2歳児の子育てあるある!ママから聞いた面白いエピソードをご紹介

2歳児の子育てあるある!ママから聞いた面白いエピソードをご紹介

大変だと感じる子育てあるあるなど

2歳の子どもの子育てをしていると、癒されたり、面白いと感じる場面がたくさんあるでしょう。自我が芽生えて、子育てが大変だと思うママもいるかもしれません。今回は、ママたちに聞いた、2歳の子どもの子育てあるあると面白いエピソードをご紹介します。

2歳の子どもを育てているとき

2歳の子どもを育てていると、イヤイヤ期で大変だと感じることもあるかもしれませんが、それ以上に愛おしく思うことがたくさんありますよね。

今回は、ママたちに聞いた2歳の子どもの子育てあるあると、くすっと笑ってしまうような、かわいらしいエピソードをご紹介します。

ママたちに聞いた2歳の子どもの子育てあるある

ママたちに聞いた2歳の子どもの子育てあるあるをご紹介します。

イヤイヤ期が始まる

不機嫌な女の子
Natee K Jindakum/Shutterstock.com
20代ママ
子どもが2歳のときは、イヤイヤ期で行動するのにひとつひとつ時間がかかっていました。少しずつコミュニケーションがとれるようになってきて、今となってはイヤイヤも含めてかわいかったと思います。
ごはんを食べるのを嫌がるけれど、お皿を下げるのも嫌がるというエピソードもありました。

ママは大変だと感じる時期ですが、イヤイヤ期が終わると、大事な懐かしい思い出として心に残るでしょう。

お喋りをするようになる

30代ママ
お喋りができるようになり、一人でおままごとをしているときや、ぬいぐるみに話しかけているときがかわいいです。
少しずつ言葉が話せるようになってきて、意思疎通できるのが楽しいというママもいました。

覚えたての言葉で一生懸命話してる姿はかわいらしいですよね。

自分でやりたがる

30代ママ
『自分でやるの!』と言い張ることが多かったです。一時期、その日着ていく服を自分で選ばないと気が済まないことがありました。
2歳になると、何事も自分でやりたいと思う場面が増えるようです。

ママがやると泣くけれど、自分でやってできない場合も泣くというエピソードもありました。

自己主張をする

30代ママ
自己主張をするようになって大変なときもありますが、ちゃんと説明して言い聞かせると、ぐっとこらえて我慢もするようになりました。成長を感じて、愛おしくなります。
「〇〇が欲しい」「〇〇がしたい」など、自己主張をするようになる子どもが多いようです。

子どもの主張を受け止めながらも、いけないことはしっかりと伝えられるとよいですね。

こだわりを持つ

30代ママ
お菓子やおもちゃなどにこだわりを持つようになりました。愛着のあるおもちゃ以外では遊ばない、お菓子は決まったものじゃないと食べないということがありました。
「服は青じゃないとイヤ」「ワンピースしか着ない」など、こだわりが出てきたという声がありました。

食事中に使うフォークやスプーンの置き場所にこだわりを持つ子どももいるようです。

2歳の子どもの面白い子育てあるある

歌う男の子
MIA Studio/Shutterstock.com
2歳の子どもの、くすっと笑ってしまうような、かわいらしい子育てあるあるを、ママたちに聞きました。

言い間違い

30代ママ
いろいろな言葉を話すようになってきてましたが、言い間違いが多く面白かったです。『〇〇つくったよ』と言いたいところを、『〇〇くつったよ』言ったりします。
30代ママ
子どもが2歳のとき、『のどかわいた』を『のみかわいた』と言ったり、『あけて』を『てってって』と言ったりしていので、10年経ってもかわいかったなと思いだします。
30代ママ
『ごみ収集車』を『ごみしゅうしゅうしゅうしゅう車』と言っているときが面白かったです。
言い間違いの面白いエピソードがたくさん集まりました。

言い間違いしながらもお喋りしている2歳の子どもの姿に癒されますね。

歌や踊りをする

30代ママ
歌うのが大好きで、消防車の歌をよく口ずさんでいますが、『消防官』という歌詞のところを決まって『消防隊』と歌っています。
20代ママ
歌とダンスが好きでよく踊っていました。体操の歌詞の『おしり』に合わせて、おしりをふりふりしていっしょに踊るのがおもしろ楽しかったです。
20代ママ
自作の歌や踊りをよく披露してくれます。食べることが好きだからなのか、『おいしいおいしい、パンとジャム』と歌いながら踊っているのがかわいくて、面白かったです。
歌や踊りが好きな子どもが多いようです。

歌詞が微妙に異なったり、音程がずれていたり、同じフレーズをずっと歌っていたりして癒されたというエピソードもありました。

2歳の子どもの子育てあるあるを読んで育児を楽しもう

笑顔の親子
Natee K Jindakum/Shutterstock.com
子どもが2歳になると、イヤイヤ期が始まり、なんでも自分でやりたがったり、自己主張をするようになったという声がありました。中には、強いこだわりを持つ子どももいるようです。

少しずつお喋りができるようになる子どもと、コミュニケーションが取れて楽しいと感じたり、言い間違いをしながらも一生懸命話す子どもの姿に癒されるママがいました。

イヤイヤ期が始まると、大変だと感じるママは多いですが、子育てあるあるを読みながら育児を楽しめるとよいですね。

2019年12月21日

専門家のコメント
13
    じゅん先生 保育士
    2歳ぐらいになるとお喋りも上手になりますので楽しいです。保育園で食器を、片付けている時にコップを落としたら、先生大丈夫?と言ってくれたりします。人への思いやりを大切にしている保育園ですので思わず笑みが溢れます。お子さんと沢山お話ししてくださいね^_^
    ヤマグチ アキコ 保育士
    2歳児さんは写真を撮っていても、一番予想ができなくて面白いことが起きる年齢かなと思います。

    フォトスタジオで働いていると、いろんな月齢のお子様がいらっしゃいますが、2歳さんは何というか…別格です。

    2歳なりたてとかだと、お話はまだあんまり…な子が多いです。
    でも、ちゃんとマイルールがあって、好き嫌い、楽しいつまらない、がハッキリしている印象です。

    着替えも嫌がっちゃうお子さんが多いんですが、そういう時はこれを頑張ったら何か楽しいことが待っている、いいことが待っているよと交換条件を出すと、意外とイヤイヤが騙されちゃうお子さんも多かったりします。

    確かにお話はまだあまりできないかもしれないけれど、2歳さんはちゃんと周りの大人を見て、話を聞いているので、その時分かるか分からないかは別として、ちゃんと伝えてあげる、ということが意外と重要かもしれません。

    と言ってもそんなの関係ねー!嫌なもんは嫌なんだ!と言わんばかりのギャン泣きを繰り出すお子様も少なくはないので、そういう時は一度抱っこでも、裸のまま歩かせるでも何でもいいので落ち着かせて、その後に何か強烈に心を奪われるグッズを見せながら、与えながら、その隙にお着替えさせちゃうのも一つの手です!
    いしし プレパパ修行中
    @ヤマグチ アキコさん
    2歳さんは別格、、! 成長が楽しみになりますね!
    なー先生 保育士
    なんでも真似したがる、自分でやりたがるようになるので面白い反面、大人も言葉遣いや習慣に気をつけないと全部自分の鏡のように習得していきます。笑
    あとはなんで?どうして?などが次々と出てくるので、答えるのが大変かもしれませんが、興味が向いているのでなるべく答えてあげてほしいです!
    いやいやもこの時期が過ぎればいつかは落ち着くので、秩序の敏感期(順番や普段の流れにこだわるなど)なんだなと思って長い目でみていきましょう!
    はなこ先生 保育士
    まだまだ発達もバラバラですからそれぞれの個性が溢れる年頃だと思います!
    我が家はお友達という存在がかなりわかってきて一緒に遊ぶというのが増えてきたころ。
    お友達の真似っこをよくしていました!
    それが子どもたちには爆笑だったみたいで、ずーっと笑ってました!

    子供って意外とツボが浅いですよね!笑
    ぬーぴー先生 保育士
    大人の口癖をよく真似るようになりますよね。男の子が長崎の龍踊りの龍を見て、後退りしながら「だいじょうぶ、優しいよ?」と小声で何度も呟く姿がかわいすぎました!周りの友達にも自分にも言い聞かせていたのかな、、?
    あーちん先生 保育士
    子どもだと思っていても、2歳頃になるとおしゃべりも上手になり意思疎通ができて楽しいです♪
    給食のときにバンダナをするのを忘れて準備をしてたら「先生、バンダナ忘れてるよ?」と普通に注意されて、「あ、教えてくれてありがとう!」と私よりもしっかりしてるなーと思いました(笑)

    イヤイヤなど大変なこともありますが、どんな時期でも成長を見逃さずに関わっていきたいですね!
    はる先生 保育士
    周りの大人の口癖や、言い回しをふとしたときに真似ている様子をよく見かけます。
    言い間違いも可愛いので、微笑ましく思います!
    しかし、周りの大人が気を付けていないと、なんでも真似をしたがる時期。よくないとされることもしっかりと見ていて、後で後悔するかもしれません。保育中はいつでも見られていると思うようにし、気を付けています。
    成長がバラバラの2歳。本当にびっくりすることをやってのけるので、面白くて毎日が楽しいですよね!
    すあま先生 保育士
    2歳児を数名つれて広い公園内を散歩しているときのこと…
    みんなで小さな橋を渡るとき、私が絵本に出てくるトロルの真似をして

    「誰だ〜、おれさまの橋をガタゴト揺らすやつは〜!」

    と言うと、みんな「トロルだ〜!」とはしゃいでいたのですが、ひとりの女の子が固まってしまい、橋の入り口で

    「ここでおるすばんしてるよ…」
    と言ったときには可愛くて思わず笑ってしまい、ごめんごめん!と謝りながら抱っこしました(笑)
    まあ先生 保育士
    2歳児の担任を何度か持っていますが、2歳児になると簡単な会話のやり取りが出てきて面白いです。「せんせい!ばそこんはって(絆創膏)!」や「かに(蚊に)にさされた」など言い間違いが可愛いです。
    いちご先生 保育士
    2歳頃になると、言葉も発達してきますよね。だいぶ会話が成り立つようになってはくるものの、言い間違いがまだまだ目立つのが可愛いところ。大人の言葉をその子なりに一生懸命に真似しているのも可愛いですよね。
    いちぽ先生 保育士
    2歳になると歩く姿もしっかりして、言葉しっかりしてきますね。
    でもまだまだいい間違いがあったりすると思うので、いい間違いにくすっと笑わされたりしますよね。
    ちぃ先生 保育士
    2歳児見ていて飽きないですよね!会話も成り立ってるのか、友達と考えていることが違ってもどこかで同調して遊んだり、何かの言葉が面白くてお友達と言い合いっこして笑いあったり、大人には何が?と思うことが楽しいみたいで見ているこちらも楽しくなりますね♩

    そしてたまにお母さんみたいな口調で『手を洗ってきー』とか言われると笑ってしまいます。
    めい先生 保育士
    2歳ごろは大人の真似が上手になってきますよね。子どもが突然、大人も意識していなかった仕草をして、自分の姿を振り返るきっかけにもなりそうです。

家族の関連記事

カテゴリ一覧