【産婦人科医監修】妊活中のコーヒーの影響。やめられないときや代わりになるもの

【産婦人科医監修】妊活中のコーヒーの影響。やめられないときや代わりになるもの

コーヒーに代わるノンカフェインの飲み物は

妊活中にコーヒーを飲むとどのような影響があるのか気になる人がいるかもしれません。女性だけでなく妊活中の男性の飲むコーヒーにも影響はあるのでしょうか。コーヒーがやめられないときや、コーヒー代わりになるノンカフェインの飲み物などについて医師監修のもと解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊活中にコーヒーは飲んでもよい?

iStock.com/kuppa_rock
妊娠をするとコーヒーを控えなくてはならないと耳にしたことがある人は多いかもしれません。

コーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインは過剰摂取すると、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の症状をもたらす場合があります。

妊娠中のコーヒーは、以下の理由により控えたほうがよいとされています。
  • 大量のカフェインは胎盤の血流を悪化させる
  • 貧血になりやすくなる
  • 消化器への負担
では、「妊活中のコーヒー」も同様に控えたほうがよいのでしょうか。コーヒーが好きな人は、カフェインが妊活にどのような影響を及ぼす可能性があるのか気になるかもしれません。

妊活中に飲むコーヒーが与える影響をみてみましょう。

妊活中のコーヒーが与える影響

妊活中のカフェイン摂取は、妊活に直接的な影響はないものの、適量を超えると妊娠までの期間が伸びてしまうこともあるようです。

体が冷える

コーヒーに含まれるカフェインは大量に摂取すると、交感神経を刺激し自律神経が乱れることがあります。

自律神経のバランスが乱れると血の巡りが悪くなり、妊活の大敵である体の「冷え」を招きます。血行不良になると子宮や卵巣への血流も悪くなってしまいます。

また、カフェインには利尿作用があります。体内の水分を排出するときに体の熱が奪われてしまいます。コーヒーを飲みトイレの回数が増えることは、体の冷えにも繋がります。

生活リズムの乱れ

睡眠中は、体が温まりホルモンが分泌されやすいため、「エストロゲン」と「プロゲステロン」がバランスよく分泌され妊娠しやすい体を作るためのサポートをします。

カフェインを含むコーヒーは、覚醒作用があります。飲む時間帯や量によっては、睡眠不足や眠りの浅さを感じるでしょう。生活リズムが乱れホルモンバランスが崩れると、妊娠するまでの期間が長くなってしまいます。

そのため、コーヒーを飲むことは間接的に妊活に影響を及ぼすといえそうです。

妊活中の男性が飲むコーヒーの影響

妊活をしている男性がコーヒーを飲むと、どのような影響があるのでしょうか。

カフェインを大量に摂取することは精子に影響を与え、結果的に妊娠するまでの期間が長くなるという研究結果もあるようです。

なかにはコーヒーが好きで、やめられない妊活中の男性もいるかもしれません。カフェインを大量に摂取した場合に、妊活に影響を与えることがあるため適量を超えるカフェイン摂取は控えましょう。1日3杯程のコーヒーであれば摂取しても問題はありません。

コーヒー以外に気を付けたい飲み物

iStock.com/Chiociolla
コーヒーには100ml当たり60㎎のカフェインが含まれていますが、カフェインはコーヒー以外にもさまざまな飲み物に含まれています。

中でも玉露は、100ml当たり160㎎のカフェインが含まれているため、コーヒーのおよそ2.6倍に当たります。その他、紅茶には30㎎(/100ml)、ウーロン茶は20㎎(/100ml)が含まれています。

エナジードリンクや眠気覚まし飲料は種類によって、カフェイン含有量にばらつきがありますが、カフェインのほか砂糖も大量に使われているため注意が必要です。

飲み物以外にも、チョコレートやコーヒーゼリーなどにもカフェインが含まれています。カフェインを含む飲み物や食べ物を口にした日は、コーヒーの量をいつもより減らすなどの工夫をして、カフェインを摂りすぎないようにしましょう。

妊活中に取り入れたいコーヒーに代わる飲み物

妊活中であっても飲みすぎなければコーヒーを飲んでも問題はありません。コーヒーが好きで、妊活前の量を控えられない、やめられないといった場合には、コーヒーに代わる飲み物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

デカフェ

デカフェとは、カフェインを含むコーヒー豆からカフェインを抽出したものです。

カフェインが完全に含まれていない(ノンカフェイン)ということではなく、ごく微量のカフェインは含まれていますが、妊娠中や授乳中にもよく飲まれているため、妊活中のコーヒーの代用品になります。

たんぽぽコーヒー

その名の通り、たんぽぽを原料としたコーヒーでノンカフェインの飲み物です。

名前に「コーヒー」と付いていますが、コーヒーは入っておらず味がコーヒーに近いため、このように呼ばれています。麦茶やほうじ茶のような味がするようです。

黒豆コーヒー

黒豆コーヒーは、コーヒー豆と黒豆をブレンドして作られているコーヒーです。ブレンドの比率や使われているコーヒー豆の種類によってカフェインの含有量は異なりますが、黒豆にはカフェインが含まれていません。

カフェインレスのコーヒー豆を使用したり、黒豆の配合率が高い黒豆コーヒーだとより安心して飲むことができます。

妊活中のコーヒーは夫婦で適量を楽しもう

iStock.com/Yagi-Studio
妊活中のコーヒーは、男女ともに飲みすぎると妊活に影響を与えます。

女性は、コーヒーを飲むことにより体が冷えたり生活リズムが乱れ、結果として妊娠までの期間が長くなることがあります。男性はコーヒーを飲みすぎると精子に影響を及ぼすこともあるようです。

妊活中のコーヒーは1日3杯程度に留めて、適量を楽しみましょう。デカフェやノンカフェインの飲み物をコーヒーの代わりに取り入れるとよさそうです。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年01月17日

基礎知識の関連記事

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

カテゴリ一覧