幼児のしつけはいつから?しつけ方のコツや気をつけたこと

幼児のしつけはいつから?しつけ方のコツや気をつけたこと

幼児のしつけの時期やポイント

幼児期のしつけについて、いつから始めたらよいのかやどのようにしつけているのか気になっているママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、幼児のしつけを始めた時期やシーン別のしつけ方、ママたちが気をつけたポイントなどを体験談を交えてご紹介します。

幼児のしつけはいつから始める?

子どもの成長は嬉しい反面、あちこち動いたり、わがままや危ない行動が増えたりして困ることもあるのではないでしょうか。ママたちの中には、幼児のしつけをいつから始めればよいのかと悩む方もいるようです。

1歳の子どものママ
1歳前の娘は、好奇心旺盛で何でも口に入れてしまいます。目を離したすきにスリッパをなめていたこともあります。自由にのびのび育ててあげたい気持ちもありますが、不衛生なものは「ばいきんがいるからナイナイしようね」と促しています。
3歳の子どものママ
今までは「ダメだよ」とか「やめようね」で通じていたのに、3歳になってから自己主張が激しくなり親も困ってしまうことが増えました。手に負えないとき他のママたちはどのようにしつけてるのか知りたいです。
1歳前後からしつけについて考えたり、伝えたことを行動に移せるようになる3歳頃から本格的に始めたり、家庭によってさまざまなようです。幼児の年齢や成長に合ったしつけができるとよいですね。

【シーン別】幼児のしつけ方

幼児 しつけ
szefei/Shutterstock.com

ママたちは子どもたちにどのような場面でしつけをしているのでしょうか。ママたちのが子どもたちに伝えた内容や取った行動、対応などを聞いてみました。

食事

1歳の子どものママ
食事中いつも途中で椅子から立ち上がってウロウロします。「最後までちゃんと座って食べようね」と言い聞かせますが、注意しても戻ってこないときは食事を下げて切り上げるようにしています。
他にも食事の前に手を洗う、食べ物で遊ばせないようにするなどの声が聞かれました。もう少し年齢が高い子どもママからは肘をついて食べないようにする、口に食べ物を入れたまま喋らないようにする、などの声も聞かれました。

生活習慣

10カ月の子どものママ
朝起きたら「おはよう!」と笑顔で言ったり、子どもに何かもらったら「ありがとう!」と元気な声でお礼を言ったりしています。今はわからなくてももう少し大きくなったとき真似して言ってくれるといいなと思います。
1歳9カ月の子どものママ
うちは以前は起きる時間も寝る時間もバラバラでしたが、毎朝起きる時間を7:00と決めてからは夜も早く寝てくれるようになりました。
幼少期に早くから習慣づけをすることで、大きくなってから楽だったという声も聞かれました。毎日のことなので少しずつでも実践できるとよいかもしれませんね。

外出先

2歳の子どものママ
お店や病院のような公共施設の場で走ったり騒いだりしたときは子どもが小さいうちから「ダメ」としっかり伝えていました。まだ言葉がわからなくても、親の言わんとすることはなんとなく伝わったようです。
3歳の子どものママ
息子が危険防止のための柵に足をかけて登ろうとしていたので、安全な場所に連れていき、「あそこに登ってはダメ」と目を見て伝えました。命に関わることなのでいつもと違った強い口調でしっかり伝えました。
外出先では普段の家の中とは違う状況に騒いでしまうなど、思いもよらない危険な行動に出てしまうこともあるようです。周りに迷惑をかけてしまったときや、子どもが危険な目に合う可能性がある場合には普段よりもはっきり伝えるという声が聞かれました。

人との関わり方

leungchopan/Shutterstock.com
3歳の子どものママ
お友だちにおもちゃを取られ、相手を叩いて泣かせてしまったことがあります。最初に、叩いたことを叱るのではなく、なぜそのような行動をしてしまったのか気持ちを汲むようにしました。その上でお友だちは痛く悲しかったことを伝え、やってはいけないと伝えました。
お友だちとのトラブルの際、まずは子どもの気持ちを認めてあげると大好きなママに自分の気持を分かってもらえたと、悲しい思いをせずにすむようです。そのうえでお友だちの気持ちを伝えてあげるとお友だちの気持ちにも納得できるかもしれません。

しつけをするときの伝え方のポイント

ママたちが幼児に言葉で伝えるとき、どのようなことに気をつけていたのか聞いてみました。

理由を説明する

2歳の子どものママ
子どもがお店の中で走り出したとき、公園で走るのはよくてお店で走るのはなぜダメなのか納得できるように、ただ単に「ダメ」というのではなく「人や物にぶつかったら危ないから走らないようにしようね」と理由を説明しました。
しつけをするときは「ダメ」というだけでなく理由も説明するというママの声も聞かれました。ダメな理由を説明し、「~しようね」と提案すると納得して行動に移しやすくなるかもしれません。

お手本を見せる

1歳の子どものママ
子どもは親を見て育つと聞いたので、靴を脱いだら揃える、出したら片づける、ごはんを残さず食べる、など当たり前のことを親がきちんとできているか意識しました。
子どもが真似しやすいように、決めたことをお手本を見せながらいっしょにおこなうママもいるようです。またできないことを叱るのではなく、ポジティブな言葉に変えて伝えているという声も聞かれました。

できたことを褒める

3歳の子どものママ
いつもごはんの前に散らかったおもちゃの片づけをするのですが、お片づけが上手にできたときは大げさなくらい褒めています。
約束を守れたときや、よいことをしたときなどはちゃんと褒めるようにしているというママの声が聞かれました。普段から子どもの「できたこと」を認めて褒めてあげることで、子どもの自信にもつながるかもしれません。

しつけをする上で気をつけたこと

ママたちが幼児をしつけるときに伝え方以外でどのようなことを心がけていたか聞いてみました。

3歳の子どものママ
パパとママがいっしょになって叱らないように気をつけていました。どちらかが子どもの言い分を聞いてなぐさめてあげることで、あえて逃げ道を作ってあげるようにしました。
1歳の子どものママ
子どもを完璧にしつけることに固執していましたが、友人とランチをしたときみんな手を抜くところはちゃんと手を抜いてたりして、完璧を目指すことが自分を苦しめていることに気づきました。完璧を目指さないことで笑顔も増えた気がします。
子どもへのしつけは大切なことですが、一方で厳しすぎると子どもやママもつらくなってしまうこともあるようです。少し呼吸をおいてリラックスして自分を落ち着かせてみるのも大切かもしれません。

幼児のしつけはママのたっぷりの愛情と

子ども 褒める
Syda Productions/Shutterstock.com
幼児をしつけるとき、その子の年齢や成長によっていろいろなしつけの仕方があるようです。子どもの気持ちに寄り添った上で「今度はこうして欲しい」と伝えることが大切かもしれません。愛情をもって見守りながら、子どもにあったしつけができるとよいですね。

2019年11月23日

専門家のコメント
31
    ろろ先生 保育士
    しつけ問題は尽きることがありませんよね...
    1番大事なのはだめ『だけ』を伝えるのではなく、だめな『理由』を伝えることだと考えています。
    これは1歳でも6歳でもかわりません。
    その子が理解できるように簡潔に根気よく伝えることが大事だとおもいます。たとえ言葉がまだ理解できなくても理由を伝えることは必要です。
    ぷん先生 保育士
    日常生活や食事のマナー等年齢に応じて見守り方を変えていかねばなりませんが、簡潔に分かりやすく!は心掛けています。

    また、ここまでは見守る、ここからは躾をすると家庭内で基準を決めておくとお子様も混乱せずに身についていくのではないでしょうか。
    てぃお先生 保育士
    「小さいから言ってもわからないでしょ」「小さいときに叱るなんて可愛そう」「まだ小さいから仕方がない」と、何も言わない保護者もいますが、子どもは、大人の表情や声色もちゃんと見ています。
    0歳児をみていますが、「しかられている」という認識は、どんなに小さい子でもあるんです。
    何かいけないことをしたらその場ですぐに、目線を合わせて、「これはこうだからやめてね」「なんでやっちゃったのかな?気持ちはわかるけど、こうだからやめようね」等、わかっていなさそうでも、何度も伝えていけば、子どもの成長に合わせて、【なんかわからんけどこの人怒ってんな】から【これしたらこういう顔になるんだ】から段々と理解が深まって、理由付けで理解できるようになってきます。
    今まで何も言われなかったのに、大きくなってから急に叱られるようになったら、子どもは戸惑います。叱られることへの怯えのみの行動になってしまいます。
    口調等は調節しながら、伝えることはいつからでもきちんと伝えていきましょう。
    まあ先生 保育士
    何歳になったからしつけを始めよう!というよりも、小さい頃からの毎日の積み重ねだと思います。また子どもは誉めて、認めていく中で自信を持ち、次のステップへと進んでいけるものです。何階出来たときには大げさなくらい誉めていくことでステップアップできるかと思いますよ。
    ちび先生 保育士
    何才からという決まりはないと思います。
    0歳でもいけないことはいけないと伝えるようにしています。
    言われていることはわからなくても、先生やお母さんの表情で叱られていることが分かります。
    叱り方(言葉での伝え方)は年齢に応じてあると思います。
    うーちゃん先生 保育士
    保育園では、なにをしつけと捉えるか、ということを考えて子どもたちと接します。

    例えば、成長の中で
    0~1歳の赤ちゃんはなんでも口に入れたい頃なので、入れて欲しくないものはまわりに出しておかない、とか
    1~2歳の子どもたちは、友達と同じものが欲しい、真似をしたいという頃なので、
    同じおもちゃをいくつか準備しておく、
    など子どもたちの成長に合わせた大人の配慮をしています。
    そうしておくと、無駄にダメダメと止める必要がなくなるからです。

    また、子どもたちは大人の真似をしたくなる、という成長の姿も出てきますので、
    毎日の中でママやパパが、
    『なって欲しい子どもの姿』を自分たちが日頃からやってみせることがしつけの第一歩になると思います。

    そして、子どもにとって危険なことは言葉がわからないかなと思う年齢でも、気持ちはしっかり伝わるので、毅然とした雰囲気で短い言葉で伝えるとちゃんとわかってくれますよ。
    みき先生 保育士
    気持ちの切り替えができるよう、言葉がけに工夫をしてみるといいかもしれません。

    席を立ってはダメ!やめて!などではなく、「スープとハンバーグどっち食べる?」
    など本人に選ばせてあげる声かけは、特にイヤイヤ期のお子さんに有効かなと思います♫
    お子さんの気持ちが落ち着いたときに、お席に座って全部食べられたらカッコいいんだよね、など声かけをしてマナーを教えてあげるといいかもしれません。まず子供が話しを聞く姿勢になってからお話するといいと思います。
    ユキ先生 保育士
    言葉が通じるようになったら、これがダメ、あれはダメではなく、"なぜダメなのか"を伝えられると良いですね。大人にとっては当たり前でも子どもは自分が悪いと思っていないこともあります。約束を守れたらめいいっぱい褒めることも大切かなと思います^_^
    わい先生 保育士
    いけないことをしたら、なぜいけないのかを分かりやすい言葉で伝えるといいですね!
    何歳からと決めていたら、昨日までは許されていたのに急になんでダメなの!?となってしまい子どもたちも困ってしまいますね🎵
    また言葉だけでなく、表情で頬を膨らませて怒ってるのをアピールするのもいいですね。
    子どもは、何事も覚えていく途中です。一度言われてもう二度としないなんて天才はいないですね。また同じことと思うかも知れませんが、いつかは、いけないのだと理解してやめるので諦めず根気強く教えていきたいですね。
    はつみ先生 保育士
    いつからという感覚ではなく、小さいお子さんでも、きちんと理解はしています。
    子どもだからと適当にせず、話をするのが大切だと思います。
    また、子どもは思ってる以上に大人の行動をよく見ています。
    まずは大人が正しく行動をしていれば自然と子どもも真似をしてくれます。
    子どもの行動は一つ一つ意味があります。
    頭ごなしにダメ!ではなく、共感したり、寄り添ってあげてから正しい事を伝える。
    否定的ではなく肯定的に促せるといいですね。
    自己肯定感を傷つけないようにしたいですね。
    まいこ先生 保育士
    この記事、写真の子どもたちの表情がとてもいいですね♡

    そしてこの問題、保育士はたくさん口を挟みたい内容だと思います(笑)

    “しつけ”は何をさすのかにもよると思います。その方法は年齢にもよるし、年齢によって変えていく必要があることだと思います!

    ・説明してわかることは言葉で伝えた方がいい。
    たしかにそうで、無駄なことではありません。ただ、子どもの気持ちの問題であることも多いため一遍通りに言うのでなく、その子の心が動く対応が要る


    ・「ダメ」ではなく「どうしたらいいか」「どうしてほしいか」を伝える。そして、できたらタイムリーに褒める!「ダメ」ばかりだと大人もしんどいですよね…

    ・自分や他人に危険がある時はいつもと表情を変えて(怒っている意思を明確に表して)止める、伝える。

    ・1度でわかると思わない方がいい。大人だけが気になってしまいますので、気長に慌てず伝えていきましょう。お手本も何度だって見せてあげましょう〜


    …と、まだありますが語り始めたら止まりません笑

    最後に、
    子どもも人間なので、急に今日は嫌になったり、今日はやりたくなかったりします。逆に、明日できるようになることも1年後にできるようになることも、外ではできる時なんかもあります。そのことを踏まえて、子どもの行動を受け止めていただけたらと思っています◡̈
    すー先生 保育士
    何歳ならしつけをする。というのは特に意識していませんが、0歳の赤ちゃんでも言葉は話せなくても、言っていることは理解していると思います。
    しつけは毎日の積み重ねなので家庭内では、ダメなものはダメと声のトーンや顔の表情で教えています。
    0歳児クラスでも足を上げて食べる子もいれば、お行儀よく食べる子もいたりと、日頃のお家での生活が保育園でもあらわれているなと思ったことがあります。
    ひよひよ先生 保育士
    小さいうちは分からないとかいいますが、そんなことはないと思います。
    子どもたちは大人のことよく見てるので、表情や声などでわかると思います。
    日々子どもと向き合うことですね。毎日の積み重ねです。
    違うことは違う。反対に出来たことはものすごい褒めてあげることですね。
    おのずと、ちゃんと大人についてきてくれます。
    のの先生 保育士
    まず根本として『しつけ=怒る』ではないことを理解しておいて欲しいです。

    そして、気をつけて欲しいことは名前を呼んで怒るです。例えば「〇〇ちゃん、だめ!!」。  子どもが危ない時などとっさに言ってしまうことがあると思います。
    ですが、これを続けていくと子どもの中で『〇〇はダメな子』と別な解釈になっていきます。

    では、どうすればいいのかと言うと、
    「歩こうね」「手を繋ごうね」など怒るのではなく良い行動を伝えるようにするといいと思います。

    とっさに言ってしまうことなので意識しないと難しいと思いますが、少しずつ始めてみてください。
    ゆか先生 保育士
    しつけは0歳から必要です。わからないからと何でも許してしまったり、言わなかったりすると子どもは今までOKだったのに急に怒られたとなってしまいます。
    0歳からきつくしかることは必要ありませんがしつけは必要ですね。
    子どもが興奮しているときはこちらは声のトーンを下げて落ち着いて話をします。同じように大声を出したり、感情で叱ってしまっては脅されて収まっただけで同じことを繰り返します。子どもに目を見てもらい落ち着いて声のトーンを下げて話をすることをおすすめします。
    かよう先生 保育士
    しつけに何歳からっていうのはないと思いますが、まだ小さいから言っても分からないではなく、理由もしっかり伝えていくと子どもも結構理解して次の行動に繋がったりすると感じています。
    ことり先生 保育士
    しつけって難しいですよね。
    伝えながら、我が身も振り返る…そんなことがよくあります。

    とにかく、こちらの基準をまずしっかり明確にすること。
    今日はいいよ、
    今日はだめ、
    そうすると、子どもは正解が分からなくなります。

    そして、他の方もおっしゃっていますが
    なんでだめなのかを簡単な言葉で伝えながら、教えること。

    短く簡潔に伝えること。


    そんなところを気をつけています!
    なつまる先生 保育士
    なにもかも怒っても
    子供もストレス、ママも疲れてしまうだけです!
    ポイントを押さえて
    譲れるところと譲れないところを決めてお話しするのが良いと思います!
    こいまま先生 保育士
    幼い時から危ないこと、人に害を与えることをした時、しそうな時は必ず止めるようにしています。
    何から何まで口を出してしまうと、子どももうんざりしてしまうので、ここぞと言う時だけ口や手を出す。
    そこさえブレなければ子どももやっていいこと、いけないことが自然とわかるようになっていくと信じて関わるようにしています。
    すみっこ先生 保育士
    しつけと聞くと難しく感じますが、いけないこと・良いことは子どもにずっと伝えてきました。
    まだ言っても分からないだろうから…とその場しのぎをしていたら後からが大変になると思います。子どもは意外と色々なことを見ているし分かっているものだと思います。
    小さいときは特に、どんなときも丁寧に関わることを心がけていました。
    ゆきんこ先生 保育士
    まだまだわからないことが多く、何が良くて何がいけないかを判断をすることは難しいと思います。
    そこで、【何がいけないか】【どうしてダメなのか】などしっかり伝えてあげることが大切です。小さくても親がしっかり伝えればなんとなく伝わり、感じることができます。
    でもそれ以上にできたときはたくさん褒めてあげてくださいね。
    いちぽ先生 保育士
    言葉が話せない赤ちゃんの頃から叱るというか話しかけて伝えることが大事だと思います。
    表情、声色でちゃんと分かります。どうしていけないかを短く分かりやすく伝えるようにしたいですね。
    繰り返し伝えていけば必ず伝わります。
    りか先生 保育士
    しつけは長く続く課題であり伝え方も難しいものですね。
    0歳の時からダメなこと、危険なことはダメと伝えるべきです。
    幼児期、学童期ともに『自分がされたらどんな気持ち?』と相手の立場に立って物事を考える声かけをしてみるといいと思います。
    あや先生 保育士
    しつけは0歳児でも必要な時は必要です。
    また叱る際によく日本では「まわりの人が見てるからやめなさい」などと言う時もありますが、これは日本が内と外を分けているからです。
    家ではよくて外ではダメ。
    これは子どもには難しいですし、本当に家ではしてもよいことなのか…という疑問点もあります。
    外国では家でも外でもいけないことはいけないとしつけている国もあるようです。
    その方が子どもも混乱しませんし、家の中でもマナーを守って生活できますよね*
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    赤ちゃんは色々なものを見て、聞いて、大人の顔や声色、表情、全て感じとっています。
    言葉こそ話しませんが、色々なことを理解しているのです。

    赤ちゃんもこんなこと分かってますよとお母さんたちと話していると
    赤ちゃんだからって見くびってました とか
    赤ちゃんだからわかってないと思ってました とよく言われます。

    しつけに年齢や月齢は関係ありません。
    いけないことをした時は0歳でも 言葉できちんと伝えていくことが大切です。
    ただ、大人の注意で未然に防げること(口に入れてはいけないものを床に置かない、触ってはいけないものを届くところに置かない等)は、きちんと防ぐことも大切です。
    じゅん先生 保育士
    しつけを叱ると勘違いしている保護者さんやアドバイザーは多いと思います。褒める事もしつけだと言う事を理解して欲しいですね!褒められていないから、褒め方が分からないと言われる保護者さんは多いですね。子どもと一緒に遊ぶ事もしつけですよ。動物の中で人間だけが未成熟で生まれてきます。完璧な子育てがあるのならば私も教えて頂きたいです。子どもに寄り添う事が大切だと思います。近年では、幼稚園や保育園の特色よりも『何時まで預かってくれるか?』や私達が子育てをした時に保護者が当たり前のようにしていた事を保育園や幼稚園に求められていると聴きます。失敗をする事を恐れずに子どもさんの教育を楽しんで貰えるといいですかね(^^)子育ては、親も成長しますからね(^^)
    みぃ先生 保育士
    言われていることは分からなくても先生やお母さんの表情などで叱られていることが分かるので、0歳からきちんと伝えていく事は大事だと思います。

    出来るだけ怒らなくていいように、子どもの行動を先読みして準備して環境を整えてあげるといいかもしれないですね。例えば、水で落ちるクレヨンを用意すれば目を離した隙に机や壁に落書きしても直ぐに汚れを落とせるのでお母さんも落ち着いて「描いてもいいのはここ(画用紙)だけよ」という事が出来たり、気持ちに余裕が出来たりします。

    又、「だめ!」「やめて!」ではなく、「こうしたらいいよ」という良い姿を伝えていくといいかもしれませんね。
    ふぅ先生 保育士
    上部だけのやり取りにならないように気をつけないといけませんよね、「ごめんねって言いなさい」子どもからしたらなんで謝ってるのかわからないことも多いのでは?なぜそれがいけないことなのか?相手がどんな思いをしたのか?自分はどんな気持ちになったのか?その辺りをしっかり伝えてあげないと子どもは納得も出来ないと思います☺︎
    やし先生 保育士
    実はしゃべれないゼロ歳の赤ちゃんの時からしつけは出来ます。
    遅くなるほど大変になります。
    特に、イエスとノーを理解することは本当に早い方が良いです。
    ゼロ歳の赤ちゃんでも、赤ちゃんだからなんでもオッケー、ではなくて、しっかりと目を見て首を横に振って、「今のはダメよ」と笑ったりせずにしっかりと伝えてあげていれば、一歳になる前には『いけないこと、というのがある』とわかるようになります。
    小さいうちはわからないだろうから、とニコニコ何でも許してしまうと、しつけの時期に、今まではよかったのにー!と思ってしまうのかもしれません。
    もちろん、赤ちゃんに怒ったりしかる必要はありませんよ。
    でも、毅然とした態度を示すことは必要かなと思います。
    メグミ先生 保育士
    なにんでも頭ごなしに怒っても(何で怒っているのだろう)むしろ怒っているという感情を理解できる年齢じゃないとただ大人が感情的になるだけで全くお互いのためにはなりませんよね。まずは何が悪いのか何が嫌だったのかを伝えること冷静になところから説得するというやり方もあるなかなと感じます。子供に分かりやすく簡単な言葉で感情的になりすぎないことも大切ではないのかと思われます。
    べこな先生 保育士
    一歳の誕生日が過ぎた頃から少しずつダメ、などこちらが言うことが個人差はありますが少しずつわかるようになってきますね。
    いけないことはきちんと目をみて伝えることが大切なのではないでしょうか?
    意味がわからなくても少しずつ子どもは学習していきます。
    小さいから言うても仕方ないとか、わからないんだから、と言って放置するのではなく、理解させよう、やめさせようではなく、繰り返し繰り返し教えていくことが大切だと思います。

しつけの関連記事

カテゴリ一覧