【産婦人科医監修】妊娠初期は鼻血がでやすい?鼻血が出る原因と対策

【産婦人科医監修】妊娠初期は鼻血がでやすい?鼻血が出る原因と対策

鼻血を防ぐ予防法について

妊娠すると、身体にさまざまな変化が起こるため鼻血が出やすくなる人もいるようです。妊娠初期と妊娠後期では鼻血の出やすさに違いがあるのでしょうか。妊娠中に鼻血が出たときの正しい対処法、鼻血の予防法について解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠初期は鼻血が出やすい?

妊娠すると、身体にさまざまな変化が起こります。

妊娠超初期や妊娠初期は特に身体の変化を感じやすいため、妊娠初期に鼻血が出やすくなったと感じる人がいるようです。しかし鼻血は妊娠初期、中期、後期どの時期でも出ることがあるため、妊娠中は時期に限らず注意するようにしましょう。

鼻血の原因

ティッシュで鼻を抑える妊婦さん
Rawpixel.com/Shutterstock.com

妊娠中に鼻血が出やすいと感じるには以下のような原因が考えられます。

血液量の増加

お腹のなかの赤ちゃんへ送る血液が増えるため、妊婦さんの体内の血液量が増加します。血液量が増えると、血圧が高くなるため、血管へ圧力がかかりやすくなります。

妊娠後期になると赤ちゃんが大きくなるので血液量も増えて鼻血がより出やすくなる傾向があり、妊娠をしてから鼻血がでやすくなったと感じる人もいるようです。

ホルモンバランスの変化

妊娠中は女性ホルモンが増加します。女性ホルモンの「プロゲステロン」は、血液の流れを促進する働きがあります。

「プロゲステロン」は、卵巣内だけでなく、神経細胞部分でも作られているため、鼻の粘膜の内側などの血流が多くなります。

妊娠して、ホルモンバランスが変化することで鼻血が出やすくなる場合もあります。

自律神経の乱れ

妊娠をすると、ホルモンバランスの変化から自立神経が乱れやすくなるため、鼻の血管が拡張して鼻血が出やすくなることがあります。

鼻血が出たときの対処法

  • イスに座ったり、安静にする
  • 血液がのどに流れないようにうつむきになる
  • ティッシュで鼻の入口を押さえると止まる

鼻血が出たら上を向くと血液がのどに流れ込むため、上は向かないようにしましょう。
鼻にティッシュを詰めると鼻血は止まりやすくなるかもしれませんが、粘膜を傷つけて血が止まりにくくなる場合があります。

病院へ行くべき鼻血の症状

鼻血だけで病院に行ってもよいのかと悩む人もいるでしょう。

  • 鼻血が頻繁に出る
  • 鼻血が20分以上とまらない
  • 出血量が多すぎる
  • 貧血や頭痛を伴う

上記のような鼻血の症状は、高血圧症や動脈硬化症の可能性もあるため早めに受診した方がよいです。

専門家も以下のように言っています。

鼻出血の時は ティッシュを鼻に詰めると抜くときにまた再出血しますので鼻血は下を向いて小鼻を押さえて止血するといいですね。もし20分以上 止血に時間がかかるようでしたら耳鼻科での診察をお勧めします。また鼻出血は、鼻の中の様々な疾患・原因で生じます。 考えられる状態として以下のものがあげられます。 1)鼻腔粘膜の乾燥により、血管が切れやすくなっている 2)鼻炎のため血管が充血拡張し切れやすくなっている 3)鼻腔内に腫瘍などの病気がある 4)内科的疾患がある 5)内服薬の影響 おそらく1や2のことが多いと思いますし鼻の前の粘膜のキーゼルバッハ部位を触ってしまって出血しているかもしれません。きになれば休み明けに耳鼻科で診察を受けられるといいと思います。
出典: AskDoctors

鼻血の予防法

鼻を強くかまない

妊娠中はホルモンの変化によって鼻の粘膜が弱くなり、鼻を強くかんだ拍子に毛細血管が切れて、鼻血出やすくなっている場合があります。

鼻をかむときは、1度に両方の鼻をかまずに片方ずつ力を入れすぎないようにかむことがポイントです。

鉄分を摂る

鉄分
iStock.com/vaaseenaa

特に妊娠初期は、血液の流れが活発になり、ホルモンバランスが乱れやすく身体にさまざまな変化が起こりやすいです。

お腹のなかの赤ちゃんに酸素を送るために血液量が増加しますが、大量の血液を送ろうとすると鼻の粘膜も影響を受けやすいです。ホルモンのバランスや血液の流れを整えるために鉄分を意識して摂るようにしましょう。

アレルゲンをなるべく避ける

ハウスダストなどのアレルゲンに反応して鼻血が出る場合もあります。

こまめに掃除をしたり、定期的に拭き掃除を行うのもよいでしょう。

また、外出時はマスクを着用することをおすすめします。

妊娠中の鼻血は正しい対処法が大事

お腹を見つめる妊婦さん
Syda Productions/Shutterstock.com

妊娠超初期や妊娠初期は身体の変化を感じやすく、血液量の増加やホルモンバランスの変化などから鼻血が出やすくなったという妊婦さんは少なくないようです。

鼻血が出たときには安静にし、血液がのどに流れないようにうつむきになって、ティッシュで鼻の入口を押さえるようにしましょう。上を向いてしまうと血液がのどに流れてしまうので正しい対処法を知っておくことが大切です。

鼻血が20分以上とまらないときや出血量が多い、頭痛を伴う場合、ほかの病気にかかっているかもしれないので、早めに受診するようにしましょう。

妊娠中は妊娠超初期、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期の時期に関係なくどの時期にも鼻血が出やすくなっている場合があるので、普段から鼻をかむときに力をいれないように意識をしたり、鉄分を積極的にとる、こまめな掃除などで対策をとることも重要です。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗の監修記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2019年04月02日

専門家のコメント
20
    かよう先生 保育士
    自律神経の乱れやホルモンバランスの変化も鼻血に繋がると初めて知りました。
    焦らず対応したい
    のの先生 保育士
    妊娠中確かに鼻血が出やすかったです。ちょっとくしゃみをしただけや、鼻をかんだだけなのに出血
    せおみ先生 保育士
    私も妊娠中はよく鼻血が出ていました。朝、鼻を噛むだけで鼻血がでてしまったり。急いでいる時は
    ぺち先生 保育士
    鼻血が出やすい時期がありました!朝起きると出ることが多かったです。妊娠中は体に変化が沢山起
    ゆきんこ先生 保育士
    妊娠中は身体に色々な変化がありますが鼻血が出やすく止まりづらいという話も聞いたことがありま
    あー先生 保育士
    私もつわりなどで自律神経が乱れる体験をしました!理想どおりにいきませんが、リラックスしてホ
    いちご先生 保育士
    鼻血は一人目のときも二人目のときも出たことがなかったです。友達で出ている子がいましたが、同
    くじら先生 保育士
    妊娠初期は鼻血が出やすいこともあるんですね。自分は出たことがなかったのでビックリしました。
    すみっこ先生 保育士
    初めて聞きました!
    長女のとき、次女のとき共に鼻血は出ていません。
    理由がわかっていたら、
    りお先生 保育士
    鼻血って妊娠すると出やすくなるんですね!知らなかったです。
    元々、鼻血が出やすいタイプでは
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 卵子の質や数は妊娠に大きく関わる大きな問題。妊活において、自分の卵子はどのような状態なのか気になることもあるでしょう。今回は、卵子の老化やサイン、年齢との関係、妊娠率への影響などについて紹介します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧