退職したパートの出戻りを考えるとき。確認したことや心がけたこと

退職したパートの出戻りを考えるとき。確認したことや心がけたこと

出戻りを考えた理由

ママのなかには1度退職したパートへの出戻りを考えている方もいるかもしれません。この記事ではママたちがパートの出戻りを考えた志望動機、職場や社員の方に確認したことや、出戻るときに心がけたことについて、体験談を交えてご紹介します。

パートの出戻りとは

パートの出戻りとは、1度何らかの理由で退職したパートの職場で再び働くことを指すようです。この記事では、ママたちがパートの出戻りを考えた理由や、事前に確認したこと、ママたちが出戻りで仕事をするときに心がけたことなどをご紹介します。

退職したパートの出戻りを考えた理由

女性が頬杖をついて考え事をしている姿
Aaron Amat/Shutterstock.com

退職したパートに再び戻りたいと考えるのは、どのようなときなのでしょうか。出戻りを考えた理由を聞いてみました。

子育てなどが一段落したから

30代ママ
勤めていたパート先には、産休や育休の制度がなかったので、出産を機に1度退職をしました。子どもが大きくなったこともあり、再び同じ仕事にチャレンジしたいと思い、出戻りを考えました。
子育てが理由で退職したけれど、子どもの成長などで家庭内の状況が変わって再び働きたいと考え、元のパート先に戻ることを検討しているというママの声がありました。仕事内容や会社の雰囲気がわかっている以前の職場ならば、生活と仕事の両立も比較的スムーズに始めやすいかもしれません。

声をかけてもらったから

30代ママ
スキルアップのために資格を取りたかったので、1度退職してしばらく学校に通いました。資格を取得後、顔見知りの社員の方から「資格を活かして再び働かないか」と声をかけていただき、同じ会社に出戻りをすることになりました。
退職した企業から声がかかり、出戻りをしたというママもいました。企業にとっても人柄や仕事への姿勢があらかじめわかっており、基礎的なスキルを積んでいたりする分、即戦力として期待できるというメリットがあるようです。

もう1度同じ職場でチャレンジしてみたくなったから

20代ママ
1度退職しましたが、労働環境や仕事内容などに改めて魅力を感じ、出戻ることを決めました。また新人からのスタートと考えてチャレンジしています。
退職後に改めて元の会社のよさを発見し、もう1度同じ職場でチャレンジしてみたいと考えたというママがいました。パートとして企業の内側で働いていたときには見えなかったことも、外から見ることで改めて発見できるよさがあるのかもしれません。

パートに出戻りをする前に確認したこと

メガネの女性と面談しているアジア人女性
Dean Drobot/Shutterstock.com

以前の職場にパートの出戻りをする前に、どのようなことを確認しておけばよいのでしょうか。ママたちの声を聞きました。

志望動機を明確にする

40代ママ
ただ「慣れているから」「顔馴染みがいるから」というだけではなく、なぜ1度辞めた職場への出戻りをしたいのか自分の中で考えを整理し、志望動機を明確にしました。
なぜパートの出戻りをしたいと考えているのか、まずは志望動機を明確にしたというママの声がありました。志望動機をはっきりさせることで、面接にも自信を持って臨めるかもしれません。

職場の現状を事前に確認する

30代ママ
以前退職した会社が求人募集をしていると知り、在職中の元上司に相談しました。出戻りを考える場合、今と当時で何が違うのか、組織の現状や職場の雰囲気、即戦力として求められる能力と自分のキャリアなど、詳しいことを確認することが大切だと感じました。
在職中にいた社員の方や元の上司、現在も働いている同僚などに話を聞き、職場の現状を事前に確認するとよいというママの声がありました。職場を離れていた間に、仕事内容や求められる能力が変わることもあるようです。

求人募集が出ていれば具体的な条件や求められる資格などは、ハローワークなどを通じて確認するとよいかもしれません。

パートに出戻るときにママたちが心がけたこと

パートへ出戻りをしたママたちは、どのような点を心がけて仕事をしているのでしょうか。

新しい仕事にチャレンジする気持ちで取り組む

30代ママ
以前勤めていたパート先に出戻りましたが、使用するパソコンソフトなども新しくなっていて、最初は戸惑うことも多くありました。しかし新しいことを勉強をできるチャンスだと考え、1つ1つ教えてもらいながら前向きにチャレンジするようにしています。
20代ママ
いっしょに働くメンバーも退職前とは異なり、以前の同期も違う役職についていることもあります。全く新しい環境で働き始めた気持ちで、周囲とコミュニケーションをとることを意識しています。
出戻りの仕事では過去にやったことのある業務でも細かい部分が異なる場合や、いっしょに働くメンバーに変化があることもあるので、初心に戻って仕事をしているというママがいました。出戻るときは、謙虚な態度で仕事に向かうことが大切だと感じる方もいるようです。

常にスキルアップを心がける

40代ママ
出戻りパートの場合、即戦力になることを期待されている部分も多いと感じています。ブランクを埋める努力をしたうえで、仕事についてのスキルアップができるように心がけています。
1度経験したことのある仕事に対しても、常にスキルアップを心がけているというママの声が聞かれました。出戻りのスタッフがスキルアップを目指し努力をする姿勢は、自身の成長だけではなく、職場にもよい影響を与えることもあるかもしれませんね。

周囲に感謝の気持ちを持つ

20代ママ
出産を機に1度退職したパート先で、再度働かせていただけることになりました。退職の時には周囲の方に少なからずご迷惑をおかけしたので、出戻りで迎えてくださったことへの感謝の気持ちを持って働いています。
出戻りのパートで働くときに、周囲に対する感謝の気持ちを意識しているというママがいました。他にも退職の際に周囲に助けてもらったので、今度は同じ職場で自分が誰かを助けられる立場になりたいと考えているママもいるようです。

パートの出戻りは前向きな気持ちでチャレンジしよう

パソコンに向かって仕事をする女性
wavebreakmedia/Shutterstock.com
子育てから少し手が離れたことや、以前にお世話になった社員の方に声をかけてもらったことをきっかけにパートの出戻りを考えるママがいました。1度退職した職場への復帰を考える場合は、どうして出戻りたいと思っているのか志望動機を明確にし、職場の現状を確認した上で検討するとよいかもしれません。

パートで出戻るときには新しい仕事にチャレンジするつもりで、周囲に感謝の気持ちを気持つことを心がけているママもいるようです。前向きなチャレンジとして、仕事を楽しめるとよいですね。

2019年12月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ