【産婦人科医監修】妊活中のコーヒーの影響。やめられないときや代わりになるもの

【産婦人科医監修】妊活中のコーヒーの影響。やめられないときや代わりになるもの

コーヒーに代わるノンカフェインの飲み物は

妊活中にコーヒーを飲むとどのような影響があるのか気になる人がいるかもしれません。女性だけでなく妊活中の男性の飲むコーヒーにも影響はあるのでしょうか。コーヒーがやめられないときや、コーヒー代わりになるノンカフェインの飲み物などについて医師監修のもと解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊活中にコーヒーは飲んでもよい?

iStock.com/kuppa_rock
妊娠をするとコーヒーを控えなくてはならないと耳にしたことがある人は多いかもしれません。

コーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインは過剰摂取すると、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気等の症状をもたらす場合があります。

妊娠中のコーヒーは、以下の理由により控えたほうがよいとされています。
  • 大量のカフェインは胎盤の血流を悪化させる
  • 貧血になりやすくなる
  • 消化器への負担
では、「妊活中のコーヒー」も同様に控えたほうがよいのでしょうか。コーヒーが好きな人は、カフェインが妊活にどのような影響を及ぼす可能性があるのか気になるかもしれません。

妊活中に飲むコーヒーが与える影響をみてみましょう。

妊活中のコーヒーが与える影響

妊活中のカフェイン摂取は、妊活に直接的な影響はないものの、適量を超えると妊娠までの期間が伸びてしまうこともあるようです。

体が冷える

コーヒーに含まれるカフェインは大量に摂取すると、交感神経を刺激し自律神経が乱れることがあります。

自律神経のバランスが乱れると血の巡りが悪くなり、妊活の大敵である体の「冷え」を招きます。血行不良になると子宮や卵巣への血流も悪くなってしまいます。

また、カフェインには利尿作用があります。体内の水分を排出するときに体の熱が奪われてしまいます。コーヒーを飲みトイレの回数が増えることは、体の冷えにも繋がります。

生活リズムの乱れ

睡眠中は、体が温まりホルモンが分泌されやすいため、「エストロゲン」と「プロゲステロン」がバランスよく分泌され妊娠しやすい体を作るためのサポートをします。

カフェインを含むコーヒーは、覚醒作用があります。飲む時間帯や量によっては、睡眠不足や眠りの浅さを感じるでしょう。生活リズムが乱れホルモンバランスが崩れると、妊娠するまでの期間が長くなってしまいます。

そのため、コーヒーを飲むことは間接的に妊活に影響を及ぼすといえそうです。

妊活中の男性が飲むコーヒーの影響

妊活をしている男性がコーヒーを飲むと、どのような影響があるのでしょうか。

カフェインを大量に摂取することは精子に影響を与え、結果的に妊娠するまでの期間が長くなるという研究結果もあるようです。

なかにはコーヒーが好きで、やめられない妊活中の男性もいるかもしれません。カフェインを大量に摂取した場合に、妊活に影響を与えることがあるため適量を超えるカフェイン摂取は控えましょう。1日3杯程のコーヒーであれば摂取しても問題はありません。

コーヒー以外に気を付けたい飲み物

iStock.com/Chiociolla
コーヒーには100ml当たり60㎎のカフェインが含まれていますが、カフェインはコーヒー以外にもさまざまな飲み物に含まれています。

中でも玉露は、100ml当たり160㎎のカフェインが含まれているため、コーヒーのおよそ2.6倍に当たります。その他、紅茶には30㎎(/100ml)、ウーロン茶は20㎎(/100ml)が含まれています。

エナジードリンクや眠気覚まし飲料は種類によって、カフェイン含有量にばらつきがありますが、カフェインのほか砂糖も大量に使われているため注意が必要です。

飲み物以外にも、チョコレートやコーヒーゼリーなどにもカフェインが含まれています。カフェインを含む飲み物や食べ物を口にした日は、コーヒーの量をいつもより減らすなどの工夫をして、カフェインを摂りすぎないようにしましょう。

妊活中に取り入れたいコーヒーに代わる飲み物

妊活中であっても飲みすぎなければコーヒーを飲んでも問題はありません。コーヒーが好きで、妊活前の量を控えられない、やめられないといった場合には、コーヒーに代わる飲み物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

デカフェ

デカフェとは、カフェインを含むコーヒー豆からカフェインを抽出したものです。

カフェインが完全に含まれていない(ノンカフェイン)ということではなく、ごく微量のカフェインは含まれていますが、妊娠中や授乳中にもよく飲まれているため、妊活中のコーヒーの代用品になります。

たんぽぽコーヒー

その名の通り、たんぽぽを原料としたコーヒーでノンカフェインの飲み物です。

名前に「コーヒー」と付いていますが、コーヒーは入っておらず味がコーヒーに近いため、このように呼ばれています。麦茶やほうじ茶のような味がするようです。

黒豆コーヒー

黒豆コーヒーは、コーヒー豆と黒豆をブレンドして作られているコーヒーです。ブレンドの比率や使われているコーヒー豆の種類によってカフェインの含有量は異なりますが、黒豆にはカフェインが含まれていません。

カフェインレスのコーヒー豆を使用したり、黒豆の配合率が高い黒豆コーヒーだとより安心して飲むことができます。

妊活中のコーヒーは夫婦で適量を楽しもう

iStock.com/Yagi-Studio
妊活中のコーヒーは、男女ともに飲みすぎると妊活に影響を与えます。

女性は、コーヒーを飲むことにより体が冷えたり生活リズムが乱れ、結果として妊娠までの期間が長くなることがあります。男性はコーヒーを飲みすぎると精子に影響を及ぼすこともあるようです。

妊活中のコーヒーは1日3杯程度に留めて、適量を楽しみましょう。デカフェやノンカフェインの飲み物をコーヒーの代わりに取り入れるとよさそうです。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年01月17日

専門家のコメント
29
    りお先生 保育士
    1日1、2杯程度なら問題ないと聞き、私は妊活中も妊娠中も飲んでいましたが、特に影響はなかったと思います。
    気にしすぎず、飲みたい人は1日何杯まで、と自分で決めて、我慢せずに飲めばいいと思います!
    かよう先生 保育士
    妊娠中ではなく、妊活中だと飲んでも良いよかや明確な目安量など分かりづらいですよね。
    コーヒーの飲みすぎに注意しすぎてストレスが溜まる方が良くないのだと思いました。
    あーちん先生 保育士
    男性のカフェイン摂取も影響するのですね、、

    コーヒーにもノンカフェインのものがあるので、そういうもので我慢していました。1日に何杯も飲まなければそこまで心配することはないと思いますね!
    なな先生 保育士
    妊活中、妊娠中共に1日1回はコーヒーを飲んでいました。私も旦那ももともとコーヒーが好きなので、飲みすぎには注意しつつも、完全に飲まないとするほうがストレスになると感じ、あまり気にしないようにしていました。ただ、普段から飲むお茶も緑茶だったのでカフェインを摂取しすぎるかも・・・と、お茶のほうをノンカフェインのものに変えました😊
    あゆみ先生 保育士
    妊活、妊娠中のカフェイン摂取は気になりますが、病院でもコーヒーは1日1、2杯程度なら問題ないと聞きました。ノンカフェインやカフェインレスの物もありますが、ストレスにならない事が一番なので、その人に合った飲み方で良いのかなと思います。
    ふぅ先生 保育士
    なんでも適度が良いと思います☺︎我慢も適度に☺︎摂取するのと適度に☺︎うちの奥様はスタバでデカフェを頼んで飲んでいました☕️自分がコーヒー飲まないから気持ちを理解するのが難しいですが、好きなものを我慢しろってやっぱり辛いですよね(T . T)
    せおみ先生 保育士
    1日一杯程度なら問題ないと聞きました。でも、カフェインはコーヒーだけではく、チョコレートなどにも入っています。チョコレートを我慢できなかったので、カフェインレスコーヒーで代用していました。
    いちぽ先生 保育士
    コーヒーが元から飲めないので、苦労しませんでしたが、コーヒー好きの人にとっては辛いですよね。
    飲み過ぎなければそこまで影響ないですし、デカフェなどを飲めばなんとか乗り切れますかね!
    ひよひよ先生 保育士
    今は、デカフェやカフェインレスのコーヒー沢山ありますよね。
    そういうので飲むのはいかがですか??
    無理ない程度に1日これだけと決めて飲むのもいいと思います。
    我慢のしすぎもよくないですしね。
    でも、カフェイン摂取することで、1番辛くなるのも自分ですしね。
    なごみ先生 保育士
    妊活中はとくに気にせず飲んでいました。妊娠中は最初はノンカフェインのコーヒーにしていましたが、あまり美味しく感じられず、他にも我慢しないといけないことがたくさんありそんな小さな事にもイライラしてしまったので、先生に聞いてストレス溜めてしまうくらいなら1日1杯なら大丈夫ですよと言ってもらえたので飲んでいました。
    はなこ先生 保育士
    何事も摂取量に気をつけることが大事ですよね!
    1日1、2杯であれば大丈夫と聞きました!ノンカフェでもいま美味しいのが増えてますので、それにチャレンジしてみるのも1つの手かとおもいます!ストレスにならないように、妊活、妊娠中、産後過ごせるといいですね♥︎︎∗︎*゚
    すみっこ先生 保育士
    妊娠発覚後にコーヒーは控えるようにしましたが、それまでは1日1、2杯程度は飲んでいました。他の方もおっしゃっていますが、我慢をしてストレスがたまるほうが身体に負担がかかってしまうと思います。ガブガブ飲むのは控えた方が良いとは思いますが…💡👍
    ぺち先生 保育士
    今はデカフェやカフェインレスのコーヒーが色々な所で売っていますよね!
    1日1杯程度ならそこまで影響はないみたいですし、気にしすぎなくてもいいのかなと思います!
    私は1日1杯は普通に飲んでいました!
    めるちゃん先生 保育士
    もともとコーヒーが大好きなので、カフェインレスのコーヒーを飲んでました。スーパーではカフェインレスやデカフェの飲み物がいろいろ売ってたので、お気に入りの商品を求めて、よく見に行ってました。
    ゆきんこ先生 保育士
    自分もコーヒーがとてもすきで、妊娠前はよく飲んでいました。
    妊娠中も飲みすぎなければ大丈夫ですので1日1杯は飲んでいましたがデカフェや、ノンカフェインのものを見つけると買いだめしていました✨
    りり先生 保育士
    今、妊娠中なので、コーヒー好きな私はちょっと気にしたりしていますが、一日2杯くらいはおおめにみてます(^^)デカフェやカフェインレスってあんまりおいしくないですよね〜!だからどうしてもまた飲みたい!という時はデカフェで我慢しますが、一日ホッとする時間も必要ですよ(^^)あまりガチガチせず気楽に(^^)
    こいまま先生 保育士
    水分のほとんどがコーヒーというくらい、コーヒーしか飲まなかったのですが、さすがにそれではまずいと思い、デカフェにしたり、温かい麦茶やハーブティーなどを試したりしました。
    デカフェのものはやはりあまり美味しくなかったので、コーヒーは一日二杯までと決めて、その他はお茶を持ち歩くことで量をセーブすることで落ち着きました。
    コーヒーに限らず、今まで好きだったものを妊活のために全てなし!は私にはかえって負担だったので自分に合った方法を見つけていけるといいですね。
    のあ先生 保育士
    一息つきながらコーヒー☕飲みたくなりますよね!
    私はノンカフェインのコーヒーを飲んでいました。たまには喫茶店へ行ってカフェオレ等も飲みました。飲みすぎは心配ですが、たまには、、、(*´∀`*)
    素敵な妊娠ライフを*.+゚
    めめ先生 保育士
    1日2.3杯なら問題ないとされていますが私はノンカフェインのものを飲んでいました。粉末のノンカフェインのミルクティーやカフェオレなど色々種類があるので飽きずに楽しめました。
    なこ先生 保育士
    コーヒーはカフェインなしの物を飲んでいました。スタバやタリーズでもデカフェと言うとカフェインを抜いて作ってくれるので便利なサービスもありましたよ。でも1日一杯程度なら影響ないと聞きました。
    のんの先生 保育士
    毎日寝不足!カフェインとらなきゃやってけない!!
    ですよね。
    でも赤ちゃんのためなんです。我慢するしかないですよね。
    そして、コーヒーのほかに紅茶、緑茶、コーラ、ドリンク剤など、カフェインの含まれているものは意外とたくさんあります。
    気づかないうちにとってしまっているものです。
    今では、カフェインレスコーヒーもありますし、カフェインレスコーラなど、カフェインレスのものがたくさんあります。
    ネットでも買えますので、調べてみてはいかがでしょう。
    こと先生 保育士
    コーヒーや紅茶は1日1〜2杯飲んで気分転換してました😊✨
    我慢ばかりするより飲んでリラックスすることもいいと思います!
    コーヒーチェーン店でもデカフェのものもあるので利用してみるのもいいですね♡
    ひまわり先生 保育士
    カフェインはとりすぎなければ大丈夫だと聞いていたので、飲みたいときは1~2杯飲んでもいいと思います。
    飲みたいのに飲めないのはストレスが溜まりますしね。
    コーヒーを飲んだ日は、緑茶を控えたり、チョコレートを控えるなどカフェインの含まれているものに気をつけたらいいと思います。
    ノンカフェインやデカフェのコーヒーが私は好きだったので、それを飲むようにしていました。
    めい先生 保育士
    コーヒーの飲み過ぎ、カフェインの摂取はよくないと聞きますが、1日1〜2杯程度は大丈夫とも聞きます。
    自分がストレスにならない範囲で付き合っていきたいですね。
    あー先生 保育士
    今妊娠中ですが、産院で相談すると我慢すると逆にストレスになると言われ、私は1日のカフェイン摂取量を気をつけてカフェインレスコーヒーや紅茶を飲んでいます!
    ひとりめのときもそうしましたが、特に影響もなく元気な子が生まれて今も元気いっぱいです!
    とーち先生 保育士
    妊娠中は色々と制限されるもの。


    飲み物くらい好きなものを飲みたーい。


    コーヒーも紅茶も好きなので、1日1、2杯までなら大丈夫と聞いたので、適度に飲んでいました。

    飲み過ぎなければいいのでは?と個人的には思います。
    すず先生 保育士
    コーヒーよりも、紅茶のほうがカフェインが多いとどこかで聞き、紅茶を辞めてハーブティーにしました。コーヒーは朝の一杯だけ飲んでいました。

    妊娠中でも、一杯や二杯は大丈夫と聞いたので、妊活中は大丈夫なのでは…。
    あまり、これがいいこれがよくない、という情報が多すぎるのは好ましくないように思います。ただでさえ辛い時期に、追い詰められますよ。
    cocoまま先生 保育士
    好きなものを我慢するってかなり、かなり大変ですよね。ストレスがかかってしまうのが1番良くないと思います^ ^そんなにガバガバは飲みませんよね^ ^大丈夫ですよ、ネットの影響で不安になりますよね。リラックスすることが1番大切かと思います^ ^
    のの先生 保育士
    カフェインの過剰摂取はよくないですが、一日に1.2杯なら問題ないと言われています。私はだめと言われると飲みたくなってしまい、小さいカフェオレを1日一本飲んで過ごしていました。

基礎知識の関連記事

カテゴリ一覧