子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年05月27日

水嫌いを克服するためには、まずは「水慣れ」が大切。シャワーのかけ方のコツなど

水嫌いを克服するためには、まずは「水慣れ」が大切。シャワーのかけ方のコツなど

外での水遊びはできる時期も限られているので、子どもに楽しませたいと思っているパパやママは多いと思います。しかしその反面、水を嫌がる子どもが多いのも事実です。今回は、これからの季節に向けて水が苦手お子さんでも楽しく「水慣れ」できる方法をご紹介します。ぜひ、ご家庭で実践してみてください。

水泳が苦手な子どもは全体の2割程度

小学生へのアンケートより

筆者は出産前までは小・中学校で教師として働いていたのですが、水泳の学習が始まる前に子ども達にアンケートをとったことがあります。

水泳が苦手・好きではないと答えた子は全体の2割程度で、目や鼻などに水が入ってしまった、水に顔をつけたときにどうやって息をしていいのか分からず苦しかったという経験などから、水が怖いと感じていることが主な原因でした。

水への恐怖心があっても、じっくり時間をかけて慣れていけば大丈夫!小学生でもパパやママと一緒に夏休み練習をして、見違えるように泳げるようになった!という子もたくさんいます。

水が苦手な子どもは多い

水が苦手だというお子さんは多いです。特に幼児や小学校低学年などの小さい子に多く、水が嫌いで濡れるのがいやというよりも、顔に水がかかることが苦手だというケースがほとんどです。

水への恐怖心があっても、じっくり時間をかけて慣れていけば大丈夫。夏休みなどにパパやママと一緒に練習をして、見違えるように泳げるようになった子もたくさんいます。

水に慣れてほしい。でも焦りは禁物

これは逆効果

何事も段階を踏むことが大切なように、水に慣れるのにも段階があります。よく、水に慣れて欲しいという親心から、頭から勢いよくシャワーをかけたり、水遊びを楽しいと思って欲しいあまりに勢いよくプールに放り込んだりする光景を見かけます。

でも、これは逆効果です。お子さんが水に対する恐怖心を持つ原因となってしまうこともあるので気をつけましょう。

シャワーのかけ方で…

筆者の場合は、長女が1歳の頃にシャワーのかけ方で失敗してしまいました。特に気を使わず頭から水をかけていましたが、それから水を怖がるようになってしまい、顔が水で濡れることを極端に嫌うようになってしまいました。

シャワーで水慣れ

水が苦手なお子さんは、シャワーで水に慣れることから始めましょう。筆者が娘を通わせているスイミングスクールの先生から教えて頂いた方法をご紹介しますので、是非チャレンジして下さいね。

まずは足元から

シャワーは頭からザッとかけてしまうのではなく足元からかけ始めます。足元からかけ始め、膝・お腹・肩……と、段々と体の上にシャワーをかけていきます。肩まできたら、頭は正面からではなく後ろから水をかけてあげましょう。

気持ちの準備も大事

足元から水をかけてあげることで、子どもにしっかりと気持ちの準備をさせてあげることが大切だそうです。イメージは、沐浴のときに足元からそっと湯船につけてあげたときのような気持ちで……ということでした。

水が苦手でも楽しめる遊び

水に対する恐怖心を減らしていくためには、「水慣れ」が重要です。水慣れは、遊びの中で楽しみながら取り組みましょう。焦らず、少しづつ慣らしていくことが大切です。お風呂でできるものもあるので、お風呂が苦手な子にもオススメですよ。

1. 水鉄砲遊び

水遊びも道具を使うだけで、ぐっと特別感が増します。100円ショップなどの水鉄砲でも十分楽しめますが、小さいお子さんは上手く使えない場合もあります。そんなときは、家庭にあるものを代用したり、手作りでオリジナル水鉄砲を作ってみましょう。

中性洗剤のカラ容器は、しっかり洗えばそのまま水鉄砲として使用できるのでオススメです。ペットボトルとストローでも、簡易水鉄砲を作ることができますよ。的(まと)を準備すれば、的あてとしても楽しめます。

2. 池や川作り

簡単にいうと、泥遊びです。家の庭や公園の砂場を掘って、池や川を作って遊んでみましょう。

工夫して作った池や川に水を流したり、川と川をつなげたりしながら楽しみましょう。

3. 水風船

100均などで販売されている水風船を使って遊びます。水風船を作る準備段階からお子さんと一緒に楽しみましょう。

人にぶつけない、割れた風船のごみは拾うなど、ルールをしっかり決めてから遊ぶことが大切です。後始末まできちんと行いましょう。

4. 色水作り

バケツなどの大きめの容器に水を入れ、絵の具を混ぜて色水を作ります。作った色水は、透明なカップやペットボトルに入れたり、色水同士を混ぜたりして遊ぶことができます。

筆者の娘が通っていた子育てセンターでは、作った色水でジュース屋さんごっこをしました。お子さんが色水を口にしてしまう心配がある場合は、食紅など安全なもので代用しましょう。

5. 泡風呂

お風呂や家庭用のビニールプールに泡風呂用の入浴剤を入れ、勢いよく水を入れて泡を立てます。準備ができたら中に入って遊びましょう。我が家の娘は、プールの中にタオルなどを入れて「お洗濯ごっこ」を楽しんでいます。

お風呂でもできるので、お風呂嫌いの子にもおすすめです。特別に楽しい入浴タイムになりそうですね。

子どものペースに合わせて

水が苦手な子どもには、十分に「水慣れ」の機会を作ってあげることが大切です。恐怖心を和らげるためにも、しっかりと段階を踏んでその子に合ったペースで取り組んでいきましょう。

今回の記事でご紹介した簡単な水遊びが楽しめるようになったら、次はプールやお風呂で水かけっこ遊びを楽しんだり、水に顔をつける練習をしてみたりして下さいね。これからどんどん暑くなるので、たくさん水遊びを楽しめたらいいですね。

外遊びの関連記事
  • 保育園でのプール遊び。身だしなみやグッズ、日ごろ教えておくべきこと

    保育園でのプール遊び。身だしなみやグッズ、日ごろ教えておくべきこと

    夏の保育園では、お天気がよければプール遊びがあるかと思います。例えばデザインはとてもかわいいけれど一人では脱ぎ着できない水着ですと、子どもは毎日苦労しなければなりません。プールグッズの選び方、日ごろの子どもへの接し方などママが気を付けるとよいポイントについて考えてみました。

  • 2歳児の外遊びはどんな遊びがいい?子どもが夢中になるおもちゃと遊びの工夫

    2歳児の外遊びはどんな遊びがいい?子どもが夢中になるおもちゃと遊びの工夫

    子どもは2歳になると、自我が芽生えて自分の感情をあらわすようになります。そんな2歳児にとって、外遊びは心とからだの成長を促してくれるでしょう。この記事では、2歳児におすすめのおもちゃ、遊びの工夫をご紹介します。

  • 子どもと楽しむ、外遊び。親子で選ぶ面白い道具と遊び方

    子どもと楽しむ、外遊び。親子で選ぶ面白い道具と遊び方

    子どもの成長に外遊びは欠かせません。子どもといっしょに外で遊びたいけれど、外遊びにどんな道具があったら楽しめるのだろうと考えていませんか。外遊びがもっと充実し、面白いと思える道具と遊び方を紹介します。

  • 幼児期におすすめのボール遊び。種類と年齢別に合った楽しみ方

    幼児期におすすめのボール遊び。種類と年齢別に合った楽しみ方

    子どもとボール遊びをしたいと考えているけれど、幼児期のボール遊びはどのような種類のものがあるだろう……と悩んでしまいますよね。幼児の子どもが手軽に遊べて親子で楽しめるボール遊びを年齢別にご紹介します。

  • 1歳の外遊び。できる運動やおもちゃ遊び、夏場の注意点

    1歳の外遊び。できる運動やおもちゃ遊び、夏場の注意点

    子どもが1歳になり自由に動き回るようになると、外で遊んでみようかな?と思うママも多いのではないでしょうか。外でいろいろな体験をして、子どもの反応を見てみたい!1歳の子どもを持つ筆者もそのうちの一人です。どんな外遊びがあるの?何に気を付ければよいの?外遊びと注意点をチェックして、外でしか出会えない子どもの笑顔を見にいきましょう。

  • 幼児期の成長に重要な外遊びやボールを使った運動の種類

    幼児期の成長に重要な外遊びやボールを使った運動の種類

    文部科学省によると、幼児期(3歳~6歳)は身体的な成長もさることながら、神経系の発達が著しく、運動が能力向上によいと言っています。特に外遊びやボールを使った遊びをすれば能力を適切に伸ばせることから、運動がよい理由やおすすめできる外遊びの種類について参考資料をもとにまとめてみました。

カテゴリ一覧