子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年07月06日

将来「伸びる子」になる第一歩。3歳からできる、親子アサガオ観察

将来「伸びる子」になる第一歩。3歳からできる、親子アサガオ観察

40年中学受験に関わる西村則康先生は、幼児期にたくさん「なんでだろう」を経験した子が将来伸びる、といいます。では、親がしてあげられることはどのようなことなのでしょうか。日常生活の中ですぐにできる、自然観察のポイントを教えていただきました。

西村康則

自然から多くのことを学べる季節

夏は、生き物たちがもっとも活動的になり、子どもたちが自然から学べることも多い季節です。保育園や幼稚園でも植物を育てている園や、生きものを飼育している園が多いようですね。

今回は、植物の観察について書いてみたいと思います。

幼児期の経験が入試問題につながる?

私はこれまで40年ほど中学受験の世界に関わり、今でも家庭教師をしていますが、中学入試の理科では「え?そんなのが入試に出るの?」と思われるようなことが出題されることが、実は多いんです。

たとえばある学校の入試問題に、こんなものがありました。

「アサガオの芽生えの様子をかきなさい」

読んでいる方は、すぐに思い浮かぶでしょうか?ご家庭でアサガオを育てている方もおられるかもしれませんね。

先日「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」という中学受験ポータルサイトが主催するイベント授業で、参加した10組の受験生親子にこの問題が出されたそうですが、やはりうまくかけないお子さん、親御さんが多かったようです。

実物の写真が発表されると「あ〜、そうだった!」と盛り上がったそうですが、個性的な形の双葉ですね(もう思い浮かんでいますか?)。

アサガオの栽培は驚きの連続

小学校では、1年生の生活科でアサガオを育てることが多いようです。大切に蒔いた自分の種から双葉が出てきたときの子どもの喜びは、とても大きなものです。

アサガオを育てる過程では、子どもにとってさまざまな驚きがあります。

あんなに小さな種から芽が出て、双葉の次には大きな本葉が出てきます。支えがないとまっすぐに伸びていけないくらい細い茎なのに、支柱さえあれば子どもたちの身長よりもはるかに高いところまで伸びていきます。

そして夏になると、毎朝どんどん美しい花を咲かせ、毎日水やりをするだけで、どんどん新しい驚きを与えてくれるアサガオ。

もしご家庭で育てているなら、この夏はぜひお子さんと一緒にじっくり観察してみてください。実はけっこう奥が深いんです。

幼児のアサガオ観察のポイント

あらためてアサガオをよく観察してみると、いろいろな発見があります。

不思議がいっぱい

たとえば、アサガオは支柱などに巻きついて伸びていきますが、行き当たりばったりに巻きついているのではありません。すべて同じ向きに巻いているはずです。

また、つぼみもよく観察してみましょう。花びらをぎゅっと絞ったようなつぼみですが、その向きもみんな同じ。その不思議さは、子どもの印象に残るのではないでしょうか。

また、葉や茎の表面を見てみましょう。細かい毛がびっしり生えています。この毛も、ただなんとなく生えているのではなく、ちゃんと役割があるのです。

アブラムシ(植物の汁を吸う小さな虫)が表面を歩けないように、アブラムシの足よりちょっと長い毛で体を守っているんですね。

「どうして?」をたくさん経験することで

子どもが小さいうちは「勉強」ではなく、一緒に見て「なんでだろうね」だけでOKです。そんな「なんで?」「どうして?」をたくさん経験したお子さんが、先々理科という科目が得意になるのです。

もしお子さんが理由を知りたがったら、一緒に調べてあげるといいいですね。親も勉強になるし、「興味がある⇒調べる⇒知識が増える」というサイクルを習慣にしているお子さんは伸びるものです。

将来「伸びる子」になるには

いろんなものを見て、触れて「なんでだろう」「どうしてだろう」という体験をたくさんしてきた子が、結局は伸びるというのが、これまで数千人の中学受験生を見てきた私の感想です。

そういった体験は「◯◯自然教室」や「◯◯体験教室」に行かなくても、日常に溢れています。

ぜひこの夏、お子さんと一緒にいろんなものを見て、触れて「なんでだろう」をたくさん体験させてあげてください。

執筆:西村則康

西村康則の記事一覧(バックナンバー)

教育研究家。家庭教師集団「名門指導会」代表。中学受験ポータルサイト『かしこい塾の使い方』主任相談員。日本初の「塾ソムリエ」として、塾の活用法や塾選びなどの受験ノウハウを世に送る。テレビ、新聞、教育雑誌などで活躍中。おもな著書に『中学受験基本のキ!』(日経BP社)、『頭のいい子の育て方』(アスコム)、「中学受験は親が9割」シリーズ(青春出版社)、「つまずきをなくす算数」シリーズ(実務教育出版)など、20冊を超える著書がある。

https://www.e-juken.jp/
お受験の関連記事
  • 幼児期にぜひやっておきたい「リビング学習」の準備

    幼児期にぜひやっておきたい「リビング学習」の準備

    近年、受験の世界などで定着しつつある「リビング学習」。子どもが幼児期だからこそやっておきたいリビング学習の習慣づけについて、40年中学受験に関わる西村則康先生にうかがいました。

    西村康則

  • 早期教育って本当に必要?早期教育の種類やメリット・デメリットを比較

    早期教育って本当に必要?早期教育の種類やメリット・デメリットを比較

    たくさんのことを学び吸収する幼児期。子どもが小さいときから、さまざまな経験をさせたいと願う親が増え、昨今では幼児教室なども街に溢れています。そんな中で、本当に早期教育は必要なのか、疑問に思われている方も多いでしょう。そこで、早期教育に少し関心のあるママへ向けて、幼児期から教育を始めることのメリットとデメリットについて、早期教育の種類などをご紹介します。

  • はじめての幼稚園受験。子どもの服装や親のスーツ、当日に必要な持ち物

    はじめての幼稚園受験。子どもの服装や親のスーツ、当日に必要な持ち物

    幼稚園のお受験では、説明会や願書の受け渡し時、面接など親子ともに服装に気を使う部分が何度か発生します。特にお受験当日には、どんな服装やスーツで行けばいいのか、どんな持ち物が必要なのか注意して準備したいポイントです。経験談を踏まえて、幼稚園お受験に向けて備えていきましょう。

  • 【お受験情報】どの段階で行う?幼稚園・小学校受験のメリットとデメリット

    【お受験情報】どの段階で行う?幼稚園・小学校受験のメリットとデメリット

    有名大学の付属幼稚園や小学校などへのお受験は、学習環境や進学対策などのサポート体制が整っているので、いつの時代も親たちの関心を集めています。しかし、お受験はどの段階で行うべきか、お受験を考える人が最初に考える悩みのひとつです。それぞれのメリット・デメリットを踏まえたお受験情報を参考にしてみましょう。

  • 【小学校お受験情報】準備はいつから?トータル費用や役立つ習い事

    【小学校お受験情報】準備はいつから?トータル費用や役立つ習い事

    小学校のお受験にかかる費用ってどれくらい?受験勉強っていつから始めたらいいの?子どものお受験に悩むママは多いですよね。今回は、お受験にかかる費用や準備することなど、ママが知りたい情報をお届けします。

  • キッチン、お風呂でできる!子どもの好奇心を伸ばすための化学実験

    キッチン、お風呂でできる!子どもの好奇心を伸ばすための化学実験

    今回の記事は、6歳までの子どもとお家で楽しめる「化学実験」の提案です。キッチンやお風呂は実験のワンダーランドだという西村先生。40年以上、中学受験に関わってきたご経験から、将来花開く「気づきのもと」になる理科の実験について提案していただきました。

    西村康則

カテゴリ一覧