【産婦人科医監修】妊娠中の血圧の正常値。低血圧~高血圧の基準と対処方法

【産婦人科医監修】妊娠中の血圧の正常値。低血圧~高血圧の基準と対処方法

血圧を正常値に保つため日常で気をつけること

妊娠すると血圧が上がると思っていたけれど、血圧が下がると心配になる妊婦さんもいるかもしれません。妊娠中の血圧の正常値と血圧が低いとき、高いときのリスクについてご紹介します。また、血圧を正常に保つための対処法と処方される薬についても解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中の血圧の正常値

妊娠すると血圧が上昇すると思われがちですが、妊娠時期によって血圧は変化します。

妊娠時期別の血圧の数値を詳しく見ていきましょう。

妊娠初期は、つわりの症状で吐き気や嘔吐から水分不足になりやすく、妊娠初期は血圧が低下します。

妊娠中は、最低血圧が85mmHg未満、最高血圧が130mmHgが平均的です。

この数値は年齢に関係なく、妊娠初期の妊婦さんの平均的な血圧になります。

最低血圧が50~80mmHg未満、最高血圧90~120mmHg未満を「至適血圧」といい、赤ちゃんやママが病気にかかりにくく理想的な状態です。

妊娠中期は、女性ホルモンによって血管が拡張するため、妊娠20週くらいのときに血圧が最低値になります。

妊娠後期になると、出産に向けて血圧が上がります。

最低血圧90mmHg、最高血圧140mmHg未満は「正常高値」といい、妊娠高血圧症候群になる可能性があるので、注意が必要です。

妊娠中に血圧が高いときのリスク

妊娠中に血圧が高くなるとどのような影響があるでしょうか。

妊娠高血圧症候群

妊娠後期に血圧が上がると妊娠高血圧症候群になる恐れがあります。

妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降から分娩後12週までに最高血圧が140mmHg、最低血圧90mmHg以上または両方の場合、妊娠高血圧症候群と診断されます。

妊娠高血圧症候群になると、腎臓機能や肝臓機能が低下して脳への血液が滞ってしまい、緊急帝王切開で出産するケースもあります。

低体重児

妊娠高血圧症候群になると、胎盤の血流が悪くなり、赤ちゃんまで十分な栄養が行き届かず体重が少ない低体重児が生まれるかもしれません。

頭痛・めまい

妊婦さんの頭痛
iStock.com/baona
高血圧の軽い症状は、頭痛やめまいが起こります。

放っておくと、脳出血やけいれんなど症状が悪化する恐れがあります。

妊娠中に血圧が低いときのリスク

一般的に収縮期血圧が100mmHg以下は低血圧と定義されます。

妊娠中に低血圧だとどのようなリスクがあるでしょうか。

貧血

低血圧になると貧血状態が続き、めまいやふらつきが起こりやすくなります。めまいやふらつきから転んだり、お腹をぶつけてしまう危険性があります。

つわりの症状がひどく出る

血圧が低いとつわりがひどくなる可能性があります。

医学的な原因は解明されていませんが、静脈を圧迫したり、血液循環が悪くなることが原因ではないかと考えられています。

むくみ

低血圧の場合、血液の流れが悪くなり身体がむくみやすくなります。

妊娠中は大量の水分が必要になるため、普段よりもむくみやすいですが、低血圧になるとさらにむくみを感じるかもしれません。

血圧が異常なときに処方される薬

妊娠高血圧の場合は、降圧剤を使用する場合があります。内服薬と点滴があり、妊婦さんにも使われています。

降圧剤を使うと血圧は下がりますが、血圧が下がって子宮に流れる動脈血の量が減るため、お腹のなかの赤ちゃんに酸素が十分行き渡らなくなったり、栄養が足りなくなる可能性があります。

血圧を正常値に保つため日常生活で気をつけること

妊娠時に血圧を正常値に保つためにはどのようなことに気をつけたらよいでしょうか。

食事内容を見直す

バランスのとれた食事
iStock.com/kuppa_rock

塩分や脂分の多い食事は、血圧が上がる原因になります。

揚げ物やラーメン、スイーツなどを控え、味付けも素材の味が楽しめる和食中心の食事がおすすめです。

水分補給をこまめにする

妊娠するとつわりで水分を十分に摂れずに血圧が下がり、貧血気味になります。

特にお腹が大きくなる妊娠後期は多くの水分が必要になります。

一気にたくさんの水分をとるのではなく、少しずつでもこまめな水分補給を心がけることが大切です。

適度な運動を取り入れる

低血圧の場合、手足の末端の血管収縮力が弱く、血液が末端まで行き渡りづらくなります。

ウォーキングや階段の昇り降りなどで身体全体の血液の循環を促します。

お腹が大きくなってきて、足元が見えづらいときには階段を踏み外さないように、上までのぼらず玄関などの段差でやってみるとよいでしょう。

十分な睡眠をとる

寝不足になると、ストレスが溜まります。ストレスが血圧を上昇させる原因になる場合もあります。

早寝を早起きを意識して、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

血圧を正常に保つには日頃の生活習慣が大事

妊婦さんの血圧
iStock.com/werayuth

妊娠するとつわりの影響から水分不足になり、血圧が下がります。妊娠中期に血圧が最低値になり、妊娠後期は出産に向けて血圧が上がります。

妊娠すると血圧が上がると思っている人もいるかもしれませんが、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期で時期によって血圧は変わってきます。妊娠中は最低血圧が85mmHg未満、最高血圧が130mmHgが平均的です。

血圧が下がると、貧血やむくみの症状が出てきて、つわりがひどくなる場合があります。

反対に、血圧が高いと頭痛やめまいが起きたり、妊娠高血圧症候群になり、低体重児が産まれるなどのリスクを伴います。

血圧を正常値に保つためには、塩分や脂分を控えたバランスのよい食事とこまめな水分補給が大切です。

妊娠時期やママの体調にもよりますが、ウォーキングやストレッチなど適度な運動や十分な睡眠をとることも重要です。

無理せずできることを取り入れて妊娠中の血圧を正常値に保ちましょう。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年10月10日

専門家のコメント
24
    かよう先生 保育士
    妊娠中に血圧が上がると特に心配になりますが、食生活や運動などできることを取り入れて行きたい
    ちぃ先生 保育士
    私は妊娠中、毎日血圧を測り、塩分控えめなバランスが取れた食事を心がけていました。血圧は気に
    いちぽ先生 保育士
    妊娠中は血圧が高くなると心配になりますよね。
    わたしはもともと低い方ですが、体調によって多
    のの先生 保育士
    私は低い方だったのでとくに気にせず過ごしていました。血圧よりも貧血の方をよく言われていて鉄
    せおみ先生 保育士
    私も妊娠中は高めになりました。貧血にもなりました。妊娠中はいつもの体調と違ってくるので、生
    ゆきんこ先生 保育士
    妊娠中、特に後期は普段より高めになりました。妊娠高血圧になると出産の際にリスクが高まるので
    ぺち先生 保育士
    毎回検診で測るのでドキドキですよね!特に注意された事はありませんが、食事には特に気を使って
    あー先生 保育士
    妊娠中の血圧は産院でも大事だと言われ検診のたび測定しています!
    人それぞれ血圧の平均がある
    めい先生 保育士
    もともと血圧は低めなのですが、妊娠するとすこーしだけ数値は上がっていました。
    貧血も出てい
    すー先生 保育士
    切迫早産で入院中は毎日看護師さんが血圧を測ってくれ正常値でした。私は血圧より貧血で悩まされ
    いちご先生 保育士
    普段なら大丈夫でも妊娠中は血圧が140超えたら大問題。なるべくバランスのとれた食事や運動を
    くじら先生 保育士
    元々の血圧が高めだったり低めだったり人によって違うと思うのでなんとも言えないですが、塩分の
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。お悩みはオンラインで随時受付中!

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧