マタニティタイツの選び方。用意したタイミングや時期

マタニティタイツの選び方。用意したタイミングや時期

マタニティタイツを選ぶときに意識したこと

マタニティタイツを用意しようと考えたときに、どのようなタイミングで何を意識して選べばよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、マタニティタイツを用意したタイミングやサイズなどの選び方、マタニティタイツを選ぶときのポイントについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

マタニティタイツとは?

マタニティタイツとは、お腹が大きくなってきてもタイツの締めつけがきつくならないようにマチがついていたり伸縮性が優れたりしている、妊娠中の身体の変化に対応したタイツのようです。

マタニティタイツを用意しようと考えるママのなかには、いつ用意すればよいのかや選び方などが気になる方もいるかもしれません。

そこで今回は、マタニティタイツを用意するタイミングや選び方のポイントについてご紹介します。

マタニティタイツを用意するタイミング

マタニティタイツをどのようなタイミングで用意すればよいのか気になるママもいるかもしれません。マタニティタイツを用意したタイミングや時期についてママたちに聞いてみました。

お腹が出はじめたとき

30代ママ
妊娠中期になって、お腹が出てきたタイミングでマタニティタイツを用意しました。普段履いていたタイツのお腹の締めつけ感が気になったことがきっかけだったと思います。
妊娠中期から後期にかけて、お腹が大きくなりはじめたことをきっかけにマタニティタイツを用意したママがいるようです。お腹が大きくなる前の妊娠初期であっても、つわりなどで締めつけがきついと感じたときにマタニティタイツを着用したというママの声もありました。

冷えを予防したいと感じたとき

エアコン
oka - stock.adobe.com
40代ママ
夏の冷房で身体が冷えないようにするために、妊娠初期に薄手のマタニティタイツを用意しました。夏用の薄いものでも、お腹までしっかりとカバーしてくれるので手放せなかったことを覚えています。
ママのなかからは、身体が冷えることを気にして妊娠初期からマタニティタイツを用意していたという声も聞かれました。夏に着用する場合は生地が厚すぎると蒸れてしまうことも考えられるため、薄手のものを意識して選ぶとよさそうです。

マタニティタイツの選び方

マタニティタイツを選ぶときに、サイズや素材などどのようなことを気にすればよいのか悩むこともあるかもしれません。マタニティタイツの選び方をママたちに聞いてみました。

サイズ

30代ママ
妊娠前にМサイズのタイツを着用していたので、マタニティタイツも同じМサイズを選びました。妊娠後期に入って、お腹だけではなく腰回りや太ももあたりもふっくらとしてきたので、締めつけ感が気になったら買い直そうと思っています。
マタニティタイツを用意するときは、妊娠前と同様のサイズを選んだというママの声がありました。妊娠中は体重が変動しやすいため、お腹や足のつけね、太ももあたりに窮屈さを感じるようになったら、その時の体型にあったサイズのものを用意し直すとよいかもしれません。

素材

タイツ
iStock.com/bbostjan
30代ママ
マタニティタイツを選ぶときは、肌に優しい素材で作られているかどうかを気にしています。お店のサンプル品で、実際に触って確かめてから購入すると安心ですよ。
マタニティタイツには、化学繊維の他に綿やウールなどさまざまな素材で作られたものがあるようなので、妊娠中のデリケートな肌にも安心して使用できるものを選ぶとよいかもしれません。同じ素材であっても加工方法などで触り心地が異なることもあるかもしれないので、肌触りを確かめてから選ぶと安心して着用できそうです。

30代ママ
マタニティタイツにはいろいろなカラーがあるので、どれを選べばよいのか悩みましたが最終的に選んだのが黒でした。黒はどのようなコーディネートにもあうので重宝しています。
マタニティタイツの色で悩んだときは、どのようなシーンで着用したいかを考えて選ぶとよいかもしれません。普段使いするとき用の黒とおしゃれを楽しみたいとき用のカラータイプのマタニティタイツをいくつか用意しているというママの声もありました。

マタニティタイツを選ぶときに意識したこと

マタニティタイツを選ぶときにどのようなことを意識しているのかをママたちに聞いてみました。

履き心地を確かめる

40代ママ
購入したマタニティタイツが私の体型にはあわず、ずり落ちてきてしまい買い直しをしたことがあります。同じものをまとめてたくさん購入していたため、無駄になってしまいました。
30代ママ
マタニティタイツは試着できないので、最初は1枚だけ購入しました。履き心地のよさを確認してから、同じ種類のものを追加で購入するようにしています。
マタニティタイツは、同じサイズであってもメーカーや種類によってマチのつけ方や締めつけ感などが異なることもあるようです。そのためマタニティタイツは、一度にたくさん購入せずに履き心地のよさを確認してから追加分を購入するとよいかもしれません。

用途にあったものを選ぶ

30代ママ
冷え予防に加えてむくみ対策として着用したかったので、着圧タイプのマタニティタイツを選びました。足首や太ももあたりに圧がかかっていますが、お腹周りはゆったりとした作りになっているので無理なく着用できています。
マタニティタイツには、着圧式や遠赤外線加工などさまざまなタイプがあるようです。どのような目的で着用したいのかを考えて、用途にあったマタニティタイツを選べるとよいですね。

マタニティタイツで妊娠生活を快適にすごそう

ジョギングをする妊婦
iStock.com/bulatovic

ママたちは、お腹が大きくなってきて普通のタイツでは締めつけられる感じがしたときや、冷えを予防したいと考えたときにマタニティタイツを用意したようです。マタニティタイツは、サイズ感や肌に優しい素材かどうか、どのようなシーンで着用したいのかを考えて、使いやすい色を意識して選ぶとよいかもしれません。

種類によって作りが異なるため、はじめて購入するときは最小限にとどめて履き心地を確かめることや、用途にあったものを選ぶこともマタニティタイツを用意するときのポイントになりそうです。優しく身体を包み込むマタニティタイツで、妊娠生活を快適にすごせるとよいですね。

2020年02月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧