女の子を妊娠したらいつわかる?つわりやお腹の出方について

女の子を妊娠したらいつわかる?つわりやお腹の出方について

女の子を妊娠したママが感じたこと

お腹の赤ちゃんの性別によって、つわりの重さやお腹の出方など体調に違いはあるのか気になるママもいるかもしれません。今回は、妊娠中に女の子だといつわかるのか、女の子のママたちが妊娠中に感じていたこと、体調の変化などの体験談をご紹介します。

妊娠中女の子だといつわかるのか?

妊娠するとお腹の中の赤ちゃんが、女の子か男の子か気になるママやパパは多いでしょう。

赤ちゃんの名前を考えたり洋服を準備するときなどは特に早く性別が知りたいと思うかもしれません。実際に女の子だといつわかるのか、妊娠中の性別について気になっていたかについて女の子のママたちに聞いてみました。

妊娠5カ月頃

30代ママ
名前を考えるうえで性別が気になりました。早いうちから男の子と女の子の2パターンの名前を決め、両方でお腹に呼びかけていました。妊娠5カ月頃に女の子と分かったので、女の子の名前に絞って呼びかけるようになりそのままの名前で命名しました。

妊娠6カ月頃

30代ママ
妊娠6カ月頃に病院のエコー検査で女の子だとわかりました。わかるまでは性別はどちらでもよいのでとにかく無事に生まれてきてほしいという思いが一番でしたが、やはり気になり、インターネットで赤ちゃんの性別に関する記事を見ていました。母が女の子を2人生んでいるので自分ももしかしたら女の子かもしれないとも漠然と思っていました。

妊娠7カ月頃

30代ママ
性別はわかるタイミングでわかればいいと考えていました。臍の緒をまたいでいてずっとわからず、妊娠7カ月頃にはっきり女の子だとわかりました。

安定期に入った頃から女の子だとわかったママは多いようです。

お腹の中での赤ちゃんの体勢などによって判断しづらい場合もあるかもしれませんね。

女の子を妊娠していたママの体験談

妊娠するとお腹が大きくなったり、つわりなど体の変化がいろいろあるでしょう。

実際に妊娠中にどのような体の変化があったのかを女の子のママたちに聞いてみました。

つわり

つわりがひどい妊婦さん
iStock.com/KittisakJirasittichai
30代ママ
妊娠初期つわりが重く会社を何日か休みました。ご飯の炊けるにおい、地下鉄やタバコ、柔軟剤や香水の香りなどがダメになり、スーパーの精肉コーナーも通るだけで吐き気がするので、外出するときは夏でもマスクをつけていました。
30代ママ
長女の時は初期、次女の時はほぼずっと吐きづわりがありました。吐きながらも仕事には行っていました。
30代ママ
吐き、食べ、唾液つわりが妊娠8週頃から16週に入るまで続きました。においづわりは産むまで続きました。8週~16週は在宅勤務メインで仕事をさせてもらい、どうしても出勤しなければいけないときはエチケット袋と酔い止めバンドは必須でした。
20代ママ
妊娠初期は吐き気やめまいでとにかく気持ちが悪く家から出られませんでした。

つわりにも、吐きつわり、食べつわり、においつわり、眠りつわり、唾液つわりなどさまざまな種類があるようですね。

お腹の出方

女の子を妊娠中のママのお腹の出方について聞いてみました。

30代ママ
お腹の出方は横に広がっていたので、前にはあまり出ませんでした。
30代ママ
お腹の出方は全体的に丸い感じであまり前に突き出るほうではなかったかと思います。
30代ママ
お腹は前に出るタイプで、周囲の人からは「男の子だね」と言われていました。
20代ママ
お腹はどちらかというと前にでていたような気がします。

お腹の出方は前に出たり出なかったり人それぞれのようです。

その他の体の変化

ジャンクフード
iStock.com/Mukhina1

その他に体の変化があったのかについて女の子のママたちに聞いてみました。

30代ママ
食べ物の好みが変わり、ご飯が好きだったのに食べられなくなりました。フライドポテトやハンバーガー、トンカツなど無性にジャンクフードが食べたくなることも多かったです。昼間に何度も眠くなったり夜中に目が覚めたり睡眠リズムも変わりました。
30代ママ
味に敏感になり人工甘味料が入っている食べものや飲み物は気持ち悪く感じて避けていました。匂いにも敏感になり、ショッピングセンターで女性とすれ違ったり美容室でパーマをかけてもらうときはつらかったです。あとは、ずっと強い眠気がありました。
30代ママ
つわり中は肌荒れがひどかったです。つわりが落ち着くと野菜や果物を食べたくて、身体が必要としている栄養素を食べたくなると実感していました。産むまで玉ねぎやニンニクなどの香味野菜と揚げ物が食べられず、食べれるものが限られていた分時期外れの高価な果物も躊躇なく食べていました。
20代ママ
つわり中は肌荒れがひどくなりました。イライラすることはなかったのですが、夜な夜な泣いていて情緒不安定だったと思います。
30代ママ
風邪をひきやすく治りにくかったです。今まで経験したことがないほどつらい便秘から痔になりました。歯茎が腫れやすかったり、毎朝起きるとき手足が痺れていたり、妊娠高血圧症になったり身体の不調が本当につらかったです。

妊娠することで食べ物の好みが変わったり、肌荒れがひどくなったり、さまざまな体の変化を感じたママは多いようです。

妊娠中はかけがえのない貴重なとき

妊婦さん
iStock.com/Tinpixels

今回は、妊娠中に女の子だといつわかるのかや妊娠中に起こった体の変化について女の子のママたちの体験談をご紹介しました。

つわりやお腹の出方など妊娠中の体の変化は人それぞれのようです。さまざまな種類のつわりや妊娠中の身体の変化が大変という妊婦さんもいるかもしれませんが、妊娠中の赤ちゃんとの思い出はかけがえのないものでしょう。

我が子を愛おしく思う気持ちは、子どもが生まれて成長してからも忘れないようにしたいですね。

2019年06月01日


2

    ys
    女の子とわかる時期や体調の変化は人それぞれだけど、こういう変化があると知っておくと備えられると思いました。

    loco
    吐きづわりと匂いづわりがきつかったです。仕事中に何度もトイレに行ったり、タバコやシャンプーなどちょっとした匂いにも敏感になって大変でした…。

基礎知識の関連記事

カテゴリ一覧