【産婦人科医監修】妊娠すると眠気が激しくなる?妊娠時期別の原因

【産婦人科医監修】妊娠すると眠気が激しくなる?妊娠時期別の原因

仕事中の眠気対策について

妊娠してから我慢できない眠気を感じるようになったという人は少なくないようです。妊娠中の眠気はいつからいつまで続くのでしょうか。妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の時期別の眠気について原因を解説します。また仕事中の眠気対策についてもご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠すると眠気を感じやすくなる?

妊娠してから強い眠気を感じるようになったという人がいるでしょう。

妊娠中の眠気は、睡眠を十分にとっても眠くて仕方ないのが特徴です。

頭痛や吐き気を伴ったり、生理前のような身体のだるさと共に激しい眠気を感じるなど、眠気の感じ方には個人差があります。

妊娠中に眠気を感じる原因

妊娠中に眠気を感じる原因について詳しく見ていきましょう。

つわり

妊娠初期の症状で「眠りつわり」を感じる人がいます。

「眠りつわり」はつわりの一種で、寝ても寝ても強い眠気が襲ってきます。我慢して無理をすると気分が悪くなったり、横にならずにはいられなくなったりします。

ホルモンバランスの変化

妊娠初期は、黄体ホルモン「プロゲステロン」が増えます。

「プロゲステロン」は、乳腺を発達させたり、身体を休ませようとする働きがあります。

妊娠を維持することができる妊婦さんにとって大切なホルモンですが、眠気や頭痛、むくみなどを引き起こす場合があります。

食欲が戻る

大盛りのご飯
mokokomo/Shutterstock.com

妊娠中期になるとつわりの症状がおさまり、食欲が戻る人も増えます。

食欲が戻ると今までつわりで食べられなかった分、食べすぎてしまう人は少なくないようです。

食べすぎてお腹がいっぱいになると消化をすることに胃腸が集中しています。脳の血液量が減少するので眠気を強く感じるようになります。

睡眠不足

妊娠後期になると、お腹が大きくなります。

横になると内臓が圧迫されて息苦しくなります。お腹が大きくなると膀胱が圧迫されてトイレに行く回数も増えます。

夜中に熟睡できないことが増えて、睡眠不足から眠気を引き起こしていることがあります。

貧血

妊娠中期になり、お腹が大きくなると胎児に送る血液量が増えます。貧血になりやすく、だるさや疲労を感じやすくなり、眠気を強く感じる場合があります。

赤ちゃんの成長

妊娠中期になり、赤ちゃんが成長すると胎動を感じる人も多くなります。

夜中に胎動を感じて起きてしまい、十分にな睡眠がとれない人もいるでしょう。
睡眠不足から日中に激しい眠気を感じる人もいます。

また、妊娠中期は妊娠初期と比べてお腹がぐっと大きくなり、身体が疲れやすくなるため眠気が増す人もいるようです。

眠気を感じたときの対策法

眠気を感じるときはどのような対策をしたらよいでしょうか。

昼寝をする

妊娠初期はつわりの症状が出やすく、身体の変化を感じやすい時期です。身体が疲れやすいので、眠気が強く出ることがあります。

昼寝の時間をとれるのであれば、家事を少し休憩して無理せず寝るとよいでしょう。

歯磨き

歯磨き
5 second Studio/Shutterstock.com

口の中がすっきりすると意識がはっきりして目が覚めやすくなります。

妊娠中期はつわりの影響で、歯ブラシを口の中にいれると気分が悪くなってしまう人もいるので気をつけましょう。

身体を動かす

ストレッチや軽い体操など身体を動かすと、身体の血行がよくなり脳が冴えます。

家事をしたり、近くを少し散歩するだけでもリフレッシュされて目が覚めます。

顔を洗う

顔や首回りがあたたかいと眠気を感じやすくなります。

冷たい水で顔を洗うと脳が刺激されて目が覚めるでしょう。

仕事中の眠気対策

仕事中に激しい眠気が来たときはどのように対応したらよいのでしょうか。対策をご紹介します。

ガムやタブレット

ガム
iStock.com/NaokiKim

ガムを噛むと脳に血液を送り、脳の働きを活発にするため、一時的に目を覚ますことができます。

歯医者さんで売られている100%キシリトール配合のガムやレモン、梅などの酸っぱい味は目が覚めやすいのでおすすめです。

ガムの人工甘味料が気になる人もいるかもしれませんが、キシリトールは天然甘味料なので、お腹のなかの赤ちゃんに影響はありません。

しかしキシリトールを摂りすぎると子宮収縮や下痢を引き起こす可能性があるので、少量にしましょう。

目薬をさす

目薬をさすことは席に座ったまま手軽にできます。

清涼感のある目薬はスーッとして一気に目が覚めますが、目を覚ますためのものではないので、長期の効果は期待できません。

ツボを押す

耳や手にはさまざまなツボが集まっています。

耳のふちの上側をつまんで外側に引っ張り、だんだん下に降ろしていくと眠気解消に効果があります。

ほかにも手にある眠気覚ましに効果のあるツボを押すのもおすすめです。

親指と人差し指の骨が交差しているくぼんだ「合谷(ごうこく)」というツボを少し痛いくらいの強さで押すと頭がすっきりします。

トイレに行く

席に座っているままだと眠気が覚めにくいですが、1度立ち上がると目が冴えることも多いです。

立ち上がって屈伸をしたり、伸びをしたり、肩を回すと目が覚めるかもしれません。

激しい眠気のときには1度トイレに立つと気分転換になるでしょう。

眠気はいつからいつまで続く?

妊娠中の眠気は、早い人だと妊娠超初期から症状が見られます。

妊娠中の眠気がいつまで続くのか気になる人もいるかもしれませんが、一般的に妊娠中期になるとつわりが落ち着く人が多いため、つわりの症状が治まると眠気も治まる人が多いようです。

しかし、なかには出産まで眠気が続く人もいて眠気がいつまで続くのかについては個人差があります。

妊娠中は眠気対策を知り、無理をしないことが大事

眠る妊婦
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠してから強い眠気を感じるようになったという人は少なくないようです。

妊娠初期には、ホルモンバランスの変化やつわりの症状で眠気を感じやすくなり、お腹のなかの赤ちゃんが成長してくる妊娠中期になると、貧血や胎動による睡眠不足などが原因で激しい眠気を感じることがあります。

顔を洗ったり、歯磨きをしたり、家事などで少し身体を動かすと脳が刺激されて目が覚めます。

自分でコントロールできない眠気を感じたときには、無理をせず昼寝をすることがおすすめです。

仕事で昼寝の時間がとれないときには、ミント味のガムを食べたり、目薬をさす、眠気覚ましに効くツボを押すなどの対策方法を考えておくことが大事です。

妊娠中の眠気はいつからいつまで続くのかについては、早いと妊娠超初期から感じる人もいます。一般的につわりの症状が落ち着くと言われている妊娠中期になると眠気が治まってくる人もいますが、妊娠中の眠気は個人差があり、出産前まで続く人もいて一様には言えません。

妊娠中は疲れやすく、眠気を感じやすくなる人も増えますが、無理をせず眠気対策を取り入れて上手に付き合っていくことが大切です。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年04月05日

専門家のコメント
28
    かよう先生 保育士
    妊娠中眠くなるのはよく聞きますが、いくつかの原因があって無性に眠くなるんだと思いました。
    めるちゃん先生 保育士
    私の周りにも妊娠中、眠気がすごいと言っている友達が多かったです。一方で、私は妊娠中は眠りが
    のの先生 保育士
    妊娠中はとにかくとにかく眠たくて仕方なかったです。仕事中は動きを止めると眠気に襲われるので
    すー先生 保育士
    友だちには1日20時間寝ても足りないという子がいましたが、私は逆に眠れなくなりました。つわ
    せおみ先生 保育士
    妊娠中は眠たかったです。直ぐに疲れる。事もあり夜は早い時間に寝落ちしていました。後期は眠り
    ぺち先生 保育士
    眠気がある人もいるみたいですが、私は頻尿になり夜は3回ほど起きてトイレに行っていました、、
    あー先生 保育士
    私は妊娠初期から眠くなってました!できる時は昼寝をしたり、出来ない時は無理ない程度に体を動
    めい先生 保育士
    つわり時期は二日酔いのような症状とひたすら眠い感じでした。寝ていると楽なので、家にいる間は
    いちご先生 保育士
    眠くなる、ねむりつわりというものがあるらしいですね。一人目のときはありましたが二人目ではね
    くじら先生 保育士
    妊娠中はいつも眠たかったです。働いている時間は気が張っているのかそれほど眠たくはならず、帰
    すみっこ先生 保育士
    とにかく眠気がすごかったです。仕事中はあまり気にはなりませんでしたが、休みの日は眠くなった
    りお先生 保育士
    妊娠中、眠気すごいですよねー!!
    よく子どもと一緒に昼寝してましたし、働いていた頃は9時に
    あき先生 保育士
    妊娠期を通してすごく眠かったです。もうそんな時は寝てしまっていました。でないと不調になる時
    みー先生 保育士
    妊娠中は常に眠かった記憶があります。1人目の時は眠くなれば寝て居たのでが、2人目はそうもい
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 卵子の質や数は妊娠に大きく関わる大きな問題。妊活において、自分の卵子はどのような状態なのか気になることもあるでしょう。今回は、卵子の老化やサイン、年齢との関係、妊娠率への影響などについて紹介します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧