母子手帳のもらい方。もらう場所や交付に必要なもの、かかった時間など

母子手帳のもらい方。もらう場所や交付に必要なもの、かかった時間など

妊娠を機に、母子手帳のもらい方が知りたいというママもいるのではないでしょうか。母子手帳をもらうには区役所の何課に行けばよいのか、もらう場所に迷うこともあるかもしれません。今回は、母子手帳のもらい方や交付に必要なもの、もらうには何課に行くのかや交付にかかった時間などをママたちの体験談も含めてご紹介します。

母子手帳とは?

妊娠すると、母子手帳を受け取ることができるようです。母子手帳とはどのようなものなのでしょうか。

母子手帳とは

母子手帳とは、正式名称を「母子健康手帳」といい、妊娠したママたちが妊娠の届け出をすることにより交付される手帳のこととされています。

母子手帳の中身は、省令様式といって法律によりある程度が定められており、省令様式の部分は全国共通とされています。その他、任意様式として自治体によっていくつか内容が定められている部分もあるようです。

母子手帳の使い方

母子手帳は、妊娠中の健康状態を記録することで診査や保健指導の参考にしたり、出産後の赤ちゃんの体重や発達などの成長の記録を残すことができるようです。

ママや赤ちゃんの様子をしっかりと記入しておくことで、成長の変化を確認することができそうですね。また、出産後の赤ちゃんの予防接種の記録も記入できるようなので、記入しておけば忘れてしまうことがなさそうです。

母子手帳は、妊娠や出産のアドバイスも書かれているようです。赤ちゃんを迎えるためのサポートになるのではないでしょうか。

出典:母子健康手帳の交付・活用の手引き/厚生労働省

母子手帳のもらい方

実際に母子手帳をもらうには、どのように手続きをすればよいのでしょうか。母子手帳のもらい方を調べてみました。

もらう場所

区役所
iStock.com/Loco3

母子手帳をもらうには、区役所や自治体によっては区民センターに行くとよいようです。区役所の何課に行けばよいのか受け取り場所に迷うかもしれませんが、一般的には各自治体の福祉課や保健センターなどで交付しているそうです。

何課でもらうことができるのかは自治体によって異なるようなので、区役所などに確認をするとよさそうです。

もらう時期

カレンダー
iStock.com/iStock.com/

母子手帳をもらうには、時期に決まりはないようですが実際にママたちに聞いたところ妊娠6週から10週頃で、胎児の心拍が確認できてから受け取りに行ったというママの声がありました。

タイミングはさまざまなようですが、病院から母子手帳をもらうように言われることもあるそうです。病院でいつもらえばよいのか確認してみてもよいかもしれませんね。

必要なもの

母子手帳をもらうときに必要なものはなにがあるのでしょうか。一般的に母子手帳の受け取りに必要なものは、以下のもののようです。

・妊娠届
・マイナンバーカードまたは個人番号通知カード
・本人確認書類
・委任状(代理人の場合)

マイナンバー制度の導入以降、マイナンバーカードや通知カードなど、個人番号の確認ができるものを必要なものとする自治体も多いようです。本人確認書類は忘れずに持って行くようにするとよいでしょう。

母子手帳をもらうには、出産予定日や妊娠週数などを記入する妊娠届も必要なものとしているようです。

妊娠届は、病院でもらえる場合と区役所などでその場で記入する場合があるようなので、病院や自治体にもらう場所を確認しておくとよいかもしれません。

引っ越したらどうする?

母子手帳は自治体ごとに内容に少しの違いはあるものの、ある程度の内容は決められていて全国共通のため、引っ越しても新しいものに取り換えたり手続きをする必要はないようです。住所の書き換えなどは、忘れずに行っておくとよいかもしれません。

しかし、母子手帳の交付といっしょにもらうことのできる検診の受診票は、交付された自治体でしか使用ができない場合がほとんどのようなので手続きが必要になりそうです。

母子手帳をもらうのにかかる時間

母子手帳をもらうには、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。ママたちに実際にかかった時間を聞いてみました。

「役所についてすぐに対応してもらえましたが、母子手帳の説明などを含めると1時間くらいかかりました」(20代ママ)

「役所についてから10分ほど待ち時間があり、届出を出してから30分くらいで受け取ることができました。つわりで辛かったので、体調を考慮して説明なども手早く行ってくれました」(30代ママ)

30分から1時間ほどでもらうことができたというママの声がありました。その日の区役所などの混み具合などによって、かかる時間は変わるのではないでしょうか。

時間がかかるかもしれないことも考慮して、余裕をもっていくとよいかもしれませんね。

母子手帳といっしょにもらえるもの

母子手帳をもらうときには、他にもいくつか受け取ることのできるものがあるそうです。

検診の受診票

妊婦健康診査の費用を、自治体が一部負担する制度を設けているところもあるそうです。そのような自治体では、検診の受診票を受け取ることができるようです。

この受診票の補助金額は自治体によって異なり、ほとんどの自治体では、交付された自治体のみでの使用とされています。

マタニティマーク

マタニティマークとは、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指して作られたマークのこととされています。マタニティマークのキーホルダーを、母子手帳といっしょに交付している自治体も多いようです。

マタニティマークは、区役所などのほかにも鉄道駅や航空会社などでも配布しているところがあるそうです。

出典:マタニティマークについて/厚生労働省

妊娠・出産の案内本

妊娠、出産について学ぶための母親学級の案内や母子手帳の副読本、育児の支援ガイドブックなどをいっしょに配布している自治体もあるようです。初めての妊娠だと特に、案内本があると助かりますよね。

その他にも、ママのサポートに関するパパのための父子手帳がある自治体もあるそうです。配布されるものは自治体によって異なるようなので、住んでいる自治体のホームページなどで確認してみるとよいかもしれません。

母子手帳で赤ちゃんの成長を記録しよう

妊婦さん
iStock.com/NataliaDeriabina

母子手帳のもらい方は自治体によって異なるようです。もらうには必要なものはなにかや、もらう場所は区役所の何課なのかなど、自治体のホームページなどで確認しておくとよいかもしれません。

時間がどのくらいかかるのかはもらう日などにもよるので、時間がかかるかもしれないことも考慮し余裕を持って行くとよさそうですね。母子手帳で、赤ちゃんの成長を記録してみてはいかがでしょうか。

2018年09月24日

専門家のコメント
16
    のの先生 保育士
    主治医の先生から心拍確認後母子手帳をもらってくるよう指示がありました。母子手帳をもらいに役
    あーちん先生 保育士
    保健センターにて、病院から心拍確認後に指示を受けてからもらいにいきました!
    私は近くの保健
    せおみ先生 保育士
    胎児の心拍が確認できると、病院から母子手帳をもらってくるように言われます。自治体によって異
    あー先生 保育士
    心拍が確認でき2回ほど受診してから、お医者さんから母子手帳をもらいに行くよう言われ、役所に
    ぺち先生 保育士
    検診で心拍が確認でき、先生に母子手帳をもらってきてねといわれると、保健センターでもらいにい
    いちご先生 保育士
    私の住んでいる地域ではマイナンバーカードと免許証が必要でした!平日で人が少なかったからかす
    いちぽ先生 保育士
    病院で12週になる少し前に妊娠届をもらって母子手帳をもらってくださいと言われるのでもらいに
    くじら先生 保育士
    産婦人科で心拍確認後、保健所で母子手帳をもらいました。時間としては15〜30分くらいだった
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧