子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月25日

トイトレ中の夜はパンツ?オムツ?ママたちに聞く、成功の秘訣と方法

トイトレ中の夜はパンツ?オムツ?ママたちに聞く、成功の秘訣と方法

トイトレ中の夜はオムツで過ごすか、それともパンツで過ごして夜中に起こすか、どのような過ごし方がよいのか悩んでいるママも多いのではないでしょうか。昼間はトイレができるようになっても、夜のトイトレはなかなか難しいですよね。今回は、先輩ママたちの体験談から、夜のトイトレの進め方やコツ、お役立ちアイテムなど夜のトイトレをうまく乗り切る方法について考えてみました。

トイトレ中の夜はどのように過ごしましたか?

実際に子どものトイトレを経験したママたちに、どのような方法で過ごしてきたのか体験談をまとめてみました。

徐々にオムツからパンツへ

「トイトレを始めた頃は、寝るときはオムツで過ごし、夜中に何回か起こすようにしていました。

だんだんおしっこをするタイミングが分かってきて、夜中に起こす回数も減ってきた頃、朝起きたときにオムツが濡れていない日が多かったので、じゃあそろそろ試してみるかという感じでパンツに。

パンツにしてからしばらくは月1・2回くらいの頻度でおもらししていましたが、成長するにつれてなくなりました」

初めてのトイトレはわからないことも多いかもしれません。ママも手探りで進めているようです。

トイトレを始めるのが遅かったけれど

「私が仕事で忙しく、気がついたら同年代の子はみんなオムツが取れてた、という感じでトイトレを始めるのは遅い方だったと思います。

昼間はスムーズにパンツで過ごせるようになりましたが、夜に関しては、私も不安でオムツがなかなか取れませんでした。

また夜中に起こすのも躊躇してしまい、悩んでいたところ、オムツを取るのは夏が適してると聞き、思い切ってパンツにしてみたら成功したので、“案外大丈夫なんだ”と安心しました」

トイトレを始めるのが遅くても、いつかはオムツが取れることがわかる、安心するエピソードですね。

無理にパンツで過ごさない

「最初は夜オムツで過ごしていました。保育園の先生に、お昼寝中のおしっこの様子を聞きつつ、家では夜中に何度かオムツをチェックして、いつおしっこをしているのか把握しました。

おしっこをする時間がわかったら、その時間に起こすようにして、なるべくオムツを濡らさないように気にかけていました。

おもらしをしてしまうと、私も子どもも気分が暗くなってしまうので、無理にパンツで過ごそうとせず、なるべく“できた!”という体験を積み重ねて、子どもに自信がつくように心がけました」

子どももママもお互いが前向きな気持ちでいることが、トイトレ成功の秘訣かもしれません。

夜のトイトレのコツ

ママたちの体験談から、夜のトイトレのコツを考えてみました。

寝る前に必ずトイレに行く

ほとんどのママが実践している方法です。寝る前におしっこを空の状態にして寝ると、おしっこがオムツから漏れてしまったり、パンツにおしっこをしてしまうのを防げるそうです。毎日寝る前はトイレに行くリズムを習慣づけられればよいですね。

寝る前に水分を取りすぎない

お風呂上りや寝る前にあまり水分を摂ってしまうと、夜中に大量におしっこが出てしまう可能性があるので、適度な水分補給を心がけましょう。

また、水分だけでなくアイスやスイカなどの水分量の多い食べ物を食べるのも、おもらしにつながるようなので注意が必要です。

生活リズムに気をつける

寝る時間がずれたり、お出かけをしたり、昼間の運動量が多かったり、いつもと違う生活リズムや過ごし方をした場合は、夜のおしっこのタイミングがいつもと違かったり、おもらしをしてしまうことがあるそうです。

トイトレ中はなるべく生活リズムを整えていきたいですね。

子どもが自分でおしっこのタイミングを伝えられるように

トイトレは、ママと子どもで協力して進めていくとうまくいくようです。

「おしっこがしたくなったらオムツにする前に声をかけてね」と子どもと約束をすると、子どももおしっこはトイレでするという意識ができるようになるでしょう。

パンツだけのトイトレにこだわらない

オムツからパンツにしたから、もうオムツは使えないと思ってしまうママも多いかもしれません。パンツにした後も、オムツとパンツを使い分けるとママも心に余裕ができるのではないでしょうか。

例えば、昼間アイスを食べすぎてしまったから今日はオムツにしよう、最近おもらしが続いているからオムツにしてみようなど、状況に応じて使い分けると、子どもも失敗してしまう機会が減るのではないでしょうか。

子どもがオムツを嫌がったら、寝ている間に穿かせて、起きる前に脱がせるという方法もあるようです。

子どもに自信がつくように

トイトレをしているとうまくいくときもあれば、なかなか成功しないときもあるでしょう。おもらしをしてしまったときは子どもも落ち込んでいるかもしれません。

うまくいかなかったら「次は気をつけようね」と前向きな言葉をかけ、成功したらたくさん褒めることで子どももママも前向きにトイトレを進められるのではないでしょうか。

夜のトイトレで役に立つアイテム

トイトレ中に“役に立った!”とママたちが実感したアイテムを紹介したいと思います。

防水シート

防水シートとは、布団の上に敷く防水素材でできたシートのことです。子どもがおしっこをしてもシーツに染み渡る心配がなく、濡れてしまった場合も、そのシートを洗えばよいので、忙しいママにとって助かるアイテムでしょう。パンツに変えたばかりの頃は特に役立ちますね。

厚手のタオル

子どもの寝相が悪くて防水シートが使えないというママの工夫です。厚手のタオルを折りたたんで股の間に挟むと、シーツや布団が濡れるのを最小限にできるそうです。新たにアイテムを買い足す必要がないので手軽に試すことができる方法ですね。

防水タオルケット

防水タオルケットは、タオルケットの中に防水シートが挟んであります。防水シートより肌触りがよいのが特徴です。かわいいデザインのものもあり、子どもも喜ぶかもしれませんが、パジャマの上から穿くタイプが主流のようなので、季節を考えての使用が望ましいでしょう。ズボンタイプとスカートタイプがあるようです。

子どもに合った方法でトイトレしよう

喜ぶ子ども

先輩ママたちは、子どもの様子や状況に合わせて、オムツやパンツを使い分けたり、段階を進めているようでした。

子どものトイトレは、子どもそれぞれで合う方法やリズムが違うため、慌てずに、子どもに合わせたトイトレの方法を探していけると良いですね。この機会にお子さんの自信につながる、前向きなトイトレを目指していきましょう。

しつけの関連記事
  • 小学校低学年に読み聞かせは必要?メリットやおすすめの方法とコツ

    小学校低学年に読み聞かせは必要?メリットやおすすめの方法とコツ

    子どもが小さい頃はしていた方も多いであろう読み聞かせですが、小学校に入るとみんなはどうしているの?と思っている方も多いのではないでしょうか。小学校低学年の子どもへの読み聞かせの必要性と本選びのコツ、時間がなくてもできるおすすめのアイデアを体験談と共にご紹介します。

  • トイレトレーニングに補助便座!人気の理由とおすすめアイテム

    トイレトレーニングに補助便座!人気の理由とおすすめアイテム

    小さな子どもでもスムーズにトイレトレーニングを始められるよう、準備したほうが良いものは何でしょうか?年齢や成長段階によってサポートの方法が変化するトイレトレーニングのお助けアイテムとして、補助便座をおすすめする理由と、人気の補助便座の特徴や選び方のポイントをご紹介します。

  • 6歳児に読んでもらいたい絵本と読み聞かせのコツ

    6歳児に読んでもらいたい絵本と読み聞かせのコツ

    6歳くらいになると徐々に文字が読めるようになり、関わり合いも親子だけでなく友だちや親以外の大人など外の世界へ広がっていく子どももいます。子どもの世界が広がるこの時期に、どんな絵本を選んで良いか悩むママもいるでしょう。今回はそんなママへ向けて、6歳児に向けた絵本の選び方や読み聞かせのコツなどを紹介します。

  • 0歳の赤ちゃんへの絵本の読み聞かせのコツ4つとママたちの体験談

    0歳の赤ちゃんへの絵本の読み聞かせのコツ4つとママたちの体験談

    赤ちゃんの頃から絵本の読み聞かせはしていましたか?読み聞かせをしたいと思ってはいるけれど、まだ言葉が分からない赤ちゃんに読み聞かせするとき、どのようなことを意識して読むのが良いのでしょう。赤ちゃんの読み聞かせのコツや注意、工夫できる点を考えてみました。赤ちゃんにおすすめの絵本も紹介します。

  • 言葉を理解し始める5歳児におすすめの絵本と読み聞かせのコツをチェック

    言葉を理解し始める5歳児におすすめの絵本と読み聞かせのコツをチェック

    子どもは、絵本が大好きですよね。絵本の世界そのものを楽しむだけでなく、絵本を読んでくれる大人と過ごす時間を嬉しく感じているのではないでしょうか。文字を理解し始める5歳児にとって、絵本は言葉を学ぶ教材だったり、生活習慣や社会のルールを理解するきっかけを作ってくれたりするものでしょう。今回は、5歳児の絵本の読み聞かせのコツや体験談をご紹介します。

  • 読みたい本を自分の力で。4歳におすすめの絵本の選び方や読み聞かせのコツ

    読みたい本を自分の力で。4歳におすすめの絵本の選び方や読み聞かせのコツ

    4歳は文字が読めるようになり、自分の力で好きなものを選べるようになる時期です。本の好みもはっきりしてくるので、親としてはどんな絵本を選んであげたらいいのか、読み聞かせをどうやってしたらいいのかと悩む方も多いでしょう。そこで、今回は4歳におすすめの絵本の選び方や読み聞かせのコツを、同じ悩みを持っていたママの体験談と共にご紹介します。

カテゴリ一覧