才能ではなく努力をほめる育て方

才能ではなく努力をほめる育て方

お子さんをほめるとき、どんな声かけをしていますか?

お子さんをほめるとき、どんな声かけをしていますか?

最高の子育てベスト55』より、努力をする子に育てる声かけをご紹介します。
見出し1

子どもに感心したときの親のほめ言葉は、次の3種類に分けられます。
画像2

子どものまなぶ力や挑戦する力を育むのに一番よい声かけは、➀のプロセスをほめる方法です。

プロセスをほめることは、わずか1歳でも効果があります。
見出し2

「意欲と根気」の研究を続けるスタンフォード大学のキャロル・ドゥエック教授は、「スキルは同等な学生が困難に直面したときに、諦める学生と、粘り強く学ぼうとする学生がいるのは何故か」と考え、両者の差は「できない理由の捉え方」にあることを突き止めました。

そしてこの理由の捉え方の違いには、上記の幼少期のほめられ方が深く関わっています。
画像3

・成功は、生まれつきの才能や頭の良さの結果だと信じる子(硬直マインドセット)
・成功は、一生懸命がんばった結果だと信じる子(成長マインドセット)

硬直マインドセットの子は、生まれつきの知能がどこまでもついてまわると信じ、

「がんばる必要があるのは才能がないから」
「才能があればうまくできる」

という言葉に同意します。

「足が速いんだね」
「頭がいいんだね」

というような才能に着目したほめ方を続けると、子どもは硬直マインドセットになり、失敗すると「自分には才能がない」と考え、できない子だと思われないよう挑戦を避けます。
見出し3

一方、才能ではなく

「いい走りだったね」
「物語を読むのが好きなんだね」

といったプロセスをほめられて育った子は、成長マインドセットを持ちます。

知性は努力によって身につくと信じ、勉強するほど賢くなれると考えるのが特徴。

自分ができる子かどうかではなく、学ぶこと自体に価値を感じています。

また、挫折したとしても、さらなる努力で乗り越えられると信じているため、困難な課題にも粘り強く取り組みます。
見出し4

できることならわが子には成長マインドセットを持ってほしいもの。

しかし、ドゥエック教授の実験によると、1歳から5年間、「才能をほめた場合」と「プロセスをほめた場合」それぞれの、その後の子どもたちの挑戦意欲と学習意欲について調査をおこなった結果、成長マインドを持つ子どものほうが、挑戦を好むという結果になりました。

そして成長マインドセットを持っていたのは、よちよち歩きのころに「プロセス」をほめてもらった子どもたちだったのです。

ただし、悲観する必要はありません。

小学5年生の子どもを集めて無作為に2つのグループに分け、テストをおこない、上記と同じ声かけをする実験をおこなった結果、努力をほめられた子どもは、難しいテストに挑戦したがる傾向がありました。

一方、頭の良さをほめられた子どもは、簡単なテストを選びたがり、問題が難しくなると自身を失う傾向が見られました。

つまり、子どもの意欲を高める声かけは、何歳からでもおこなうことができるのです。
見出し5
私たちは日頃「頭がいい」「足が速い」など才能にフォーカスした声かけをしがちですが、挑戦する子どもになってほしければ、努力、プロセスに着目しましょう。

画像4
表を参考に、「努力をほめる、才能はほめない」声かけをぜひ実践してみてください。

2021年09月05日

関連記事

  • 子どもが主体の環境づくりを目指し、日本初「子どもにやさしいまち」として日本ユニセフから承認された安平町。「自分が“世界”と出会う場所」というコンセプトをもとに、地域に開かれた学校「早来学園」を開校します。不確実な時代を生きる子ども、大人、すべての人のための学校をご紹介します。

    北海道安平町

    PR

  • キヤノンのカメラを使ったワークショップ「PICK&ZOOM教育プログラム」には、子どもたちに必要な力を育むためのヒントがたくさんあります。子どもの成長・発達に詳しい専門家を迎え、実際に5歳の子どもたちを対象に実施されたカメラを使った教育プログラムの様子をレポートします。

    キヤノンマーケティングジャパン株式会社

    PR

  • 空前の「性教育」ブームといわれる昨今。でも実際子どもに「性」のこと、「からだを大切にすること」の意味を教えるのは簡単ではありません。そこで、漫画家のツルリンゴスターさんが元保健室の先生で性教育講師であるにじいろさんに、性教育に関する率直な疑問をぶつけたレポート漫画、前編です!

    ツルリンゴスター

  • ひとりひとりの個性を尊重し、身体・心・頭をバランスよく育てることを大切にしているシュタイナー教育。この教育法で用いられるおもちゃは、一般的なおもちゃとは少し違うようです。どのような種類のおもちゃがあり、特徴や遊び方はどう違うのか。また、シュタイナーのおもちゃを取り入れた保護者の体験談などを紹介します

  • 集中力は、勉強だけではなく、スポーツや将来的には仕事をしていくうえで、欠かせない能力です。元々集中力が高い子もいるかもしれませんが、環境を整えたり生活の中で少し工夫をすることで、高めることもできるようです。今回は集中力がない原因や遊びを通して集中力を育てる方法などを紹介します。

  • 「語彙力」が高いとは、多くの言葉を知っている状態を連想しますが、実はそれだけではなく、知っている言葉を適切に使う力も含まれている言葉です。よく本を読む人は語彙力が高いイメージがありますが、その他にも語彙力を高める方法はあるのでしょうか。また、語彙力が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

カテゴリ一覧