親子でランチをするお店選びのポイントや気をつけたこと

親子でランチをするお店選びのポイントや気をつけたこと

親子でランチに行くときの事前準備

親子でランチに行くとき、どのようなお店を選んだらよいのか悩むママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、親子でランチをするお店選びのポイントと、ランチに行くときに準備したことの他に、気をつけることについてご紹介します。

親子でランチをするときに気になること

子育て中の方は、普段の生活のなかで家族やママ友同士などで親子でランチに行くこともあるかもしれません。親子でランチをするときに、気になることをママたちに聞いてみました。

40代ママ
子どもといっしょにランチに行くときは、どのようなお店を選んだらよいのか悩みます。親子で行きやすいお店選びのポイントが知りたいです。
30代ママ
今度ママ友たちと親子でランチ会をすることになりました。子ども連れでランチをするときは、どのようなことを意識したらよいのでしょうか。
ママたちに話を聞くと、親子で行きやすいお店の選び方や、ランチに行ったときに意識することなどが気になる方がいるようです。ママのなかからは、楽しいランチをするために準備しておくことがあれば知りたいという声も聞かれました。

そこで今回は、親子でのランチについてママたちの体験談をご紹介します。

親子でランチをするお店選びのポイント

親子でランチをするとき、どのようなお店を選んだらよいのか迷うこともあるかもしれません。ママたちに、お店選びのポイントを聞いてみました。

アクセスがしやすい

30代ママ
私はベビーカーでの移動が多いので、ランチをするお店はベビーカーでも行きやすい場所にあるかをポイントに選びます。お店が建物の2階以上にある場合は、エレベーターの有無も確認しておくと安心です。
子どもを連れていたりベビーカーを使っていたりする場合は、スムーズにお店までたどり着けるようにアクセスのしやすさがポイントのひとつようです。車での移動が多い場合は駐車場の有無などを確認しておくとよいかもしれません。

個室がある

20代ママ
親子でランチをするときは、個室のあるお店を選ぶようにしています。個室であれば多少子どもが騒いでも他の人に迷惑になりにくいのではなかと考えました。
個室の区切られた空間でランチができると、周りの人を気にすることが少なくなりそうですね。ママのなかには、個室になっていると授乳がしやすいという声もありました。

子ども向けのメニューやサービスがある

パスタ
Ryzhkov Photography/Shutterstock.com
30代ママ
子どもといっしょにランチに行く場合は、キッズメニューがあるお店を選びます。子ども向けのメニューがあると息子たちも喜んでくれます。
20代ママ
キッズチェアや子ども用食器などがあるかをポイントにお店を選ぶようにしています。キッズチェアがないと抱っこしながら食べなければならず、ゆっくりできないので事前に確認するようにしました。
親子でランチに行く場合、子ども用のメニューやサービスがあるお店を選ぶことも大切なようです。他には、オムツ替えスペースがあることや離乳食の持ち込みができるかなど、いっしょに行く子どもにあわせて必要なものを確認するとよいかもしれません。

キッズスペースやおもちゃがある

30代ママ
親子でランチに行くと、ママ同士は話していたいのですが、子どもたちは飽きてしまうことがあるのでキッズスペースのあるお店を選びます。食事をしている席から子どもたちの姿が見えると、安心して食事とおしゃべりを楽しむことができました。
キッズスペースなど子どもの遊び場があると、子どももママもそれぞれのペースで楽しむことができるかもしれません。お店におもちゃが用意されていると家から持っていく必要がないので楽というママの声もありました。

親子でランチをするときに準備したこと

親子でランチをするとき、準備しておくことはあるのでしょうか。ママたちに事前準備について聞いてみました。

予約をする

40代ママ
お店に行って満席の場合はお店を探し直さないといけないので、事前に予約をするようにしています。予約をするときに、用意してもらいたいものを伝えたり気になることを聞いたりしておくと、当日安心して行くことができます。
確実に席を確保してもらうために予約をしているママがいるようです。特に人気のあるお店や個室を利用したい場合は、早めに予約をするとよいかもしれません。

子どもの食事グッズを用意する

食事グッズ
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
子どもがご飯で服を汚さないように、食事用のスタイとウェットティッシュを持っていくようにしています。スタイは使い捨てタイプを選ぶと汚れたスタイを持ち帰る必要がなく便利です。
子どもに必要な食事グッズも忘れずに用意したいですね。ママのなかには、お店で子どもが飽きてしまったときのために、おもちゃやおやつを用意するという声もありました。

親子ランチをするときに気をつけたこと

親子でランチをするときは、どのようなことに気をつけているのかママたちに聞いてみました。

マナーを意識する

30代ママ
お店には他にもお客さんがいるので、周りの人の迷惑にならないように気をつけています。お店に行く前に、子どもと大きな声を出さなさないことや、走り回らないことなど約束事を決めて出かけました。
40代ママ
子どもがいると散らかしたり汚したりするので、帰る前には必ず後片づけをするようにしています。お店の人が片づけやすいようにお皿をまとめたり、自分が持ってきたもののゴミは持ち帰ったりすることを心がけるようにしました。
周りのお客さんやお店の人の迷惑にならないようにマナーを意識しているママがいるようです。ママのなかからは、頼んだ食事は残さないようにしているという声も聞かれました。

子どもから目を離さない

20代ママ
ママ友とランチに行くと話に夢中になってしまいがちですが、子どもから目を離さないようにしています。以前、テーブルの上に置かれているお箸や調味料で遊んでしまったことがあったので気をつけようと思いました。
子どもから目を離さないように気をつけているママもいるようです。ママのなかからは、ちょっと目を離した隙に、他のテーブルに行ってしまったことがあってヒヤッとしたという声もありました。

親子でランチを楽しもう

食事をする家族
szefei/Shutterstock.com

親子でランチをするときは、個室があることや子ども向けサービスの有無などをポイントにお店を選ぶとよいようです。子どもといっしょにランチに行くときは、予約をしたり子どもの食事グッズの準備をしたりと、事前準備をするとスムーズにランチができるかもしれません。

お店では、マナーや子どもから目を離さないようにすることも意識して、親子で楽しいランチができるとよいですね。

2019年12月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ