2人目を考えるタイミングはいつ?考えるときに大切にしたいこと

2人目を考えるタイミングはいつ?考えるときに大切にしたいこと

夫婦でしっかり話し合おう

1人目の育児が落ち着くと、今後の家族計画について夫婦で相談する機会が増えるかもしれません。1人目にきょうだいを作ってあげたい、にぎやかな家庭を築きたい、など2人目を考えるきっかけはたくさんあるでしょう。今回は、ママやパパが2人目を考えるときに、大切なことや考えたいことなどをご紹介します。

2人目のタイミング

将来2人目の子どもが欲しいと思いながらも、1人目の育児に追われていると、具体的にいつ2人目を考え始めるとよいかタイミングに悩むママやパパもいるかもしれません。

実際に、1人目の育児をしながら2人目を考えているというママたちに話を聞いてみると、上の子がもうすぐ入園だから、夫が育児に協力的ではないから、というような不安な声も耳にします。

自分たちが思い描く家族を実現するために、2人目を考えるのによいタイミングはあるのでしょうか。

2人目を考えるときに大切なこと

大切な家族が増えるタイミングをいつにするかは、それぞれの夫婦次第のようです。さまざまな事情を考慮して、なにが自分たちにとって大切なのか考えましょう。

夫婦できちんと話し合う

2人目が欲しいと一方が思っても、夫婦の思いが一致していなければ前に進むことはできないでしょう。どちらか一方がひとりで思い悩まずに、焦らず夫婦いっしょに相談することが大切かもしれません。

2人目が欲しいと思ったら、まずは今後の家族計画について夫婦でしっかり話し合うことから始めましょう。

職場事情を考える

職場
iStock.com/kokouu

共働きの家庭においては、職場の事情を考慮することもあるでしょう。妊娠、出産、育児となると、会社を長期で休むことになるかもしれません。

また実際に、つわりがひどく会社を休みがちになったり、妊娠高血圧症候群や切迫流産などの症状で入院しなければならなかったりと、予期せぬ出来事で職場に迷惑をかけてしまったというママの声もありました。

会社への報告や自分の仕事の進捗を管理したり、突発のお休みにも対応できるように自分の仕事をメモしておくだけでも、会社への負担を減らすことができるかもしれません。

2人目が欲しいという意思がある場合は、職場への影響を考えてそのための対策をしておくと安心ですね。

年齢差を考える

2人目を考えるママやパパの中には、何歳差で2人目が欲しいと漠然と思い描いている方もいるでしょう。実際に子どもを育てる上で、年齢差は大切なポイントになるかもしれません。

学校への入学や卒業だけでなく、それに伴う金銭面についても考えなければならなかったり、自分自身にきょうだいがいる場合はそれを目安に柔軟に考えることも必要でしょう。

計画通りに進めることが難しいとしても、事前に頭に入れておくだけで今後の家族計画について、イメージが持ちやすいのではないでしょうか。

ママとパパの年齢を考える

育児には想像以上に大変なことがあるでしょう。2人目を産んだママたちの中には、育児の大変さは1人のときと比較にならないほどだという声もありました。

育児にはママとパパの体力も必要になるので、2人目が産まれるときに自分たちが何歳になるかということも考えておくとよいかもしれませんね。

2人目妊娠はいつがよい?

2人目を授かるのに、よいタイミングというのはそれぞれの家庭によって異なるでしょう。まずは、2人目を妊娠した自分を想像してみるとよいかもしれません。

2人目が欲しいと思ったときに、ママたちが考えたことを聞いてみました。

1人目の子育てが落ち着く

子育て
iStock.com/itakayuki
30代ママ
上の子がトイレや食事をひとりでできて、いろいろなことを我慢できるようになると、自分にも余裕ができるかなと思いました。それまでは育児に加えて仕事と家事の両立も大変だったので、1人目の育児が落ち着く頃に2人目を考えるようになりました。
30代ママ
1人目が産まれる前から、1人目の育児をきちんとしてからという気持ちがありました。余裕を持って育児をしたいということもありましたが、かわいい時期を見過ごさないように、1対1で過ごしたいと思いました。

妊娠をすると、満足に抱っこしてあげられなかったり、つわりがひどくなったときにきちんとお世話ができるか不安に感じることもあるでしょう。1人目のことを考えると、なかなか踏み出せないというママの声もありました。

1人目のいちばんかわいい時期をいっしょに過ごし、少し手が離れて育児が楽になるタイミングで2人目を考えることで、ママやパパに余裕がうまれるだけでなく、1人目の子どもにとっても愛情をしっかり伝えられてよいかもしれませんね。

仕事復帰の時期を考える

30代ママ
1人目を出産後、専業主婦でしたが、また仕事がしたいと思うようになりました。1人目にきょうだいは作ってあげたいと最初から思っていたので、早いタイミングで2人目を考えるようになりました。2人目を出産したら、早い段階で仕事復帰できるといいなと思っています。

仕事は女性にとって、日々の生活の中でも重要な要素かもしれません。子どもをきちんと育てたいという理由で仕事から離れたママも、仕事への熱意を感じるようになり、それが2人目のタイミングに繋がったという声もあります。

自分の人生の中でやりたいことを実現するためにも、今後どのような家族形態を築くのか、夫婦でしっかり相談することが大切ですね。

自分の気持ちを大切にする

30代ママ
周りのママ友が2人目を授かる話を聞いて、自分も欲しいと思ってしまいました。落ち着いて考えると、実際に子どもを産んで育てるのは自分たちだと思い、まわりに流されないようにしました。
30代ママ
私は年齢を考慮して、早くに2人目が欲しいと思っていました。イヤイヤ期が重なって大変なときもありましたが、2人仲良く遊んでいるところを見ると、きょうだいを作ってよかったと思っています。

周りの意見に流されず、自分の気持ちを強く持つことで、2人目を授かったときも育児に誠実に向き合えるかもしれません。それぞれの家庭に合ったタイミングで、納得して2人目を考えることが大切でしょう。

夫婦で話し合って大切な家族を迎える準備をしよう

夫婦の話し合い
iStock.com/bee32

2人目を考えるときは、自分たちの年齢や1人目の子どもとの年齢差、ママとパパの仕事のことなど、さまざまな視点で考える必要があるようです。

子どもを妊娠・出産するのはママです。ママの体のことを第一に考えて、夫婦でじっくり話し合い、大切な家族を迎える準備ができるとよいですね。

2020年02月27日

専門家のコメント
19
    めるちゃん先生 保育士
    卒乳した後に、2人めの妊活について、夫婦で話し合いました。子育て環境は人それぞれなので、周りの意見は参考程度で良いかと思います。
    すー先生 保育士
    2歳差が理想だったので上の子が1歳になったタイミングで妊活をしました。私は1人目妊娠で職場を辞めている為、手当もなく主人の給料での生活なので早めに3人産んで仕事復帰をしたいと思いあまり間をあけませんでした。
    ゆか先生 保育士
    2才差を希望していたのでそのタイミングで妊活しました。

    自分が春生まれで大人になって早く年を取ってしまうのが嫌だし(笑)春は環境が変わるタイミングなので子どもは早生まれにしようと相談し、二人とも早生まれになるよう妊活しました。
    はなこ先生 保育士
    1人目のそろそろ卒乳かなー?という頃にどうしようか夫婦で話し合いはしました。ある程度計画しておくことでイメージが湧きますし、話し合うこと大事かと思います。兄弟を作るタイミングってその方それぞれだと思いますし、欲しいと思ってすぐに授かれるかもわからないので、お互いの協力ができるといいですね。
    とーち先生 保育士
    上の子が1歳になり、卒乳した歳に考え始めました。

    年の近い兄弟、2学年差が希望だったので夫婦で話し合いました!
    あーちん先生 保育士
    2人目も考えていますが、妊娠したいと思ってすぐに出来るものではないので、妊活時期も早めの方がいいのかな、、と思っています。仕事のこともあるし、考えることがたくさんあるので、夫婦でしっかり話し合いたいと思います!
    なごみ先生 保育士
    子どもが自分で自分の事が出来るようになった頃に2人目がほしいなぁと思っていましたが、現実にはそう上手くいきません。いつ頃に欲しいと考えて妊活せずにもっと早くから始めておけばよかったかなぁと後悔中です。
    さと先生 保育士
    年が近いと友だちのように対等に遊べるので楽しそうですね。
    でも私自身が2才のときに弟が生まれて母を取られた寂しさで荒れてしまったことを今でも覚えているので、年が離れた兄弟もいいかな?と思っています^_^;
    だいふく先生 保育士
    タイミング難しいですよね。計画したからといって計画通りにいかないこともあったりで、あとは何歳差が育てやすい!とかよくありますがきっと何歳差でも大変だし、子どもによるのであまり信じすぎずに上の子の性格をみたりしながら自分たちの気持ちがあればいいのかなと思います。
    みぃ先生 保育士
    上の子の卒乳に合わせて、ある程度計画を立てました。2歳差で産みましたが、上の子の赤ちゃん返りが思っていた以上だったので、もう一年待っても良かったかな…とも思いました。
    すみっこ先生 保育士
    いつかはもう一人。二人の子どもがいたらなぁとずっと夫と何気なく話をしていました。
    当時は専業主婦をしていたのもあって、ちゃんとした話合いや計画はしていません。

    授かり物なので、、というような感じでした。
    しかし不妊や仕事のことがあったとしたら計画しないのも無責任だったかなぁ💦💦
    りお先生 保育士
    どれくらい感覚を空けて、2人目が欲しいかによるのではないかと思います。
    1歳差、2歳差、3歳差、、それ以上なのか。

    経済的な視点、育てる上での精神的な視点など、いろいろ考えてから話し合って決めたらいいかと思います。

    でも、もう1人欲しい!!と思ったときに勢いで作ってしまうにもありかとは思います😁考えていたら産めなくなってしまうところもあるので💦

    だってやっぱり、多児は大変ですから😅
    ぺち先生 保育士
    すぐにできるかわからないので、1人目妊娠中から2人目のことは会話に出てきていました。授乳をやめなければいけないので、そんなに早くは作れないかな、、と思います。
    せおみ先生 保育士
    兄弟姉妹の有無や、タイミングなどは、ご家庭によって様々な考え方があると思います。仕事の関係や住宅など様々な理由があると思います。授かりものなので計画通りに行くことばかりではないと思うのである程度大らかな気持ちでいる事も大切だと思います。
    ひよひよ先生 保育士
    本当だったら、上の子が自分のことを自分でできるようになったら次の子が欲しかったのですが、自分たちの年齢でそうは言ってられず、夫婦で話し合って2歳差で、上の子が卒乳できたので妊活しました。
    私は2年までの育休で2人目出産できるように考えました。
    ぽんた先生 保育士
    とくに話はしなかったけど、一人目が2歳になって、少し育児にゆとりが出てきて、私がいまがいいかなーと。。。
    のの先生 保育士
    兄弟のタイミングって難しいですよね。今後一生関わってくるし、卒園入園などお金のかかる将来まで考えられるといいですね。
    のんの先生 保育士
    皆さん「ふたりめ」を考えますよね。あまり考えすぎずにしてほしいです。
    そして、お金が、仕事がと考えているとストレスになりますので、「授かりもの」ということを忘れずにゆったりした気持ちで。
    きらり先生 保育士
    二人目問題は一人目よりも難しいですよね。なかなか計画していても、一人目の時とは生活環境が全く違うのでうまくいかないのが二人目だと思います。私もそうでした。考えこまずに、ゆったりとした気持ちで妊活していきたいですね。
おすすめユーザーのコメント
1
    はる先生
    卒乳してから妊活を始めました。1人目がすぐできたので、2人目もすぐできるだろうと思っていましたが、そんなに上手くはいきませんでした。
    いつ授かるか本当にわからないので、タイミングばかりをあまり気にせずに妊活することをおすすめします。

生活の関連記事

カテゴリ一覧