小さな女の子のキッズメイク。始めるタイミング

小さな女の子のキッズメイク。始めるタイミング

キッズメイクのポイントと意識すること

小さな女の子のいるママやパパのなかには、キッズメイクに興味をもち始めた娘にどのような対応をしたらよいか考える方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、小さな女の子のメイク事情やメイクをするときのポイント、メイクをするときに意識しておきたいことを、ママやパパの体験談を交えながらご紹介します。

キッズメイクについて気になるとき

小さな女の子がメイクをしたがるとき、気になることについてママやパパに聞いてみました。

30代パパ
6歳の娘が、誕生日におもちゃ屋で見たメイクセットが欲しいと言っています。メイクをするにはまだ年齢が早いと思うのですが、小さな女の子はいつ頃からメイクを始めるのでしょうか。
20代ママ
保育園に通う娘が、お友だちがマニキュアをしていたのを見て、メイクをしたがるようになりました。キッズメイクを使う上で、気をつけておきたいことなどはあるのでしょうか。
メイクセットを欲しいと幼い娘に言われて、まだ早いのではないかと考えるパパや、キッズメイクを使う場合に、気をつけておきたいことを知りたいというママの声がありました。親としてはキッズメイクはしない方がよいように思うが、小さな女の子にどのように対応するべきか考えるママもいるようです。

今回は、女の子のキッズメイクの事情やキッズメイクのポイント、キッズメイクを使うときに意識しておきたいことをご紹介します。

子どものメイク事情

ママとお化粧を楽しむこども
Africa Studio/Shutterstock.com

子どもがメイクを始めたタイミングや、どのようなときにメイクするのかを、ママやパパに聞いてみました。

始めたタイミング

30代ママ
3歳になり、ママのメイクに興味をもつようになりました。マニキュアから始まり口紅も塗りたがるので、キッズコスメをプレゼントしました。お出かけのときに、子どもといっしょにメイクの時間を楽しんでいます。
40代ママ
5歳の娘が、メイクをやってみたいと言い始めました。販売されているキッズコスメに、対象年齢は6歳からと書かれていたので、年長のクリスマスプレゼントで用意しました。娘が喜んでいるのを見て、自分の子ども時代もメイクに憧れていたことを思い出しました。
メイクに興味をもち始める年齢は、3歳頃からだったり5歳頃からだったり、子どもによってさまざまなようです。メイクをしてきれいになったママの姿や、メイクアイテムのおしゃれなデザインは、小さな女の子の心をくすぐる魅力があるのかもしれません。

女の子がキッズメイクを欲しがるので買ったところ、実際はあまり使わず、飾ったり眺めたりして楽しんでいる様子だったというママの声もありました。

メイクをする場面

30代パパ
発表会や七五三などの行事のときに、キッズメイクをしています。はじめは面白がっていた娘も、何度かやっているうちに飽きたようで、やりたがらなくなりました。
20代ママ
保育園に通うときにはメイクはしない約束で、休みの日に出かけるときには、ネイルやリップなどを楽しんでいます。
キッズメイクはイベントのときやお出かけのときにだけするという、ママやパパの声がありました。娘にメイクしたところ、気持ちが落ち着かない様子で、すぐにメイクを落としたいと言われたというママの声もありました。

キッズメイクのポイント

せっかく小さな女の子にメイクをするなら、かわいらしくしてあげたいですね。キッズメイクのやり方のポイントを、ママたちに聞いてみました。

ナチュラルな雰囲気を大切に

30代ママ
厚化粧にならないよう、ナチュラルな色味のものを使うようにしています。子ども自身も、ほんのり色がつく程度で満足している様子です。
小さな子どもにメイクをするときは、ほんの少し色をのせる程度のナチュラルメイクを心がけているというママの声がありました。キッズメイクでは濃い色を避け、子ども本来のかわいらしさを失わないようにメイクをするとよいかもしれません。

ポイントメイクを意識して

40代ママ
子どものきれいな肌を活かしたいので、ファンデーションは塗らずに口紅と眉毛をほんの少し足す程度のポイントメイクを楽しんでいます。それだけでも十分、娘は満足している様子です。
子どもの美しい肌を活かして、ファンデーションは塗らずに、ポイントメイクを楽しんでいるというママの声がありました。ポイントに少し色をつける程度でも、いつもと違う雰囲気になり女の子も喜んでくれそうです。

キッズメイクを使うときに意識したいこと

顔を洗う子ども
Tatyana Vyc/Shutterstock.com

キッズメイクを使う上で、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

簡単に落とせる

20代ママ
除光液を使わずにぬるま湯で落とせる水溶性のマニキュアや、メイク落としを使わなくても石鹸で簡単に落とせるリップなど、肌への負担が少ない素材のものを選びました。
キッズメイクは、ぬるま湯や石鹸で簡単に落とせるなど、肌への負担が少ない素材を選ぶことも大切かもしれません。他にも、あまり長い時間メイクをしたままにしないように、外出先から帰ったらすぐに落とすようにしていたというママの声もありました。

メイクの成分

40代ママ
大人のメイク用品は、子どもの肌には刺激が強いこともあると聞きました。キッズメイクの配合成分は、子どもの肌への刺激が少なく安全なものかどうかを確認しました。
メイク用品の成分は、大人にはよくても、子どもの肌には刺激が強いものもあるようです。子どものきれいな肌を保つためにも、肌に優しい素材を選んであげられるとよいですね。

キッズメイクは子どもらしさを大切に

ママとお化粧するこども
Yuganov Konstantin/Shutterstock.com

幼い子どもがメイクに興味をもち始め、どのように対応するとよいのか考えるパパやママの声がありました。小さな女の子のキッズメイクでは、ナチュラルな色味のものを使い、ポイントメイクにするなど、子ども本来のかわいらしさを活かすメイクを意識するとよいかもしれません。

子どもの肌に刺激が少ない優しい素材を選び、長時間つけたままにしないことも大切なようです。ママといっしょにメイクの時間を楽しむなど、小さな女の子のおしゃれ心を満足させてあげられるとよいですね。

2020年01月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧