主婦の働き方について気になること。仕事を探すときのポイントなど

主婦の働き方について気になること。仕事を探すときのポイントなど

ママたちが選んだ仕事と働き方

そろそろ働きたいと考え、正社員やパートなどどのような働き方をするかや、収入は130万円未満にした方がよいのかなど、気になることがある主婦の方もいるかもしれません。今回は、主婦が仕事を探すときのポイントやママたちが選んだ仕事と、働くときに意識していることをご紹介します。

主婦の働き方について気になること

子どもの入園や入学などをきっかけに仕事を始めようと考えたり、働き方を見直そうと思ったりするママもいるのではないでしょうか。ママたちに話を聞くと、仕事の見つけるときのポイントや、働くようになったら何を意識したらよいかなどが気になる方もいるようです。

ママのなかからは、他のママたちはどのような仕事をしているのか知りたいという声も聞かれました。

今回は、主婦の仕事の見つけ方や働き方について、働いているママたちに聞いてみました。

主婦が仕事を見つけるときのポイント

働こうと思ったとき、どのようなことを考えて仕事を見つけたらよいのか気になるママもいるようです。主婦が仕事を見つけるときに考えるポイントについて聞いてみました。

家事育児との両立ができるか

40代ママ
私が仕事を見つけるときは、家事や育児と両立できるかを一番に考えました。内容や勤務時間が、なるべく私生活にさしつかえないような仕事を選びました。
30代ママ
事前に、自分のなかで仕事をする上で譲れないことを考えてまとめておきました。入社した後に思っていたのと違うと後悔しないように、面接のときにきちんと希望を伝えることも大切だと思います。
仕事内容や勤務時間を考えたり、事前に守りたい条件などを考えたりして、無理せずに家事育児と仕事が両立できるような職場を選んだママがいるようです。ママのなかには、子どもの病気で急に休んでも大丈夫な仕事を見つけたという声もありました。

通いやすさ

通勤する女性
leungchopan/Shutterstock.com
20代ママ
朝や夕方は子どもの世話や食事の準備で忙しいので、なるべく自宅から近い場所で働きたいと思いました。職場と自宅が近いとお昼休みに一旦自宅へ帰り、洗濯物を取り込んだり夕食の下準備をしたりとちょっとした家事をすることもできます。
仕事を選ぶときは、通勤のしやすさもポイントになりそうです。ママのなかからは、仕事が終わったらなるべく早く子どもを迎えに行かれるように、保育園の近くで仕事を見つけたという声も聞かれました。

未経験やブランクがあっても働けるか

30代ママ
専業主婦の期間が長かったので、きちんと仕事を教えてもらえる職場がよいと思い、「未経験者歓迎」と記載されている仕事を選びました。研修がきちんとしていたので初心者の私でも安心して働くことができました。
研修などで仕事をきちんと教えてもらえると、未経験やブランクがあっても働きやすいかもしれませんね。ママのなかからは、職業訓練や通信講座などで知識や技術を身につけたという声も聞かれました。

ママたちが選んだ職種

主婦はどのような仕事をしているのか気になるママもいるようです。実際に、どのような仕事をしているのか働いているママたちに聞いてみました。

事務

20代ママ
私は、伝票の入力や書類整理などの事務をしています。今は子どものお迎えのために定時で帰りたいのでパートとして働いていますが、子どもが大きくなったら正社員になるつもりでいます。
将来、正社員になろうと考えパートとして事務の仕事をしているママもいるようです。ママのなかには、デスクワークが多いので比較的疲れにくく、家に帰ってからの家事や育児もこなせるという声もありました。

接客

カフェ
iStock.com/Artit_Wongpradu
30代ママ
パートとして飲食店で接客の仕事をしています。未経験の仕事だったので最初は戸惑いましたが、慣れてくるとお客様とのちょっとした会話が楽しく感じられるようになりました。1カ月ごとのシフト制なので、子どもの休みや行事にあわせて休みが取りやすく主婦にとってはありがたいです。
30代ママ
アパレルショップで時短社員として働いていて、勤務時間は10時から18時、日曜日は休みになっています。子どもができたときに仕事を辞めようか悩みましたが、好きな仕事だったので時短社員になり仕事と子育ての両方をがんばっています。
飲食店やアパレルショップでパートや時短社員として仕事をしているママもいるようです。ママのなかからは、スーパーやコンビニなどの仕事をしているという声も聞かれました。

コールセンター

20代ママ
人と話すことが得意だったのでコールセンターでパートとして働いています。お客様の顔が見えないのでより丁寧な言葉遣いや話し方が必要ですが、研修が充実しているので未経験でも挑戦しやすいと感じました。
得意なことを活かしてコールセンターの仕事をしているママもいるようです。ママのなかには、希望の曜日と時間帯で働けるのもコールセンターの仕事を選んだ理由のひとつという声もありました。

主婦が働くときに意識していること

主婦が働くときに意識していることを聞いてみました。

収入

40代ママ
私のパート先では、年収130万円を超えると夫の扶養から外れて自分で社会保険に加入が必要と聞きました。自分の収入が130万円を超えないように計算しながら働いています。
健康保険や社会保険の扶養対象になるように、収入を130万円未満に抑えるようにしているママもいるようです。ママのなかには、将来のことを考えて働けるときに働き貯金をしたいという声もありました。

働く時間

20代ママ
週4日間、10時~15時まで働いています。自分の時間も子どもとの時間も大切にしたいので、余裕のある働き方を選びました。
家事育児と仕事の他に自分の時間をもてるように働く時間を考えたママもいるようです。ママのなかからは、普段の生活の空いている時間に働くようにしたという声もありました。

家事の分担

30代ママ
仕事を始める前は、私がほとんどの家事を行なっていましたが、仕事を始めるときに家族で話しあい、みんなで役割分担をすることにしました。夫や子どもが家事をやってくれたら必ず感謝の言葉を伝えるようにしています。
ママが働くことになったら、家族で家事を分担してママの負担を減らすことも必要かもしれませんね。ママのなかには、便利家電を導入したという声もありました。

自分にあった働き方をしよう

パソコンをするママと赤ちゃん
iStock.com/Yagi-Studio

働きたいと考える主婦の方もいるようですが、仕事を見つけるときは家事育児との両立ができるかや、通勤のしやすさなどを考えて選ぶとよいかもしれません。実際に事務や接客などさまざまな業種で時短社員やパートなどとして主婦の方は働いているようです。

扶養の範囲で働くように年収を130万以内にするなど、働き方も意識したいことかもしれません。さまざまな選択肢を考えながら、自分にあった働き方ができるとよいですね。

2019年10月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ