【産婦人科医監修】妊娠28週目(妊娠8ヶ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子。あとづわりとは?

【産婦人科医監修】妊娠28週目(妊娠8ヶ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子。あとづわりとは?

お腹が一気に大きくなり、胎動をはっきり感じてくる妊娠28週目は、安定期とよばれる妊娠中期が終わり、妊娠後期の始まり、妊娠8ヶ月目に入ったところです。妊娠28週の妊婦さんの体調や、赤ちゃんの様子を医学博士で産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもと解説します。

妊娠週数28週目とはどんな時期?

妊娠28週は、妊娠8ヶ月の1週目です。安定期とよばれる妊娠中期が終わり、いよいよ妊娠後期のスタートです。

妊娠28週目の妊婦さんの特徴

安定期が終わった妊娠8ヶ月である妊娠28週目の妊婦さんについて詳しく見ていきましょう。

体調

お腹が大きくなることで、疲れやすくなったり、胸やけなどの症状を感じることもあるようです。器官が圧迫されたり、ホルモンバランスの変化でつわりのような胃痛吐き気を感じる人もいるようですが、あらわれる症状の詳細や症状の程度には個人差があります。

また、ホルモンの影響で涙もろくなったり、イライラしたりしやすくなる人もいます。


お腹の大きさ

子宮の上部が、おへそとみぞおちの間くらいまで上がってきます。妊娠28週になると、お腹がよりせり出してくるので足元が確認しづらくなります。

妊娠28週目の妊婦さんの身体

妊婦さんのお腹
violetblue/Shutterstock.com
胎動が活発になるので、赤ちゃんが動く様子がはっきりわかるようになります。胎動が激しいときには痛みを感じる人もいるようです。

妊娠後期になると、羊水量がピークを迎え、お腹が張る回数も増えてきます。

お腹が大きくなると、血管が子宮に押されて血液が滞り、静脈瘤ができることがあります。身体の水分が増えることで血液が薄くなるため、手足がむくみやすくなります。また、肺が圧迫されて呼吸がしづらくなったり、血液量が増えることで動悸がすることもあります。

ホルモンの関係で、おりものが増えたと感じる妊婦さんも多いでしょう。


妊娠28週目の赤ちゃん

大きさや胎内での様子

妊娠28週目の赤ちゃんは超音波(エコー)検査では、全身がうつらないくらい大きくなっています。赤ちゃんの身長は、39㎝程度です。赤ちゃんの重さはキャベツ1個程度で、体重にすると1000gから1500gくらいです。

羊水の量がピークを迎え、ママのお腹のなかで自由に身動きをとるのが難しくなってきますが、赤ちゃんなりに居心地のよい体勢を取るようになります。妊娠28週になると、赤ちゃんは頭を下にした位置で向きが定着してくることが多いですが、まだ動けるスペースがある状態です。

肺や心臓などの内臓器官はほとんど完成し、横隔膜が順調に機能してくると、赤ちゃんがしゃっくりを始めます。聴覚が完成すると、音の大小や高低も聞き分けられるようになってきます。男の子の精巣が陰のうのなかに降り始めるのはこの時期です。

筋肉が発達し、神経の動きが活発になるので赤ちゃんは、自分の意思で動きをコントロールできるようになります。

身体の形

骨格がほとんど完成して、身体がどんどん丸みを帯びてきます。この時期になると、目鼻立ちがはっきりしてきて表情も出てきます。3D、4Dエコーで見る赤ちゃんの顔や表情は実際に生まれてきたときの顔と大差がないので、この時期に検査を受けられるとイメージがわきやすいかもしれません。

妊娠28週目のうちにやっておきたいこと

妊娠糖尿病検査

妊娠24~28週の間に妊娠糖尿病になっていないかを調べる妊娠糖尿病検査が行われます。妊娠すると血糖値が上がるため、妊婦さんの2~5%は妊娠糖尿病になるといわれています。

妊娠中は、ホルモンの影響を受けやすく、血液検査で血糖値が基準値を上回っている場合には、糖負荷試験を数回受けることになるかもしれません。高血糖は出産後におさまることがほとんどですが、出産や胎児にリスクをもたらすことがあるため注意が必要です。

逆子体操

妊娠28週になると、赤ちゃんは頭を下にした正常位置になることが多いですが、健診で逆子といわれることがあります。しかし、お腹のなかにはまだ赤ちゃんが動けるスペースがあるので臨月までに自然と逆子が治ることも珍しくありません。逆子体操をするなどをしてあまり心配し過ぎないようにしましょう。

入院準備をする

出産入院準備
Tekkol/Shutterstock.com

妊娠後期に入ったら、入院や分娩にかかる費用を具体的に調べておきましょう。この時点で個室や特別食を予約しないといけない病院もあったり、分娩方法や病院のシステムはそれぞればらつきがあるので、事前にリサーチすることが重要です。

出産に必要な、パジャマやT字帯、産褥ショーツなどの準備を済ませておくことも必要です。

また、里帰り出産を考えている人は、いつ頃どのように帰省するのか計画を立て、準備しましょう。里帰り出産には、医療機関の間で紹介状が必要となります。なかには紹介状を書くのに数日かかったり、順番待ちといった医療機関もあります。妊娠28週ごろの時期になったら、妊娠経過を診てもらっている病院に紹介状の依頼や相談をしておくとよいでしょう。

妊娠28週目の妊婦さんが注意すること

転倒に注意

お腹が一気に大きくなると関節が緩み、重心がずれるので、感覚がつかみにくくなります。

身体を物にぶつけやすくなったり、つまずきやすくなるので、できるだけゆっくり行動することを心がけましょう。外出時は、履きなれたスニーカーなどを履く方が安心です。

もしぶつけてしまっても羊水がお腹を満たしているので、赤ちゃんには影響がないことがほとんどといわれていて、慌てる必要はありません。心配だったり、痛みがあるときには遠慮せずにかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

無理をしない

安定期とよばれる時期が終わり、妊娠28週になるとお腹の張りを感じる回数が増えたり、身体のさまざまな部分に痛みを感じたり、疲れやすさを感じる人も増えてくるでしょう。

お腹の張りや、身体が疲れていると感じたら、横になったり楽な姿勢でこまめに休息をとって無理をしないことが大事です。休んでもお腹の張りがおさまらないときには早めに受診しましょう。

感情のコントロールを意識する

この時期は、ホルモンの影響でイライラしやすく、涙もろくなったり情緒が不安定になる妊婦さんもいるかもしれません。パパとけんかになる、普段なら気にしないことでくよくよする、ということも珍しくなく感情のコントロールが難しい時期です。後期に入り、赤ちゃんが生まれるという責任感が急にのしかかり不安になった、という人もいるでしょう。

気持ちが落ち着いているときにパパとゆっくり話し合ったり、友人や信頼できる人に話を聞いてもらったり、普段頑張っている自分をたまには甘やかして気分転換をするなど、感情をコントロールできるように工夫できるとよいですね。

感情が赤ちゃんに伝わる時期

妊娠後期の妊婦
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠28週目は、妊娠8ヶ月の妊娠後期の始まりです。安定期といわれる妊娠中期がおわり、お腹もどんどん大きくなってくるでしょう。

お腹の張りやむくみがひどくなったり、距離感覚をとりづらくなったりするので妊婦さんは、転倒に気をつけて、無理せず安静にすごしましょう。

ママは情緒不安定になったり、つらく感じてしまうこともあるかもしれませんが、この時期に分泌されるホルモンの影響や、母になるという責任感から多くの妊婦さんが経験するものです。さまざまな変化は妊娠が順調な証拠だと感じながら、お腹のなかで赤ちゃんとつながっている時間を大切にすごしましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年07月15日

専門家のコメント
16
    かよう先生 保育士
    妊娠後期になると身体の変化をより感じるところもあるんだなと思いました。
    感情のコントロール
    ひよこ先生 保育士
    現在、妊娠8ヶ月です。
    私の場合、マイナートラブルは少なく妊婦生活を楽しんでいますが、8ヶ
    nt_2
    @ひよこ先生さん
    不安に溺れずしっかりシミュレーションされているご様子、さすがです! ひよこ先生のコメント、すごく元気づけられます。初めての妊娠で不安になっている友人がいるので、こちらのひよこ先生のお話も共有して励ましてみます!
    のの先生 保育士
    母親学級など参加できるといいですね。あとは、出産のための準備や赤ちゃんのための準備を始めら
    せおみ先生 保育士
    胎動も力強くなってきて、会える日が待ち遠しいですね。妊娠中は本当に涙もろかったです。少し動
    ぺち先生 保育士
    28週ごろになると、胎動もすごく肋骨がとっても痛かったです、、
    また、なかなか準備できてい
    あー先生 保育士
    初めての妊娠だったので両親学級などに行って出産のための知識を身につけました!
    いちご先生 保育士
    出産のイメージをいろんな方の出産レポートを見て勉強したり、赤ちゃんの名前を考えたり、産まれ
    くじら先生 保育士
    仕事を辞めた頃だったので、のんびりと無理しないように過ごしていました。ちょうど暑い季節だっ
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧