母子手帳はいつ交付される?いつから使うかやもらい方など

母子手帳はいつ交付される?いつから使うかやもらい方など

母子手帳はどこでもらう?活用法など

母子手帳はいつごろ交付されるのか、いつから使うかも含め気になっている妊婦さんもいるかもしれません。どこでもらえばよいか、手続き方法も含め知りたい場合もありますよね。今回は母子手帳のもらい方や使い方について、周りのママの声と厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

妊娠中は欠かせない母子手帳

妊娠中は常に携帯しておきたい母子手帳、いつどこで交付されるのか、使うタイミングなどが知りたい妊婦さんもいるのではないでしょうか。手続きに必要な書類や使い方など、気になることは多いですよね。周りのママはどのように母子手帳をもらったのでしょう。活用法とあわせて聞いてみました。

母子手帳はいつ、どこでもらうのか

母子手帳はいつ、どこでもらえるものなのでしょう。ママたちの声と厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

いつごろ交付されるのか

赤ちゃんの写真を見る妊婦さん
iStock.com/NataliaDeriabina

「赤ちゃんの心拍が確認できた時点で、病院側から次回の健診までに母子手帳をもらう指示されました」(20代ママ)

「個人病院で心拍確認後、分娩したい病院へ移りました。分娩先で1度目の診察を終えたときに、母子手帳を交付してもらうよう言われました」(30代ママ)

「不妊治療施設から普通の産婦人科に転院した際、『2回目の診察までに母子手帳をもらってきて』と指示を受けました」(30代ママ)

周りのママに話を聞くと、医師などに指示を受けてから母子手帳交付の手続きをする場合が多いようです。母子健康法では、妊娠した方はすみやかに市町村長へ妊娠の届出をし、市町村側はそれを受けて母子手帳の交付をしなければならないと決められています。

いつごろ指示を受けるからはそれぞれ異なりますが「赤ちゃんの心拍が確認できてから」という声もあったので、一つの目安として考えてみてもよいかもしれませんね。

出典:母子健康手帳の交付・ 活用の手引き/厚生労働省

どこで交付されるのか

「住民票のある区役所で、行ったその日に交付してもらいました。その頃はつわりもひどく、移動や待ち時間、説明中もつらくてしんどかったので事前に把握しておけばよかったと思いました」(30代ママ)

「最寄りの市役所で交付されました。上の子が保育園に通っているので、産休中の取り扱いや仕事について聞きました。親身に対応してもらいうれしかったです」(30代ママ)

「区役所では割と早く交付してもらえました。副読本や妊婦さん向けの自治体サービスなどを知ることができよかったです」(30代ママ)

母子手帳の交付場所として、各市区町村の役所窓口をあげるママの声が多くありました。自治体によっては保健センターなどで交付される場合があるようです。妊娠中は自身の体調を優先しつつ、受付時間や場所などを確認できるとよいですね。

自治体によっては代理人による交付も可能なのようなので、つらいときなどはパートナーなどに相談してみてはいかがでしょうか。

母子手帳のもらい方

病院の待合室
iStock.com/Eoneren

母子手帳の交付を受けるときはどのような書類が必要なのでしょう。もらい方についてママたちの声を集めました。

「身分証明書とマイナンバー通知カードを持参しました。市役所についたら妊娠届出書に名前などを記入し、窓口で母子手帳交付の手続きをしました」(30代ママ)

「マイナンバーがわかる書類と身分証、妊婦健診を受けた病院の診察券を持って交付を受けました」(20代ママ)

母子手帳の交付を受けるときに必要な書類は各自治体により異なります。アンケートでは運転免許証などの「身分証明書」や「マイナンバーがわかる書類」などが多くあげられました。妊娠を証明する医師の書類が必要な場合もあるようです。母子手帳をもらいに行く前に、各自治体のホームページなどで確認しておくとよいでしょう。

妊娠中の母子手帳の活用法

母子手帳にはさまざまな内容が書かれていますが、妊娠中はどのように使っていけばよいのでしょう。活用法の一例をママたちの声を参考にご紹介します。

体調と体重管理

母子手帳には体重や血圧、採尿結果など妊娠中の経過を記載するページがありますよね。それを必ず確認し、自身の体調や体重管理に役立てたというママは多いようです。

「病院から言われた目標体重を欄外に記載し、体重が増えすぎないよう目安にした」という声や「下の子を妊娠中、上の子妊娠時との違いを見るのが楽しかった」という声もありました。記録を参考にしながら、自分にあった活用法や楽しみ方を考えてみるのもよさそうですね。

妊婦自身の記録

妊娠中の体調や心境について、母子手帳に自分で記載していたママもいるようです。つわりはいつからいつまでだったか、初めて胎動を感じたのはいつなのかなどを残しておくと、後で見返したときによりよい思い出になるかもしれません。

1カ月ごとに記録する欄があるようなので、楽しめる範囲で妊娠中に感じたことなどを書いてみてはいかがでしょうか。

便の色や誤飲の目安

母子手帳によっては、排便の色で赤ちゃんの健康を確認するページや、幼児が誤飲可能と考えられる大きさを円で表したページが設けられている場合もあるようです。

「便の色がいつもと違うとき参考になった」「子どもの遊び道具選びの参考になった」という声も聞かれました。子どもの健康に関わるページがあれば事前に確認しておくと安心かもしれませんね。

出産後の母子手帳の活用法

出産後はどのように活用するとよいのでしょう。ママたちが実際にやっている使い方を聞きました。

発育曲線に記録

赤ちゃんの身長や体重を発育曲線などに記載し、平均と比べてどのように成長しているかを確認しているママも多いようです。乳幼児健診で発育曲線のページを使う場合もあるようなので、機会があれば月齢ごとに記録しておくとわかりやすいかもしれませんね。

子どもの様子を記録

月齢や年齢ごとに、子どもの様子を記録しているママもいるようです。首座りや寝返りをした日、一人歩きした日など、成長の様子を一つ一つ記録しておくのもよいでしょう。「自由欄に最近の口癖やマイブームを書いた」という声もありました。見返したときに笑顔になるような、そんな思い出を残してみてもよさそうですね。

母子手帳を活用しよう

育児グッズ
© Emi-s - Fotolia

母子手帳はいつごろ交付されるかやどこでもらうかは、通っている病院や自治体によって違うようです。いつから使うかや活用法などもママによってさまざまですが、ママと子どもの大切な思い出となるよう、自分に合った活用法を見つけてみてはいかがでしょうか。

※記事内で使用している参照内容は、2019年3月4日時点で作成した記事になります。

2019年03月09日

専門家のコメント
18
    のの先生 保育士
    産科の先生から、もらってくるよう指示が出てから役所に取りに行きます。その際軽い面談のような
    せおみ先生 保育士
    産院によっても多少違うみたいですが、心拍が確認されてると病院からもらいに行くようにと言われ
    ゆきんこ先生 保育士
    産婦人科で赤ちゃんを確認でき、心拍確認できたらもらってくるように医師に言われました。
    もら
    あー先生 保育士
    わたしの場合は、受診したのがまだ初期だったので2回ほど受診したあと自治体にもらいに行くよう
    とまと先生 保育士
    心拍はまだだったのですが卵黄嚢がしっかり見えていたので、産科の先生に 母子手帳ももらってき
    こと先生 保育士
    わたしも心拍を確認できてから、産婦人科の先生に母子手帳をもらいに行くように言われました。6
    いちご先生 保育士
    母子手帳は一回心拍が確認できたら貰える人と、二回心拍確認できてから貰える人と、いますよね。
    くじら先生 保育士
    産婦人科で心拍確認出来てから保健所にもらいに行きました。母子手帳には妊娠中の記録や産後の記
    みぃ先生 保育士
    産婦人科で二回健診を受け心拍の確認をしてから、保健所に行き貰えました。一回目が早過ぎた為様
コメントをもっと見る

基礎知識の関連記事

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

  • ウイルスによって引き起こされる風疹は、免疫が十分にない人に対して強い感染力を持っています。妊娠時期に風疹にかかった場合、どのような影響があるか気になる人もいるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に風疹にかかった場合の影響、風疹の予防接種後に妊娠がわかったときの対応、妊娠中の風疹の感染対策などについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 女性の体にさまざまな変化が起こる妊娠初期。この時期、どのような食べ物に注意したらよいのか気になる人もいるかもしれません。今回の記事では、妊娠初期の食べ物や、食べ物から摂りたい栄養素、妊娠初期のつわり対策などについて紹介します。

  • 妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなど体にさまざまな変化が現れますが、なかでも気になるのが体重の増加。急激に体重が増えた場合、ダイエットをするべきか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は、妊娠中に体重が増える原因や影響、体重管理のコントロールについて解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 子どもを出産したいと思ったときに後悔しないように、今から知っておきたい妊娠・妊活の正しい知識。前編では、妊娠・妊活にまつわる誤解についてお伝えしました。後編では、結婚適齢期がなくなっても、妊娠適齢期は変わらずにある現状をテーマに、新しい不妊治療の技術などについてお伝えします。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 「いつかは出産したい」「いつかは2人目がほしい」と考えている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「いつか」のために知っておきたい、妊娠・妊活の正しい知識をお伝えします。前編のテーマは、妊娠・妊活にまつわる誤解について。どのような誤解があるのか、なぜ誤解が生まれるのかを、産婦人科専門医の浅田先生にお話いただきました。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 卵子の質や数は妊娠に大きく関わる大きな問題。妊活において、自分の卵子はどのような状態なのか気になることもあるでしょう。今回は、卵子の老化やサイン、年齢との関係、妊娠率への影響などについて紹介します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

  • 妊活をスタートさせたとき、まずは妊娠の確率を上げるために排卵日を予測しパートナーとの営みに取り組むタイミング法を試す人は多いかもしれません。基礎体温を測る以外に排卵日を知る方法はあるのでしょうか。排卵日の予測の仕方や過ごし方について詳しく解説します。

    浅田義正(浅田レディースクリニック院長)

カテゴリ一覧