子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

生後1カ月の赤ちゃんのお風呂の時間帯はいつ?温度、タイミングなど

生後1カ月の赤ちゃんのお風呂の時間帯はいつ?温度、タイミングなど

生後1カ月の赤ちゃんのお風呂は、時間帯やタイミング、お湯の温度などわからないこともあるのではないでしょうか。泡で出る石鹸や浮き輪など便利なグッズを使うママもいるようです。今回は生後1カ月のお風呂はどうしていたか、ひとりで入れるときのポイントや注意点をママたちの体験談を交えてご紹介します。

生後1カ月の赤ちゃんのお風呂

生後1カ月の赤ちゃんは、1カ月健診で許可が出たら大人と同じお風呂に入れる場合もあるようです。ママたちに話を聞くと、パパの帰りが遅いときなど自分ひとりでどのようにお風呂に入れたらよいのか、お風呂に入れるタイミングはいつがよいのかと心配する声もありました。

健診で許可が出なかったり、ママが不安に感じたりしたときは、今まで通り沐浴をしていたというママの声もあり、赤ちゃんをお風呂に入れることが負担に感じる場合もあるかもしれません。

今回は実際にママたちが赤ちゃんをお風呂に入れるとき、どのようにしてたのかを聞いてみました。

お風呂に入れる時間やタイミング

生後1か月の赤ちゃんをお風呂に入れる時間帯はいつがよいのか、ほかのママはどうしているのか気になりますよね。実際にママたちはどのようなタイミングでお風呂に入れているのでしょうか。

夕方の早めの時間帯

沐浴
CHAINFOTO24/Shutterstock.com

「パパの帰りが遅く、ひとりでお風呂に入れることが心配だったので生後1カ月の頃は沐浴にしていました。寒い時期だったので日差しがある暖かい時間帯に入れました」(30代ママ)

「夕食の準備をする前に沐浴をしていました。家事が忙しくなる前に赤ちゃんのお風呂を済ませて、寝かしつけてから自分はゆっくりお風呂に入りました」(20代ママ)

夕方の早い時間にお風呂に入れていたママに話を聞くと、大人といっしょにお風呂に入れるようになっても、生後1カ月の頃も沐浴をしていたようです。産後はママも湯船に浸かれないので、赤ちゃんは沐浴にして自分は久しぶりのお風呂にゆっくり入ってリラックスをするのもよいかもしれませんね。

夜の寝かしつけ前

「生後1カ月を過ぎて大人と同じお風呂に入れるようになってからは、自分が入るタイミングで入れていました。お風呂のあとの寝かしつけがスムーズでした」(30代ママ)

「入浴後の授乳で夜の寝かしつけをしていたので、赤ちゃんが寝る時間帯に合わせてお風呂に入れていました。毎日できるだけ同じ時間に入れることと、一番風呂に入れることを心掛けました」(30代ママ)

大人と同じお風呂に入れていたママは、自分の入浴時間に合わせたり、赤ちゃんの寝かしつけのタイミングに合わせていたようです。赤ちゃんの生活リズムを整えるためにも、毎日お風呂の時間を同じにすることも、寝かしつけがスムーズにいくポイントかもしれません。

ひとりでお風呂に入れるときのポイント

パパの帰りが遅いときや手助けをしてくれる人がいない沐浴では、生後1カ月の赤ちゃんをひとりでお風呂に入れることに不安を感じるママもいるでしょう。ひとりでお風呂に入れるときのポイントにはどのようなことがあるのでしょうか。

入浴後の準備をしておく

お風呂のタイミング
XseniaArt/Shutterstock.com

生後1カ月の赤ちゃんは、お風呂に入れるときから出るときまでママが抱っこしていることが多いのではないでしょうか。抱っこをしているとママも手が空かず、足りないものや用意し忘れたものがあると困る場合もあるようです。

お風呂から出た後は湯冷めをしないように、赤ちゃんの着替えやタオルなどの準備をしっかりとしておくと慌てることも少なくなりそうです。

便利なグッズを使う

ひとりでお風呂に入れるときに便利なグッズもあるようです。赤ちゃんの体を洗うための石鹸は泡で出るタイプを使っているというママの声もありました。

体を洗うときは赤ちゃんを支えるママの片手がふさがっているので、片手で使えて石鹸を泡立出る手間も省け便利そうですね。赤ちゃんをお風呂で寝かせておけるお風呂マットを使うと、体を洗うときも両手が空くのでお世話もしやすくなりそうです。

ほかにもお風呂で使う赤ちゃん用の浮き輪があるようですが、生後1カ月でも使えるのかなど商品の対象年齢は必ず確認しましょう。

生後1カ月の赤ちゃんをお風呂で気をつけること

生後1カ月の頃は赤ちゃんをお風呂に入れるとき、ざまざまなことを気にかけていたというママの声もありました。実際にどのようなことに気をつけていたのでしょうか。

お湯の温度を確認する

「沐浴も、大人と同じお風呂でもお湯の温度には気をつけました。湯温計を使って40度弱になるように調整していました」(40代ママ)

生後1カ月を過ぎて大人と同じお風呂に入れるようになってからも、沐浴の頃と同じ温度を保つようにしたというママもいました。お湯の温度を調整するためには湯温計を使うと便利そうですね。夏場はぬるめ、冬場は少し高めの温度にするなど季節によって調整するママもいるようです。

入浴時間は短めにする

「沐浴と比べ、大人と同じお風呂は保温性もあるので、湯船に浸かる時間は短めにしていました」(30代ママ)

湯船に入れる時間はだいたい10~15分程度にしていたというママの声がありました。生後1カ月の赤ちゃんも長湯になり過ぎるとのぼせてしまうこともあるかもしれません。季節や赤ちゃんの様子で入浴時間の調整ができるとよさそうですね。

赤ちゃんの様子を確認する

「機嫌が悪くないか、体調は変わりないかなど赤ちゃんの表情や様子を気にかけていました。毎日同じ時間帯にお風呂にいれるようにしていましたが、日によってご機嫌具合が違うときもあり、赤ちゃんの様子に合わせて時間をずらすこともありました」(30代ママ)

赤ちゃんの機嫌が悪いなど、いつもと変わった様子があればお風呂を早めに切り上げたり、時間をずらして入れるようにしたママもいるようです。赤ちゃんの体調や様子に合わせて、無理をさせないよう気をつけるとよいかもしれません。

生後1カ月の赤ちゃんとお風呂の時間を楽しもう

お風呂
CHAINFOTO24/Shutterstock.com

生後1カ月を過ぎると、大人と同じお風呂に入るようになる赤ちゃんも多いのではないでしょうか。お風呂の時間帯や入れるタイミング、お湯の温度はこれでよいのかと悩むママもいるかもしれませんね。

ひとりで赤ちゃんをお風呂に入れることに戸惑うときは、泡で出る石鹸や浮き輪などのグッズを参考にしたり、沐浴を続けたりとママの負担が減るような工夫をしてみてはいかがでしょうか。無理なくママと赤ちゃんのお風呂の時間が楽しめるとよいですね。

2018年04月27日

レクチャーの関連記事
カテゴリ一覧