妊娠中の運動はいつまで?ウォーキングなど運動の種類など

妊娠中の運動はいつまで?ウォーキングなど運動の種類など

妊娠中に運動するときに意識したこと

妊娠中の運動について、いつまでできるのかや運動の種類などが気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事は、妊娠時期の運動の種類や運動をしてよかったこと、妊娠中に運動するときに意識したことをママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中の運動はいつまでやっていた?

妊婦 運動
szefei/Shutterstock.com

妊娠中に適度に運動を取り入れているママもいるのではないでしょうか。妊娠中の運動はいつまでやってよいのか気になる方もいるかもしれません。ママたちに聞いてみました。

30代ママ
私は妊娠経過が順調だったので、臨月まで軽い運動を取り入れてました。なるべく毎日体を動かすことで、妊娠中のよい気分転換にもなりました。
20代ママ
お腹がわりと張りやすかったので、産院の先生と相談しながら運動を取り入れていました。臨月に入り、産み月ということもあり、運動する時間を積極的に作りました。
いつまで運動をするのか考えたとき、妊娠中の自分の体調にあわせて運動を取り入れるママもいるようです。いつまで運動をしてよいのか気になる場合は、医師や助産師さんと相談しながら進めるとよいかもしれませんね

今回は、妊娠中にどのような運動を行っていたのかや、運動を取り入れることでよかったことなどについて、ママたちの体験談も踏まえてご紹介します。

妊娠時期の運動の種類

妊娠時期にどのような運動をしたらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。実際にママたちが取り入れた運動の種類を聞いてみました。

妊娠初期

30代ママ
妊娠前からの習慣でランニングをしていましたが、妊娠がわかってからは激しい運動は控えるように意識しました。気分のよい日は軽いウォーキングをしてすごしていました。
妊娠初期にウォーキングを取り入れていたママもいるようです。今までスポーツをやっていた方は、妊娠がわかったら病院の先生に確認してみると安心かもしれません。

妊娠中期

20代ママ
安定期に入り、体調のよい日が増えてきたように感じたので、近所のマタニティエアロビクスの教室に通っています。妊婦専門の教室なので、安心してできるように思います。
妊娠中期は安定期ということもあり、妊婦対象の運動教室に通うママもいるようです。マタニティエアロビクスやマタニティスイミングなど妊婦対象の教室を探してみるのも楽しそうですね。

妊娠後期

妊娠
szefei/Shutterstock.com
30代ママ
だんだんお腹が大きくなってきたので、普段は自分のペースでできるウォーキングや簡単なストレッチなどを取り入れています。産院でマタニティーヨガの教室が開催されているので体調のよい日は参加しています。
妊娠後期になるとますますお腹が大きくなるため、自分のペースでできるウォーキングやストレッチなどを行っているママもいるようです。ママのなかには、マタニティーヨガに参加するとリラックスできるという声も聞かれました。出産に向けて自分にあった心地よい運動を取り入れてみるのもよいですね。

妊娠中に運動してよかったこと

ママたちに妊娠中に運動してよかったことを聞いてみました。

体重管理ができる

30代ママ
つわりがおさまってきたせいか食欲がわき、体重増加が気になったので、運動を取り入れました。体を動かすことで、体重管理がしやすくなったように思います。
運動をすることによって体重管理がしやすくなったと感じているママもいるようです。また、便秘解消に運動を取り入れるようにしたという声も聞かれました。運動する機会を作ることで、自分の身体と向きあってみるのもよいかもしれません。

気分転換になる

20代ママ
出産に向けていろいろ不安に思うこともありますが、外に出てウォーキングしたり、マタニティーヨガなどの教室に出向いたりするだけでもリフレッシュできるように思います。
運動することで気分転換につながっているママもいるようです。ママのなかには、夫が休みの日はいっしょにウォーキングをして2人の時間を楽しむように意識しているという声もありました。

体力づくりになる

30代ママ
妊娠してから動く機会が減ってしまい、出産に向けて運動を取り入れて体力づくりをしたいと考えています。気軽にできるウォーキングやストレッチなどを始めています。
妊娠中は動く機会が減ってしまうこともあり、体力づくりを目的に運動を取り入れているママもいるようです。また、お産に向けて体力づくりを意識しているという声もあり、日頃から少しずつ運動を取り入れていくのもよいかもしれませんね。

知りあう機会が増える

30代ママ
妊婦対象の教室に通っていたので、出産予定日が近い方と知りあいになれました。情報交換もでき、出産後も会う機会が増えそうで嬉しく思います。
マタニティ対象の教室に通うことで、知りあいができるきっかけにもなるかもしれません。同じ妊婦という立場なので、さまざまな気持ちを共有できることも心強かったというママの声もありました。

妊娠中に運動をするときに意識したこと

妊娠中に運動をするときに、ママたちはどのようなことを意識したのか聞いてみました。

その日の体調にあわせる

30代ママ
その日の体調にあわせて行動するように意識しました。お腹が張るなどなんとなく気分の優れないときは、無理をせず運動を控えるようにしました。
運動をするときは、その日の自分の体調にあわせたというママもいました。また、雨や雪など天候が悪い日は、外での運動は控えたというママの声もありました。

持ち物を携帯する

30代ママ
外で運動するときは、何かあったときに対応できるように、必ず母子手帳や携帯電話を持って出かけるように心がけました。また、いつでも水分補給ができるように、水筒も携帯しました。
家を出る際は、母子手帳などの持ち物を携帯するように意識したママがいました。いざというときも持ち物を持っていることで安心できそうですね。

体調にあわせて運動をしよう

Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠中の運動はいつまでやってよいのか気になるというママの声も聞かれました。自分の体調にあわせて、医師と相談しながら取り入れるとよいかもしれません。

妊娠中の運動は、体重管理や気分転換につながりよかったと感じるママも見られました。
その日の体調にあわせるなどして、無理なく妊娠中に運動を取り入れていけるとよいですね。

2019年12月10日

専門家のコメント
17
    いちぽ先生 保育士
    幼稚園で働いていて、子どもたちと遊んだりと常に動いている環境だったため、特に意識して特別な運動はしていませんでした。でも買い物に行ったときなど、妊婦だからといってエレベーターを使わず階段を使うようにはしていました。
    のの先生 保育士
    安定期と呼ばれる5ヶ月ごろまでは、仕事で身体を動かすのみで、特別運動はしていませんでした。
    安定期に入り主治医の許可が出た時から、マタニティヨガを始めました。ストレッチや呼吸法が主なので無理なく続けられました。
    かか先生 保育士
    特に意識して運動はしていませんでしたが、37週以降は軽く散歩したりしてましたが、3人目の時、強い張りが3日ほど続いて4日目少し落ち着いたかなと思い、5日目の早朝破水。でも思うように陣痛も進まず、昼食を食べながら、看護師産とその事を話したら、「もう生まれていい時期に入ったんだから、運動すれば良かったのに。」と言われました。笑 でもお腹ぎ張ってると運動する気にはなれませんよね。
    でも、周りの友達を見てると運動を適度にしてる方がお産の進みが早いように感じます。
    なこ先生 保育士
    私は元々運動が好きでしたので、妊娠前からヨガを行なっていました。
    妊娠が発覚してからはとりあえず安静に。病院の先生にどの程度の運動ならして良いか聞きました。
    ゆか先生 保育士
    私は妊娠中に引っ越しもあり、よく動いていました。たまにプールでウォーキングしたりしていました。重い物とかを持ち上げる運動は、あまりよくないかもしれませんが、適度に無理しない程度に運動することは、体重の増加を抑制してくれ、良かったと思います。
    ぷん先生 保育士
    病院の先生からは妊娠前の8割程の運動量を体調に気を付けて行うと良いと聞いたので、無理せず運動していました!
    マタニティヨガなども体が伸びてスッキリしておすすめですよ(^^)
    でぶいも先生 保育士
    初期から絶対安静が続いたので、体力が無くなり出産でとても苦労をしました。運動をしたくても難しいこともありますね。今は二人目を妊娠する前に体を鍛えておこうと思い、ヨガに通っています。
    ゆか先生 保育士
    妊娠初期から張り止めを処方されていたので協力動けませんでした😩
    正産期になってようやく許可が出て動けるようになりました!
    我慢していたのでとても嬉しかったのを覚えています🎵
    旦那が休みの時は一緒に電車にのって出掛けたりもしました‼️
    一人の時は買い物へいったり、商店街をぶらぶらしたりしていました。
    広い公園内をウォーキングが主流でした😃
    あー先生 保育士
    妊娠初期はどの程度動いていいのか気になり、積極的に身体を動かすことはできませんでした。しかし中期〜出産3日前まで約1キロ〜2キロ毎日散歩したり、雨の日はショッピングモールを徘徊したり…と歩くことを続けました。そのおかげかとても安産でした。二人目となると上の子の子育てをしながらの妊娠生活になるので、意識して身体を動かさなくても子育てが運動になってたように思います。
    きらり先生 保育士
    仕事柄よく身体を動かしていました。また帰宅後も上の子とお散歩に行ったりしていました。
    後期に入り、とにかく歩くことが大事ということで、毎日一時間程無理のない程度でお散歩にでかけていました(^o^)
    陣痛が始まってからも、動けそうだったので、助産師さんに相談しながら呼吸を意識しながら歩いていました☆おかげで安産で産まれてきてくれました☆
    ちぃ先生 保育士
    仕事柄体は毎日動かしていました。8ヶ月ごろになるとむくみも少し出て来たので、なるべく動き過ぎないようにしていました。
    休日でも犬の散歩で30分くらいは歩いていました。

    臨月に入ると絶対安静で入院していたので、ベットの上で足を動かしたり骨盤体操をしたりしていました。
    せおみ先生 保育士
    特別な事はしていません。
    季節が良い時にはゆっくり散歩をしたり、歩く事は心がけていました。たまにはあえて階段を使ったり…息切れはすごかったですが。
    わか先生 保育士
    第一子妊娠中は働いていたので、自然に身体を動かしていました!第二子は育休中だったため、上の子とたくさん散歩をして、2人で楽しみながらが身体を動かふことを意識していました!おかげで、体重もそこまで増えずに出産まで行けたと思います(*´-`)
    ぺち先生 保育士
    マタニティヨガなどはしたことありませんが、ウォーキングはなるべく心掛けていました。お腹が張ってきたなと思ったら、立ち止まりながら歩いたりしてました。
    くじら先生 保育士
    妊娠中期まで働いていたので自然と身体は動かしていましたね。ウォーキングは初期から後期までずっとしていました。足がむくみやすかったのでマッサージもよくしていました。
    すみっこ先生 保育士
    特別運動しなければ!とは思ってはいませんでした。普段通りの生活をする上での動きのみです! 一人目のときは、途中まで仕事をしていたのと、辞めてからは犬の散歩で歩いていました。二人目のときは、長女との生活があったので公園へ行ったりお散歩をしたり…♪ほどよく身体を動かさしていました。
    ゆきんこ先生 保育士
    産院でマタニティヨガがあり何度か通いましたがあとはお散歩くらいでした!主人がお休みの日は広い公園や動物園などに行き楽しく歩いて過ごしました。
    私の場合なかなか子宮口が開かず赤ちゃんも降りてこなかったので、出産前日まで買い物がてらお散歩していました。

生活の関連記事

カテゴリ一覧