赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときや泣くとき。乗らないときにしたママたちの対策

赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときや泣くとき。乗らないときにしたママたちの対策

ベビーカーを嫌がる際に意識したこと

赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときや泣くときにはどのような理由があるのでしょうか。いつまで嫌がるかや対処法の他にも、代わりのアイテムや便利グッズが気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、赤ちゃんがベビーカーを嫌がる理由や対策についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

赤ちゃんがベビーカーを嫌がるとき

赤ちゃんがベビーカーを嫌がって泣くのはどのようなときでしょう。実際に、赤ちゃんが嫌がる場面とママたちが感じていることについて聞きました。

10カ月の赤ちゃんのママ
うちの子はベビーカーに乗せようとすると、大泣きしたり、のけぞったりして全力で嫌がります。理由がわからず、この状態がいつまで続くのかと思うと不安を感じます。
1歳6カ月の赤ちゃんのママ
赤ちゃんの頃は、嫌がることはなかったのですが、1歳をすぎたあたりから『乗らない』と嫌がることが増え、ベビーカーになかなか乗らないので困っています。

赤ちゃんがベビーカーを嫌がる場面は、日常のなかでたくさんあるかもしれません。なかには、ある日突然嫌がるようになったという声もあり、いつまで嫌がるのか悩むママもいるようです。

買い物やお出かけなどのシーンでは、赤ちゃんがベビーカーに乗ってくれると助かることもありますよね。赤ちゃんのベビーカー嫌いをどうにか克服したいと思うママもいるかもしれません。

赤ちゃんがベビーカーを嫌がる理由

iStock.com/kohei_hara

赤ちゃんがベビーカーを泣いて嫌がったり乗らないときには、どのような理由が考えられるのでしょうか。

乗り慣れていない

2カ月の赤ちゃんのママ
初めてベビーカーでお出かけしたとき、大泣きして大変だった記憶があります。乗り心地に慣れず、景色も変わるため不安を感じていたのかなと思いました。

ベビーカーに限らず、抱っこ紐やファーストシューズなど「赤ちゃんの初めて」の場面では、慣れずに不安を感じて嫌がることがあるかもしれませんね。

ママと離れたくない

10カ月の赤ちゃんのママ
ベビーカーに乗る前の抱っこではご機嫌なのですが、ベビーカーに乗せた瞬間大泣きすることがありました。私と離れるのが嫌だったのかもしれません。

大好きなママと離れたくないという理由で、赤ちゃんがベビーカーを嫌がることもあるようです。ベビーカーに乗ったときにママの顔が見えないときに、よく泣いていたという声もありました。

乗りたくない

2歳のママ
歩けるようになると、乗り出す前に嫌がる機会が増えてきました。また、抱っこをしてほしいときにもベビーカーに乗らずに泣くので、そのときの自分の気持ちで嫌がるように思います。

1歳をすぎて赤ちゃんが歩き始めると、行動範囲や好奇心がますます広がっていきますよね。また、言葉が増え出す2歳頃からは、自分の意思でベビーカーを嫌がる場面は多くなっていくのかもしれません。

赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときの対処法

赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときや、乗らないときにはどのように対処するとよいのでしょうか。ママたちが心がけていることや工夫について聞いてみました。

タイミングを工夫する

7カ月の赤ちゃんのママ
赤ちゃんの機嫌のよい時間帯にベビーカーでお散歩していました。最初のうちは短い時間で、慣れてきたタイミングで少しずつ時間をのばしていきました。

赤ちゃんの機嫌がよい時間帯を選び、少しずつ慣らしていったママがいるようです。赤ちゃんがすごしやすいように、おむつ替えや服装についても気にかけておけるとよいでしょう。

ベルトやシートを調整する

10カ月の赤ちゃんのママ
うちの子はベビーカーのシートの角度が気に入らないのか、ベビーカーを嫌がって泣くことがありました。景色が見えるようにシートを調整すると、乗ってくれるようになりました。

赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときは、ベルトの長さやシートの角度を見直してみるとよいかもしれません。ベビーカーのベルトを嫌がる場合は、ベルトにカバーをつけて対処していたママもいるようです。

グッズを活用する

iStock.com/Beo88
1歳のママ
ベビーカーにお気に入りのおもちゃを取りつけています。子どもがぐずったときのために、お出かけのときは、ベビーせんべいを持っていきます。
2カ月の赤ちゃんのママ
赤ちゃんがすごしやすいよう、ベビーカーに取りつけられるクッションシートを購入しました。乗り心地がよいのか、嫌がることが減ったように思います。

ベビーカーに取りつけられるおもちゃや便利グッズにはさまざまな種類がありますよね。ベビーカーを嫌がる場合は、購入を検討してみるのもよいかもしれません。

前向きな声をかける

2歳のママ
子どもがすすんで乗ってくれるように、ベビーカーに名前をつけて『〇〇くん号に乗ってみよう』と誘っています。

子どもがベビーカーを嫌がる場合は、声のかけ方を工夫しているママもいるようです。声をかける際は、子どもの嫌がる気持ちに寄り添った前向きな言葉を選んでみましょう。

それでもベビーカーを嫌がるときは

さまざまな対処や工夫を取り入れても、赤ちゃんがベビーカーを嫌がる場合はどのようにするとよいのでしょうか。

ベビーカーの代わりのアイテムを使う

1歳のママ
A型ベビーカーからの買い替えのタイミングで、ペダルつきの三輪車型ベビーカーを購入しました。将来的に長く使えるのではないかと期待しています。
4歳のママ
ベビーカーの代わりに3歳すぎで三輪車を使いました。座る場所にガードがついていたので安心して乗せることができました。

ベビーカーを買い換えたり、ベビーカーの代わりに三輪車を使っているママもいるようです。買い替えの際は、購入費用を抑えるために、リサイクルショップやオークションなどを賢く利用するのもよいかもしれませんね。

無理をしない

7カ月の赤ちゃんのママ
どうしても子どもが嫌がる場合は、無理をせずに抱っこ紐を使って移動します。子どもの気持ちが落ち着いたらベビーカーに乗ってもらうようにしています。

赤ちゃんがベビーカーを嫌がる場合は、あまり無理をしないという方法もひとつの選択肢かもしれません。お出かけの際は、コンパクトな抱っこ紐があると便利だったというママの声もありました。

赤ちゃんの様子にあわせて対処しよう

iStock.com/monzenmachi

赤ちゃんがベビーカーを嫌がるときは、生後1ヶ月から2ヶ月頃の乗り慣れていない時期や、乗り慣れた7ヶ月から10ヶ月、歩き始める1歳から2歳頃などさまざまなようです。

また、ママと離れたくない、乗りたくないという子どもの気持ちが理由で、ベビーカーを嫌がることもあるようでした。

赤ちゃんがすごしやすいようにタイミングやベビーカーの環境を見直したり、おもちゃなどの便利グッズを取り入れたり、ベビーカー代わりに三輪車を使って工夫しているママもいるようです。

子どもの気持ちに寄り添いながら、成長にあわせて対応していけるとよいですね。

2019年09月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧