イヤイヤ期の子どもが寝ないとき。ママやパパたちの寝かしつけの工夫

イヤイヤ期の子どもが寝ないとき。ママやパパたちの寝かしつけの工夫

1歳児や2歳児が寝ない理由

2歳児などイヤイヤ期の子どもを育てるママやパパのなかには、なかなか子どもが寝ないことで悩んでいる方もいるかもしれません。今回は、イヤイヤ期の子どもが寝ない理由やスムーズに寝つけるように工夫したことについて、1歳半から2歳半の子どもがいるママやパパたちの体験談をもとにご紹介します。

イヤイヤ期とは?

「イヤイヤ期」とは、子どもの成長と共に自分の考えなどを主張するようになる時期を指すそうで、2歳前後にイヤイヤ期を実感するママやパパもいるようです。1歳半頃から着替えやお風呂などを嫌がるようになったというママの声や、2歳になってから呼びかけに対して「イヤ」と言う場面が増えたというパパの声がありました。

子どもによってイヤイヤ期の時期や行動はさまざまかもしれません。イヤイヤ期の子どもを育てるママやパパのなかには、子どもが寝ないという悩みの声も聞かれました。

イヤイヤ期の子どもの睡眠に関する悩み

ママやパパたちに、イヤイヤ期の子どもが寝ないときの様子について聞いてみました。

寝かしつけに時間がかかる

2歳児のママ
2歳半の息子は布団に入ってもなかなか寝ないことが多く、寝つくまでに3時間かかることもありました。よく遊んだ日など疲れているだろうから早く寝かせようと思うのですが、早く布団に入っても結局いつもの就寝時間まで寝ないこともあり、息子が寝ない理由がわかりません。
イヤイヤ期に子どもがなかなか寝ないという悩みをもつママやパパたちのなかから、疲れていて眠たいはずなのに、なかなか寝つけない様子だという声が聞かれました。寝かしつけに時間がかかって大変だと感じているママやパパもいるようです。

子どもが布団に入りたがらない

2歳児のパパ
好きな電車のおもちゃで遊んでいるときなど、寝室に行こうと声をかけても息子は聞きません。おもちゃを片づけようとしても「イヤ!」と言うので、寝室に誘うタイミングが難しいです。
1歳児のママ
1歳半の娘は布団をかけてもすぐに抜け出し、部屋の中を歩き回ったり、座って遊んだりしています。布団に入って絵本を読もうなどと声をかけるのですが、こちらの言うことを聞いてくれません。
イヤイヤ期の子どもが寝ないという悩みをもつママやパパたちに聞くと、寝る準備を始めても子どもが寝室や布団に入りたがらないことがあるようです。子どもに「もっと遊びたい!」という気持ちがあると、なかなか時間通りに就寝することは難しいのかもしれません。

ママたちが考えるイヤイヤ期に寝ない理由

イヤイヤ期の子どもが寝ないときは、どのようなことが理由にあるのでしょうか。ママやパパたちが考えた、イヤイヤ期の子どもが寝ない理由をご紹介します。

体力がついてきた

外で水を飲む子ども
leungchopan/Shutterstock.com
2歳児のママ
2歳半になって、お昼寝や夜の寝かしつけでなかなか寝ないということが増えました。成長と共に食べる量も増えて体力がついてきて、眠いと感じないのかもしれません。
イヤイヤ期の子どもを育てているママやパパのなかには、体が以前よりしっかりしてきたと感じることがあるようです。イヤイヤ期の子どもが寝ない理由として、体の成長と共に体力がついてきて眠いと感じにくくなったのではないかというママの声が聞かれました。

お昼寝が長すぎた

1歳児のママ
1歳半の娘は、お昼寝の時間がいつもより長かった日に、夜なかなか寝ないことが多いです。お昼寝が長すぎるときは、子どもの様子を見ながら起こしてもよいのかもしれません。
子どものお昼寝の時間が長いと、夜はなかなか寝ないと感じたママがいるようです。赤ちゃんの間は好きなだけ昼寝をさせていたが、1歳児や2歳児では夜の寝つきをよくするためにお昼寝の時間を決めて起こした方がよいのか悩むというママの声も聞かれました。

眠いのに寝られない

2歳児のパパ
夜寝る前に、遊んでいて気持ちが高ぶっていることがありました。もうすぐ2歳半になる息子の場合は、興奮していて眠くてもなかなか寝られないというのもあると思います。
イヤイヤ期の子どもが寝ないという悩みをもつパパから、気持ちが高ぶっていて眠いのに寝られないのではないかという声も聞かれました。他には、子どものなかでなにか不安なことがあって、眠くても寝つけないのではないかと考えたママもいるようです。

子どもの寝つきをよくするための工夫

イヤイヤ期の子どもが寝ないとき、ママやパパたちは寝かしつけなどでどのような工夫をしたのでしょうか。子どもの寝つきをよくするために工夫したことを、ママやパパたちに聞いてみました。

生活リズムの見直し

窓辺に立つ女性
Africa Studio/Shutterstock.com
2歳児のママ
家族みんなで規則正しい生活リズムを心がけました。休日や予定のない日も同じ時間に起床し、カーテンを開けて朝の光を浴びるようにしています。
毎日、規則正しい生活を送れるように意識したママがいるようです。起きる時間や食事の時間など、だいたい毎日同じになるように心がけることで、体のリズムも整うかもしれません。

体を動かす遊び

2歳児のパパ
日中は2歳半の娘と公園で思いきり遊ぶようにしています。普段はなかなか寝ない娘も、外でよく遊んだ日はすぐに寝つきました。
子どもと外で体を動かして遊ぶことを意識したパパがいるようです。イヤイヤ期にある2歳前後の子どものなかには、成長と共に新しい遊びに興味を示すことや、体を動かすことが楽しいと感じる子どももいるかもしれません。

日中は遊びに夢中になれる時間を意識して作って、夜はぐっすり寝てもらえるとよいですね。

就寝前の環境づくり

2歳児のママ
寝る前の時間はゆったりとした気持ちですごすと寝つきやすいのではないかと考えました。晩ご飯を食べて入浴を済ませたら、テレビを消してスマホなども子どもがさわらないように気をつけています。
就寝前はテレビやスマホを遠ざけて、静かな環境ですごせるよう意識したママがいるようです。他には、子どもがリラックスできるようにスキンシップを増やすことを意識したというママの声もありました。

イヤイヤ期の子どもが落ち着けるように、部屋の環境や接し方を工夫できるとよいかもしれませんね。

イヤイヤ期の子どもの成長を見守ろう

膝枕で寝る子ども
Rawpixel.com/Shutterstock.com


1歳半から2歳半の子どもがいるママやパパたちからは、イヤイヤ期に子どもが寝ない理由として、体力がついたり昼寝が長すぎたりして眠くないのではないかという声が聞かれました。遊びに夢中になり、気持ちが高ぶってしまって寝つけないのではないかと考えた方もいるようです。

子どもがスムーズに寝つけるよう、日中は体を動かして遊ぶなど生活にメリハリをつけて、起床や食事の時間などリズムを整えることを意識するのもよいかもしれません。

就寝前の時間はリラックスできる環境作りを心がけて、穏やかな気持ちで子どもが寝つけるように見守れるとよいですね。

2020年02月29日

専門家のコメント
23
    なつ先生 保育士
    イヤイヤ期は大変ですよね。でもそこは辛抱強くとことん付き合ってあげるのもいいかもしれません。ただ、命の危険があるようなことは、しっかりと叱ってでも教えなければならないです。
    いちご先生 保育士
    イヤイヤ期かどうかはわかりませんが、子どもが愚図ってどうしてもこうしてもダメな時は、私はしばらくほたることにしています。イヤイヤ期だったり、愚図っている最中の子どもには何を言っても無駄な時も少なくないですし、"はぁ"とお母さんがなるより得策かなと思っています。
    わい先生 保育士
    寝かしつけようと思っても寝ないときは、寝てくれません。またイライラしてしまいますね。
    そんなときは、無理に寝かせようとせず、少しリフレッシュをし、再度寝かしつけにチャレンジするといいと思います。
    きみ先生 保育士
    イヤイヤ期は本当につらいですね。でも、それが一生続くわけではありません。お子さんの成長過程の中でのいっときと思うと、できるだけ付き合ってあげたいですね。ただ、みなさん日々忙しいと思いますので、無理な時は「無理!」でいいと思います。あまり思い詰めずに・・・
    みぃ先生 保育士
    嫌だという気持ちを真っ向から否定するのではなく子どもなりの理由も受け止めてあげて欲しいとは思いますが、とてつもなく大変なイヤイヤ期。すべて付き合って話を聞いてあげるには、時間にも精神的にも余裕が無いことが多いと思います。
    無理なく付き合っていけたら良いですね。
    こいまま先生 保育士
    毎日お疲れ様です。
    もういっそ寝かしつけるのを諦めて、テレビつけながら遊んだっていいですよね。
    お母さん、お父さんのストレスにならないのが1番!
    たまにはいいでしょーと、最近思えるようになりました。
    あき先生 保育士
    じゃあ先に寝るねーーーと言って寝たフリをすると意外にも隣で寝てくれることありますよね。(笑)ただし本当に寝てしまうまでは大人は起きておかないと危険です。
    さと先生 保育士
    眠たくない子をなんとか寝かそうと奮闘してもぬかに釘だと思います(^^;
    早起きしてたっぷり遊び、昼寝は早めに切り上げる。
    身体が夜には眠たくなっているとスムーズですね。
    なえ先生 保育士
    イヤイヤに付き合ってあげたいけど、自分の生活リズムも整えないと次の日がしんどくなるし…かと言って無理やり寝かしつけるのもストレスだし…ママも「イヤイヤ」と言いたくなるのがこの時期ですね(^_^;)
    わたしは、寝たふりをして子どもの入眠を誘っていると、絶対に寝落ちしてしまうので、毎回大変でした。。
    絶対この時間までには寝かしつけないと!!!というルールは、この時期ばかりは破ってみてもいいかと思います^_^
    多少破ったからと言って、昼夜逆転の生活が延々と続くか…と言われると、決してそうではないですよ(^ ^)

    あとは、子どもの体をトントンするとき、テンポ80でトントンするといいそうです^_^
    一度試してみてくださいね🎵
    だいふく先生 保育士
    寝るの嫌な子多いですよね!布団で絵本を読んだり好きな人形をトントンさせる遊びをしたり寝るお部屋にかわいいライトをつけたり、寝る場所がちょっと好きな場所だったり昼間と違う特別な場所にしてみると寝たりすることもあるかもしれません。
    きいちゃん先生 保育士
    ただでさえ大変なイヤイヤ期。この中での寝かしつけとなるとママやパパの苦労も相当なものかと思います。
    寝ない、ということにとらわれすぎると、こちら側の気持ちも滅入ってしまいますし、子どもにとっても良いものとは言えませんね。大人も子どもも一息つく時間をとって、少し落ち着いてからまた入眠にチャレンジしてみるなど工夫してみると良いかもしれません。
    ゆきな先生 保育士
    私はいやいや言っている我が子には、そーよねーいやよねーーーママもいやになってきたーーーーいやいやちやいやーーーとアホっぽく楽しくしています!笑
    そーすると子どもも自然と楽しく、嫌だったことわすれます!わら
    すず先生 保育士
    イヤイヤ期ということは、一歳から二歳、ということですね。
    お昼にたくさん遊んだから、昨日寝ていないから、と大人の尺度で理解ができないのがこの年代なのだろうと思います。

    イヤイヤ期の、楽しいことに対する集中力は想像を越えます。
    疲れていればいるほど、ハイテンションになったり…
    大人が徹夜でハイテンションになるのと似ていますね。

    重要なのは、気持ちの切り替えなのだろうと思います。

    寝る前のルーティンが決まっている家庭はそれで気持ちも切り替わるけど、それが崩れているとなかなか難しい。
    電気を消して子守り歌を歌う、お話をひとつ読む、など寝る時間だよ、とわかってもらうといいと思います。
    あゆみ先生 保育士
    眠る前の環境として、テレビを消して落ち着いて過ごす時間を作ることは大事ですね。布団の中で絵本を読んだり、静かにお話したり。照明を暗くして、眠る時間だよと、根気強く伝えていくことが必要だと思います。どうしても寝付けない時には、気分転換にお部屋を出て歩くだけでも、落ち着いたりします。
    イヤイヤ期だからといって許容範囲を曖昧にしてしまうと、子どもはどんどん試すようになるので、ある程度のところでしっかり線を引くことが大事かなと思います^^
    すみっこ先生 保育士
    しっかり向き合い過ぎてしまうと、悪循環になることもあると思います。
    全くのほったらかしではなく、なんちゃってほったらかし!をしてみるのも手だと思って、見て見ぬふりを実践していました。

    寝てくれないときは、眠くなったら寝るだろうとドンと構えていました。無理に寝かそうと思ってもお互いしんどくなりますしね。
    こと先生 保育士
    娘も2才になったばかりですが、なかなか寝ません😅午前中も夕方からも公園に行ったりして疲れてもらおうと頑張りましたが寝るのは結局いつもの時間なので諦めました!
    どうやったら寝てくれるの?と思ってた時よりは諦めてからの方が精神的には楽になりました😊✨
    りお先生 保育士
    イヤイヤで寝れない時は無理に寝かせようとしても、泣き疲れるまで寝ないと思います💦

    なので、そんな時は一緒に遊んで眠くなるのを待つ方がいいと思います😪

    そのうちあくびをし始めて、ストンと寝てくれると思いますよ😁
    せおみ先生 保育士
    イヤイヤ期は特に、寝ろ。と言われると眠くても寝てくれないですよね。私の場合は寝かせようとせず、諦めます。リビングへ行き遊んでいます。意外と少し遊ぶと満足して入眠できることもありましたよ。逆に、パパが帰宅したりと、寝る時間がどんどん遅くなってしまう事もありますが。規則正しい生活にこした事はないですが、色々な日があってよいのかな。と思います。その日の体力や気分でも変わってくると思います。
    とーち先生 保育士
    夜しっかり眠るには、日中よく体を動かすこと。これに尽きると思います。

    雨などで、外に出られない場合は昼寝の時間を短くしたり、体を使う遊びをしたり。。

    寝かしつけよう!

    と、思うと子どもは中々寝ないものですよね。

    そんなときは寝たふりをして私が先に寝ちゃいます。本当に朝まで寝ることもしばしばあります(笑)
    めるちゃん先生 保育士
    なかなか寝ない時は、私も一緒に寝るようにして、残りの家事は翌朝にします。私が子どもより先に寝ちゃってることもあります。
    ぽんた先生 保育士
    子どもの性格とかにもよるけど、眠すぎて分けわからず、ギャーと泣く子なら、そうなる前に、ちょっと厳しく寝ますよ!として、寝かした方がお互いに楽です
    まい先生 保育士
    寝るのが嫌!ありますよね、、
    そういう時は寝る!から離れて寝転がして大根1本の体を使って遊んであげたり、寝転がして絵本を読んであげだり、いつの間にかに寝ている。というのが大切だと思います
    なごみ先生 保育士
    寝る前に指先を使う遊びをさせるようにしていました。体を動かして遊んじゃうとより元気になってしまうこともあるので。頭を使うこと、集中することは意外と疲れます^ ^あとは寝かせようとせずに、安全を確保した上で、先にママが寝てしまうといいと思います^ ^
おすすめユーザーのコメント
2
    エアママ
    入浴は寝る時間の○時間前までに…とよくいいますが夕飯も含め逆算しています。あとは寝る1時間前にはブルーライトカットのためテレビを消す、朝は必ず味噌汁を飲む(寝る9時間前がいいそう)など、理屈っぽいですが、我が家はお昼寝3時間しますが布団に入ると10分以内には寝てくれます!
    sh
    子どもが寝る前はよく絵本を読んでいました。恐竜がでる本が大好きで本を読むと満足するのか寝てくれました^_^

家族の関連記事

カテゴリ一覧