共働き家庭の子どもの夏休みの過ごし方。働き方や休めないときの対応

共働き家庭の子どもの夏休みの過ごし方。働き方や休めないときの対応

幼稚園の夏休みの過ごし方のコツ

共働きの場合、幼稚園が夏休みの間の子どもやママ自身の過ごし方や、お昼ごはんなどはどのように用意したらよいのか気になることもあるのではないでしょうか。今回の記事では、ママやパパの夏休み中の働き方や仕事が休めないときの対応と、過ごし方のコツについてご紹介します。

共働き家庭が幼稚園の夏休みについて気になること

共働きの場合、幼稚園の夏休み中どのように過ごしたらよいのかなど気になることもあるのではないでしょうか。共働きのママやパパに幼稚園の夏休みについて気になることを聞いてみました。

20代ママ
夏休み中は、なるべく子どもといっしょに過ごす時間を作りたいと考えています。仕事と育児を両立させるために、どのようにバランスをとったらよいのか悩みます。
30代パパ
夏休み期間でも夫婦ともに仕事を休むことができないので、夏休み中は子どもをどこに預けたらよいのか気になります。子どもを安心して預けられる方法を知りたいです。

幼稚園の夏休み中の仕事と育児のバランスのとり方や、仕事を休めないときの子どもの預け先が知りたいという声がありました。実際に、共働きの場合、幼稚園の夏休み中はどのような過ごし方をしているのか聞いてみました。

共働き家庭の夏休み中の働き方

普段共働きをしているママとパパに、夏休み中はどのような働き方をしているのか聞いてみました。

働く時間を調節する

時計をチェックする女性
iStock.com/seb_ra
30代ママ
私の仕事がシフト制なので、夏休み中は夫が休みの日だけ働くようにしました。夫には夏休み中の数日間有給を使ってもらうなどして、なるべく子どもといっしょに過ごすようにしていました。
20代ママ
私が仕事を1日休むと業務が止まってしまうので、夏休み中は午前中だけ仕事をするようにしています。家に帰ってから子どもたちといっしょにお昼ごはんを食べて、午後は子どもとプールに行ったり図書館に行ったりして過ごしています。

共働きのママやパパは夫婦で交互に休んだり、働く時間を短くしたりと工夫しながら働く場合もあるようです。ママやパパのなかからは、パパは会社のお盆期間中、ママはお盆以外を休むようにしたという声も聞かれました。

いつも通り働く

40代パパ
妻も私も正社員で働いているため、幼稚園の夏休み中仕事を休むことができません。夏休み中の平日の預け先として、実家や近所の人、ベビーシッターなどさまざまなパターンを考えました。
20代ママ
我が家は私の両親と同居しており、子どもをみていてくれるので夏休み中も私たち夫婦はいつも通り仕事をします。夏休み期間はなるべく定時で帰り、夕方から公園で遊ぶようにしています。

幼稚園の夏休み中でも仕事を休めず、周りの人に協力してもらい働いているママやパパもいるようです。パパやママのなかには、子ども連れて会社に出勤することができるのでいつも通り働いているという声もありました。

夏休み中仕事を休めないときの対応

共働きのママやパパに、仕事が休めない場合の夏休み期間の子どもの預け先について、聞いてみました。

幼稚園の預かり保育

幼稚園
iStock.com/onurdongel
40代ママ
うちの子が通っている幼稚園は、夏休み中預かり保育をしてくれるので幼稚園に預けています。行き慣れた幼稚園なので子どもも親も安心して過ごせます。

夏休み中、幼稚園で預かり保育をしてくれることもあるようです。ママやパパのなかには、夏休み中の預かり保育は、地域のお祭に参加したり流しそうめんをしたりと楽しいプログラムが盛り込まれているため、子どもも楽しみにしているという声がありました。

祖父母に預ける

30代ママ
祖父母の家が近所にあるので、仕事がある日は祖父母の家で子どもを預かってもらっています。子どもは祖父母が大好きなので毎回祖父母の家に行く日を楽しみにしています。

祖父母が近くに住んでいる場合は祖父母に預かってもらうこともあるようです。他にも、叔父や叔母など親戚に預かってもらうという声もありました。

ママ友と協力する

20代ママ
私の周りは、働いているママが多いので仲のよいママと交代で子どもを預かるようにしています。気持ちよく預かれるように、お昼ごはんやおやつは持参するなど預かるときのルールを事前に決めておきました。

ママ同士で子どもを預かりあうこともあるようです。ママやパパのなかには、映画の上映会やクッキングなどを計画し、夏休み中のイベントの1つとして楽しんでいるという声もありました。

幼稚園の夏休みの過ごし方のコツ

幼稚園の夏休みの過ごし方が気になるママやパパもいるようです。実際にどのようなことを意識して過ごしたのか聞いてみました。

生活リズムに気をつける

40代ママ
夏休み中は生活リズムが崩れがちで夏休み明けになると朝起きられなかったり、体調を崩したりすると聞いたので、夏休み中は生活リズムに気をつけました。寝る時間が遅くなることがありましたが、朝は決まった時間に起きるようにしていました。

夏休み中も規則正しい生活をするように意識したママがいました。ママやパパの中には、お昼ごはんや夕ごはんがしっかり食べられるようにおやつの食べすぎに気をつけたという声もありました。

夏休み中の目標を立てる

30代パパ
年長になって自転車に乗る練習をするようになったのですが、なかなかできず悔しがっていたので、夏休み中にできるようになると目標を立てました。毎日練習をして1人で乗れたときは、子どもも私も嬉しかったです。

夏休み中に目標を決め、親子で取り組んでみるのもよいかもしれません。ママやパパのなかには、失敗して涙を流しながらも歯を食いしばってがんばる姿や、できたときの嬉しそうな笑顔などを通して、子どもの成長を感じることができたという声もありました。

夏休みならではの体験をする

30代パパ
夏休みは、普段できない体験をさせてあげたいと思いキャンプに行きました。火を起こしてごはんを作ったり自分たちで張ったテントの中で寝たりとすべてが新鮮で楽しそうでした。

夏休みならではの楽しみ方を考えると、子どもとの絆もより深まるかもしれません。ママやパパからは、夏休みなどの長期休みでなければ行けないような所へ家族旅行するという声も聞かれました。

夏休みの過ごし方を工夫して楽しもう

公園でサッカーする子ども
iStock.com/recep-bg

共働き家庭では幼稚園の夏休み中、ママとパパの休みを調節したり預け先を探して普段通り働いたり工夫して過ごしているようです。仕事を休めない場合は、幼稚園の預かり保育や祖父母にお願いする他に、お昼ごはんを持参するなどルールを決めてママ友と協力するという声もありました。

夏休み期間中も子どもの生活リズムに気をつけ、夏休みならではの体験などをして楽しい過ごし方ができるとよいですね。

2019年06月29日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

仕事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ