妊娠中はどのように働く?ママたちにきく、妊娠時期別の働き方

妊娠中はどのように働く?ママたちにきく、妊娠時期別の働き方

働き方の変化はどのように変わった

妊娠中の働き方が気になるママは多くいるのではないでしょうか。妊娠したら仕事はどうするのか、妊娠中にできる仕事を新たに始めるのか気になる場合もあるでしょう。今回は、妊娠する前に考えていた妊娠中の働き方、妊娠時期別の働き方の変化をママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中の働き方で気になること

働くママ
iStock.com/metamorworks

妊娠したら仕事はどうするのか考えるママがいるかもしれません。妊娠中の働き方についてや気になることをママたちに聞きました。

30代ママ
外勤営業をしていました。日常的に重い荷物や長時間の電車移動をしていたので、どこまで体に負担をかけていいのか知りたかったです。
30代ママ
つわりや便秘、高血圧などの症状があった時期は、いつまで働けるのか心配になりました。
30代ママ
毎日満員電車で通勤するので、お腹が大きくなってくると押しつぶされないか心配していました。先輩ママから席を譲ってもらえることは少ないと聞いていたので、不安がありました。
20代ママ
妊娠初期のころ、仕事の取引先でコーヒーを出されることがあり、カフェインを摂るのが心配でした。内勤に異動したいと考えていました。

ママたちは、妊娠中に体にかかる負担やいつまで働けるかなどが気になるようでした。電車移動や人と接する機会が多い場合、身体的にも精神的にも疲れやすくなることがあるかもしれませんね。

妊娠する前に考えていた妊娠中の働き方

妊娠する前、妊娠中の働き方をどのように考えていたのかママたちに聞きました。

雇用形態を変える

20代ママ
フルタイム勤務の正社員でしたが、妊娠中のトラブルによってはシフトに融通が利きやすいアルバイトで働く可能性も考えていました。
20代ママ
外勤営業職だったので、お腹が大きくなったら業務が行えないため、アルバイトで営業サポートにまわることもあると思っていました。

雇用形態を変えると考えていたママがいました。職種によっては、妊娠する前と同様の働き方をするのが難しい場合もあるでしょう。

妊娠中は、シフトに融通が利きやすいアルバイトとして働くのもよいかもしれません。雇用形態を変えて働けるかは、会社によって異なるでしょう。

退職する

在宅ワーク
iStock.com/Yagi-Studio
30代ママ
産休や育休を取って復職したいと思っていましたが、外勤営業でお客さんの予定が優先のため、同じポジションへの復職は無理だろうと思い、退職も視野に入れていました。

退職することも視野に入れていたという声がありました。職種によっては、妊娠する前と同様に働くことが難しいかもしれません。雇用形態を変えられない場合は、退職することもひとつの選択肢でしょう。

派遣や在宅ワークなどの新しい仕事を始めることも考えてみるとよさそうですね。

妊娠する前と変わらない

30代ママ
そのまま今まで通りに働こうと思っていました。
20代ママ
営業職でしたが、内勤での業務も多々あったためそのまま働き続ようと考えていました。

妊娠中も妊娠する前と変わらない働き方を考えるママがいました。職種や会社の制度によっては、妊娠中も働き方が変わらないかもしれません。妊娠中の働き方について気になる場合は、いろいろな可能性を考えておくとよさそうです。

【妊娠時期別】妊娠後の働き方の変化

妊娠時期によって、働き方にどのような変化があるのでしょうか。妊娠後の働き方の変化についてママたちに聞きました。

妊娠初期(13週6日まで)

20代ママ
「想像以上につわりがひどく、医師から休業診断が出たので、出勤できませんでした。
30代ママ
妊娠前と変わりませんでした。ただ、つわりがひどかったので残業は避けて定時退社していました。

妊娠初期ごろは、つわりがある人も多くいるのではないでしょうか。なかには、体調が優れずに働けなくなる場合もあるでしょう。つわりや体調不良がつらいときは、妊娠する前と同じ働き方ができるか考えるとよいかもしれません。

妊娠中期(14週0日~27 週6日)

30代ママ
内勤バイトで、つわりがひどかったり、風邪がなかなか治らなかったりと休んでしまうことがありました。
30代ママ
安定期に入ってすぐに切迫流産の診断が出たので、働けなくなりました。そのまま産休に入り、育休は取らず退職しました。

妊娠中期ごろに、風邪がなかなか治らなかったり、切迫流産の診断がでたりして働けなくなったママがいました。妊娠中は、無理をせずに体調を優先して働くよう心がけましょう。あらかじめ、働き方について仕事の関係者に相談しておくとよいかもしれません。

妊娠後期(28週0日以降)

30代ママ
有給消化、産休取得するまで、今まで通り勤務できました。
30代ママ
妊娠高血圧症のため退職しました。
20代ママ
産休に入ってから在宅ワークを始めました。

妊娠後期ごろ、今まで通り勤務したり、退職したりとママたちのさまざまな声がありました。なかには、妊娠中のトラブルがあり、早めに休職する場合もあるでしょう。体のことを大切にして無理のない働き方で、出産に向けて体調を整えましょう。

妊娠中は体調に合わせて働き方を考えよう

在宅ワーク
iStock.com/Satoshi-K

妊娠中、妊娠する前に考えていなかった働き方をすることもあるようです。つわりや体調不良などで思うように働けなくなる場合もあるでしょう。お腹の中で赤ちゃんを育てる妊娠中のママたちは、体のことを優先して無理をしないことが大切かもしれません。

妊娠中は、自分の体調に合わせて働き方を考えてみてはいかがでしょうか。

2020年03月14日

生活の関連記事

カテゴリ一覧