子どもの新しい世界を広げる。「おともだち」の絵本12選

子どもの新しい世界を広げる。「おともだち」の絵本12選

入園や入学を迎える新年度。子どもたちにとって、新しいおともだちとの出会いがある季節です。今回は、「おともだち」に焦点をあて、新しい生活に胸を躍らせる子どもたちの背中を押してくれる絵本をご紹介します。

「おともだち」ってどう作るの?

「おともだちってどう作るの?」子どもに相談されたら、あなたはどのようにアドバイスしますか?おともだちを作るきっかけのヒントが隠されているかもしれません。

ゆっくとすっく きょうからおともだち

ゆっくとすっくきょうからおおだち
名前を知ること、覚えること、呼び合うことの大切さを教えてくれる絵本。

子どもだけでなく親からの人気も高い、「ゆっくとすっく」シリーズ。名前はおともだちのことを知る第一歩。そして呼ぶだけでどんどん好きになる、不思議なものです。おともだちがいることのすばらしさと魅力が、ほのぼのした絵からも伝わってきそうです。

ともだちがほしいの

ともだちがほしいの
新しい環境に飛び込むとき、自分にとって馴染みのある世界に閉じこもりそうになってしまう・・・大人でも経験のあることではないでしょうか。でも、ちょっと勇気を出すだけで目の前の世界は鮮やかに変化していきます。

主人公のふうこちゃんから、たくさん勇気をもらえる絵本です。

ともだちいっぱい

ともだちいっぱい
幼稚園の先生も、地面をはうアリも、みんなで歌う歌も、真っ青に広がる空も、ともだちのともだちは、みんなともだち。

どんどん広がるともだちの輪に、わくわくする気持ちと勇気をもらえる一冊。「誰もひとりぼっちではないんだよ」というメッセージが、読み進めるごとにやさしく穏やかに伝わってきます。

コッコさんのともだち

コッコさんのともだち
初めて仲良くなったおともだちとの初めてのけんか。けんかをしながら仲良くなっていく、おともだちになることの本質を描いた絵本です。

内気で大人しい主人公の姿に自分の子どもを重ね合わせながら、頼もしく成長していくストーリーに、大人も胸が熱くなるかもしれません。

「おともだち」と上手に付き合うために

思いやりやけんか、協力など、おともだちとの付き合い方に正解はありません。読み終わったら、子どもといっしょにおともだちとの付き合い方について考えてみてはいかがでしょう。

ごめんね!

ごめんね!
仲良しのおともだちとちょっとしたことでけんかになってしまうこと、子どもの生活のあらゆるシーンで見かけますよね。

本当に大切なものは何なのか、素直になることがいかに大切なのかを、かわいらしい絵とシンプルなメッセージで伝えて、読む子どもの心を大きく成長させてくれそうです。

しんせつなともだち

しんせつなともだち
思いやりの心を育む、ぐるぐる話。

ウサギの親切心でともだちに送り届けたかぶを発端に、ともだちからそのまたともだちへ、さらにそのまたともだちへとめぐりめぐる、他人を思いやるやさしさに溢れたストーリー。おともだちを思う気持ちの大切さが、自然と子どもたちに伝わるとよいですね。

けんかのきもち

けんかのきもち
けんかに負けた悔しさ、味方してくれない憤り、謝られるみじめさ、仲直りする照れくささ。子どもの繊細な気持ちの変化を描いたストーリーは、読む年齢によっても感じ方はさまざまかもしれません。

ダイナミックな絵から伝わってくる登場人物の感情を、ダイレクトに受け取ることができそうな一冊です。

そらまめくんのベッド

そらまめくんのベッド
子どもたちに大人気の愉快なそらまめくんが大活躍する絵本。

心が葛藤する様子が分かりやすく描かれ、おともだち同士の「貸して」と「いいよ」を通して、関わり方を学ぶことができます。自分が相手の立場になって考えること、自分のものを誰かに貸してあげること、困っているおともだちを助けること、これらの大切さが物語から伝わってくるはず。

「おともだち」を理解する大切さ

おともだちになって、相手のことをどんどん知っていくうちに、自分との違いや個性に気づくこともあるでしょう。おともだちを理解する大切さに焦点をあてたストーリーに、大人もはっとさせられるかもしれません。

ねずみくんおおきくなったらなにになる?

ねずみくんおおきくなったらなにになる?
「大きくなったら何になりたい?」誰もが一度は聞かれたことがある質問から、自分やおともだちの個性を認めることの大切さを感じることができる一冊です。

夢を語る姿は誰でも輝いて見えます。子どもたちが自分の得意なことを見つけて、夢を持つきっかけになるとよいですね。

ふたりのサンドウィッチ

ふたりのサンドウィッチ
米紙ニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト、子供向け絵本部門第1位に輝いたヨルダン王妃の実話に基づいた絵本。

いくら仲のよいともだちでも、意見や好みが合わないこともあるでしょう。お互いの価値観を認めて理解しあうことが、おともだちとの関係を深めることだと、改めて気づかされます。おともだちとの関係性に敏感になってくる年齢の子どもたちにぴったりの一冊。

ええところ

ええところ
自分の「ええところ」を見つけ出すのと同じくらい、人の「ええところ」を見つけ出せることは大事。それができるのは、大人でさえも難しいこともかもしれません。

揺れ動く小さな子どもの気持ちに寄り添い、思いやりと自己肯定感を育てるストーリー。

はっぴぃさん

はっぴぃさん
作者の何かを願うことへの思いが静かに伝わってくる絵本。

おともだちになった二人が別の角度から光を当てあうことで、お互いの最大の欠点を長所に変えるという、心が満たされて、ハッピーになれるストーリーです。おともだちと話すだけで、知らないうちに自分自身も相手も幸せにできるかもしれません。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年04月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧