妊娠中の運動はいつまで?ウォーキングなど運動の種類など

妊娠中の運動はいつまで?ウォーキングなど運動の種類など

妊娠中に運動するときに意識したこと

妊娠中の運動について、いつまでできるのかや運動の種類などが気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事は、妊娠時期の運動の種類や運動をしてよかったこと、妊娠中に運動するときに意識したことをママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中の運動はいつまでやっていた?

妊婦 運動
szefei/Shutterstock.com

妊娠中に適度に運動を取り入れているママもいるのではないでしょうか。妊娠中の運動はいつまでやってよいのか気になる方もいるかもしれません。ママたちに聞いてみました。

30代ママ
私は妊娠経過が順調だったので、臨月まで軽い運動を取り入れてました。なるべく毎日体を動かすことで、妊娠中のよい気分転換にもなりました。
20代ママ
お腹がわりと張りやすかったので、産院の先生と相談しながら運動を取り入れていました。臨月に入り、産み月ということもあり、運動する時間を積極的に作りました。
いつまで運動をするのか考えたとき、妊娠中の自分の体調にあわせて運動を取り入れるママもいるようです。いつまで運動をしてよいのか気になる場合は、医師や助産師さんと相談しながら進めるとよいかもしれませんね

今回は、妊娠中にどのような運動を行っていたのかや、運動を取り入れることでよかったことなどについて、ママたちの体験談も踏まえてご紹介します。

妊娠時期の運動の種類

妊娠時期にどのような運動をしたらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。実際にママたちが取り入れた運動の種類を聞いてみました。

妊娠初期

30代ママ
妊娠前からの習慣でランニングをしていましたが、妊娠がわかってからは激しい運動は控えるように意識しました。気分のよい日は軽いウォーキングをしてすごしていました。
妊娠初期にウォーキングを取り入れていたママもいるようです。今までスポーツをやっていた方は、妊娠がわかったら病院の先生に確認してみると安心かもしれません。

妊娠中期

20代ママ
安定期に入り、体調のよい日が増えてきたように感じたので、近所のマタニティエアロビクスの教室に通っています。妊婦専門の教室なので、安心してできるように思います。
妊娠中期は安定期ということもあり、妊婦対象の運動教室に通うママもいるようです。マタニティエアロビクスやマタニティスイミングなど妊婦対象の教室を探してみるのも楽しそうですね。

妊娠後期

妊娠
szefei/Shutterstock.com
30代ママ
だんだんお腹が大きくなってきたので、普段は自分のペースでできるウォーキングや簡単なストレッチなどを取り入れています。産院でマタニティーヨガの教室が開催されているので体調のよい日は参加しています。
妊娠後期になるとますますお腹が大きくなるため、自分のペースでできるウォーキングやストレッチなどを行っているママもいるようです。ママのなかには、マタニティーヨガに参加するとリラックスできるという声も聞かれました。出産に向けて自分にあった心地よい運動を取り入れてみるのもよいですね。

妊娠中に運動してよかったこと

ママたちに妊娠中に運動してよかったことを聞いてみました。

体重管理ができる

30代ママ
つわりがおさまってきたせいか食欲がわき、体重増加が気になったので、運動を取り入れました。体を動かすことで、体重管理がしやすくなったように思います。
運動をすることによって体重管理がしやすくなったと感じているママもいるようです。また、便秘解消に運動を取り入れるようにしたという声も聞かれました。運動する機会を作ることで、自分の身体と向きあってみるのもよいかもしれません。

気分転換になる

20代ママ
出産に向けていろいろ不安に思うこともありますが、外に出てウォーキングしたり、マタニティーヨガなどの教室に出向いたりするだけでもリフレッシュできるように思います。
運動することで気分転換につながっているママもいるようです。ママのなかには、夫が休みの日はいっしょにウォーキングをして2人の時間を楽しむように意識しているという声もありました。

体力づくりになる

30代ママ
妊娠してから動く機会が減ってしまい、出産に向けて運動を取り入れて体力づくりをしたいと考えています。気軽にできるウォーキングやストレッチなどを始めています。
妊娠中は動く機会が減ってしまうこともあり、体力づくりを目的に運動を取り入れているママもいるようです。また、お産に向けて体力づくりを意識しているという声もあり、日頃から少しずつ運動を取り入れていくのもよいかもしれませんね。

知りあう機会が増える

30代ママ
妊婦対象の教室に通っていたので、出産予定日が近い方と知りあいになれました。情報交換もでき、出産後も会う機会が増えそうで嬉しく思います。
マタニティ対象の教室に通うことで、知りあいができるきっかけにもなるかもしれません。同じ妊婦という立場なので、さまざまな気持ちを共有できることも心強かったというママの声もありました。

妊娠中に運動をするときに意識したこと

妊娠中に運動をするときに、ママたちはどのようなことを意識したのか聞いてみました。

その日の体調にあわせる

30代ママ
その日の体調にあわせて行動するように意識しました。お腹が張るなどなんとなく気分の優れないときは、無理をせず運動を控えるようにしました。
運動をするときは、その日の自分の体調にあわせたというママもいました。また、雨や雪など天候が悪い日は、外での運動は控えたというママの声もありました。

持ち物を携帯する

30代ママ
外で運動するときは、何かあったときに対応できるように、必ず母子手帳や携帯電話を持って出かけるように心がけました。また、いつでも水分補給ができるように、水筒も携帯しました。
家を出る際は、母子手帳などの持ち物を携帯するように意識したママがいました。いざというときも持ち物を持っていることで安心できそうですね。

体調にあわせて運動をしよう

Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中の運動はいつまでやってよいのか気になるというママの声も聞かれました。自分の体調にあわせて、医師と相談しながら取り入れるとよいかもしれません。

妊娠中の運動は、体重管理や気分転換につながりよかったと感じるママも見られました。
その日の体調にあわせるなどして、無理なく妊娠中に運動を取り入れていけるとよいですね。

2019年12月10日

生活の関連記事

カテゴリ一覧