ワーママはお弁当を作っている?作り置きなど短時間で作るコツ

ワーママはお弁当を作っている?作り置きなど短時間で作るコツ

気軽にお弁当を作るポイントやレシピ

ワーママのなかには、さまざまな理由からお弁当を持参したいと考え、短時間で作る方法や詰め方のコツを知りたいと感じることもあるかもしれません。今回の記事では、ワーママがお弁当を持参しようと考えたきっかけと、作り置きの活用や上手に手抜きするなどお弁当作りを楽にするコツ、簡単レシピについてご紹介します。

ワーママのお昼はどうしている?

仕事と家事育児を行っているワーママは、自分のお昼はどのようにしているのでしょうか。実際に、ワーママたちのお昼事情を聞いてみました。

40代ママ
私は、毎日お弁当を作って持って行きます。職場の近くにコンビニや飲食店がないので持参しないとお昼ご飯を食べられません。
20代ママ
朝、時間に余裕のあるときだけお弁当を作っています。お弁当を作るときは彩りや詰め方
も意識するので、お昼の時間が楽しみになります。
30代ママ
お昼は、社員食堂を使っています。最近メニューに飽きてきたのでお弁当を作りたいと思うのですが、朝お弁当を作る時間がないので、短時間で作れるレシピがあれば作りたいです。

お弁当を毎日やときどき持参しているママの他に、今は持参していないけれど、持参したいと考えているママもいるようです。お弁当を持参したいと考えるママのなかには、朝は忙しいので、時間をかけずにお弁当を用意したいという声もありました。

実際に、ワーママたちはお弁当作りをどのようにしているのでしょうか。

ワーママがお弁当を持って行こうと思ったきっかけ

手作りお弁当
iStock.com/maroke

お弁当を用意しているワーママに、お弁当を持参するようになったきっかけを聞いてみました。

家計の見直し

30代ママ
家計を見直したらランチ代に1カ月10000円以上かかっていることがわかりました。年単位で考えるとかなりの額になるのでもったいないと感じ、お弁当を持参するようになりました。

家計の見直しを行いお弁当を用意しようと考えることもあるようです。ママのなかには、子どもが習い事を始めることをきっかけにお弁当を持って行くようにしたという声もありました。

ダイエット

20代ママ
産後、体重がなかなか戻らずダイエットをしようと考えました。仕事と家事育児で運動する時間は取れないので、ヘルシーなお弁当を作るようにしました。

ダイエットをきっかけに、お弁当を作り始めたママもいるようです。他にも、同僚がお弁当を持参するようになってスリムになったことに影響されて、自分もバランスのとれたお弁当を持って行くようにしたというママもいました。

家族のお弁当を作るついで

40代ママ
夫がお弁当を持参するのでついでに自分の分も作るようになりました。普段の食事は子ども向けの味つけになりがちなので、お弁当は大人向けの味つけを楽しむようにしています

家族のお弁当を作るついでがあれば、ママ自身のお弁当も作りやすいかもしれません。ママのなかには、週2回ある幼稚園のお弁当の日は、余ったおかずを詰めてお弁当にしているという声もありました。

ワーママのお弁当作りを楽にするコツ

お弁当箱に詰めているママ
iStock.com/Milatas

お弁当作りに時間や手間がかかって大変と感じるママもいるのではないでしょうか。お弁当作りを楽にするコツを聞いてみました。

作り置きをする

40代ママ
休日に、常備菜を数種類作り置きするようにしています。朝は忙しいので、お弁当箱に常備菜を詰めるだけですが、彩りを考えるなど詰め方を工夫しておいしそうなお弁当にします。

お弁当作りの時間を短縮するために作り置きをしているママがいるようです。他にも、野菜を茹でたり洗ったりしておくだけでも、お弁当作りが楽になるという声もありました。

残り物を利用する

40代ママ
前日の夕食で残ったおかずを翌日のお弁当に入れるようにしています。残り物をお弁当に入れるときは、味つけを変えて飽きないように工夫しています。

夕食の残り物をお弁当に入れているママもいるようです。ママのなかには、夕食のおかずをお弁当にも入れられるよう、あらかじめ多めに作っているという声もありました。

上手に手抜きする

20代ママ
疲れているときや時間がないときのお弁当には、冷凍食品やレトルト食品を使うことがあります。一品は手作りしたおかずと組みあわせるなどして、上手に冷凍食品を活用しています。
30代ママ
お弁当を作るのが面倒なときは、おにぎりとインスタントスープをお弁当として持っていきます。おにぎりの具に、唐揚げなどのおかずを入れておくと食べたときの満足感が得られます。

時間がないときなどにお弁当作りが簡単にできるよう、冷凍食品など上手に手抜き食材を活用しているママもいるようです。ママのなかには、無理せずお弁当作りを楽しめるよう、疲れているときは、お弁当を作らないこともあるという声もありました。

ワーママのお弁当簡単レシピ

短時間で作れるお弁当レシピを知りたいと考えるワーママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた簡単なお弁当レシピをご紹介します。

サラダうどん弁当

20代ママ
茹でて冷水で締め、水気をとったうどんをお弁当箱に入れ、レタスやトマトなど野菜とツナを乗せ、凍らせた麺つゆをうどんの上に乗せたらでき上がりです。食べるまでに麺つゆ氷が溶けて、冷たいうどんを味わうことができるので暑い日にぴったりです。

凍らせた麺つゆを使った冷たい麺のお弁当を作ったママがいるようです。他にも、暑い日はさっぱりとしたそうめんやそばなどをお弁当にしているという声もありました。

ロコモコ丼

30代ママ
ご飯の上にハンバーグ目玉焼きレタスを乗せてケチャップをかけたらでき上がりです。ハンバーグはよく作り置きするのですが、そのままお弁当に入れるのでは飽きてしまうのでロコモコ丼にしました。

ハンバーグをアレンジして簡単にロコモコ丼を作ることができるようです。ママのなかには、生姜焼きや鶏そぼろなどご飯の上に乗せる具を変えて作るという声もありました。

無理せず気楽にお弁当を作ろう

わっぱのお弁当
 Tataya Kudo/Shutterstock.com

家計の見直しやダイエットなどをきっかけにお弁当を持って行こうと考えるワーママがいるようです。お弁当作りは、作り置きや残り物を利用し短時間で作る工夫をしたり、ときには手抜きをしたりして楽な気持ちで作れるとよいかもしれません。

お弁当の簡単レシピを考えたり詰め方にも工夫したりして、お弁当生活を楽しめるとよいですね。

2019年05月24日


3

    YSK
    最近全然できてないな… 来週からまた持っていけるようにしよう

    ゆう先生
    夕飯で余った、唐揚げや春巻きの揚げ物を冷凍しといて、お弁当に入れています。夏場は保冷剤代わりにもなって、自然解凍で美味しいです。 もち米で作ったおこわのオニギリを大量に作って冷凍しています。 もち米は、昼に温めなくても、自然解凍でモチモチで美味しいです!

    OK
    関連してる記事の中に時短料理のコツもあって、わかりやすいです。 食堂があるならそっちでいいかぁと思ってしまいがちですが、ちゃんと出費の管理もしないとですね。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧