【産婦人科医監修】妊娠23週目(妊娠6カ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子

【産婦人科医監修】妊娠23週目(妊娠6カ月)を迎えた妊婦さんと赤ちゃんの様子

お腹の大きさや胎動は?

妊娠6ヶ月である妊娠23週目は、妊娠の状態にだいぶ慣れて気持ち的にも落ち着いてくる人も多いでしょう。しかし、お腹の大きさによるお腹の張りを感じることも増えます。妊婦さんの体調や、赤ちゃんの様子を医学博士で産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもと解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠週数23週目とはどんな時期?

妊娠23週は週数でいうと、妊娠6ヶ月の4週目です。
妊娠6ヶ月の最後の週になります。

妊娠23週目の妊婦さんの特徴

妊娠6ヶ月である妊娠23週目の妊婦さんについて詳しく見ていきましょう。

体調

つらいつわりが終わり、身体の変化や妊婦の状態に慣れて心身共に安定する人が多いでしょう。

お腹がだいぶ大きくなり、横隔膜が押し上げられるようになるため、お腹の張りを感じたり、食欲不振や、少し動くと動悸息切れを感じることがあります。お腹が大きくなると、皮膚が引っ張られて薄くなり、乾燥するため体にかゆみが出る人もいます。

この時期、子宮が骨盤にのっている状態なので便秘になりやすいです。

お腹の大きさ

子宮は、大人の頭より一回り大きくなり、子宮の先はママのおへその少し上の方に達しています。

妊娠23週目の妊婦さんの身体

妊娠23週になると、ほとんどの人が胎動を感じ、なかには、赤ちゃんの位置が分かる人もいるようです。お腹の中で活発に動き回るため、健診で逆子と言われることがあるかもしれません。この時期の逆子は、臨月には元に戻ることがほとんどなのであまり心配しなくてもよいでしょう。

お腹が前方にせり出し、身体の重心がずれるため、背中が反った姿勢になりやすいです。妊娠23週は、腰痛や背中に痛みを感じる妊婦さんも増えるようです。また、お腹を支えるために足に負担がかかり、ふくらはぎがつりやすくなります。

妊娠23週から母乳の元となる透明や黄色のドロッとした液体が乳頭からでることがあります。この時期は、お腹だけでなく乳腺が発達してバストがますます大きくなります。


妊娠23週目の赤ちゃん

大きさや胎内での様子

エコー写真とベビーグッズ
iStock.com/photosbyhope
赤ちゃんは羊水の中をぐるぐる回っている状態です。そのため、健診の超音波(エコー)検査のときに逆子といわれる赤ちゃんもいるでしょう。

赤ちゃんの顔つきがはっきりしてくるので、超音波(エコー)検査でみると、表情が見えることがあるかもしれません。この時期になると、赤ちゃんはママの声を認識するといわれ、ママの心臓が動く音や腸が動く音、血液が流れる音などのお腹の中の音と外の音の区別がつくようになるようです。

身体の器官が完成し、すい臓の機能が特に発達します。

身体の形

妊娠23週の赤ちゃんの身長は、24㎝程度です。

超音波(エコー)検査では、赤ちゃんの全身がうつらないくらいの大きさに成長しています。外性器が確認できる人もいるでしょう。

妊娠23週目のうちにやっておきたいこと

かゆみ対策

お腹が大分大きくなり、皮膚が引っ張られて薄くなり、乾燥した体にかゆみが出ることがあります。ボディクリームやボディローションなどを塗って乾燥対策をして、どうしても我慢できないかゆみのときは、妊娠性皮膚搔痒(そうよう)の可能性も考えられます。

産婦人科や皮膚科などを受診して相談しましょう。

積極的に赤ちゃんとコミュニケーションをとる

公園のベンチに座る妊婦
iStock.com/monzenmachi

胎動を感じることも増え、ママの声が赤ちゃんに聞こえるようになるといわれている妊娠23週目には、赤ちゃんに向かって話しかけたり、お腹をなでたりしながら積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

母親学級に参加

母親学級では、出産の流れや産後の赤ちゃんのお世話について教えてくれるので、これから出産し、ママになるのに役に立つでしょう。事前に申し込みが必要なことが多いため、それぞれお住まいの地域や産院に確認してみましょう。

赤ちゃんグッズや入院セットの準備を

妊娠23週になったら早めに入院セットを準備しておきましょう。ママの入院用のパジャマや授乳用ブラジャー、T字帯などを準備しておくとよいでしょう。パジャマや授乳用ブラジャーは全開タイプのものがおすすめです。

退院後のママと赤ちゃんの洋服、お世話グッズも忘れずに用意しましょう。もし、準備するものがわからないときは病院に確認するとよいですよ。

経腟エコーに備えた服装

妊娠6ヶ月の健診では経腹エコーだけでなく、子宮頸部など細かいところまで観察できる経腟エコーを使用することがあります。妊娠23週の経腟エコー検査では、胎盤の位置や頸管長を確認します。

経腟エコーでは、内診台にあがるため検査がスムーズに行えるように健診時には上下に分かれている服や、ワンピースにレギンスを履くなど検査しやすい服装を心がけましょう。

妊娠23週目の妊婦さんが注意すること

貧血予防

この時期はママの血液が赤ちゃんに勢いよくいくため、妊婦さんは貧血になりがちです。貧血になると、息切れや倦怠感、疲労、意識が薄れるなどの症状が現われます。貧血の対策として、お肉の赤身やレバー、ほうれん草など鉄分を多く含んでいる食材を意識して取り入れるとよいでしょう。

体重増加

体調が安定して食欲が出てくると、体重が一気に増加します。赤ちゃんや羊水、胎盤の重さなどを考えて、妊娠前から6kgの増加が一般的といわれています。急激な体重増加は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群を引き起こしたり、難産になるリスクがあるので注意が必要です。

質と量を考慮したバランスの良い食事を心がけ、体重をコントロールすることが大切です。

乳頭を清潔に保つ

母乳の準備で乳頭から透明や黄色のドロッとした液体が出てくることがあります。そのままにしておくと乾燥して乳首が傷つくことがあります。乳頭から液体が出てきたら、シャワーで液体を洗い流したり、コットンやタオルでふき取り、乳首を清潔に保つことが大事です。

お腹のなかの赤ちゃんと積極的にコミュニケーションをとろう

妊婦と男の子
iStock.com/kohei_hara

妊娠6ヶ月である妊娠23週は、胎動を頻繁に感じやすくなる時期です。胎動を感じられると、ママになる実感が強まるかもしれませんね。

赤ちゃんがお腹のなかを活発に動き回るので健診で逆子といわれることもあるかもしれません。しかしこの時期の逆子は臨月には正常になることがほとんどなので、医師に相談しながら安心して過ごしましょう。

妊娠23週目は、妊娠中の身体にも慣れてきて気持ち的には安定する時期ですが、お腹がどんどん大きくなることで身体を支えるために腰や足に負担がかかりお腹の張りや痛みを感じたり、足がつる、身体かかゆくなるなどの身体的なマイナートラブルもでてきます。安定期といわれている時期ですが、身体の不調を少しでも感じたら無理せず休んだり、ケアをすることが大切です。

お腹のなかの赤ちゃんはママの声が聞こえるようになるので、赤ちゃんに向かって話しかけたり、お腹をなでたり、たくさんコミュニケーションをとって、入院準備などを進めましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年06月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

基礎知識の関連記事

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧