赤ちゃんが遊ぶはじめてのおもちゃ選び。おもちゃの種類や選ぶポイント

赤ちゃんが遊ぶはじめてのおもちゃ選び。おもちゃの種類や選ぶポイント

月齢に合ったおもちゃを用意しよう

赤ちゃんがはじめて使うおもちゃを用意するとき、どのようなことを考えて選ぶとよいのでしょうか。赤ちゃんが安全に遊べるものを用意したいですよね。おもちゃの種類や、赤ちゃんが使うはじめてのおもちゃを選ぶときのポイントをご紹介します。

赤ちゃんが遊ぶはじめてのおもちゃは何を選ぶ?

これから生まれてくる赤ちゃんのために、おもちゃを用意したいと考えているママやパパもいるかもしれません。

手に持って振ると音がなるものや、電源を入れると音楽が流れるおもちゃなど、赤ちゃんが楽しめるおもちゃはたくさんあります。

赤ちゃんのはじめてのおもちゃは、どのようなことを考えて選ぶとよいのでしょうか。

赤ちゃんがはじめて遊ぶおもちゃの種類

赤ちゃんが楽しめるおもちゃの種類をご紹介します。

ガラガラ

ガラガラ
iStock.com/AndreyCherkasov
赤ちゃんが遊ぶはじめてのおもちゃを探すなかで、ガラガラを多く目にするママやパパもいるのではないでしょうか。

ガラガラは、手で持って振ると音がなるおもちゃです。プラスチックや布、シリコンで作られたものなどさまざまな種類のガラガラがあります。

赤ちゃんが自分で持って遊ぶことができない時期は、ママやパパが振って赤ちゃんに音を聞かせていっしょに遊ぶことができます。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみは、赤ちゃんが手で握ってさわり心地を楽しんだり、口のなかに入れて遊ぶことができます。

オーガニックコットン素材や綿100%などの肌にやさしい素材で作られたぬいぐるみは、はじめてのおもちゃとして赤ちゃんも安心して遊べるでしょう。

赤ちゃんが掴みやすいように作られたドーナツ型のものや、さわるとシャカシャカと音がなるものなどデザインも豊富です。

歯固め

赤ちゃんが口のなかにものを入れて舐めることは多いですよね。歯固めとは、赤ちゃんが口のなかに入れて噛むおもちゃです。

口のなかに入れても安全な素材で作られた歯固めは、はじめてのおもちゃとして安心して遊べそうですね。

ガラガラのように音がなる歯固めもあるようです。口のなかに入れて噛むことができない時期でも、音をならしながら楽しめるかもしれません。

メリー

メリーは、ベビーベッドの柵に取りつけたり、床に置いて使うおもちゃです。寝ている赤ちゃんの上でおもちゃがくるくると回ったり、音楽が流れるものなど、さまざまな種類のメリーがあります。

子ども向けのキャラクターや動物など、いろいろなデザインのメリーがあるようです。

ベビージム

ベビージムとは、床に置いて楽しむアーチ状のおもちゃです。アーチ部分におもちゃが吊り下げられており、アーチ部分の下に赤ちゃんが寝転がりながら、いろいろなしかけを楽しむことができます。

おもちゃを手でさわって遊ぶ他にも、ベビージムから流れる音楽を楽しんだりなど、手や目、耳を使って遊ぶことができるようです。

アーチ部分を取り外して、ベビーマットとして遊ぶことができるベビージムもあります。

赤ちゃんが遊ぶはじめてのおもちゃ選びのポイント

ぬいぐるみ
iStock.com/Umkehrer
赤ちゃんが使うはじめてのおもちゃを選ぶとき、どのようなことを考えて選ぶとよいのでしょうか。

月齢に合ったものを選ぶ

赤ちゃんが使うおもちゃを選ぶとき、長く遊べるものを用意したいと考えることもあるかもしれませんが、自分の手でおもちゃを持って移動させたり、積むなどの少し難しい動作をするおもちゃは、赤ちゃんがはじめて遊ぶ場合には向かないでしょう。

商品に記載されている対象月齢を確認しながら選ぶもひとつのポイントです。月齢に合ったおもちゃを選ぶと、赤ちゃんも思う存分遊ぶことができるでしょう。

安全に遊べるものを選ぶ

赤ちゃんが安全に遊べるおもちゃを用意したいですよね。装飾が多いものや重たいもの、大きいサイズのおもちゃは赤ちゃんも持ちにくく、落として身体にぶつけてしまうかもしれません。

おもちゃによって素材は異なりますが、赤ちゃんの肌にやさしいものや、軽くてシンプルなものを選ぶのもポイントでしょう。

お手入れしやすいものを選ぶ

ミルクの吐き戻しやよだれなど、赤ちゃんが使うおもちゃが汚れる場面は多いかもしれません。きれいに洗えるおもちゃを選ぶと、赤ちゃんも安心して遊べるでしょう。

おもちゃの種類によって、洗濯機で洗えるものや、手洗いできるものなどお手入れ方法が異なるため、赤ちゃんが使うことを考えてお手入れしやすいおもちゃを用意するのもよいでしょう。

赤ちゃんが握りやすいものを選ぶ

赤ちゃんの小さい手で握りやすい形をしたおもちゃを選びましょう。取っ手がついたものやドーナツ型のおもちゃは、赤ちゃんも持ちやすいかもしれません。

赤ちゃんが自分の手で持って遊ぶようになると、おもちゃを振って叩いたり、投げたりとたくさんの動作を楽しむようになります。握りやすいおもちゃを用意すると、赤ちゃんも楽しんで遊べるでしょう。

はじめてのおもちゃで楽しく遊ぼう

おもちゃで遊ぶ赤ちゃん
© shirohige - Fotolia
ガラガラや歯固め、メリーやベビージムなど、赤ちゃんが遊ぶはじめてのおもちゃはたくさんあります。赤ちゃんが安全に遊べる、月齢に合ったおもちゃを用意しましょう。

ミルクの吐き戻しやよだれなど、赤ちゃんが使うおもちゃが汚れる場面は多いですよね。お手入れいしすいおもちゃを選ぶのもひとつのポイントです。

はじめてのおもちゃを用意して、赤ちゃんといっしょにママやパパも楽しめるとよいですね。

2019年10月24日

専門家のコメント
11
    ゆきな先生 保育士
    今はシンプルが流行っているせいか、あまりカラフルではないおもちゃが多いですよね! 私自身は、色んな音、色んな形、色んな色に触れるといいな〜と思います!! 子どもが小さいうちはインテリアは少し我慢、、と思って過ごそうと思っています!!(;_;)
    ひまわり先生 保育士
    赤ちゃんの視力はとても弱いので、色のはっきりしているおもちゃをオススメします。 口に入れても危なくない柔らかい素材がいいと思います。 赤ちゃんの力でも音の出るガラガラは鳴らせたら赤ちゃんも喜びます。 私の子どももそれで遊んでいます。
    やし先生 保育士
    歯固めは、買ってくることも出来ますが、自分で手作りするのもオススメです。 公園やハイキングをしたときに、山桜やヒノキの枝などを見つけたら少し持ち帰りましょう。 ノコギリとナイフさえあれば、好きな形に加工できます。 角が無く安全であればそのまま赤ちゃんが加えられる安心安全な歯固めになります。 削ったカクカクが気になるなら紙ヤスリで削りましょう。 手作りはなかなか楽しいです。 握力が必要なのでパパの出番ですよ。 木の種類と、完成した歯固めの形を伝えてお願いしてみると、パパも積極的に動いてくれるかもしれません。 夫婦での共同育児を意識しやすくなるかもしれませんね。
    とまと先生 保育士
    赤ちゃんが自分で物を握れるようになるまではよくメリーを使っていました。機嫌の良いときにはゆっくり動くメリーを見て手足をバタバタさせて嬉しそうにしたり、そのまま自分で眠ってくれたことも^ ^ ベビージムに組み替えられるものだったので月齢に応じて形を変えながら1歳ころまで活躍してくれました!
    まな先生 保育士
    カラフルなおもちゃを選びました。 赤ちゃんは淡い色だと認識がまだ難しいので、赤・黄色、青などはっきりした色のものがオススメです。 メリーは、ねんねの頃からお座りの頃まで長くつかえるものを選びました。
    おはな先生 保育士
    うちは妊娠中に作ったモビールが初めてのおもちゃになりました! まだあまり見えていないはずなのに、モビールの動きに合わせて反応がありました。目で追ったり笑ったり。腹這いで遊ぶようになるまで3〜4カ月ほど活躍しました
    しまこ先生 保育士
    大人があれこれ考えた赤ちゃんに良さそうなおもちゃがたくさんあるというのに、うちの子が初めて気に入ったのは食品保存容器のタッパーでした。 食品用なのでなめてもいいし、軽くて角もないから安心なんだけど、それにしてもなぜタッパー?
    なつみ先生 保育士
    うちの子達は、握ぎりやすくて、少し動くだけで音の鳴るおもちゃや、口に入れた時に歯茎でキュッキュッとなる歯固めみたいなおもちゃが特にお気に入りでした! ベビーカーや車などは、メリーみたいにぶら下がるタイプでゆらゆらとカラフルな色のおもちゃが揺れるタイプにすると泣く時間も減るきがします!
    もしもしまま先生 保育士
    生まれる前に、歯固め、オーボールを購入していました。 ただ、それで遊び始めたのは3ヶ月手前ごろ。 最初は、メリーかベビージムがいいかなと思います。 私も、1ヶ月過ぎからベビージムを購入して中でゴロンさせていました。 まだまだ、はっきりとは見えていませんが、目の前で動くおもちゃを一生懸命見つめていました。 そのうち、手が出るようになってくるとおもちゃを触ったり、足でジムのアーチを蹴って遊んでいました! ゴロンとしてる時期が終わっても遊べるように、カラーボールがセットになっているものを買いました。 カラフルで、かつ、長く使えそうなものを選ぶといいのかなと思います!
    すあま先生 保育士
    最近はお米を原料にした赤ちゃん用のおもちゃがあります。ポリエステルや樹脂製のほうがお手入れはしやすいと思いますが、口に入れても安全性が高いという点ではお米製も十分選択肢に入ると思います。 歯がためやガラガラ、つみきなどバリエーションも豊かですよ♫ ただ安全性もさることながら、大きさ・握りやすさ・重さも大切なので、おもちゃ屋さんで実物をチェックできると安心ですね(´∀`)
    くじら先生 保育士
    うちの子が初めて興味を持ったのはバウンサーにぶら下がっているおもちゃです。 カラフルなゾウとライオンがぶら下がっていて、親が揺らして音が鳴るとじーっと見ていました。 届きそうで届かない位置にあったので、子どもが初めて触った時は感動でした!
おすすめユーザーのコメント
4
    MK
    友人の赤ちゃんに、ドイツ製のぬいぐるみをプレゼントしました。オーガニックコットンのさまざまな色のキルティングのでできていて、中にオルゴールの鳴る本体が入っていて外側の布部分が取り外して洗えるもの。口に入れても安全な素材だと安心です。
    YSK
    初めてのおもちゃは選ぶとき、すごく悩みました。 オーガニック素材のラトルやおやすみ用の触り心地のよいぬいぐるみなどを購入しました。他にも色々買いましたが数年後に興味を持って遊んでくれたり…と発見が多かった思い出です。
    YK
    自分で考えて買うより先に、プレゼントでもらったような気がします。素材や仕様が気になったら、パッケージを見たりネットで商品情報を検索したりしました
    SB
    寝転びながら使って、落としたときに痛くないよう柔らかい布製のおもちゃを用意しました。 ぱきっとした色合いのものは、赤ちゃんの目を引きつけやすかったように思います。

おもちゃの関連記事

カテゴリ一覧