時短勤務で正社員転職するには?職探しのポイント

時短勤務で正社員転職するには?職探しのポイント

労働時間や制度について

職場復帰をしても以前のように働くことが難しいと考えているママもいるでしょう。育児中のママたちの中には時短勤務で働いている方も少なくないようです。今回は、時短勤務という制度や勤務時間、時短勤務で働くためのポイントなどをご紹介します。

時短勤務ができるように転職したい

育児中のママやパパは、育児と家事を両立するために時短勤務で働きたいと考えている人もいるかもしれません。

時短勤務とはどのような制度なのでしょうか。厚生労働省の資料より法律で定められた制度の詳細と、時短勤務の仕事に転職しようとしたときのポイントについて、まとめました。

短時間勤務制度

一般的に時短勤務と呼ばれる働き方は法律上で定められた制度に基づいています。

厚生労働省の資料によると、法律で定められた短時間勤務制度は、条件を満たした人であれば誰でも利用できるようです。また、適用を受けるための手続きは基本的に事業主が行うとされています。

短時間勤務制度の対象

厚生労働省の資料から、対象者の条件をご紹介します。

・3歳に満たない子を養育する労働者であること
・1日の所定労働時間が6時間以下でないこと
・日々雇用される者でないこと
・短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業をしていないこと
・労使協定により適用除外とされた労働者でないこと

上記5点の要件に当てはまる場合は制度を活用できるようです。

短時間勤務制度の内容

デスクに並んだ仕事の資料とパソコン
iStock.com/baona

厚生労働省の資料によると、短時間制度は以下のような内容になります。

・短時間勤務制度は、1日の所定労働時間を原則として6時間とする措置を含むものとしなければならない

・「原則として6時間」とは、所定労働時間の短縮措置は、1日の所定労働時間を6時間とすることを原則としつつ、それぞれの事業の労働時間によって、短縮後の所定労働時間について、1日5時間45分から6時間までを許容する趣旨である

・1日の所定労働時間を6時間とする措置を設けた上で、そのほか、所定労働時間や所定労働日数を調整することも可能で、労働者の選択肢を増やす望ましいものである

制度の内容をしっかり確認することで、自分が働くスタイルを明確にすることができそうですね。

出典:短時間勤務制度(所定労働時間の短縮等の措置)について / 厚生労働省

時短勤務で仕事をするには

時短勤務で働きたいときや転職したいと考えたとき、自分に合った仕事をどのように探すとよいのでしょうか。ママたちの体験談を紹介します。

直接企業へ応募する

30代ママ
どうしてもやりたい職種があり、興味を持った企業があったので、時短勤務の詳細事項は求人情報に記載されていませんでしたが、挑戦しました。
30代ママ
前職を活かせそうな企業が時短勤務の正社員を募集していたので、応募してみました。
30代ママ
未経験の職種でしたが、未経験可で時短勤務の正社員を募集していたので、応募しました。

自分が就職したい企業が見つかる場合は、直接企業へ応募してみるのもよいかもしれません。

応募前に時短勤務可能かどうかなどの情報を知ることは難しいようですが、採用試験の場では熱意をしっかりアピールした上で、確認できそうであれば確認してみてもよいかもしれませんね。

転職サービスから求人を探す

パソコンを見る女性
naka - stock.adobe.com
30代ママ
時短勤務に特化した働くママのための転職サービスに登録しました。

転職サービスを利用すると、自分が求める条件を絞って求人を探すことができるので便利ですね。女性のキャリア支援が充実しているサービスを選ぶと探しやすいことがあるようです。

マザーズハローワークを利用する

30代ママ
マザーズハローワークは子どもを見てくれるキッズスペースがあり、子どもがいる方も安心して利用できます。また、育児中のママ専用の求人を紹介してくれるので、たくさん利用しました。仕事以外のことも相談できて、とても信頼できます。
30代ママ
子どもの預け先が決まっていなくても、預けるためにどのようなことをすればよいのか、仕事探しと平行して教えてくれました。働ける時間帯や希望する給与、正社員なのかパートなのかなど、細かいところまできちんとフォローしてくれます。

とても親身になって相談に応じてくれるので、積極的に利用したというママの声もありました。

予約は不要で、それぞれの方の状況に応じた職業相談を行っているようです。時短勤務はもちろん、正社員やパートで働きたいときも、条件を絞って仕事を紹介してくれるので安心ですね。

出典:マザーズハローワーク東京

産休育休明けに時短勤務へシフトする

30代ママ
育休明けからは時短勤務に変えました。まだ小さい子どもの面倒を見ながらなので、理解ある会社で良かったと思いました。

子どもを出産する前にフルタイムで働いていた場合も、職場復帰するとき、正社員のまま時短勤務に切り替えているママも多いようです。

職場復帰の際は、どのようなスタイルで働きたいのか、会社へ自分の意向をきちんと伝えるようにしましょう。

希望を上手に伝える方法

面接時に育児中であることを会社にしっかり理解してもらうにはどうしたらよいのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

30代ママ
自分の今まで培ってきたスキルをしっかりアピールするようにしました。
30代ママ
時短勤務は、ほかの方より時間的に不利な点も多いので、迷惑がかからないように業務を行う際は成果を出したいという前向きな姿勢を示しました。

それぞれのママが時短勤務の特性をきちんと理解して、それに対するアピールポイントを伝えたり、前向きな姿勢で採用試験に臨んでいるようですね。

時短勤務で育児と仕事を両立しよう

赤ちゃんを抱くママ
iStock.com/itakayuki

子育て中のママの中には、キャリアアップしたいと思っている方もたくさんいるでしょう。

キャリアを諦めずに、育児と仕事を両立するためにも、自分に合ったスタイルで前向きに働くことができるとよいですね。

2019年12月23日

専門家のコメント
12
    のの先生 保育士
    私は今育児休業中ですが、復職する際は短時間勤務で働こうと思っています。子どもが可愛いので、
    ぽんた先生 保育士
    時短の正社員、あこがれますが、一般には、下の子が3歳までというのが多く、私は下のこが3歳す
    いちぽ先生 保育士
    育児休業中で、復職するときは短時間勤務で働こうと思っています。
    うちの園は早番遅番があるの
    あー先生 保育士
    時短勤務をするのも色々な方法があると知れて良かったです!わたしの地域ではなかなか難しいです
    ひで先生 保育士
    時短正社員はなかなか難しい道ではあります。ただ福利厚生等やはり正社員の方が何かあった時安心
    まい先生 保育士
    子どもの状態と自分が本当に復帰できるのか無理はないかそこが1番大切かと思います。。
    無理し
コメントをもっと見る

仕事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ