子育てしやすい間取りとは。子どもと暮らす部屋づくりのアイデア

子育てしやすい間取りとは。子どもと暮らす部屋づくりのアイデア

家族で暮らしやすい家づくりのこだわりポイント

マイホーム購入を考えたとき、子育てしやすい間取りや部屋づくり以外にも、子ども部屋や和室や洋室の数や広さ、何LDKにすればよいのか気になることもあるかもしれません。今回の記事では、子育てしやすい間取りのアイデアの他に、家づくりで工夫や意識したことについてママやパパの体験談を交えてご紹介します。

子育てしやすい間取りを考えよう

子どもと暮らすマイホームでは、子育てのしやすい間取りや部屋づくりをしたいと考えることもあるかもしれません。子どもの成長にあわせた工夫など先にどのようなことを考えておくとよいのか、実際に家づくりを経験したママやパパたちの体験談が気になることもありますよね。

今回の記事では、子育てしやすい間取りのアイデアやこだわったポイントなどについて、ママやパパたちの体験談を集めてみました。

子育てしやすい間取りのアイデア

子育てしやすい間取りにはどのようなものがあるのでしょうか。間取りのアイデアについて聞いてみました。

見守りやすい

「リビングとキッチンを同じ空間にしたLDKにして、子どもを見守りやすいようにオープンキッチンにしました。料理など家事をしていても何かと目が届き、声もかけやすいので助かっています」(20代ママ)

「子どもが小さいうちは、学校の宿題などを見守りやすいように、リビングにデスクスペースを作りました。子どもだけでなく、家族のちょっとした作業スペースにもなっていてとても便利です」(30代ママ)

子どもに目が届きやすいようなLDKの間取りを考えておくと、ママやパパにとって子育てしやすいポイントにもなるようです。家族が長くすごすリビングは、壁のないオープンな空間にすることで、子どもを見守りやすいだけでなく、心地よい空間にもなりそうです。

家族で集いやすい

ソファー
iStock.com/byryo

「2階の子ども部屋になる予定の洋室や私たちの寝室につながる場所に家族のファミリースペースを作りました。本棚や小さなソファなどを置くことで、家族のコミュニケーションの場としてお気に入りのスペースになっています」(30代パパ)

子ども部屋や寝室につながる場所に、家族が集いやすいファミリースペースを作ることで、会話が生まれやすい間取りのアイデアもあるようです。家族の声や気配を感じられるスペースは、子どもにとっても安心感を感じることができるかもしれませんね。

遊びが広がる

「1階のリビングに、子どもがおもちゃを広げて遊べる小上がりの和室スペースを作りました。来客時などはふすまを閉めると、おもちゃを片づける必要がないのでとても便利です」(20代ママ)

「我が家では、リビングと庭とが繋がるよう、間にウッドデッキを作りました。外の空気を感じながらひなたぼっこをしたり、おやつを食べたりと子どもの活動が広がりやすいところが気に入っています」(30代パパ)

子どもの遊びや活動が広がるように、リビングの一角に和室スペースを作ったり、軒下にウッドデッキを作る間取りのアイデアもあるようです。家族でリビングですごすひとときも、間取りの工夫で楽しい子どもとの遊びの時間になると嬉しいですね。

子育てのしやすさを考えて工夫したこと

子育てしやすさを考えて家づくりをしたパパやママに、こだわったポイントや工夫したことについて詳しく聞いてみました。

間取りを変えることができる洋室

「我が家は子どもが2人いるのですが、成長にあわせて子ども部屋を仕切って使えるようにこだわりました。今は一部屋として広々使っていますが、将来的にはわけて使う予定にしています」(30代ママ)

「子どもが小さいうちは家族で寝られるように寝室を広めにとりたいと思いました。洋室にドアを2カ所作っておき、将来的には壁を設けて寝室と子ども部屋の2部屋に増やせるようにしました」(20代ママ)

子どもの成長にあわせて間取りを変えられるようこだわった家庭もあるようです。家族構成にあわせて間取りを変化することができると、さまざまなレイアウトを楽しめるかもしれませんね。

お片づけしやすい収納スペース

収納グッズ
© L.tom - Fotolia

「子ども部屋の収納スペースやリビングのおもちゃを置くスペースは、自分からすすんでお片づけしやすいように位置や広さなどを工夫しました」(20代ママ)

子どもが楽しくお片づけをすることができる収納スペースは、片づけが習慣化しやすく子どもの自主性を育んでいけるかもしれませんね。他にも、子どもの外遊び道具などをしまうスペースとしても使える玄関の土間収納にこだわったという声もありました。

身支度しやすい洗面所の広さ

「子どもたちをお風呂に入れるときに、身支度がスムーズにできるように洗面所の広さにこだわりました。スペースにゆとりがあると、お風呂上がりにタオルで拭いたり着替えたりするときもお世話がしやすいように思います」(30代ママ)

家族構成にあわせた洗面所の広さをとることで、子どものお世話や身支度がしやすく使いやすいかもしれません。蛇口が2つついた幅が広い洗面台にしたところ、朝の忙しい時間にそれぞれが自分のペースで支度ができるので助かっているというママの声もありました。

子どもと暮らす家づくりで意識したこと

子どもや家族で暮らしやすい家づくりで他に考えておくとよいポイントが気になる方もいるかもしれません。ママやパパが意識したことについて聞いてみました。

長期的な目線で考える

「子どもが小さいうちは広く感じていた間取りも、子どもが大きくなると狭いなと感じることがあると聞きました。子どもが大きくなったときのことまで夫婦で考えながら、何LDKにするかや部屋の広さを考えました」(30代ママ)

部屋の数や広さを考えるときは、長期的な目線で考えるように意識したという声もありました。家族のライフスタイルなども考えながら、長い目で見て暮らしやすい間取りかどうかを確認しておくのもポイントかもしれません。

立地や周辺環境を考える

「家づくりでは、子育てしやすい立地かどうかや周辺環境についても事前に情報収集をして調べました。職場に近いと家族とすごせる時間が増えると思い、夫婦の通勤時間なども考えながらマイホーム購入の場所を決めました」(40代パパ)

子育てのしやすい家づくりでは、立地や周辺環境についてもポイントになってくるようです。自治体の子育て支援やスーパーとの距離など、家族にとって暮らしやすい環境かどうかをしっかり判断して決められるとよさそうです。

家族が笑顔ですごせる家づくりを

パパとママと子供
© tatsushi - Fotolia

子育てしやすい家や部屋の間取りには、子どもを見守りやすいリビングやLDK、家族のコミュニケーションスペース、小上がりの和室などさまざまなアイデアがあるようです。他にも、間取りを変えることができる洋室や収納、身支度しやすい洗面所の広さやなど家族がすごしやすい工夫が子育てのしやすさにもつながるという声もありました。

立地や周辺環境なども長期的な目線で考えながら、家族のライフスタイルにあったすごしやすい家づくりができるとよいですね。

2019年03月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧