出産にあわせてパパがやること。産前産後の準備や心構えなど

出産にあわせてパパがやること。産前産後の準備や心構えなど

パパにしてもらって嬉しかったこと

出産に向けた準備について、パパがやることにはどのようなものがあるのか気になる方もいるかもしれません。今回の記事では、パパができる出産前の準備や、手続きなど産後にパパがすること、パパからママへのメッセージや気持ちのこもったプレゼントなど、ママが嬉しかったことを体験談を交えてご紹介します。

パパになる準備をするとき

出産準備でパパがやることには、どのようなことがあるのでしょうか。出産前は生まれてくる赤ちゃんや入院するママのためのグッズを揃えたり、家の中を赤ちゃんを迎えられるように整備したりと、お腹が大きいママが1人でするには大変なことに協力できるかもしれません。

出産後も、体が回復していないママの代わりにパパができることはたくさんありそうです。実際に赤ちゃんを迎えたパパたちはどのような準備をしたのでしょうか。

また、ママがパパにしてもらって嬉しかったことについてママたちに聞いてみました。

出産前の準備でパパがやることやできること

出産前の準備でパパがやることやできることにはどのようなものがあるでしょうか。ママやパパに聞いてみました。

妊娠や出産に関する知識をつける

20代パパ
奥さんの妊娠がわかってもなかなかパパになるという実感がわきませんでしたが、両親学級に参加したことで心の準備ができました。そのときにお腹に7kgほどの重りをつけて妊婦体験をしたのですが、想像以上に重く驚きました。
30代パパ
妻から、妊娠週数に応じたママの状態やお腹の中の赤ちゃんの様子がイラストでわかるスマホアプリがあると聞き、ダウンロードしました。週数によって、どのようにママをサポートすればよいかのメッセージが届いたのでとても役に立ちました。
出産前に両親学級への参加やスマホアプリのダウンロードなどをパパがすることで、気持ちに変化が出たとの声がありました。他にも、育児書に目を通しておいて準備の参考にしたというパパの声も聞かれました。

赤ちゃんを迎えるグッズの準備をする

ベビー用品の準備
Africa Studio/Shutterstock.com
40代ママ
パパといっしょにベビー用品を買いに行っていたのですが、重い荷物はすべてパパが運んでくれたので助かりました。産まれてくる赤ちゃんを想像しながらいっしょに準備することができてよかったです。
パパもいっしょにベビー用品を買いに行くと荷物をもってもらえて助かるだけでなく、楽しい時間も共有できそうですね。他にも、ベビーベッドの組み立てや部屋のレイアウト変更などをして赤ちゃんを迎える準備をしたパパもいるようです。

緊急事態に備える

30代パパ
妻が安定期に入ったときに一度、職場に妊娠の報告をしたのですが、妊娠後期に入ってから改めて、急な出産にも対応できるように上司と話しあっておきました。実際に予定よりも早い時期の出産となったのですが、スムーズに休みをとることができたのでよかったです。
緊急時に備えて早めに職場や会社の上司に相談しておけば、急な休みのときでもママのサポートに向けて気持ちを集中することができるかもしれません。他にも、急な運転のためにお酒を控えていたというパパや、妊婦タクシーなどのインフラについて調べて出産の準備をしたというパパもいるようです。

出産後にパパがやることやできること

出産後にパパがやることやできることにはどのようなものがあるのでしょう。出産後にパパがしたことを聞いてみました。

産後の手続きをする

40代パパ
我が家では赤ちゃんが産まれてから名前を決めたので、1週間くらい経ってから出生届を提出しました。ママは赤ちゃんのお世話で大変なので、自分で必要な物を準備して市役所へ行き、出生届や児童手当などの手続きをしました。
赤ちゃんの出生後、区役所や市役所などに行き、出生届などの手続きを行ったパパがいました。勤務先で健康保険の加入手続きを行うことも出産後の大切な仕事の1つのようです。

積極的に育児に参加する

30代パパ
我が家では、赤ちゃんの沐浴を僕が担当しました。最初はどう扱ってよいかわからず不安でしたが、今では赤ちゃんと触れあうことができる時間が毎日の楽しみです。
40代ママ
2時間おきの授乳で大変だったとき、パパがミルクの準備をしてくれたり哺乳瓶を洗ったりしてくれました。授乳後にはゲップの補助もしてくれたのでとても助かりました。
沐浴や授乳の準備などをパパがすることで、出産後のママの心と体が少しでも休まり嬉しかったというママの声がありました。他にも赤ちゃんが泣き止まなかったとき、ずっと抱っこして赤ちゃんをあやしてくれたパパもいるようです。

ママがパパにしてもらって嬉しかったこと

出産に関して、パパにしてもらって嬉しかったことをママたちに聞いてみました。

気持ちに寄り添ってくれた

20代ママ
出産後はわからないことばかりで毎日不安でしたが、仕事から帰ってきて疲れているときでもたくさん話を聞いてくれたのでありがたかったです。
出産前後は、パパがママの今の気持ちを聞いてくれるだけで心が落ち着くかもしれません。他にも、産後のママの状況を理解し気づかってくれたパパの行動から、自分や家族を想う気持ちが伝わったというママの声もありました。

プレゼントやメッセージをくれた

妊婦プレゼント
Syda Productions/Shutterstock.com
20代ママ
出産した次の日、お見舞いにきたパパから感謝の気持ちをつづった手紙をもらいました。まだ体に痛みがあったのですが、とても幸せな気持ちになりました。
30代ママ
退院して家に帰ったら、ずっと欲しかったアクセサリーのプレゼントを用意してくれていました。出産時の思い出の1つとして大切に身につけようと思いました。
パパからの思いがけないメッセージやプレゼントに、嬉しい気持ちになったというママの声がありました。産後入院中の夜眠れなかったときに、パパが「これからいっしょにがんばろう」とメールをくれて嬉しいと感じたママもいるようです。

家事をしてくれた

30代ママ
以前、家事はすべて私に任せっきりのパパでしたが、出産後は慣れない料理や掃除をがんばってくれて嬉しく感じました。
パパが家事に協力してくれて嬉しかったというママの声がありました。産後の手伝いだけでなく、その後も家事と育児の分担を積極的にしてくれたパパもいるようです。

パパとママ2人で出産の準備をしよう

パパとママ
szefei/Shutterstock.com
出産前には、出産に関する知識をつけたり赤ちゃんグッズをママといっしょに揃えたりして赤ちゃんを迎える準備をしたパパがいました。産後には体がつらいママの代わりに書類の手続きなど、パパがやることやできることはたくさんありそうです。

出産をがんばってくれたママに感謝の気持ちを伝えたいときは、 パパからママへ気持ちのこもったメッセージやプレゼントを贈るとママも喜んでくれるかもしれません。出産の準備や産後の協力を積極的にパパがすることで、赤ちゃんとの新生活をスムーズに始められるとよいですね。

2020年03月25日

専門家のコメント
14
    ほー先生 保育士
    妊娠中はアプリを共有していました。
    お腹の中の赤ちゃんの様子が分かると
    お互いにわくわく感が増し、
    コミュニケーションを取るきっかけになります。
    あとは緊急連絡について話しておくことですね。

    また産後も赤ちゃん用のアプリで
    成長や日々の育児を目で見れるようにしています。
    仕事で家をあけているときも安心するそうです。
    仕事をしているので無理には頼めないですが、
    大変さが伝わるのか
    家事を率先して手伝ってくれます笑
    ぽんた先生 保育士
    覚悟を、きめてほしいですねー。赤ちゃんに、妻を取られたー的な発想はもう本当にやめてほしいです。ママを本気でサポート!
    あーちん先生 保育士
    パパになる意識って口ではいうもののなかなか芽生えないですよね、、
    家事はもちろん積極的に生まれた赤ちゃんとの生活を考えて動いてくれると助かります!

    やってほしいことなど書いてあるサイトなど参考にして欲しい物を夫に見せていました(笑)
    のんの先生 保育士
    パパにやってもらいたいことは、子育ての協力もですが、奥様のケアを第一にしていただきたいです。
    産前産後は、情緒不安定になりがちなので、理解してくれるとうれしいです。
    とーち先生 保育士
    産後、ママは体のダメージもひどいし、眠りたいのに自分が寝たい時間に寝れない。動けない。

    赤ちゃんが生まれると、生活が赤ちゃん中心になります。

    イライラして怒りっぽくなる時もあるので、優しく受け入れて欲しいです(笑)

    二人の子どもなので、

    手伝おうか?

    じゃなくて、

    何したらいい?

    とか

    これするよ!

    の言い方の方が私は嬉しいです(笑)
    ゆきな先生 保育士
    とりあえず妻の写真を残してください。わら
    妊娠中も産後も母は撮るばっかりで気づいたら自分の写真がすくない!ということがよくある
    せおみ先生 保育士
    パパにはママの事を褒めてほしいですね。産前産後は誰もが働いていないし、家にいる事が多くなると思うので家事育児に専念すると思います。そうすると、誰かにお礼を言われたり、褒められる事が減ってくると思います。1番近くのパパから褒められるととてもうれしいですよ。
    おはぎ先生 保育士
    産後はママも本等に気持ちが不安定ですよね。上の子たちがいる場合は積極的に公園など連れ出して遊ばせてあげてほしいです。遊びになかなか連れて行ってあげれないし、我慢させることも多いので申し訳ないなーという気持ちもママは持っています。上の子達はパパが思いっきり遊ばせて、楽しませてるから大丈夫!というのが一番心が軽くなったと思います。
    ひまわり先生 保育士
    緊急連絡については話をしていました。
    パパが仕事中は原則個人携帯を持っていけないこととなっていたので、会社に連絡するのがいいかなど。
    あとは、立ち会い出産にするかや出産後の親への連絡など決めていました。
    なごみ先生 保育士
    準備は特になかったですが、一緒に検診にはいつも行っていたので気持ちの準備はできていたと思います。なかなか産まれなくて一緒に病院の階段を昇り降りに一日中付き合ってくれたり、スクワットも一緒にしてくれたのは嬉しかったです^ ^
    ひで先生 保育士
    産後はお母さんが非常に大変ですがお父さんも環境が変わり一家を支えるプレッシャーを受け大変です。どっちがどうというわけではないですが言えることは子どもが生まれる前からの準備が多ければ多いほど精神的負担も減ると思います。なんちゃってイクメンでなくガチイクメン頑張って!
    まな先生 保育士
    お腹の中の赤ちゃんの成長の様子や、ママの心身の変化など勉強してくれたことは嬉しかったです。
    立ち合い出産を希望してくれていたので、立ち合いの時に何をするべきか自分で勉強し、陣痛から出産する流れも把握してくれていたので助かりました。
    あゆみ先生 保育士
    一緒に赤ちゃんグッズを用意するのはもちろんのこと、お産の時の連絡の取り方を何度も話し合ったり、立ち会いだったのでふたりで両親学級に参加したりと、動くようにしました。特に両親学級では具体的な話が聞けたので、主人も自分でパンフレットを読むだけよりも良かったと言っていました!
    めい先生 保育士
    分かって!気付いて!は通用しないので、なるべくやってほしいことは言葉で伝えました。赤ちゃんを泣きやますことができないと、家事をするしかない(赤ちゃんは母親へ)と感じたそうです。

準備の関連記事

カテゴリ一覧