トイレトレーニング中に子どもが便座に座るのを嫌がるときの工夫

トイレトレーニング中に子どもが便座に座るのを嫌がるときの工夫

ママたちが使ったアイテムや意識したこと

トイレトレーニング中に子どもが便座に座るのを嫌がるとき、なぜ座らないのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、トイレに踏み台を用意したり冷たい補助便座に便座カバーをつけたりするなど、ママたちが行ったトイレトレーニングの工夫について、体験談を交えてご紹介します。

トイレトレーニング中に便座に座るのを嫌がるとき

トイレトレーニングをしていると、子どもが便座に座らないなど、うまくいかないこともあるのではないでしょうか。ママたちはトイレトレーニングでどのような悩みをもっているのか、聞いてみました。

30代ママ
うちの子どもは便座に座るのを嫌がることがあります。トイレまで行っても座らないことが多いので、どのようにしたら座ってくれるのか悩んでいます。
20代ママ
トイレに行こうよと誘うと行くのですが、トイレの中に入ると座りたがらないことがあります。便座に座らないのがなぜなのかわからず困っています。
トイレトレーニング中に便座に座るのを嫌がることがあるようです。トイレを好きなキャラクターで飾っても、トイレに入りたがらないというママの声もありました。

便座に座るのを嫌がる理由がわかれば、対処することができるかもしれませんね。


ママたちが考える子どもが便座に座らない理由

トイレトレーニング中の子どもが便座に座らない理由を知り、対処したいと考えるママもいるのではないでしょうか。子どもが便座に座るのを嫌がる、ママたちが考えた理由について聞いてみました。

便座が高くて怖い

便座が高い
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
トイレトレーニングは普通の便座に補助便座をつけて行っています。便座に座ると怖いというので、高さがあって怖いと感じているのかなと思います。
子どもはトイレトレーニング中、便座が高くて怖いと感じていると考えたママがいました。大人サイズにできているトイレは、小さな子どもにとっては大きかったり高かったりして怖いと感じてしまうかもしれませんね。

足に力が入りにくい

30代ママ
オムツのときには足に力をいれた状態でうんちしていました。トイレでは足が浮いてしまって落ち着かないので、便座に座るのを嫌がるのかなと感じました。
普通のトイレに補助便座を置いてトイレトレーニングをすると、子どもの足が浮いてしまい安定しないため、便座に座るのを嫌がることもあるかもしれません。足が浮かないようにすると子どもも安心してトイレトレーニングできるかもしれませんね。

便座が冷たい

20代ママ
トイレトレーニングの最初から補助便座を使っているのですが、寒くなってきたせいか、冷たいと言って便座に座るのを嫌がるようになりました。
便座が冷たいので座らないと考えたママもいるようです。便座が冷たいことも、トイレトレーニングで座らない要因の一つかもしれません。

子どもがトイレトレーニングで便座に座るのを嫌がるときは、子どもの様子をよく見たり子どもに聞くなどして、座らない原因を考えることも大切なようです。


便座に座らない子どもに対して工夫したこと

トイレトレーニングで便座に座らない子どもへの対応として、ママたちがしたことを聞いてみました。

おまるにしてみる

おまる
iStock.com/tatyana_tomsickova
30代ママ
便座が高くて怖いようだったので、補助便座をやめておまるにしてみました。コンパクトなおまるにしてトイレの中で座れるようにしたら、少しずつですが座ってくれるようになりました。
トイレの高さが怖いと感じる子どもに対して、おまるに変えたというママがいました。おまるのなかには、便座とトレーが分けられ、補助便座のみで使うことができるタイプもあるようです。状況にあわせて使い分けできるとよいかもしれません。

踏み台を置く

30代ママ
子どもが自分でトイレに座るときのために踏み台を用意しました。2段式の踏み台にしたら、登るときも安定するのか、あまり怖がらなくなりました。
30代ママ
便座に座ったときに足を乗せておくことができる踏み台を置きました。座ったときに足が踏み台につくのが安心するのか、嫌がらずに座ってくれるようになりました。
トイレトレーニング中に、便座が高い位置にあることや便座に座ったときに足が安定しないことを解消するために踏み台を用意したママがいました。狭い個室内で邪魔にならないように折りたたみ式の踏み台を用意したというママの声もありました。

座り心地を考える

30代ママ
トイレトレーニングのときに便座が冷たいというので、補助便座に取りつけられる便座カバーを用意しました。子どもの好きなキャラクターの便座カバーにするとうれしそうに便座に座ってくれるようになりました。
補助便座の座り心地を考えて、便座カバーを用意したママもいるようです。冬などの寒い時期には個室内が寒くなる場合もあるので、子どもがゆっくりとトイレにいけるような環境を用意することも大切かもしれませんね。

トイレトレーニングをするときに意識したこと

トイレトレーニングをしているとき、上手にできることもあれば、なかなか進まないと感じることもあるのではないでしょうか。トイレトレーニングをするときにママたちが意識したことについて聞いてみました。

子どものペースにあわせる

30代ママ
日によって、トイレトレーニングがうまくいく日といかない日があるので、焦らずにやっていこうと思っています。子どもの様子を見ながら優しく声がけするようにしています。
子どものペースにあわせたトイレトレーニングをしているママがいました。トイレトレーニングの進み方は子どもによってさまざまなようなので、子どもの様子や体調にあわせて進めていけるとよいですね。

楽しそうに誘う

30代ママ
トイレに行くことを嫌いになってほしくないので、楽しそうにして誘うよう心がけています。私がトイレに行きたいときなどにも、ついてきてとお願いすると来てくれるようになりました。
トイレトレーニング中にトイレを嫌いにならないよう、楽しい雰囲気をつくって誘っているママもいるようです。トイレが楽しいところ、気持ちのよいところだと思ってもらえたら、子どもも気分よくトイレトレーニングできるかもしれませんね。

子どもにあわせたトイレトレーニングをしよう

トイレトレーニングをしている女の子
© shirohige - Fotolia

トイレトレーニングで子どもが便座に座るのを嫌がるときは、便座が高いことが怖い場合や冷たいから座らないなど、さまざまな理由があるとママたちは考えているようです。

踏み台や補助便座用の便座カバーなどを利用して、子どもが気持ちよくトイレに行けるよう工夫しているママたちがいました。

トイレトレーニング中の子どもの様子を見ながら、子どものペースにあわせてトイレトレーニングを進めていけるとよいですね。

2019年10月21日

専門家のコメント
34
    める先生 保育士
    園では、トイレのドアや壁に可愛い壁面飾りを飾っています!「うさぎちゃん見てるよ〜」など楽しい気持ちを作りながらトイレトレーニングができるよう心がけています。
    個人的なおススメタイミングは、お昼寝後オムツが濡れていなかったら便器に座らせてみることです!遊びの途中だと嫌がってしまい、逆効果なときもありますので、寝起きにトイレに行くいい習慣にもなりますよ^^ 寝起きは尿が溜まっているので出やすいと思います!
    とまと先生 保育士
    トイレトレーニングに無理強いは禁物です!座ることを嫌がる場合も、優しく楽しく誘いかけて、座れるようになる日を気長に待ちましょう♪
    保育園ではお友だちがトイレに行く姿を見て興味を持つことも多いです。ママがトイレに座る姿を見せてあげるのも良いかもしれませんね。
    トイレが出てくる絵本もたくさんあるので、絵本を通してトイレに親しむのもおススメですよ!
    にこちゃん先生 保育士
    高さもサイズも冷たさも、子どもにとっては座りたくない理由かなと思います。なので記事の通り、工夫されるのもいいですね。
    楽しいところと分かるように子どもの好きなキャラクターをトイレの空間内に取り入れるのもいいですね。
    保育園ではお友だちの影響を受けてやってみようと意欲が湧いて、真似して座る子も多いです。兄弟のいる子は上の子の姿を見せたり、いなければ親の姿を見せるのも意欲に繋がっていくかと思いますよ:-)
    いろいろ工夫して誘いかけながら、その子のペースで無理なく進められるといいですよね。
    じゅん先生 保育士
    園では、3歳のお誕生日をゴール目処にトイレトレーニングをしています(個人差には配慮厳守)。排泄欲を妨げる様な言葉掛けには充分に配慮をし、お昼寝の後等、時間を決めて行うとスムーズに行くのかなぁ❗️トイレは楽しい場所になる様に笑顔になる様に保育士も心がけていますので、保育士同士良い対応をしている時は『先生のやり方参考になります😊』と褒める様に心がけています。知恵を出し合っている保護者さんにyell❗️を送ります。『凄い❣️頑張ってるね❣️』やっぱり、褒め上手が1番効果あるかなぁ❗️
    ろろ先生 保育士
    トイレトレーニング大変ですよね。園では子どもサイズのトイレもお家だと大きくてちょっぴり怖く感じるのかも...大好きな絵本を持っていってみたり、お歌をうたってみたりして、楽しく座っていられるようにするのもいいですね!たとえば、カレンダーに、座れたら☆、トイレができたら好きなシールを貼るなど、ご褒美があると楽しくトレーニングできるかもしれませんよ♪
    まゆ先生 保育士
    トイレトレーニング大変ですよね。
    昨日は出来たのに今日はなぜか失敗続きだったり…
    園では子どもたちの中で流行っているもののイラストを貼って、「ふたつのイラストのどっちでおしっこする?」(便器が2つの場合)とトイレに座らなければいけないという意識から、自分の好きな方を選べるという意識にチェンジしています。
    今日はこっちの気分。今はこっちがいい。と自分で選んだから便座に座ってみようという考えになるように援助していますよ!
    ちび先生 保育士
    あまりにも嫌がるようなら無理して誘っても逆効果なので一旦休んでみるのもいいかなと思います。
    私は園でも、自分の子どもでの目標に段階をみたりしました!
    まず、トイレに行ってみる→トイレまできてオムツでおしっこやうんちをする→便座に座るだけ→少し長く座ってみる
    と怖がったときは少しずつ進めてみました!
    トイレまで行けたらシール。とでなくても達成感が味わえるようにしています。
    あとは子ども好きなキャラクターのポスターやシールを貼り興味を持たせるとより行きやすい環境になるかなと思います!
    ぷん先生 保育士
    トイトレってほんと、子どもによって進み具合や有効な手立てが変わってくるので大変や難しさを感じますよね(¯―¯٥)
    主に関わり面の事を書かせていただきますね!

    ○子どもが便座に座った時に目線の先に好きなキャラクターのイラストを貼ってトイレを楽しい場所に変身させる。
    ○トイレタイムをコミニュケーションタイムとしてとらえ、便座に座っている間はトイレ以外のお話もしてみる。
    ○10秒だけ頑張ろうか♫と声をかけ、短く切り上げる。

    等を意識して、園ではトレーニングを進めていました。
    様々な方法があると思います。
    お子さんに合った方法で進めてみてください(^^)
    すう先生 保育士
    トイレトレーニングを始める月齢にもよりますが、まずはおまるから始めて、座る練習から始めていくとスムーズにトイレの便器へ座れるようになっていますよ♪嫌がる時の無理強いは禁物です!!絶対にしないといけない!という訳ではないので、極端に嫌がる場合は「じゃあ今日は辞めとこうか︎☺︎」でいいと思います♪少し嫌がる程度であれば、トイレに好きなキャラクターのイラストなどを貼っておいて気をそらすような声掛けをしたり(「アンパンマンが見てるよ〜!」と言いアンパンマンに話しかけるふりなど)子どもの気持ちを上手く切り替えてあげるとすんなり座る事も多いです( ´ ▽ ` )そして排泄出来た時には充分に褒めてあげることです。ハイタッチなどすると喜んでやってくれますよ!
    すあま先生 保育士
    トイレに行きたがらない、便座に座らない…理由はさまざまだと思いますが、
    ★便座が冷たかったことがある➡︎保育園では「冷たいのやだね〜。先生があっためてあげる!」と言ってハァ〜ハァ〜と便座に温かい息をかけて安心させてあげると座ってくれることがありました。一種のおまじないですね。
    ★とりあえず便座に座れたらOK!➡︎トレーニングを始めたばかりの頃は、便座に座ることができたら100点満点です(^^)5秒でも10秒でも、座る時間をカウントして座っていられたら(排泄できてもできなくても)褒めてあげるとモチベーションUPに繋がりますね。食後や寝る前などトイレに行くタイミングを決めて習慣化できたら最高です!
    ★補助便座やトイレ用の踏み台を購入するときは、お子さんと一緒に選ぶことをオススメします。自分が選んだアイテムを使えるというのは、子どもながらに嬉しいものです(^^)
    ★保育士でもトイレトレーニングに悩むことは多いです。大丈夫、焦らずいきましょう。
    なつみ先生 保育士
    トイトレを始めた2.3日は間隔が短くて連れて行くのにすごく疲れました笑
    ただ子ども自身がトイレに行く事や便座に座ることが好きだったので長女は1週間ですんなり取れました!
    次女は早生まれだからと思って早めに始めたら逆に時間がかかり3ヶ月もかかりました、、、でも2歳になる前に2人とも取れたのでオムツ代が浮いて嬉しかったです!
    みお 保育士
    子供が喜びそうな物やシール貼りを準備するとやる気を出してくれました!
    もも先生 保育士
    2歳児クラスでまさにトイレトレーニング真っ只中です。
    3歳になったから
    まだ2歳になったばかりだから
    と月齢で判断できないのがトイレトレーニングだなと日々感じています。

    トイレを楽しい雰囲気にすること、とても大切だなと共感しました。

    遊びに夢中になってトイレに行きたがらないときは無理に連れて行かず「○○が終わったら来てね。」と約束しておくと、遊びに区切りがついたときに自分からトイレに来てくれることがあります。もちろん、その時はたくさん褒めてあげます!

    トレーニングパンツを履くような時期になったら、パンツはぜひお子さんと一緒に買いに行ってみてください。
    自分で選んだお気に入りのパンツを履くと気分も盛り上がったり、濡らしたくないという気持ちから進んでトイレに来てくれたりします。
    ゆっち先生 幼稚園教諭
    座りたがらない理由もいろいろありますよね。落ちるのが怖い、便座が冷たい、一人で登れない などなど…
    うちでは一緒に子ども用の便座を買いに行きました(といっても、100均の少し高めの3〜400円のものですが)。色を一緒に選んで、明日からこれだよ!大人のトイレだね!と気持ちを乗せ、カバーも大人と色違いを買い、リメイクしてつけました!
    トイレには貼る黒板でデコレーションして、日替わりで好きなキャラクターを描いて、見つけてきて!とお願いしたりしました!
    あとはイラスト入りのトイレの工程表を作って貼っていましたね♪
    ちぃ先生 保育士
    トイレトレーニングは大変ですよね。中々トイレに行ってくれないとこちらもピリピリしてしまいますよね。子どもはそういう所も敏感に感じてしまうので焦らずに行うことが大事ですね。

    トイレの中に子どもの好きな物を貼ってみたり、トイレが楽しい!と思える空間になれるよう工夫してみるのもいいと思います。うちの子も今トイレトレーニング真っ最中ですが、大好きなキャラクターを便座シートに貼ってからやる気がUPしました。
    メグミ先生 保育士
    トイレに行けたらシールを貼ったり
    トイレにまつわる絵本を読んでみたり
    ある特定の場所にいったときは
    トイレにいく習慣をつけてみたり(ショッピングモールや幼稚園など)
    なにかトイレにいきたいというきっかけを作ることも大切ですよね!
    あとはお友だちが、トイレにいっている様子を見たり
    みんなでトイレにいってみたり
    お気に入りのキャラクターのパンツをはいてみるのもよいかもしれませんね。
    せんせい 保育士
    なぜ嫌がってるのかを知ろうとする姿勢が大切ですよね。本当にさまざまな理由があると思います。
    それを無理強いするとトイレトレーニングは永遠に終わらないと思います(^_^;)
    一旦休戦も必要ですよね🤠親の方がストレスが溜まってしまうケースも、、、

    トイレが楽しくてウキウキするような場所に工夫してから始めるといいかもしれませんね☺︎
    たゆ先生 保育士
    まずは、自分自身がトイレに座って見せることが一番かなと思います!!
    『ほら、しーって出たよ。すっきりして気持ちいいな〜( ^ω^ )』と子供に声がけをして、『○○ちゃんも、やってみる〜⁇』と誘ってみる。トイレで出たら、思いっきり褒めることが、我が家のやり方でした。
    もちろん失敗する事もあるけど、なるべく怒らず…(つい、『も〜!!』って言ってしまう事もしばしばでしたが)
    でも、必ずできるようになるので、焦らない事が一番だと思います⭐︎
    めるちゃん先生 保育士
    トイレが楽しい場所と思えるよう、子どもが大好きなアンパンマンの補助便座にしたり、壁に可愛いウサギさんの紙を貼ったりしました。
    はつみ先生 保育士
    トイレのフタに顔を貼って、開けるとこんにちは〜とアンパンマンが見てくれる!とか、トイレを楽しくするといいですね!
    とにかく、無理強いは禁物なので、段階を踏んで、行けたら褒める、座れたら褒める、おしっこできたら褒める、を日々繰り返す事ですかね。
    褒める時は大げさに!笑
    お母さん大女優の登場です!
    なつまる先生 保育士
    前向きな声かけが
    大事ですよね!
    あとはドアのところに好きなものを貼ったり、ご褒美にシールを貼ってみたりととにかく、トイレが楽しいところだと思えるといいですね!
    みき先生 保育士
    楽しそうに誘うというのはとても有効だと思います!
    1〜3歳は空想の世界が好きな年頃なので、おトイレ列車〜と歌いながら向かったり、トイレを動物園に見立てたり楽しい雰囲気を作りながら誘うのが良いかと思います。

    また、子供の好きなシールを100均などでいっしょに選んで買って、トイレに座ったら一枚、成功したら二枚などルールを決めて貼ると楽しくトイレトレーニングできるかもしれません♫
    のの先生 保育士
    トイトレの1番大事なことは「トイレは怖くない」です。

    小さな子どもにとって、暗い、狭い、落ちそう を怖いと感じる子が多いです。
    子どもは一度恐怖心を抱くと克服するまでに時間がかかってしまいます。

    ですので、まずトイトレを始める前にトイレの装飾を子どもと一緒に行い、自分の部屋のようにしてあげる事で行きやすくなります。

    そして、子どもをトイレに置いて「ちょっと待っててー!!」と1人にしないこと。

    これが大事だと思います。
    いちぽ先生 保育士
    トイレトレーニングはすんなりいく子もいるし、なかなかうまくいかない子もいるし、マニュアル通りにいかないですよね。座るのを頑なに拒否したり、トイレに近くのも嫌な子もいるので、その子の興味のあるもので誘ったり、おしっこをしに行くというより、ただどんなところか見に行こうなど、警戒心をとるようにしています。少しずつトイレに行くことに慣れてくれれば、座ってくれるようになり、まぐれでもタイミングよく出れば本人も一回で感覚を掴む子もいるので、焦らずその子のペースに合わせるようにしています。
    ゆか先生 保育士
    何が嫌なのか?個室で怖い、足が着かないから嫌、便座が大きいから不安、いきたくない理由は色々あると思います。それに合わせた対処をしていけばいってくれるようになりますよ。あとはトイレに行けたらシールを貼るなど、いくと楽しいことが待っていると印象つけるのもいいですね。座るのが嫌ならまずは行くだけでも十分だと思います。少しずつ段階を追って座れるようになればいやがらなくなると思います。無理矢理つれていくのは一番よくないですね。
    ゆきんこ先生 保育士
    トイレトレーニング、大変ですよね。
    一度嫌だと思ったら行くのも拒否することも出てくると思います。
    そんな時に少しでも楽しい場所、安心できる場所と思わせてあげることが大切です。
    壁にトイレポスターを貼り、トイレに行けたらシールを貼れる、好きなキャラクターのトイレカバーにするなど少しのことで気持ちが変わったりします。
    トイレトレーニングには根気はつきものです。焦らず少しずつ少しずつ習慣にしていくのが良いですね。
    りり先生 保育士
    みなさんもおっしゃっているようにトイレトレーニングの無理強いは禁物です。まずはトイレという場所が怖いのか何が嫌なのかを読み取ったりするのが必要ですかね。オマルから座る練習をしたりするのもいいです。足がつかないのを怖がる子どもは多いです。保育園などで座れるのに家で嫌がるという子はそれが原因だと言う事が多いです。
    しまこ先生 保育士
    座るとちょうど見える位置にシールの台紙を貼って、トイレに座れたらそのままそこにシールをはれるようにしました。慣れてきたら座るだけではなく排泄できたらシールを貼るようにしました。うんちの時はスペシャルシールをはったりして楽しみました。シールの台紙はすごろくのようにスタートからゴールを作りったので早くゴールしたくてトイレに行きたがりましたよ。
    すみっこ先生 保育士
    何とかして成功させなければ、と必死になると子どもは構えてしまいますし、お互い辛くなるばかりだと思います。期限を決めずに長い目で…とはいっても周りの子が成功したなんて話を聞いたら焦りますよね💦でもそれぞれにタイミングがあります!いつかはできるから大丈夫。その言葉をお守りにして、おおらかに!を大事にしていました。
    おはぎ先生 保育士
    我が家もアンパンマンが前についた補助便座は好んで座っていました。アンパンマンが待ってるよーと言うと座ってくれていました。
    でも慣れてきて子供が大きくなると、前についてるアンパンマンを越えて乗せるのが大変に💦
    公民館や子供プラザにも色々な補助便座があるので試してみてから買うのもありだと想います
    みー先生 保育士
    保育園ではお友達が一緒なので行くというのもあるのか、家では全然行かないです。というのはよく聞きますよね。大好きなぬいぐるみを一緒に連れて行ったり、ご褒美シールなど興味があるものを使ってみるのいいかなと思います。冬場は便座が冷たくて座りたくない子どももいますので、シートを貼ったり少しずつ座れる時間が増えるように何度も誘ってやってみましょう。疲れてしまったら一旦休憩してもいいと思います。お子さんのペースで無理なく進めるのが1番だと思います。
    すー先生 保育士
    トイレトレーニングは無理強いは良くないとわかっていてもある程度の年齢になってくると親は焦ってしまいますね。3歳の息子はウンチをトイレでやりたがりません。トイレを壁面で可愛くしたり、シールやお菓子で釣ってもダメなので本人のやる気が起きるのを待っている状況です。
    せおみ先生 保育士
    私の場合はトイレトレーニングを始める前に、トイレに座って出来ることってすごいよね〜。お姉さんだよね。と日頃から独り言の様にいっています。子どもに座る事を
    憧れよ様な存在に意識付けする事ですんなり座れましたよ。また、座れたら楽しいご褒美を忘れずにあげたいました。
    まい先生 保育士
    10回嫌がる中で3回ぐらい座れればいいとこっちも強制させる気持ちを持たない方がいいと思います。
    気分もありますし、気分が乗るとき座れたらしっかり褒めてあげるといいと思います
おすすめユーザーのコメント
5
    MK
    子どもの好きなステッパーやキャラ物の便座カバー、テンション上がりそう☺️
    na
    慣れるまでは両手を握って声かけしながらトイトレをしていました!
    muuu
    「うんち」が難しく、便座に座らせたあと向かい合う姿勢になり、いっしょに「うーーん」って力んだりしたなぁ。
    YK
    私が付きっきりでいれば座ってくれましたが、正直朝の支度中などは大変でした
    みーご
    みなさんも言っていますがトイレトレーニングは無理強い禁物です!
    また、子どもの意欲にも波があるのでやりたい意欲が高い時はうまく誘導してたくさんトイレに行くといいと思います。逆に意欲がないときは無理せず子ども自身が「やりたい」と思える時まで待つのが1番です。
    極端な話大人になるまでには必ずとれるものです。早く取りたいとゆう大人の都合に合わせずに子どものペースに合わせていきましょう!

しつけの関連記事

カテゴリ一覧