退職したワーキングマザーのその後。退職理由や退職後のすごし方

退職したワーキングマザーのその後。退職理由や退職後のすごし方

専業主婦や転職などそれぞれの選択

ワーキングマザーの方のなかには、さまざまな理由から退職を考えることや、退職してその後のすごし方について迷うこともあるかもしれません。今回は、二人目妊娠などワーキングマザーの退職理由と退職後のすごし方の他に、退職金はもらえたかなどについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

退職後どうなる?ワーキングマザーの不安

ワーキングマザーの方のなかには、さまざまな理由から退職を考えることもあるのではないでしょうか。ワーキングマザーをやめたその後の生活について、不安を抱えている方もいるかもしれません。

今回は、ワーキングマザーの退職理由や退職後のすごし方などについてご紹介します。

ワーキングマザーの退職理由

ワーキングマザーの方たちはどのような理由で仕事を辞めようと考えるのでしょうか。実際に聞かれたワーキングマザーの方たちの退職理由についてご紹介します。

家庭に関する退職理由

30代ママ
以前から子どもが小学生になったら仕事を辞めて、自分の気持ちに余裕をもって子どもをサポートする時間を多くとりたいと考えていました。職場にも正直に退職理由を伝えて、子どもが小学校に入学するタイミングで退職しました。
20代ママ
二人目の子どもを授かったのですが、産休や育休をとる間など周囲に迷惑をかけてしまうかもしれないことを考えると気が重かったです。産休前に退職して、二人目がある程度大きくなってからまた働くことを考えたいと思いました。
ワーキングマザーとして家庭と仕事との両立に悩んだ結果、退職を選ぶ方もいるようです。子どもの小学校への入学や、二人目の妊娠をきっかけとした気持ちの変化など、さまざまな退職理由が聞かれました。

仕事内容に関する退職理由

30代ママ
職場で昇進して部下をまとめる立場になったのですが、責任の重い仕事内容で人間関係にも悩むようになりました。しばらく考えましたが、胃が痛くなるなど体調不良もあり退職を決めました。

退職金は出ませんでしたが、勤務の後半で有休をまとめて消化するなど職場も融通を利かせてもらえたのでありがたかったです。
異動や昇進など、職場環境の変化もワーキングマザーの退職理由のひとつとしてあるようです。仕事内容が性格とあわないことや長時間に及ぶ勤務など、ワーキングマザーの方からはさまざまな退職理由が聞かれました。

退職したワーキングマザーのその後

ワーキングマザーの方たちは退職して、その後どのようなすごし方をしているのでしょうか。退職したワーキングマザーの方に聞いた、その後のすごし方についてご紹介します。

専業主婦

掃除をしているママ
sukiyaki/Shutterstock.com
30代ママ
ワーキングマザーとして働いているときに、家事や育児に専念したいという思いが胸の内にありました。二人目の妊娠を機に退職し、その後出産して、今は二人の子どもを育てながら専業主婦をしています。
20代ママ
子どもを保育園に送った後、家事を済ませて趣味の読書などをしています。専業主婦になってからは本も図書館で借りるなど、ワーキングマザーの頃に比べてお金を使わなくなりました。
職場を退職し、その後に専業主婦となったワーキングマザーの方たちの声がありました。ワーキングマザーとしての収入がなくなった分、退職後は家計管理を工夫しているというママや、退職後は自然と衝動買いが減ったというママの声もあるようです。

退職後に二人目の子どもを出産した方からは、二人目が入園するまでは専業主婦をしたいという声も聞かれ、いずれはワーキングマザーに戻りたいと考えている専業主婦の方も少なくないのかもしれません。

転職

30代ママ
家庭との両立に悩んで退職しましたが、その後、また仕事をしたいという思いが大きくなり仕事を探し始めました。今は、通勤や保育園の送迎に便利な近所の職場に勤めています。
退職後に転職して、家庭とのバランスを取りながらワーキングマザーを続けている方もいるようです。転職するとき、休みが取りやすいかなど事前に面接で確認したというママの声も聞かれました。

前職で退職に至ったさまざまな経験も転職活動に活かせるとよいかもしれません。

退職後によかったと感じたこと

ワーキングマザーだったママたちに、退職後によかったと感じたことについて聞いてみました。

時間のゆとり

家族の食卓風景
sirtravelalot/Shutterstock.com
30代ママ
私の場合は、毎日の食事の準備など家のことに時間をかけられるようになりました。ワーキングマザーの頃は、家族の誕生日祝いも直前に準備をするなど慌ただしかったのですが、退職後は子どもといっしょにイベントもゆっくり楽しむことができていると思います。
ワーキングマザーから専業主婦になった方からは、日々の生活を楽しむ余裕ができたことがよかったという声が聞かれました。時間にゆとりがある暮らしは、心も穏やかにすごせそうですね。

家族との時間の充実

30代ママ
退職後、子どもとすごす時間が増えたことがよかったと思います。仕事をしている頃は子どもといっしょに食卓を囲むのは週末のみでしたが、退職してからは毎日ご飯をいっしょに食べながら楽しく会話をすることが増えました。
退職後、子どもとすごす時間が増えたことがよかったと感じたママがいるようです。他にも、夫婦での会話が増えたように感じるというママの声が聞かれました。

二人目の妊娠を機に退職したママのなかには、二人目の出産前に上の子とたくさん遊べてよかったと感じた方もいるようです。

新しいチャレンジ

20代ママ
退職後は、時間のゆとりができたことでアクセサリー作りの趣味を楽しんでいます。お友だちの勧めもあって、この頃は作品をインターネットで販売もするようになりました。

ワーキングマザーをしていた頃の安定した収入に比べたら微々たるものですが、好きなことをしてお金を稼げていることに充実感を得ています。
退職後に、ハンドメイドの趣味を楽しみながら仕事にしているというママの声がありました。他にも、希望の職種に就くための勉強をするなど、新しいことにチャレンジできたことがよかったと感じたママもいるようです。

退職後にやりたいことについて、じっくり考える時間を作ってみるのもよいかもしれませんね。

退職後にやりたいことを考えてみよう

2人の子どものいる家族
szefei/Shutterstock.com


退職したワーキングマザーの方からは、二人目の妊娠や職場環境の変化などさまざまな退職理由が聞かれました。職場を辞めるときに退職金がもらえるかどうかは会社によって異なるようなので、気になる場合は担当者に確認してみるとよいかもしれません。

仕事を辞めて、その後専業主婦になることを選択したママからは、家族ですごす時間が増えたことがよかったという声もありました。退職後にやりたいことや自分がどのように暮らしていきたいのかをイメージしながら、ライフスタイルにあわせて今後のことを考えていけるとよいですね

2020年01月20日

専門家のコメント
11
    あーちん先生 保育士
    出身は田舎なので土地柄なのか、友人は出産を機に退職する子が多かったです。子どもが2歳くらいまでは専業主婦で、それからパートをしていました。
    家庭と仕事の両立は大変なので、よく考えて仕事をどうするか夫婦で話し合えるといいですね。
    まるまる先生 保育士
    時間に余裕のある暮らしに憧れて、一度退職をしました。
    凝った手料理、ハンドメイド、資格取得…色々やってみましたがやはり仕事復帰をしたくなり、元に戻りました。
    辞めてみて、やはり仕事が好きだったんだなと感じました。

    子どもたちを、保育園→幼稚園→子ども園と転園させた事が申し訳なかったな…とも思っています。
    こいまま先生 保育士
    幼稚園勤務だったため、担当クラスの子どもたちの卒園のタイミングで退職しました。
    理由は結婚して2年、そろそろ子どもが欲しいと思ったことと、子どもとの時間を第一に考えたがったからです。
    上の子が年長、下の子が2歳で未満児クラスに入園するまでこどもたちとじっくりかかわることができました。
    今は公立の保育園でパートで働いていますが、子どもの行事や体調に応じて休みもとりやすく、とてもありがたいです。
    ぺち先生 保育士
    妊娠を機に退職しましたが、子どもが生まれて少し落ち着いたら復職する予定です。共働きでないと生活が厳しいので、、なるべく子どもが小さいうちは一緒にいてあげたいですよね、、!
    すみっこ先生 保育士
    結婚後、妊娠をしたら退職をしようと決めていました。妊娠発覚後、年度末を待ってキリの良いところで退職をしました。 二人目が産まれたころに、『保育士をやりたい』気持ちがあふれでて子連れ出勤のできる保育園を探しました。ありがたいことに、すぐに見つかりしばらく子連れ出勤で働きました。子育てを優先とした働き方が条件なので、しばらくフルでの勤務はするつもりはありませんがずっと保育士は続けていきたいと思っています✨
    りお先生 保育士
    転勤族の夫のため、育児休暇満了とともに辞めました。私の仕事は基本的に転勤できる仕事ではなかったので一緒に住むために。

    今でも働きたい気持ちはありますが、地元でなく、近くに頼れる人もいないので、子ども3人いて、いつ次の転勤があるのかも分からず、働きたくても働けない感じです。

    ただ、子どもが3人いる専業主婦は、小学生、幼稚園児、未就園児の日々の対応と家事で結構忙しくて、なかなか自分の時間が持てないのが現状です💦

    子どもたち、毎日のように学校等終わったら公園行くので、私は毎日1、2時間公園遊びに付き合ってます😁
    子どもたち、毎日遊びために生きていて、楽しそうですよ!

    今は母として、全力で子どもたちに付き合い、向き合おうと思っています♪
    あゆみ先生 保育士
    長年幼稚園、保育園に勤めていましたが、結婚、転居を機に退職しました。元々子どもが生まれたら自分で見たい気持ちが強かったのもあり、専業主婦になりました。幸いすぐに赤ちゃんを授かり、出産までもう少しです。
    結婚前からの希望を叶えてくれた主人に本当に感謝しています。
    子どもとのかかわりや距離感、家庭の事情などそれぞれだと思うので、自分が納得出来る形を選択出来ると良いですね。
    とーち先生 保育士
    学校を卒業して保育園にずっと勤めていました。

    子どもが産まれ、パートになり、二人目が産まれて、2年後退職。

    子どもとゆっくり過ごす時間が欲しかったのが退職の主な理由です。

    専業主婦になって、以前よりは子どもとゆっくり過ごせるようになったと思います。

    我が子と過ごす時間を確保しながら、また働けたらなぁと思っています。
    はつみ先生 保育士
    妊娠を機に退職しました。
    私自身も子育てを自分の手でやりたいという気持ちがあったのと、主人に我が子を他人に預け、私が他人の子を見るのは少し嫌だと言われ、退職を決心しました。
    いずれ、少し手が離れたら復職したいです。
    さと先生 保育士
    女性の社会進出が進んだことや長引く不況もあり専業主婦を良く思わない人たちもいます。
    しかし、小さなお子さんがいる親が家庭のために仕事を辞めて家庭に入るのもいい選択だと思います。
    経済状況に恵まれていれば、できるだけ小さいうちは子どもの側にいてやりたいと思うのは自然な気持ちです。
    子どもが大きくなったらまた仕事に復帰しやすい社会になればいいなと思います。
    あー先生 保育士
    わたしも最近退職しました場合は子どもの学童問題と妊娠中のつわりでした💦退職後はお金を節約しながら専業主婦をしていますが、やはり産後働くと思うとこどもの学童問題に悩んでいます💦子育てしながら働くのはなかなか難しいですよね💦

仕事の関連記事

カテゴリ一覧