【ふたご育児】第56話 ふたごトイトレのむずかしさ

【ふたご育児】第56話 ふたごトイトレのむずかしさ

作家プロフィール:2014年5月生まれの一卵性男児双子を育てながら趣味の漫画を「ふたご絵日記」にアップしています。こぼれ話のイラスト・4コマなどはtwitterに。

pika

ふたごトイトレのむずかしさ

3歳をすぎ、ゆるゆるとはじめたふたごのトイトレ。

オマルをつかったりトイレでしてみたりと、ゆるくトレパンをはかせてやっています。

「成功をしたら、たくさんほめる!」というのは、トイトレ鉄則のはずが…

ふたごのもう一人がいる目の前でやってしまったところ、見事にご機嫌を損ねてしまいました。

幼児ふたり同時のオムツはずしは、自尊心のバランスがむずかしいなと感じた一件でした。

(以降、さりげなく相方の見えない場所で沢山ほめています)

ふたご育児バックナンバー

作者:pika

ブログ:「ふたご絵日記」
Twitterアカウント:@pucchanPC

2017年10月15日

専門家のコメント
4
    いちぽ先生 保育士
    2人同時のトイレトレーニング大変そうですね。
    褒めてあげれば、もう1人の自尊心が…となることもあるでしょうし、双子だから必ず足並みがそろうわけじゃないですもんね。
    はなばたけ先生 保育士
    ん〜難しい…進め方も十人十色、。、私たちも試行錯誤です
    まあ先生 保育士
    2人同時って難しいですよね。トイトレ中の子どもたちって年齢的にも扱いが難しいお年頃なので、、、頑張っているお母さん尊敬します。
    とまと先生 保育士
    保育園で何人もの子どものトイトレを同時にやってきましたが、我が子2人のトイトレは考えるだけで大変さが目に見えます、、。園と保育園とじゃ環境もこちらのモチベーションも変わってきます、、。

漫画の関連記事

カテゴリ一覧