離乳食初期・中期・後期・完了期のかぼちゃの進め方とアレンジ方法

離乳食初期・中期・後期・完了期のかぼちゃの進め方とアレンジ方法

赤ちゃんにかぼちゃを与えられる時期

かぼちゃを使った離乳食はいつから取り入れられるのでしょうか。離乳食初期・中期・後期・完了期の進め方やかぼちゃの離乳食のアレンジ方法が知りたいママやパパがいるかもしれません。今回は、離乳食にかぼちゃを取り入れられる時期、離乳食の進め方やレシピ、かぼちゃを使った離乳食のアレンジ方法をまとめました。

離乳食のかぼちゃはいつから?

かぼちゃ
iStock.com/Torsakarin

厚生労働省の資料によると、野菜であるかぼちゃは離乳食前期の生後5カ月~6カ月頃から取り入れられるようです。離乳食初期頃はつぶし粥から始め、慣れてきたらすりつぶした野菜や果物を与えていくとよいようです。赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ進めていきましょう。

離乳食の開始時期の目安としては、

・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた
・食べ物に興味を持つようになってきた
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

などがあげられるようです。

離乳食の野菜・果物の目安量

かぼちゃを含む野菜・果物の離乳食の目安量をご紹介します。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態

子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)

1回当たりの目安量は20~30g

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)

1回当たりの目安量は30~40g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)

1回当たりの目安量は40~50g

【時期別】かぼちゃを使った離乳食の進め方やレシピ

かぼちゃ
iStock.com/zepp1969

かぼちゃを使った離乳食の進め方やレシピをご紹介します。

離乳食初期

厚生労働省の資料によると、生後5カ月から6カ月頃が離乳食初期とされています。子どもの様子を見て、ご機嫌なときや体調のよいときに与えていきましょう。

かぼちゃをペースト状になめらかにすりつぶし、お粥やパン粥に入れるとよいかもしれません。粉ミルクと調理するポタージュにするのもおいしそうです。かぼちゃのやさしい甘さは、子どもが食べやすそうですね。

離乳食中期

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月頃が離乳食中期とされています。離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食にして食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

舌でつぶせるくらいの硬さにして、他の野菜といっしょにおやきにしたり、煮物に入れたりといろいろアレンジできるようです。マッシュしたかぼちゃを粉ミルクと調理する巾着は、口当たりがよく子どもが食べやすいかもしれません。

離乳食後期

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳がメインでなくなってくる子もでてくるようで、1日3回食の食事のリズムにしていくとよいでしょう。手づかみ食べをすることもあるかもしれません。

歯ぐきでつぶせるくらいの硬さにし、かぼちゃリゾットやかぼちゃの煮付けにしてもおいしく食べられそうです。野菜やお肉といっしょにクリームシチューにしたり、バターで炒めるかぼちゃソテーにしたりとバリエーションがひろがるでしょう。

離乳食完了期

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月頃が離乳食完了期とされています。1日3回の食事のリズムを大切にすると、生活リズムを整えやすいかもしれません。離乳食を進めるなかで食べ物の好き嫌いがでてくることもあるでしょう。

かぼちゃを歯ぐきで噛めるくらいの硬さに調理しましょう。カレーやドリアに入れるのもよさそうですね。かぼちゃのコロッケは、お弁当のおかずにもぴったりでしょう。

かぼちゃを使った離乳食レシピのアイディア

かぼちゃを使った離乳食のバリエーションをひろげたいママやパパがいるかもしれません。かぼちゃを使った離乳食レシピのアイディアをご紹介します。

肉を使ったレシピ

やさしい甘さのあるかぼちゃとお肉は、さまざまなアレンジができそうです。かぼちゃとお肉の煮物やクリーム煮、あんかけやそぼろ煮など幅ひろく組み合わせられるでしょう。

チーズと調理してチーズリゾットにするのも風味がよくおいしそうです。

魚を使ったレシピ

かぼちゃと調理する魚は、淡白でクセのない味の白身魚がぴったりかもしれません。たらやカレイ、鮭などといっしょに煮込み料理にしたり、グラタンやドリアにしたりといろいろな調理法でアレンジするのもよいでしょう。

素材の味が引き立つシンプルなグリル料理もおいしそうですね。

離乳食にかぼちゃを上手に取り入れよう

離乳食
iStock.com/kuppa_rock

かぼちゃは、1年を通してスーパーなどで手に入れられることから離乳食に取り入れる機会が多いかもしれません。離乳食初期頃から赤ちゃんに与えられ、やさしい甘さのあるかぼちゃは、さまざまなレシピにアレンジできそうです。

離乳食の進み具合や子どもの好みに合わせて、上手に離乳食にかぼちゃを取り入れましょう。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2020年1月28日時点で作成した記事になります。
※今回の記事でご紹介したものは、一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2020年02月07日

専門家のコメント
13
    あーちん先生 保育士
    かぼちゃは甘いので、初期からパクパク食べてくれました!多くストックしすぎた分は大人のスープにしたりしていました。最近はかぼちゃを買っていないので、またかぼちゃのメニューを作ってみようと思います!
    すみっこ先生 保育士
    我が子もカボチャは大好きでした✨
    裏ごしもしやすいですし、甘味もあるのでアレンジしやすいですよね。
    蒸しパンに混ぜ混んだり、手掴み用のお団子にしたりしていました。
    こと先生 保育士
    かぼちゃは甘くて食べやすくて娘も食べてくれました😊
    冷凍のかぼちゃを買い置きしておいて、みそ汁やスープによく入れてました✨あと、片栗粉とまぜておやきもよく作りました💕
    めい先生 保育士
    かぼちゃは大人気の食材なんですね。離乳食スタートは食の進み具合がどんな感じか不安なので、かぼちゃも早く挑戦したいです。
    めめ先生 保育士
    かぼちゃは長男は好きでしたが長女は好きではないです😂
    長男はいまだに味付けなしでただ茹でただけのかぼちゃが好きです。
    牛乳と一緒に潰して混ぜるとパサつきがなくなり食べやすいです。
    りお先生 保育士
    カボチャは我が家の3人、大好きでよく食べました😁
    3人ともなかなか離乳食を食べてくれなかったですが、バナナとカボチャはよく食べたので、いろんなものに混ぜて入れてました♬

    かぼちゃの中に小魚を入れたり、他の野菜をみじん切りにして入れてみたり😁

    離乳食初期からペースト状にすれば食べやすいので、取り入れやすい食材だと思います!
    すー先生 保育士
    カボチャはほぼ毎日離乳食に使っていました。スープにもでき、煮物にしても、手づかみでも美味しいので我が家では大活躍でした。
    のんの先生 保育士
    かぼちゃの裏ごしを食べさせのが最初でした。食べることに慣れるようになってからは、おかゆにかぼちゃを入れたりしてたべさせていました。
    かぼちゃの蒸しパンや、かぼちゃのお団子なども子供に大人気のメニューでした。
    せおみ先生 保育士
    我が子もかぼちゃ、サツマイモは大好きでした。柔らかくて甘いので離乳食には最適ですよね。かぼちゃやサツマイモの甘味だけで十分味が決まりますよね。蒸し器で蒸すとより甘味がますのでおすすめです。
    いちぽ先生 保育士
    うちの子はかぼちゃが好きで、いまのところどんな調理法でも食べてくれます。
    かぼちゃのシチューや、かぼちゃのそぼろ煮、かぼちゃのおやきにして、おかずにもおやつにもなる万能食材です!
    ゆか先生 保育士
    カボチャは甘いのであまり早くからあげてしまうとジャガイモを食べなくなってしまう可能性があります。

    食べる順番にも注意した方がいいと思います。
    ゆう先生 保育士
    かぼちゃは、代表的な緑黄色野菜です。カロテンは野菜の中でもダントツの含有量です。
    離乳食を始めると、便秘になりやすくなる赤ちゃんもいます。そんな時、食物繊維が豊富に含まれているかぼちゃはおすすめですよ。
    あー先生 保育士
    わたしもかぼちゃは、1年を通して安価な価格でスーパーなどで手に入れられることが多いので離乳食に取りいれてました。あとはとろみをあまりつけなくてもトロトロになるので、こどもも食べやすいですよね。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧