室/定員4名、04号室/定員4名、05号室/定員4名)
18,700円(税込)~(03号室/定員4名)
※宿泊の人数に限らず、一棟あたりの価格
※夕食のBBQは別途、1名 5,280円(税込)、朝食は1名別途1,650円(税込)
※小学生以下限定でBBQキッズプラン1名1,650円(税込)の注文も可能
※リネン代として、別途1名1,650円(税込)(寝具を使用しない未就学児程度の子どもは除く)

お問い合わせ先/KURKKU FIELDS
tel. 0438-53-8776
https://kurkkufields.jp/

2020年08月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ