妊娠中の性別はいつわかる?男の子を妊娠しているときにママが感じたこと

妊娠中の性別はいつわかる?男の子を妊娠しているときにママが感じたこと

女の子との違いはあった?

男の子を妊娠したときと女の子を妊娠したときに違いはあるのか気になるママもいるかもしれません。妊娠中、エコーを見て男の子というのはいつわかるのでしょうか。女の子を妊娠したときとの違いについて感じたことや男の子を妊娠したときの出来事についてママたちに聞いてみました。

妊娠中に赤ちゃんの性別を知りたいとき

妊娠し、赤ちゃんの性別を知りたいと思っているママは少なくないかもしれません。妊娠したママたちはなぜ赤ちゃんの性別を知りたいと考えていたのでしょうか。

30代ママ
妊娠後、かなり早い段階から夫と名前を考えており、性別がわかったら候補を絞れるので早く知りたいという気持ちがありました
30代ママ
出産準備で洋服などを買うために、性別はわかったほうがいいと思いました。家族にもわかったら教えてねと言われていました

家族みんなが赤ちゃんの性別を楽しみにしていたというママがいました。赤ちゃんの名前を考えるために性別を知りたいということもあるようです。

エコーを見て男の子といつわかるのか

エコー写真
iStock.com/jeffhochstrasser

赤ちゃんの性別はいつわかるのでしょうか。男の子の出産経験のあるママたちに、性別が男の子だとわかったタイミングを聞いてみました。

5カ月ごろ

30代ママ
1人目は時間がかかったのですが、2人目はすぐにわかりました。エコーに映っている赤ちゃんの姿がたまたまわかりやすかったのだと思います

男の子を妊娠したことのあるママのなかには、5カ月で性別がわかったというママがいました。

5カ月は、赤ちゃんの位置によってエコー検査で性別がわかる人も出てくる時期でしょう。

6カ月ごろ

30代ママ
5カ月ごろまでははっきりわからなかったのですが、1人目も2人目も6カ月のときに男の子だとわかりました

エコー検査を続けるなかで、6カ月ごろに男の子だとわかったというママもいました。

それまでわからなかったことが、エコーに映る赤ちゃんの姿によって男の子だとわかることもあるようです。

7カ月ごろ

30代ママ
足を閉じていて性別がわからない時期が続きましたが、7カ月ごろにエコーを見て男の子だとわかりました
30代ママ
女の子かもしれませんと言われていたのですが、7カ月ごろになってから男の子だと知りました。衣類などの準備も進めていたのですが、捨てるのがもったいないので記念にとっておいています

7カ月ごろに男の子だとわかったというママは複数人いました。

妊娠中に男の子だと性別がわかるのは、エコーに外性器が映って判別される場合が多いようです。

エコーを見て女の子だと思っていましたが、妊娠が進んでいくと男の子だったというママもいました。

エコー検査のときの赤ちゃんの向きや位置などによって男の子なのか女の子なのか性別の判断ができないこともあるようです。

男の子を妊娠中にママが感じていたことや女の子妊娠時との違い

部屋にいる妊婦
iStock.com/kokoroyuki

赤ちゃんが男の子だとわかったママは、妊娠中にどのようなことを感じていたのでしょうか。

また、男の子と女の子両方を出産したママに男の子と女の子で妊娠時に違いを感じていたかについて聞いてみました。

30代ママ
妊娠中の体調に差はありませんでした
30代ママ
長男と次男のときはつわりはひどくなかったのですが、3人目の女の子は吐き気と眠気が強かったように感じました
30代ママ
思い込みかもしれませんが、男の子のときと女の子のときとではお腹の出方が違うように感じました。男の子のときには前に張り出していたのですが、女の子のときは横に大きかったように思います

男の子と女の子で体調の違いはなかったママと、変化を感じたママがいました。

なかには、男の子と女の子ではお腹の出方が違うようだったというママもいて、体調やママの身体はそれぞれ違い、感じていることにも個人差があるようです。

男の子を妊娠していたママの体験談

男の子を妊娠していたときのママたちのエピソードを聞いてみました。

40代ママ
電車の展示会に行ったときに、普段はあまり動かない赤ちゃんが勢いよく動いたので、電車が好きな男の子なのかなと思いました
30代ママ
2人目を妊娠しているとき、長男がお腹を触りながら話しかけると、赤ちゃんが反応しているようでした。お兄ちゃんと仲良くお話しているのかなと思いました

お腹の中の赤ちゃんが、電車に反応しているように感じたというママや兄弟で話している姿が目に浮かんだというママがいました。

出産してみて、もしかしたら妊娠中に感じたことがお腹のなかの子が男の子だったからかもしれないと振り返るママの声がありました。

男の子を妊娠して感じることは人それぞれ

寝ている新生児
iStock.com/monzenmachi

お腹の中の赤ちゃんが男の子なのか女の子なのか気になっている妊娠中のママもいるでしょう。

エコー検査で性別がわかる時期は5カ月、6カ月、7カ月など人によって違いがあるようです。

妊娠中の体調は個人差があるため、男の子を妊娠しているからこのような体調や身体の変化があるということは言いきれません。

しかし出産してから振り返ると、男の子を妊娠したママだからこそ感じることもあるのではないでしょうか。

妊娠中の思い出を生まれた子どもに話しているのもよいですね。

2019年05月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

基礎知識の関連記事

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(医療法人浅田レディースクリニック理事長)

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ