【ンダ家の日々】第2話 尿糖値~張り切る姑~

【ンダ家の日々】第2話 尿糖値~張り切る姑~

【作家の紹介】ペンネーム:のき 家にいることが大好きな8歳児、4歳児の母のき。就職した1年後に妊娠結婚、職場復帰せずに夫の転勤先へついていき、娘とのんびりした日々を過ごすも、パートを始め、家に居たいと日々思う中第2子妊娠。その後夫は転職し、パートを辞め、現在家にこもり子供の成長を楽しんでます。そんな普通の日々を描いています。

のき

初めての妊娠。初めてだからと浮かれてはいけません、姑!妊婦さんって食べ物も気を使わなきゃいけないデリケートな体ですね。

私、姑を反面教師に自分にもしお嫁さんができたら黙って見守っておこうと思いました。
甘いのダメと断っているのに、ショートケーキならいちご乗っていて体にいいですよね(*^^*)(そんなはずない)

ンダ家の日々 バックナンバー

作者:のき

2016年09月23日

専門家のコメント
3
    いちぽ先生 保育士
    優しいお姑さんですね。
    悪気はないんですよね、美味しいものを食べさせたいという気持ちなだけで。
    尿酸値ひっかかったことないですが、お腹の子のためにも管理はしっかりやらないとですもんね。
    ゆり先生 保育士
    勢いのある義母、初孫、嫁のわたし。。。我が家もいろいろありましたー。妊娠産後はホルモンも普通じゃないしいろんなことを覚えてます。。。(笑)こんな時は、パパ!!がんばって!この時のパパの対応も妻はおぼえてますよ。。。(笑)
    まあ先生 保育士
    きっとお姑さんも妊婦さんを気遣っての行動だと思いますが、病院からも糖を抑えるように言われているなか、なかなか大変ですよね。

漫画の関連記事

カテゴリ一覧