出産のエピソード。ママたちの今だから笑える話や初産の体験

出産のエピソード。ママたちの今だから笑える話や初産の体験

旦那さんの面白い話など

初産でも2人目以降でも、出産はママや家族にとって特別な体験なので、他のママたちの出産エピソードを聞きたいと思う方もいるかもしれません。今回の記事では、今だから笑える出産エピソードや、旦那さんの面白いエピソードなどをママたちの体験談を交えてご紹介します。

笑える出産エピソードが知りたい

出産
szefei/Shutterstock.com

出産は、ママや家族にとって大きな思い出の一つですよね。特別な体験だからこそ起こる旦那さんや周りの家族、病院スタッフの一生懸命な行動が振りかえってみると笑えるエピソードになることもあるかもしれません。 ママたちの面白い、笑える出産エピソードについてまとめてみました。

今だから笑えるママたちの出産エピソード

出産は、人それぞれにさまざまなエピソードがあるようですが、ママにとって思い出深いシーンとして刻まれているようです。ママたちの出産にまつわる今だから笑えるエピソードを聞いてみました。

大声がサイレン

30代ママ
初産のとき出産に立ち会った旦那さんから、陣痛が来たときの「あーーーー!」の叫び声が、甲子園のサイレンのようで笑いをこらえるのに必死だったと言われました。思い返すと確かにサイレンのようで、声もガラガラになったので次の出産では気をつけようと思いました。
陣痛のあまりの痛さに、叫びすぎて声が枯れてしまったママもいるのではないでしょうか。普段のママと違う姿に驚いたという旦那さんの声も聞かれました。 

暴れすぎてボサボサヘア

30代ママ
無事に出産を終えて車いすに乗せられ病室に戻るとき、何気なく鏡を見ると出産に向けてカットしたショートヘアが、研究に失敗した博士のような爆発頭になっていました。看護婦さんや妊婦さんともすれ違ったので、顔を隠したい気持ちでいっぱいでした。
出産を終えた自分の姿に驚いたというママもいるようです。痛みに耐えるための行動が、思い返すと笑えるということもあるかもしれません。

バランスボールで跳ねる

20代ママ
初産のときは陣痛がきても赤ちゃんがなかなか下がってきてくれず、助産師さんに「バランスボールに乗ろう!」と提案されました。痛みに耐えながら旦那さんに手を握られバランスボールに乗って跳ねていた自分の姿は、今思い返すととても笑えます。
陣痛中に、バランスボールに乗る経験をしたママもいるようです。出産では思いもよらない体験をしたママもいるようで、分娩台ではなく好きな体勢で出産できる産院でいろいろ試した結果、かなりアクロバティックな状態で出産したママもいるようです。

ベッドを分解

30代ママ
陣痛のあまりの痛さにもがいていると、頭がベッドのサイドレールにすっぽり入ってしまいました。痛みもピークだったのでネジを外して分解してもらい首にサイドレールをつけたまま出産しました。

参考になればと学生研修スタッフの入室の許可もしていたのですが、特殊な事例を見せることになったかもしれません。
ベッドのサイドレールを分解して出産したというママの話が聞けました。あまりの痛みにいきみすぎて足に力が入り、分娩台の一部を壊してしまったというママの声もありました。

旦那さんの面白いエピソード

パパ
szefei/Shutterstock.com

出産にまつわる旦那さんの面白いエピソードをママたちに聞いてみました。

誰の汗?

30代ママ
立ち会ってる旦那さんに看護師さんが「汗拭いてあげて」と言ってくれたのですが、何を勘違いしたのか旦那さんが自分の顔を拭きだしたので分娩室は大爆笑でした。
出産に立ち会った旦那さんが、どうしてよいのかわからずあたふたしてしまうこともあるようです。ママがしてほしいこととはまったく違うことを旦那さんがしてくれた、というママの声も聞かれました。 

大号泣

40代ママ
うちの旦那さんは感動しやすい熱い男なのですが、初産だったこともあり出産時は人目をはばからず「パパはここにいるぞーーー!ウォーー!!!」と叫びながら大泣きしていました。出産を終えて助産師さんから、あんなに号泣する旦那さんは初めてでしたと笑いながら言われました。
ママや産まれてくる我が子を思い、泣いてしまう旦那さんもいるようです。安産を願う一生懸命な旦那さんの姿は、面白いエピソードでもあり素敵な話でもありますすね。 

精一杯の撮影

20代ママ
2人目の出産では、旦那さんにビデオ撮影を頼んでおきました。私の陣痛がピークに近づくと旦那さんもパニックになってしまったようで、録画ボタンを押してビデオカメラは放置されていました。 出産を終えて確認すると、出産中の私の雄叫びと旦那さんの背中が撮れているだけでしたが、それもよい思い出として残してます。
初産でなくとも、出産の瞬間は誰もが一生懸命になるようです。他にも、旦那さんに生まれた瞬間の写真撮影をお願いしたところ、パニックでレンズのキャップを外すのを忘れてしまい、真っ黒の写真ばかりを撮ってしまったパパもいるようです。

ママや旦那さん以外の笑えるエピソード

出産中は、ママや旦那さん以外でも笑えるエピソードがあるようです。ママたちの体験談をご紹介します。

助産師さんと先生の言いあい

20代ママ
陣痛中、痛がる私の横でこのまま自然分娩か帝王切開かで助産師さんと先生の言いあいが始まりました。今では笑い話ですが、当時は「どっちでもいいから早く決めて!」と思っていました。
ママが見た病院スタッフの方の笑えるエピソードも聞くことができました。他にも、破水した後の診察中に先生が知りあいの親族だったことが判明し、点滴などの処置をしながら挨拶したのが忘れられないといった話を聞かせてくれたママもいました。

ロックンロールで出産

30代ママ
カーテンで仕切られた向こうに別の妊婦さんが連れて来られ、助産師さんが「音楽でもかけましょうか」とオーディオのスイッチ入れると、流れてきたのは癒やし系やオルゴールの音色ではなくかなりのハードロックでした。ロックンロールが聴こえるなか出産したのは、今でも忘れられません。
同じ瞬間に出産を迎えた別の妊婦さんとのエピソードを聞くことができました。出産のタイミングが同じだったことから、ママ同士仲よくなったという声もありました。

出産エピソードは人それぞれ

出産
Kati Finell/Shutterstock.com
出産にまつわる今だから笑えるママや旦那さん、病院スタッフなどの面白いエピソードをご紹介しました。初産で何もかも初めての驚いた経験や経産婦だからこそ感じた不安も、出産を終え振り返ってみると面白いと感じることもあるかもしれません。 面白い、笑える出産エピソードも、家族のよい思い出として残していけるとよいですね。

2020年03月23日

専門家のコメント
16
    ゆか先生 保育士
    初産でも7時間だったので二人目の時は主治医の先生に怪しいと思ったらすぐ来てくださいっての言われていました。
    里帰りをしていたので主人にもその話をしたらすぐに連絡をくれれば向かうからと言われていました。
    陣痛らしきものが来たので主人に連絡し、病院にいったらまだ大丈夫だと返されました。
    様子見るために主人も数日いてくれたのですが何事もなかったので帰っていきました。
    それが二回もありました💦
    さすがに仕事を休んで来てくれてるので申し訳なく思ったし、主人も今度は確実になってから連絡かほしいと言われました。
    3回目は受診してにゅういんになったときに連絡をいれたら結果間に合いませんでした(笑)
    代わりに自分の母親が立ち会ってくれました(笑)
    ゆきな先生 保育士
    出産してからその後の入院までいちにち1つは面白いことがありました!!
    なにせ新生児めっちゃぶりぶりうんちするので4人部屋の私は自分と思われたくなくうんたでたねーっと言ってからオムツかえてました!わら
    ぽんた先生 保育士
    二人目のとき、陣痛の合間に便意があったものの、トイレで出なくてそのまま出産。いきんでいる途中に多分、でた、、(≧▽≦)
    すみっこ先生 保育士
    本文の記事、またみなさんのエピソード楽しく読ませてもらいました🤭💕

    長女も次女も陣痛らしき腹痛が始まってから2時間弱、分娩台に乗って30分程で誕生しました。

    次女はなんといきみ二回で誕生~!

    予想以上に進みが早く、先生が急いで分娩室に入ってきました😂
    のの先生 保育士
    陣痛が辛すぎて、「次は絶対無痛にする、次は絶対無痛にする」と旦那にめちゃくちゃ言いました。あの痛みは絶対忘れられません…
    のんの先生 保育士
    私が陣痛に必死で耐えていて、主人は隣でずっとカメラで撮ってました。しかも!すんごいフラッシュで(笑)
    2分間隔になり「みず」とわたしが言うと、主人が水を用意して、ベットをリモコンで起こし90度に、、
    おこしすぎてベットがこわれて、90度のままずっと陣痛にたえてました。
    お互い20歳だったので、いろんなことにテンパってましたし、主人はずっとふざけてました。ですが、生まれたときは、主人がめちゃくちゃ泣いていて、驚きました
    まあ先生 保育士
    出産経験ないのですが、みなさんそれぞれエピソードがあって、きっと生まれる時は痛いのだと思いますが経験してみたいと思いました。
    cocoまま先生 保育士
    振り返れば笑える事ありますよね笑陣痛中に主人の運転する車で移動しましたが少しの振動でも痛くてギャーギャーでした笑涙
    あき先生 保育士
    緊急帝王切開でした。急遽旦那のみ立ち会いでバースプランなんて全スルーになってしまいましたが、私が麻酔薬の副作用で全身ガタガタ震えているのを見て、怖がっていると思った旦那が一生懸命「〇〇ちゃん(私の名前)大丈夫!ここにいるよ!大丈夫だからね!」と分娩室で繰り返していました。意識はあるので「これ、副作用だから怖くて震えてるんじゃないから大丈夫だよ。」と言うと「あ、、、」と我に返っていました(笑)嬉し恥ずかしです(笑)
    おはぎ先生 保育士
    一人目のときは陣痛中は余裕がないと思ったので、産まれる直前で分娩室に主人を入れて下さいとお願いしていました。必死な姿に何をしたらいいか分からず、とりあえずドラマのように手を握ってあげようと思ったそうですが助産師さんからいきみで思いっきり握るので危ないです!って止められたそうです(笑
    せおみ先生 保育士
    3人目の出産の時、夜中の出産だっのですが、主人と姉2人を起こして一緒に病院に行きました。子どもも車に運ばなくてはいけないので陣痛に耐えながら自分で荷物を持ち、起こされて泣いている子どもをなぐさめながら病院へ向かいました。到着しすぐに分娩になりました。主人と子どもたちは廊下でビデオを撮りながら誕生を待っているのですが、もう、三女の泣き声がしているのに、まだかなー。赤ちゃん楽しみだね。と話していました。早すぎて我が子だと気がつかなかったみたいです。
    なごみ先生 保育士
    初めての出産だったので色々バースプランを考えていたのですが、予定日から13日も過ぎ、促進剤の点滴を3日使った結果、子どもの心肺が落ちていった為緊急帝王切開になり立会いも何もできずでした、、、。
    こと先生 保育士
    里帰り出産だったのですが、ちょうど夫が遊びに来てくれてるときに破水して陣痛からずっと付き添ってくれて無事に立ち会い出産ができました😊✨
    予定日は1月でしたが、名前をクリスマスに生まれたら、この名前!他の日ならこの名前にしよう!と考えていたら見事クリスマスイブ出産になりました🥰
    こいまま先生 保育士
    私は本当は嫌だったのですが、旦那の希望で立ち合い出産にしました。
    陣痛の時腰をさするのも下手だし、なんだかそわそわしているのが目に入って気になるなーなんて思いながらも出産しましたが、
    子どもが生まれると、「何も出来なくてごめん。おつかれさま。ありがとう。」と涙目で言ってくれました。今でも忘れません。
    あーちん先生 保育士
    出産前にいろいろな方の体験を読んで面白かったり、大変そうだと実感したり、自分はどうなるか未知でしたが、とにかく夢中でした。。
    面白いエピソードは特になかったですが、赤ちゃんと会えた時の感動は一生忘れません♡
    めい先生 保育士
    里帰り中に陣痛が始まって夫に連絡しましたが、義両親たちの方が早く着き、抱っこした写真を家族のグループLINEに。

    夫は向かってる最中の飛行機の中で写真を見て、立ち会えないかもと覚悟はしていましたが羨ましがっていました(笑)

家族の関連記事

カテゴリ一覧