女の子を妊娠したらいつわかる?つわりやお腹の出方について

女の子を妊娠したらいつわかる?つわりやお腹の出方について

女の子を妊娠したママが感じたこと

お腹の赤ちゃんの性別によって、つわりの重さやお腹の出方など体調に違いはあるのか気になるママもいるかもしれません。今回は、妊娠中に女の子だといつわかるのか、女の子のママたちが妊娠中に感じていたこと、体調の変化や特徴などの体験談をご紹介します。

妊娠中女の子だといつわかるのか?

妊娠するとお腹の中の赤ちゃんが、女の子か男の子か気になるママやパパは多いでしょう。

赤ちゃんの名前を考えたり洋服を準備するときなどは特に早く性別が知りたいと思うかもしれません。実際に女の子だといつわかるのか、妊娠中の性別について気になっていたかについて女の子のママたちに聞いてみました。

妊娠5カ月頃

30代ママ
名前を考えるうえで性別が気になりました。早いうちから男の子と女の子の2パターンの名前を決め、両方でお腹に呼びかけていました。妊娠5カ月頃に女の子と分かったので、女の子の名前に絞って呼びかけるようになりそのままの名前で命名しました。

妊娠6カ月頃

30代ママ
妊娠6カ月頃に病院のエコー検査で女の子だとわかりました。わかるまでは性別はどちらでもよいのでとにかく無事に生まれてきてほしいという思いが一番でしたが、やはり気になり、インターネットで赤ちゃんの性別に関する記事を見ていました。母が女の子を2人生んでいるので自分ももしかしたら女の子かもしれないとも漠然と思っていました。

妊娠7カ月頃

30代ママ
性別はわかるタイミングでわかればいいと考えていました。臍の緒をまたいでいてずっとわからず、妊娠7カ月頃にはっきり女の子だとわかりました。

安定期に入った頃から女の子だとわかったママは多いようです。

お腹の中での赤ちゃんの体勢などによって判断しにくい場合もあるかもしれませんね。

女の子を妊娠していたママのお腹の出方や胎動

女の子を妊娠中のママのお腹の出方や胎動について聞いてみました。

お腹の出方

30代ママ
お腹の出方は横に広がっていたので、前にはあまり出ませんでした。
30代ママ
お腹の出方は全体的に丸い感じであまり前に突き出るほうではなかったかと思います。
30代ママ
お腹は前に出るタイプで、周囲の人からは「男の子だね」と言われていました。
20代ママ
お腹はどちらかというと前にでていたような気がします。
お腹の出方は前に出たり、出なかったり人それぞれのようです。

胎動

30代ママ
妊娠5~6カ月くらいに、ポコポコとガスが溜まっているような胎動らしきものを感じました。妊娠後期頃には頻繁にお腹を蹴られました。
30代ママ
胎動を感じ始めたときは腸の動きのようなピクピクと小さな動きでしたが、お腹が大きくなるにつれて、足でキックされたり、手でパンチされたりするようになりました。
初期の胎動はほとんど気づかないくらいの小さな動きを感じたママがいました。胎動の感じ方には個人差があるようですが、赤ちゃんが成長するにつれて動きを感じやすくなったという声もありました。

女の子を妊娠していたママの体験談

妊娠するとお腹が大きくなる他にも、いろいろな体の変化があるでしょう。実際にどのような体の変化があったのか、妊娠中の特徴について女の子のママたちに聞いてみました。

つわり

つわりがひどい妊婦さん
iStock.com/KittisakJirasittichai
30代ママ
妊娠初期つわりが重く会社を何日か休みました。ご飯の炊けるにおい、地下鉄やタバコ、柔軟剤や香水の香りなどがダメになり、スーパーの精肉コーナーも通るだけで吐き気がするので、外出するときは夏でもマスクをつけていました。
30代ママ
長女の時は初期、次女の時はほぼずっと吐きづわりがありました。吐きながらも仕事には行っていました。
30代ママ
吐き、食べ、唾液つわりが妊娠8週頃から16週に入るまで続きました。においづわりは産むまで続きました。8週~16週は在宅勤務メインで仕事をさせてもらい、どうしても出勤しなければいけないときはエチケット袋と酔い止めバンドは必須でした。
30代ママ
食べづわりで、フライドポテトやハンバーガー、トンカツなど無性にジャンクフードが食べたくなることが多かったです。昼間に何度も眠くなったり夜中に目が覚めたり、睡眠リズムも変わりました。

つわりにも、吐きつわり、食べつわり、においつわり、眠りつわり、唾液つわりなどさまざまな種類があるようです。食べつわり対策として、いつでもすぐ何か口にできるようキャンディや梅干しを持ち歩いたというママの声もありました。つわりがつらいときは、無理せず体調を優先して生活できるとよいですね。

肌荒れ

ジャンクフード
iStock.com/Mukhina1
30代ママ
つわり中は肌荒れがひどかったです。つわりが落ち着くと野菜や果物を食べたくて、身体が必要としている栄養素を食べたくなると実感していました。産むまで玉ねぎやニンニクなどの香味野菜と揚げ物が食べられず、食べれるものが限られていた分時期外れの高価な果物も躊躇なく食べていました。
20代ママ
つわり中は肌荒れがひどくなりました。イライラすることはなかったのですが、夜な夜な泣いていて情緒不安定だったと思います。

妊娠してから肌荒れがひどくなったママは多いようです。ママのなかには、普段使っている化粧品を低刺激タイプの変えたり、サプリを活用したという声もありました。妊娠中は肌が敏感になることもあるようなので、今まで使っていたものを見直してみるとよいかもしれません。

風邪、便秘、手足の痺れ

30代ママ
風邪をひきやすく治りにくかったです。今まで経験したことがないほどつらい便秘や痔になりました。歯茎が腫れやすかったり、毎朝起きるとき手足が痺れていたり、妊娠高血圧症になったり身体の不調が本当につらかったです。
妊娠中に、体にさまざまなトラブルが起こる場合もあるかもしれません。医師の診察を受ける場合は、妊娠している旨を伝えるとよいでしょう。

妊娠中はかけがえのない貴重なとき

妊婦さん
iStock.com/Tinpixels

お腹の出方や胎動、つわりなど妊娠中の体の特徴や変化は人それぞれのようです。

さまざまな体調の変化に大変だと感じる妊婦さんもいるかもしれませんが、妊娠中の赤ちゃんとの思い出はかけがえのないものでしょう。

我が子を愛おしく思う気持ちは、子どもが生まれて成長してからも忘れないようにしたいですね。

2020年03月09日

基礎知識の関連記事

  • 妊娠中はつわりや味覚の変化が多く、気を付けないといけないことも増えます。そのためどのような飲み物を飲んだらよいのか分からなくなることも。妊娠中におすすめしたいのは、身体を温めるホットの飲み物です。先輩ママたちはホットのどのような飲み物を飲んで、妊娠時期を過ごしていたのでしょうか。体験談をご紹介します

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧