子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年06月04日

【習い事体験】子どもの性格に合った習い事を選ぶ。水泳と体操教室など経験して感じたこと

習い事は子どもの性格に合ったものを選んであげたいですよね。できたら長く続けて得意なことを身につけてほしいと思うのではないでしょうか。今回の記事では、習い事をどう選ぶか、またいつから始めるか、特に水泳と体操教室の体験談をお届けします。

子どもの性格を把握する

習い事の種類も豊富な昨今、どの習い事を子どもにさせようか迷ってしまいますよね。できればいろいろなことを子どもに経験させてあげたいですが、どのような観点から選べばいいのでしょう。

まずは子どもの性格を多角的に見てみて、どの習い事が合って合っているのかについて考えてみてはどうでしょうか。

ママやパパから見た性格

生まれてから見ているわが子の性格は、だいたいつかめているものですよね。しかしママとパパでは子どもの性格の捉え方に意外と違いがあるものです。

まずは夫婦間で子どもの性格を客観的に捉えてみましょう。

普段のお友だちとの接し方、遊び方

普段の園での様子や、お友だちとの関わり方から、子どものタイプがわかります。ママやパパが見ている子どもの様子と、先生から聞いた様子では家と違うこともありますよね。

総合的に見てどんな習い事が向いているかを判断してみましょう。

水泳、体操の習い事としての特徴

筆者の体験として、息子が幼児期に始めて小学生になった現在まで継続している体操教室と、2年以上続いている水泳教室の概要や、流れなどを中心にご紹介します。

水泳や体操教室を選ぼうとしている方の参考になれば幸いです。

体操

最近では数ヶ月の赤ちゃんからの教室もありますが、多く見かけるのは2~3歳からの幼児クラスからではないでしょうか。筆者の息子も、幼稚園の生活にも慣れてきた年中から課外保育の体操を習い始め、小学生になった現在も通っています。

体操教室に通い始めてから、週替わりでマット運動、鉄棒、跳び箱、ボール、縄跳びなどをしています。年に一度テストがあり、細かい分析や先生の見解などを受けて、級の判定をもらいます。

今では、前転、倒立、側転、跳び箱、縄跳び、鉄棒、ドッジボールなどができるようになりました。習得のスピードやレベルは個人差が大きいようです。

週に一度のレッスンなので、特に苦手なことやできるようになりたいことは、教室以外での練習もした方が上達しやすいです。

水泳

スポーツクラブなどで数ヶ月の赤ちゃんクラスからあります。全身運動である水泳を習わせる家庭は多いようです。

バシャバシャと水かけやバタ足、バーを超えて潜るというような水慣れのレッスンを経て、その後クロール、背泳ぎ、バタフライ、平泳ぎ、スピードを競う選手コースなどへと、進んでいきます。

できることが級ごとに細かく分けられており、月に一度の進級テストに合格するとワッペンや帽子の色が変わり、進み具合を子どもも意識できます。

実際に通ってみた子どもの様子

楽しみの要素が大きい体操

筆者の息子は長く続けているわりに他の子と比べてできる方ではないのですが、本人はあまり気にならないようで、体を動かすことは好きなのと、教室で友だちや先生に会えるのが楽しい様子です。マイペースな性格が個人競技である体操に向いていたのかもしれません。

続けるうちに、いくつか苦手な技もできるようになり、時折嬉しそうに報告してくれます。学校で疲れていても、体操をやめたいと言ったことは一度もなく、息抜きのような場にもなっているのかと思います。

また、特に男の子は成長するにつれて体が固くなってくるので、ストレッチを続けるといいと先生が言っており、息子は1年生からお風呂上がりにストレッチと筋トレを毎日続けています。

5年間サッカーもやっていた

朝から寝るまで元気に走り回るタイプの子どもだったので、体操と同時にサッカーも年中から始めさせました。

楽しそうにはしていましたが、あまり闘争心がないのか、負けて悔しいという気持ちや向上心が強く見られず、友達と遊びのような感覚が抜けていないように見えました。敵チームにぶつかってでもシュートする、というようなことも苦手だったようです。

そして下校時間が遅めになる3年生から、疲れたと頻繁に言うようになりました。「他にも習い事をしているから、どれかをやめようか」ということになり、本人に優先順位を付けさせてサッカーはやめることになりました。

地道に進級して達成感のある水泳

小学校入学を機に、友だちと遊ぶときにも携帯型ゲーム機で遊ぶようになり、親としては運動不足が気になり始めました。

幼稚園のカリキュラムとして行っていた週に一度のプールでは水慣れ程度で泳げるまでには至らなかったので、夫が夏季体験教室のチラシを見て2年生から始めさせ、好きでも嫌いでもないという様子です。

順調に進級してだいぶ体力も付き、5年生の今では一通りの泳ぎ方ができるようになり、少し先のスピードを競う級にも興味を示すようになりました。また、2~3カ月に一度、家族で屋内プールに行くようにしており、最近ではパパと泳ぐ距離を競えるようにもなりました。

子どもの得意を伸ばす

習い事を始めるきっかけは「子どもが興味を示したから」というのが大切な一歩です。やってみないとわからないこともあるので、できるだけ子どもの意見を尊重してやらせてあげたいですね。

集団競技か個人競技が向いているかなど子どもの性格やタイプなどを客観的に把握しておくと、ママやパパもフォローや軌道修正がしやすくなりますね。

関連記事
カテゴリ一覧