母子手帳のもらい方。もらう場所や交付に必要なもの、かかった時間など

母子手帳のもらい方。もらう場所や交付に必要なもの、かかった時間など

妊娠を機に、母子手帳のもらい方が知りたいというママもいるのではないでしょうか。母子手帳をもらうには区役所の何課に行けばよいのか、もらう場所に迷うこともあるかもしれません。今回は、母子手帳のもらい方や交付に必要なもの、もらうには何課に行くのかや交付にかかった時間などをママたちの体験談も含めてご紹介します。

母子手帳とは?

妊娠すると、母子手帳を受け取ることができるようです。母子手帳とはどのようなものなのでしょうか。

母子手帳とは

母子手帳とは、正式名称を「母子健康手帳」といい、妊娠したママたちが妊娠の届け出をすることにより交付される手帳のこととされています。

母子手帳の中身は、省令様式といって法律によりある程度が定められており、省令様式の部分は全国共通とされています。その他、任意様式として自治体によっていくつか内容が定められている部分もあるようです。

母子手帳の使い方

母子手帳は、妊娠中の健康状態を記録することで診査や保健指導の参考にしたり、出産後の赤ちゃんの体重や発達などの成長の記録を残すことができるようです。

ママや赤ちゃんの様子をしっかりと記入しておくことで、成長の変化を確認することができそうですね。また、出産後の赤ちゃんの予防接種の記録も記入できるようなので、記入しておけば忘れてしまうことがなさそうです。

母子手帳は、妊娠や出産のアドバイスも書かれているようです。赤ちゃんを迎えるためのサポートになるのではないでしょうか。

出典:母子健康手帳の交付・活用の手引き/厚生労働省

母子手帳のもらい方

実際に母子手帳をもらうには、どのように手続きをすればよいのでしょうか。母子手帳のもらい方を調べてみました。

もらう場所

区役所
iStock.com/Loco3

母子手帳をもらうには、区役所や自治体によっては区民センターに行くとよいようです。区役所の何課に行けばよいのか受け取り場所に迷うかもしれませんが、一般的には各自治体の福祉課や保健センターなどで交付しているそうです。

何課でもらうことができるのかは自治体によって異なるようなので、区役所などに確認をするとよさそうです。

もらう時期

カレンダー
iStock.com/iStock.com/

母子手帳をもらうには、時期に決まりはないようですが実際にママたちに聞いたところ妊娠6週から10週頃で、胎児の心拍が確認できてから受け取りに行ったというママの声がありました。

タイミングはさまざまなようですが、病院から母子手帳をもらうように言われることもあるそうです。病院でいつもらえばよいのか確認してみてもよいかもしれませんね。

必要なもの

母子手帳をもらうときに必要なものはなにがあるのでしょうか。一般的に母子手帳の受け取りに必要なものは、以下のもののようです。

・妊娠届
・マイナンバーカードまたは個人番号通知カード
・本人確認書類
・委任状(代理人の場合)

マイナンバー制度の導入以降、マイナンバーカードや通知カードなど、個人番号の確認ができるものを必要なものとする自治体も多いようです。本人確認書類は忘れずに持って行くようにするとよいでしょう。

母子手帳をもらうには、出産予定日や妊娠週数などを記入する妊娠届も必要なものとしているようです。

妊娠届は、病院でもらえる場合と区役所などでその場で記入する場合があるようなので、病院や自治体にもらう場所を確認しておくとよいかもしれません。

引っ越したらどうする?

母子手帳は自治体ごとに内容に少しの違いはあるものの、ある程度の内容は決められていて全国共通のため、引っ越しても新しいものに取り換えたり手続きをする必要はないようです。住所の書き換えなどは、忘れずに行っておくとよいかもしれません。

しかし、母子手帳の交付といっしょにもらうことのできる検診の受診票は、交付された自治体でしか使用ができない場合がほとんどのようなので手続きが必要になりそうです。

母子手帳をもらうのにかかる時間

母子手帳をもらうには、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。ママたちに実際にかかった時間を聞いてみました。

「役所についてすぐに対応してもらえましたが、母子手帳の説明などを含めると1時間くらいかかりました」(20代ママ)

「役所についてから10分ほど待ち時間があり、届出を出してから30分くらいで受け取ることができました。つわりで辛かったので、体調を考慮して説明なども手早く行ってくれました」(30代ママ)

30分から1時間ほどでもらうことができたというママの声がありました。その日の区役所などの混み具合などによって、かかる時間は変わるのではないでしょうか。

時間がかかるかもしれないことも考慮して、余裕をもっていくとよいかもしれませんね。

母子手帳といっしょにもらえるもの

母子手帳をもらうときには、他にもいくつか受け取ることのできるものがあるそうです。

検診の受診票

妊婦健康診査の費用を、自治体が一部負担する制度を設けているところもあるそうです。そのような自治体では、検診の受診票を受け取ることができるようです。

この受診票の補助金額は自治体によって異なり、ほとんどの自治体では、交付された自治体のみでの使用とされています。

マタニティマーク

マタニティマークとは、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指して作られたマークのこととされています。マタニティマークのキーホルダーを、母子手帳といっしょに交付している自治体も多いようです。

マタニティマークは、区役所などのほかにも鉄道駅や航空会社などでも配布しているところがあるそうです。

出典:マタニティマークについて/厚生労働省

妊娠・出産の案内本

妊娠、出産について学ぶための母親学級の案内や母子手帳の副読本、育児の支援ガイドブックなどをいっしょに配布している自治体もあるようです。初めての妊娠だと特に、案内本があると助かりますよね。

その他にも、ママのサポートに関するパパのための父子手帳がある自治体もあるそうです。配布されるものは自治体によって異なるようなので、住んでいる自治体のホームページなどで確認してみるとよいかもしれません。

母子手帳で赤ちゃんの成長を記録しよう

妊婦さん
iStock.com/NataliaDeriabina

母子手帳のもらい方は自治体によって異なるようです。もらうには必要なものはなにかや、もらう場所は区役所の何課なのかなど、自治体のホームページなどで確認しておくとよいかもしれません。

時間がどのくらいかかるのかはもらう日などにもよるので、時間がかかるかもしれないことも考慮し余裕を持って行くとよさそうですね。母子手帳で、赤ちゃんの成長を記録してみてはいかがでしょうか。

2018年09月24日

この記事を読んでいるあなたにおすすめの記事
子どもの「やってみたい!」を叶えることで育まれる〇〇力とは?
子どもの「やってみたい!」を叶えることで育まれる〇〇力とは?
[PR]本田技研工業株式会社
「子どもが自分でやりたいと考え、それをやれる場所、自由に遊べる機会を作り出すことが必要」。そう語るのは、子どもの成長や発達に長年携わってきた汐見稔幸先生。そこで、実際に子どもたちのやりたいことを叶えられるプチ旅企画を実施!一体、どんな力が育まれているのか汐見先生と紐解きました。
詳しくはこちら

基礎知識の関連記事

  • 世界で初めて体外受精が成功したのは、1978年のイギリス。今や、日本でも体外受精で子どもを産む方は少なくありません。この度、KIDSNA STYLE では過去に体外受精をご経験された方にご出演いただき、覆面座談会を開催いたしました。

  • 妊娠中はつわりや味覚の変化が多く、気を付けないといけないことも増えます。そのためどのような飲み物を飲んだらよいのか分からなくなることも。妊娠中におすすめしたいのは、身体を温めるホットの飲み物です。先輩ママたちはホットのどのような飲み物を飲んで、妊娠時期を過ごしていたのでしょうか。体験談をご紹介します

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧