【産婦人科医監修】妊娠中、陣痛がきたときのNST(ノンストレステスト)の数値の目安やグラフの見方

【産婦人科医監修】妊娠中、陣痛がきたときのNST(ノンストレステスト)の数値の目安やグラフの見方

妊娠後期にあたる34週頃から行うNST(ノンストレステスト)では、どのようなことがわかるのでしょうか。検査の方法やグラフの見方、陣痛が始まったときの数値の目安を産婦人科医監修のもとお伝えします。NSTを受けたママたちの体験談もご紹介。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

NST(ノンストレステスト)とは?

NST(ノンストレステスト)とは、お腹の中の赤ちゃんの心拍数や胎動をチェックする検査のことです。

長時間にわたる出産に耐えなければならないのは母親だけではなく、赤ちゃんも同じ。赤ちゃんは子宮口を開いて、せまい産道の中で体を上手に回旋させながら、少しずつ進んで生まれてきます。

そのため、NST(ノンストレステスト)は赤ちゃんが出産に耐えられる力を持っているかを確認するために行います。

NST(ノンストレステスト)で、心拍が正常な拍数や波形を描き、正常であることがわかれば、出産時にきちんと心臓が動き産声をあげられることが予測されます。

その一方で、赤ちゃんが弱っている場合にはNST(ノンストレステスト)で異常を示すため、早めに帝王切開に切り替えるなどの対策を講じることができます。

検査の方法

分娩監視装置という機械を使い、母親のお腹の張りをキャッチするためのセンサー(子宮収縮計)と、胎児の心拍数を聞くためのセンサー(心音プローブ)をベルトでお腹に固定します。検査器具がずれると正しい結果が出ない場合があるので、できるだけ動かないようにしましょう。
※写真はイメージ(iStock.com/joruba)
※写真はイメージ(iStock.com/joruba)
下腹部を圧迫しすぎないように、脚を伸ばして、やや上体を起こした仰向けの姿勢で計測します。

計測時間は約20分~40分ほどで、お腹の赤ちゃんが起きていれば最短20分ほどでテストは終了しますが、寝ている場合には赤ちゃんが起きるまで待つ必要があります。

NST(ノンストレステスト)を受ける時期

病院によって異なりますがNST(ノンストレステスト)は、妊娠経過が順調な場合、妊娠後期にあたる34週~36週以降に行われます。病院によっては、1週間ごとの毎回の妊婦健診で行なわれる場合もあるようです。

妊娠高血圧症候群や早産の兆候が見られるとき、胎児の発育不良が疑われる場合には、妊娠34週以前に行うこともあります。

グラフの見方

NST(ノンストレステスト)の結果は、上下2本の波線グラフで記録用紙に印字されます。
※写真はイメージ(iStock.com/Kyryl Gorlov)
※写真はイメージ(iStock.com/Kyryl Gorlov)

胎児の心拍

上の線は胎児の心拍数を示し、胎児が起きている状態ではよく動き、心拍数の上昇にともなってグラフに山ができます。

正常値は110〜160bpm(beats per minute:1分間の拍動数)で、妊娠後期の胎児では6~25bpmの変動があることが正常です。このグラフのゆらぎを「基線細変動(きせんさいへんどう)」といいます。

また、胎児が体を動かすと一時的に心拍数が多くなることを「一過性頻脈(いっかせいひんみゃく)」といいます。心拍数15bpm以上で15秒以上の一過性頻脈が2回以上認められれば正常です。

反対に一時的に心拍数が減少することを「一過性徐脈」といいます。

基線細変動が減少している場合、心拍数と一過性徐脈の関係に応じて「波形レベル」が分類されます。レベル1なら正常、レベル5なら異常で、緊急帝王切開をするなど分娩への対応を判断します。

母体の子宮収縮

下の線は母体の子宮収縮を示します。安定期にはあまり子宮収縮が起こらなかった場合でも、妊娠後期になるとお腹が張るようになり、子宮収縮の頻度が高まります。強い収縮が定期的に見られると陣痛のサインとなります。

陣痛の強さとNST(ノンストレステスト)の数値の目安

子宮収縮を示す波線グラフは、お腹の張りをキャッチすると山ができ、張りがないときは直線で表示されます。

個人差もありますが、一般的にお腹が張っていない状態の数値は20~30を示し、少しお腹が張ると40~50ほど。とても強い張りの場合は、90を超えることもあります。

陣痛が始まると100を超えることもあります。
 
陣痛がきてしばらくはモニターを見る余裕があったのですが、80~100を超えたあたりからモニターを見る余裕がなくなりました。
 
100を超えたあたりまではNSTの数値を見ていましたが、数値がいくつになったら生まれるのだろうと不安でした。人にもよるのでしょうが最大数値がどれくらいになるのか気になります。
 
陣痛がきてからNSTの数値が90近くなり、かなり痛みを感じるように。「どれくらいが生まれる目安ですか?」と看護師さんに聞いたら「100までいったらもう少しです」と言われ、もっと痛くなるのかと思うと同時に、もう少しという言葉に励まされました。

無痛分娩の場合の数値は

NST(ノンストレステスト)の数値は無痛分娩の場合ではどうなるのでしょうか。

無痛分娩は、脊髄の近くに麻酔薬を投与して神経から感じる痛みを軽くします。そのため子宮収縮の数値は大きくても痛みを感じることはありません。
 
無痛分娩だったので、NSTをつけて数値が100になったときも全く痛くありませんでした。「自然分娩だったら一番痛みを感じるタイミングだったんだ……!」と驚いたことを覚えています。

NST(ノンストレステスト)の体験談

最後に、妊娠中にNST(ノンストレステスト)を行ったママたちに体験談を聞きました。
※写真はイメージ(iStock.com/NataliaDeriabina)
※写真はイメージ(iStock.com/NataliaDeriabina)
NSTの数値は安定していたと思います。逆子や妊娠高血圧症でしたが、赤ちゃんは元気なようで安心しました。
細かい数値などは覚えていませんが、検査中のことは結構覚えています。個室でひとり、20~30分くらいの間横になって検査をしたのですが、「ドクンドクン」と心音が大きく響いていて、「子どもが生きてるんだな〜」と感動した記憶があります。

子どもは三人とも正常値と言われました。
NSTは妊娠後期のサインと聞いていたので、もうすぐ赤ちゃんに会えるんだなと楽しみでした。検査中は特にやることもなく、眠っていました。

赤ちゃんに会えるまでもう少し

お腹の赤ちゃんが無事に生まれる力を持っているか確認するNST(ノンストレステスト)は、とても大切な検査です。赤ちゃんの心音を聞きながら、リラックスして検査を受けましょう。

そして、いざ陣痛がきたら数値や痛みのレベルがどれくらいになるのか気になりますよね。陣痛がきたら、痛みのレベルはピークに向かいながらNST(ノンストレステスト)の数値は100を超えることもありますが、その頃にはお腹の赤ちゃんに会えるまでもう少しです。
No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2022年03月29日

検査・健診の関連記事

カテゴリ一覧