子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月12日

女の子ママ注目!子どもにバレエを習わせる前に知っておきたいメリットや費用

女の子ママ注目!子どもにバレエを習わせる前に知っておきたいメリットや費用

女の子に人気の習い事のひとつ、バレエ。一口にバレエと言っても、一体どんなことをするのか気になるところではないでしょうか。あまりなじみがない上に、月謝が高いというイメージを持っているママもいるかもしれません。そんなママとバレエを習いたい子どものために、バレエ教室に通うメリットや、その費用などをご紹介します。

バレエ教室ではどんなことをするの?

基本動作や姿勢の練習

バレエは、ヨーロッパで誕生したと言われており、貴族の宴や結婚式で披露されていたそうです。

音楽に合わせて、芸術性あふれる踊りをするバレエには、歌詞や台詞がありません。そのため、基本となる動作が大切になってくるでしょう。

バレエ教室に通うメリット

姿勢が良くなる

バレエでは、基本の姿勢をしっかりと学びます。足の位置や、背中が曲がっていないか、お腹が前に突き出ていないかなど、細かなポイントがあり、すべてきちんとできて初めて基本の姿勢をマスターしたことになるといわれています。

バレエのレッスンでは、この基本の姿勢を教わるため、レッスン中の姿勢はもちろん、普段からの姿勢もよくなるでしょう。バレエを習い始めてから、立ち姿がキレイになったという声や、足のO脚が改善されたというママの声もあります。

身体が柔軟になる

しなやかな動きが要求されるバレエ。バレエのしなやかの動きには筋力やそれ以外の要素も必要だと考えられます。子どものころからバレエを習うことで、自然と柔軟性が身につくでしょう。柔軟性があることで、運動能力がアップすることがあるといわれています。

度胸がつく

バレエ教室では、定期的に発表会などを行うことも多々あります。大勢の観客の前で、練習の成果を発表するということは、勇気がいること。ひとつのことを成し遂げた達成感とともに、人前で披露することで、度胸が身につくこともあります。

子どものころから度胸をつけておくことで、将来、役立つときが来るかもしれません。

バレエにかかる費用

平均の月謝

バレエ教室によって異なりますが、だいたい1万円前後の教室が多いようです。週に何回レッスンを受けるかによっても金額は変わります。年齢が上がるにつれて、月謝も高くなる傾向のようです。入会金がかかる教室も多く、その相場も1万円前後。バレエ団などが開いている教室の場合、高めの金額設定になっているようです。

決まった曜日にレッスンに行くのが難しい場合は、都合に合わせて通えるチケット制の教室もあります。1枚2,000円前後の教室が多いようで、定期的に通うより費用が多くかかる傾向にあります。

月謝以外にかかるお金

バレエ教室に通うには、バレエ専用のシューズや練習着などの必要なものを揃えなければいけない場合もありますが、すべて購入する必要はなく、レンタルを行っている教室もあります。また、子どもの成長に合わせて、買い替えが必要な場合もあります。教室によっては、施設維持費などがかかる場合があるので、事前にチェックしておきましょう。

バレエ教室の選び方

バレエ教室

設備が充実しているか

姿勢が重要ポイントのバレエでは、鏡を見ながらレッスンを行うことがほとんど。その鏡はもちろん、バーレッスンを行うためのバーも必要です。この二つは、整っている教室がほとんどのようです。

その他に、床材も重要。飛び跳ねることが多いバレエでは、コンクリートのような硬い床材では、足や関節を痛めてしまうことがあります。柔軟性のある木や、リノリウムが床に使われている教室を選ぶのがおすすめです。

カルチャースクールか個人教室

バレエ団体が開いている本格的な教室や、個人、地域などで開かれているカルチャースクールなど、さまざまな教室があります。

カルチャースクールであれば、比較的リーズナブルな費用で通うことが可能です。カルチャースクールは、気軽にバレエを始めたい人におすすめです。個人の教室であれば、少人数制が多く、細かな指導を受けることがあります。その先生の考え方やレッスン法、子どもとの相性が合うかどうかもチェックしたほうがいいでしょう。

我が家のバレエ体験

楽しみながら正しい姿勢や礼儀作法が身についた

私の幼い娘は、ちょっぴり姿勢が悪く、目につくことがしばしば。ある日、バレエは姿勢がよくなるという噂を聞いてバレエを始めることにしました。前々から歌やダンスが好きだったし、娘にはちょうどいいかもと決心。

いざ通い始めると、はじめは緊張の面持ちでしたが、とっても楽しそうな表情をして、教室に通うようになりました。通い始めて1年たち、姿勢も以前より改善され、今では自分から早く教室に行きたいと張り切っています。

お金がかかるが、プロを目指す娘を家族でサポート

小心者の娘に、度胸をつけようと始めたバレエですが、すっかりのめりこみ、いつの間にかプロを目指すように。かわいい娘の希望をダメとは言えず、本格的なバレエ教室に通わせることにしました。目を輝かせて自分の好きなことを頑張っている姿は、親としてとても誇らしいです。

夫も協力的で、仕事が休みの日には教室への送り迎えを手伝ってくれることも。ちょっとずつ節約して、留学の費用にと貯蓄も頑張っています。お金はかかりますが、きっと将来恩返ししてくれるのを信じて、家族みんなで応援し続けます!

子どもに合った教室を見つけよう!

バレエ練習

身体にとっても心にとってもメリットがたくさんあるバレエ。子どものうちから始めることで、無理なく習慣化できることもあるようです。

費用や、どの程度バレエを深く学びたいかなどによって、通う教室を決めるといいでしょう。体験レッスンなどを利用して、理想のバレエ教室を見つけてくださいね。

習い事の関連記事
  • new

    習い事は4歳からスタート!始めるメリットとおすすめの習い事

    習い事は4歳からスタート!始めるメリットとおすすめの習い事

    4歳になると、会話も上達して、人とのコミュニケーションが上手に取れるようになる年齢といわれています。もうそろそろ習い事をさせようかな、と考えているママも多いでしょう。そこで今回は、4歳から始める習い事について詳しく紹介していきます。同じ悩みを持つママの体験談もあわせてご紹介するので、是非参考にしてみてください。

  • 3歳から習い事を始めるメリットとは?選び方のコツとママの体験談を紹介

    3歳から習い事を始めるメリットとは?選び方のコツとママの体験談を紹介

    動きが活発で、上手なおしゃべりもできてくるのが3歳児だといわれています。イヤイヤ期の2歳を過ぎて、だんだんと感情のコントロールができてくる時期でしょう。今回は、3歳の子どもに習い事をさせるメリットや、おすすめの習い事を体験談を交えてご紹介します。

  • メリットがたくさん!人気の習い事「水泳」は早いうちから始めるのがおすすめ

    メリットがたくさん!人気の習い事「水泳」は早いうちから始めるのがおすすめ

    子どもの習い事で人気があるもののひとつに、水泳があります。子どもに水泳を習わせたいけれど、いつからはじめたらよいのか悩んでいるママは多いと言われています。水を怖がる子どもも多いので、どうやって子どもに興味をもたせるのか迷ってしまうケースもあるでしょう。そこで今回は、同じ悩みを持つママの体験談とともに、水泳を習わせるベストなタイミングとメリットをご紹介します。

  • 子どもに人気の音楽系習い事。歌やバイオリン、ピアノの月謝や購入費用を調査

    子どもに人気の音楽系習い事。歌やバイオリン、ピアノの月謝や購入費用を調査

    歌が上手になる、楽器が弾けるようになる子どもの音楽系習い事、実際にどのくらいの費用がかかるのか知っていますか?歌やピアノ、バイオリンなど習わせてあげたいけれど、費用がわからずなかなか手が出せないとお困りのママのために、個人、グループレッスンで変わる月謝や楽器購入時にかかる費用など調査しました。

  • 体を鍛える習い事「空手」は何歳から始める?教室の選び方や習わせるメリット

    体を鍛える習い事「空手」は何歳から始める?教室の選び方や習わせるメリット

    子ども習い事にもたくさんの種類がありますが、最近は体を鍛えながら、さらに礼儀作法を身につけることができる「空手」を習わせたいというママが増えているといわれています。男の子はもちろん、護身術として女の子の習い事としても浸透してきているようです。何歳から習わせるのがベストなのか、先輩ママの体験談とあわせてご紹介します。

  • 自我が芽生え始める2歳児の習い事。種類やメリット・デメリットを紹介

    自我が芽生え始める2歳児の習い事。種類やメリット・デメリットを紹介

    「自分でやりたい」という気持ちが、だんだんと強く出始めるのが2歳児といわれています。1歳のころに比べ体力もついてくるので、活発に動き回る時間が増えてきます。できることもどんどん増える2歳児は、習い事を始めるのにぴったりといえるでしょう。どんな習い事を始めればいいのかわからないというママたちにもわかりやすく、2歳児が通える習い事についてご紹介します。

カテゴリ一覧