【サステナブルなショップ・サービス7選】さまざまな角度から環境問題への取り組みを

【サステナブルなショップ・サービス7選】さまざまな角度から環境問題への取り組みを

「サステナブル」や「SDGs」というワードを耳にすることが多くなった昨今。子どもたちが生きるこれからの地球を守るための、環境負荷の少ないフードやライフスタイル雑貨を提供するショップ、海洋ゴミやCO2、食品ロスを減らす取り組みに参加できるサービスなどをまとめました。

環境負荷の少ない食・生活スタイルを提供するショップ

Deli & Cafe Blue Globe Tokyo(東京都)

“サステナブル デリ&カフェ”をコンセプトとした「Deli & Cafe Blue Globe Tokyo」は、身体にも地球にもやさしいサステナブルな料理が味わえるデリカテッセン。食材だけでなく、ユニフォームやテイクアウト包材などにも環境にやさしいものがチョイスされており、肩肘張らない、自然体なエシカルライフスタイルを届ける。

style table 新宿ミロード店(東京都)

「style table」は、原材料や産地にこだわったコスメやフード、インナーケア、ライフスタイル雑貨など、日本初上陸ブランドも含め500アイテム以上を取り揃えるセレクトショップブランド。自分にも家族にも、地球にもやさしいアイテムが気軽に手に入る。

KOMEDA is □ 東銀座店(東京都)

コメダが展開する、サステナブルな社会のために、環境に配慮した新業態ブランド「KOMEDA is □(コメダイズ)」。「地球とくつろぐ」をテーマに、環境負荷の少ないプラントベースという食スタイルを、美味しさと食べごたえにこだわるコメダらしいメニューとして、「いつものくつろぎ」とともに提供する。

環境問題の解決に取り組むサービス

buøy

海洋プラスチックゴミをアップサイクルして作った製品シリーズのブランド「buøy(ブイ)」のECサイトでは、海洋ゴミを粉砕して生まれ変わったトレイやコースターなどを購入することが可能。海岸の立地や地形、潮の流れといった要因で海岸に漂流するゴミは変化することから、一つひとつ表情の異なった個体差のある製品が楽しめる。

産直tabeloop

「産直tabeloop」は、日本各地の生産地で余剰となった肉、魚、野菜、果物などを送料無料で販売することで、現地での購入金額と同等の料金で商品を購入することができるサービス。産直のため、生産者への直接支援につながる仕組みを実現し、社会問題である食品ロスの削減に取り組む。

AFRIKA ROSE

「AFRIKA ROSE」では、東京・広尾と六本木ヒルズの店舗にてカーボン・オフセット料金を導入。CO2排出を削減することを目的に、輸入したバラの本数分のCO2をケニアで植林活動をしている団体に寄付する。賛同する場合は、カーボン・オフセット料金を会計時に追加で支払うことで取り組みに参加できる。

GIRIGO

環境や社会にやさしい製品の購入や施設の利用などを行うと、利用額に応じたお得な体験が楽しめる、日本で初めてのWebサービス「GIRIGO」。消費者は、施設や製品のSDGs貢献度を確認しながら、施設の宿泊券や商品などを購入でき、環境や社会にやさしい選択をしたということから、通常よりも安く宿泊できるなどの特典が付く。

2021年04月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧