2人目妊娠時の保育園事情。退園の場合や園への報告の仕方

2人目妊娠時の保育園事情。退園の場合や園への報告の仕方

パートで育休がとれないとき

2人目妊娠がわかり、上の子の退園や保育園への報告の仕方、継続する場合の申し込み方法やパート先で育休がとれないときはどうしたらよいのか、妊娠中の自転車など送り迎えの方法について気になるママやパパもいるかもしれません。この記事では2人目妊娠時の保育園事情について体験談を交えてご紹介します。

2人目妊娠で上の子の保育園はどうした?

2人目妊娠がわかったママやパパの中には、上の子は保育園を退園した方がよいのか、継続する場合にはどのような申し込みが必要なのか、今後の送り迎え方法なども含めた上の子の保育園事情が気になる方もいるかもしれません。

2人目妊娠時のママたちが、上の子の保育園をどのようにしていたか聞いてみました。

そのまま通った

20代ママ
入園するまでにとても苦労して、上の子も気に入って通っていた保育園だったので、そのまま通い続けたいと考えました。入所規定について自治体に確認をし、職場と相談して育児休暇の期間を調整したので、保育園に継続して通うことができました。
30代ママ
2人目の出産予定は上の子が年長にあたる年だったので、入学前の準備期間として保育園で集団生活を続けたいという気持ちを考慮していただき、引き続き通園することができました。
2人目妊娠後も、同じ保育園に通ったというママがいました。上の子どもが3歳以上児の場合、自治体によっては継続通園が可能なところもあるようです。

退園した

リビング
iStock.com/byryo
40代ママ
私の勤めていたパート先には育休制度がなかったので、出産前に退職しました。産後2カ月頃まで上の子は保育園に通いましたが、今は退園して家で私といっしょにすごしています。
20代ママ
長男は保育園に通っていましたが、2人目妊娠がわかったタイミングで、パパといっしょに我が家のライフプランを見直しました。育児休暇の期間や3人目のことを考えると、幼稚園の方が我が家にはあっていると考え、保育園は退園しました。
自治体が定める保育条件などにあわせ、保育園を退園したというママがいました。ママやパパのライフプランやキャリアを見直した結果、保育園を退園して幼稚園やこども園に切り替えた方もいるようです。

2人目妊娠後も保育園に通うときに意識したこと

2人目妊娠後も上の子が保育園に通う場合、ママたちはどのようなことを意識したのでしょうか。

保育園に2人目妊娠を報告するタイミング

30代ママ
2人目妊娠は安定期に入り落ち着いてから、保育園に報告しました。事前に入所規定などを確認しておき、上の子は引き続き通園するための手続きについても相談しました。
体調が落ち着く安定期に入ってから保育園に2人目妊娠を伝えたというママがいました。他には、上の子の時はつわりで入院したこともあり、2人目妊娠時は早めに保育園に報告したというママもいるようです。早めに保育園に相談すると、今後の対応方法や見通しが立てやすいかもしれません。

必要な手続きに関すること

30代ママ
2人目妊娠後も保育園に通い続ける場合の産休と育休の利用や、仕事復帰の時期について、市役所の保育課と相談しました。子どもの年齢や住んでいる地域によっても対応が異なるようなので、役所などから直接情報を入手したほうがよいと感じました。
30代ママ
保育園の継続入所申請など、申し込み書類の提出には締め切りがありました。雇用主の証明書が必要になることもあるので、スケジュールを確認して遅れないように気をつけました。
手続きの仕方や仕事復帰の時期など、市町村の担当課と確認するとよいと感じるママがいました。揃える書類の種類や提出期限なども自治体によって異なるようなので、早めに相談するとよいかもしれません。

送り迎えの方法を再確認する

保育園バス
iStock.com/snorkulencija
30代ママ
上の子は自転車で送り迎えをしていましたが、2人目妊娠がわかり、送り迎えの方法を考え直しました。妊娠中の自転車運転が気になったことと、出産後に赤ちゃんを連れての送迎について検討した結果、保育園バスを利用することにしました。
子どもが1人の時は自転車で送り迎えをしていたが、2人目妊娠を機に保育園への送り迎えの方法を再確認したというママがいました。子どもにもママにも負担が少ない方法を選べるとよさそうです。

2人目妊娠で保育園を退園したときにママたちが意識したこと

上の子が保育園を退園するとき、ママたちはどのようなことを意識したのでしょうか。ママたちの体験談をご紹介します。

ライフプランやキャリアの見通しを立てる

30代ママ
2人目妊娠がわかり今は2人の子どもの成長を近くで見たいと考えて、上の子は1度退園することにしました。退園を機に自分のキャリアについても考え直し、いつから仕事復帰したいのか、どのような職種を目指したいのか、子育て中に取得できそうな資格はあるのかなど、自分の将来について考えました。
2人目妊娠で上の子が退園したというママのなかには、2人目妊娠をきっかけにして今後のライフプランや自身のキャリアを見直したママがいるようです。先の見通しを立てることで将来の不安が減り、子どもと過ごす時間にメリハリがついて楽しめるようになったというママの声もありました。

次の入園先を探す

30代ママ
職場ではパート勤務には育休がなかったので、上の子は産後の保育期間が終わったら今までの保育園を退園することになっていました。認定こども園では保護者の就労の有無にかかわらず子どもを預けられると聞いたので、2人目妊娠中から見学にいき、次の入園先を探しました。
今までの保育園を退園することになったので、認定こども園や幼稚園など、次の入園先を早めに探したというママがいました。申し込みの時期などは園によって異なる場合もあるので、早めに情報収集をしたほうがよいかもしれませんね。

上の子へのフォロー

20代ママ
2人目妊娠がわかり、長女は今までの保育園を退園して幼稚園に通うことになりました。生活環境が変わってしまったので、しばらくは長女の気持ちに寄り添うことを心がけました。
保育園を退園する場合、上の子の生活環境が変わるので、上の子へのフォローを大切にしたというママがいました。上の子に対してスキンシップや声がけを増やしたり、パパが遊びに連れ出したりすることで、子どもの気持ちが落ち着いたという声もありました。

2人目妊娠がわかったら早めに保育園事情を考えよう

妊婦にキスする女の子
iStock.com/karinsasaki
2人目妊娠時の保育園事情は、住んでいる自治体や家庭の様子などによりさまざまなようです。

パート先に育休制度がないので退園したというママや、育休期間を調整して継続の申し込みをしたママがいました。自転車で送り迎えをしていたが、2人目妊娠を機に通園方法を見直した方もいるようです。

2人目妊娠がわかったら、ママの体調を見ながら保育園に報告し、園や自治体、職場と相談しながら今後について考えられるとよいですね。

2020年01月15日

専門家のコメント
16
    いちぽ先生 保育士
    4月から仕事復帰予定で保育園入所用意なので、その間に2人目ができたら市の規定に従うようになると思いますが、もしかしたら育休中は保育園退園と言う形になるかもしれないですね。
    2人目をまだ考えていませんが、事前に調べておくようにします。
    ぽんた先生 保育士
    私が勤めている園では、保護者の妊娠がわかったら、市の規定で届け出が必要なので、園に伝えてもらっています。安定期に入ったくらいで伝えておけば、十分かなと。保育士はたくさんの子どもたちをみてきているので、だいたい、ママが妊娠したことに気づきます。子どもが赤ちゃん返りしたりと、明らかに様子がかわる子がとても多いです(^^;)とはいえ、私自身は、うちの上の子の変化に気づかなかったので、ママは気づきにくいのかなあと。。でも、保育士にはバレバレだったり(^^;)なので、妊娠がわかって、ずーっと園に隠しているのはあまりオススメしません。。。
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    早めに教えて貰えると、園としても対応・サポートしやすくなるのかな とは思います。
    同じ園に通い続けるにしても、退園するにしても 早めの相談をすることでスムーズに手続きを済ませられるといいですね。
    あーちん先生 保育士
    そのまま通う子、退園する子と両方いました。
    もしかして?と思っていてもこちらもなかなか声は掛けにくく、マタニティマークを付けていたり、子どもが赤ちゃんができると言ってたりすると、ママに確認の声をかけたりしてました。
    ママから妊娠の報告を先に受けるのがいいかもしれませんが、伝えるタイミングも難しいですよね!!園としてもサポートしていきたいので、気軽に相談してほしいと思います!
    はなこ先生 保育士
    住んでいる地域によって、歳の差だったりで妊娠して育休中になった場合は退園しなければならないところありますよね!兄の住んでいるところがそうでした!

    園にもよりますが、そのまま上の子を預けても良いところももちろんあります!
    自分の住んでる地域がどうなのか調べてからの方が、後で知ってあら大変!になるよりは良いかと思います!
    はる先生 保育士
    保育士としては、お母さんの気持ちが落ち着いたら、なるべく早く伝えて欲しいと思います。
    産休、育休中の保育時間のことや、継続かどうかなと相談もしてもらえたらと思いますし、なにより、上の子は妊娠してから精神的に不安定になったり、何らかの変化がある子がほとんどです。
    妊娠を聞いていたら、それを踏まえた個々の対応もできます。
    お母さんの体も大切にしてもらいながら、今いるお子さんも大切にできたらいいなと、保育士目線で思います。
    みどり先生 保育士
    初めての妊娠に比べて、 ふたり目の場合は様々な段取りが必要になりますね。保育園に関してもまずは通われている保育園や自治体に問い合わせることが大切です。その上で上のお子さんにとって最良な方法を選んであげられると良いですね!
    せおみ先生 保育士
    上の子が保育園等に通っている場合、子どもがあまりにも嫌々登園していない限り、多くの方々がそのまま変わらず継続して通いたいと思うのではないでしょうか。
    私もそうでした。とても楽しんで登園していた事もあり、あまり、周りの状況を変えたくないし、産後は制限される事も多くなってくるので、産前産後の枠でしばらくはそのまま保育園にかようことができましたよ。
    みぃ先生 保育士
    妊娠した件、1人目が継続して園に通いたい件、2人目も入園したい件とその時期を主任先生にお伝えしました。早めに伝えた事で、2人目の枠を空けておいて貰えることになりました。
    なこ先生 保育士
    友達の話だと、上の子はギリギリまで保育園にいました。産後も短時間で保育園に通っています。
    地域によって決まり事があるようなので事前に確認したらよいと思います。
    わい先生 保育士
    園や市の規定によって違います。
    子どもへのフォローもしてくれるので、早めに連絡するのをオススメします。連絡しておくと、体調不良で急にお迎え変更をしたときの子どもへのフォローもしてくれます。
    子どものことや生活のことなどなんでも保育士と相談できる関係を気づけるといいですね!
    みどり先生 保育士
    妊娠が安定期に入ってから、担任の先生にご報告しました。それまでに、そのまま通園可能かなどの下調べはしておきました。
    出産後は仕事はやめてしまいましたが、上の子はそのまま通えたので、子供の心のケアなど園の先生方には本当に良くしていただき、いまでも感謝しています。
    のの先生 保育士
    二人目出産後も仕事の復帰予定があるのならば、退園はあまりお勧めしません。また、産休中でも保育園の利用はできるので、続けておいた方がいいとおもいます。
    おまいおちゃん先生 保育士
    早めに教えていただくとお預かりしているお子さんのサポートもできますが、お母さんのタイミングで教えていただいて大丈夫です。
    ただ役所などに届けを出さなければならない自治体もあるので、役所に確認して所定の手続きを行ってくださいね。その際、保育園を継続できるのが、退園しなければならないのかなども確認した方がいいかと思います。
    じゅん先生 保育士
    2人目妊婦が分かってから、国家資格を取る為に預けている保護者さんもいます。保育士資格や調理師免許取得は、キャリアアップになると思います。ライフプランの見直しはいいと思います。
    ぬーぴー先生 保育士
    園や自治体によって異なる部分もあるようですが、私の園ではパートで産休がない方もできるだけ上の子を預かれるよう手続きをしています。
    報告するタイミングがわからない、、となかなか言い出しにくい保護者の方もいらっしゃるかと思いますが、園としては上の子のためにも早めに教えていただけるとありがたいです。
    子どもはとても敏感で、1歳児であっても母の妊娠によるシケ(環境の変化により気持ちが不安定になること)が始まることが多いです。保育士も、保護者の方のお腹の膨らみより先に子どもの様子の変化から「妊娠したのでは、、?」と気づくことが多いほどです。
    子どもの様子の変化が成長過程の1つなのか、シケなのか、その他の環境によるものなのか見極め、園でも対応していけるよう、早めに教えていただければと思います。

生活の関連記事

カテゴリ一覧