【高尾美穂先生に聞く】不妊治療の前に知っておきたい身体と生活のコト

【高尾美穂先生に聞く】不妊治療の前に知っておきたい身体と生活のコト

世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

高尾美穂
001

子どもの出生率が減少傾向のなか、不妊治療を受ける人は年々増加し、2017年に生まれた子どもの14.3%は体外受精による妊娠。保険適用の範囲も拡大され、以前に比べると不妊治療に踏み出すハードルが下がっている現状も。

一方で、不妊治療を受ける人たちにとって仕事と治療の両立が難しいと感じる場面があることも事実としてあるようだ。

002

さらに20~30代は仕事が波に乗っていることも多く、忙しい毎日の中では時間的・精神的に余裕が持てないかもしれない。また、パートナーとの間に気持ちやタイミングのずれが生じることも度々あるだろう。そこで今回は、産婦人科医である高尾美穂先生に妊娠や不妊治療との向き合い方について話を聞いた。

高尾美穂先生
多くの場合は、女性側のほうが早く妊娠を希望します。卵巣は10~50歳までの40年間の期間限定で働く臓器です。女性の生殖能力にはタイムリミットがあり、女性のほうが早く子どもを持ちたいと焦るのは、動物学的に自然なことなのです。

高尾先生はそう語る。また、性交渉の頻度が少ないことだけではなく、生活そのものが妊娠を成立させるため、望ましい環境になっていないことも多いと言う。

夫婦がふたりで同じ方向を見て、子どもを持つために頑張っていきたいという想いを社会はサポートする必要があり、不妊治療の保険適用拡大はひとつの形ではあるが……。

高尾美穂先生
もちろんせっかくの制度ですから、利用することはいいと思います。ただ、不妊治療に進む前に、自然妊娠のために自分自身の身体のサイクルをよく知ること。これが本当はとても大切。

心も身体もゆとりがあるときに、女性の身体は妊娠をしやすいといえます。副交感神経が働きリラックス状態だと、ホルモンは弛緩した血管の中をしっかりと流れていきますから。

しかし、現代の私たちは交感神経が優位な時間がとても長く、副交感神経が優位の時間はわずかしかありません。だから、妊娠を成立させるためには、生活そのものが望ましい環境になっているかどうかを、まずは考えなくてはいけません。

不妊治療へ取り組む際に知っていただきたいこと、妊娠そのものに対する考え方について、高尾先生の考えを動画にまとめた。

ご利用のブラウザはiframeに対応していないため動画を表示できません。

動画をご覧になりたい場合にはhttps://www.youtube.com/embed/wrmom4R_zPQにアクセスしてください。

No Image

高尾美穂

産婦人科専門医・医学博士・婦人科スポーツドクター
女性のための統合ヘルスクリニック イーク表参道 副院長

2022年07月19日

基礎知識の関連記事

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

カテゴリ一覧