お宮参りのときの上の子の服装はどうする?男の子女の子それぞれのコーデ

お宮参りのときの上の子の服装はどうする?男の子女の子それぞれのコーデ

お宮参りに行くときに、上の子はどのような服装にすればよいか悩むママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、お宮参りのときの上の子の服装はどのようなものを着せたのか、男の子、女の子それぞれのコーデをご紹介します。

お宮参りで上の子の服装はどうした?

新しく生まれた赤ちゃんのお宮参りは、家族全員でお参りに行きたいと考えているママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんや親の服装は悩むことなく決まったけれども、上の子の服装で悩むというママもいるようです。

「お宮参りの服装は大人はスーツで赤ちゃんはベビードレスと決まっていたのですが、上の子の服装を何にするか困りました」(20代ママ)

「下の子のお宮参りのとき、上の子の服装選びで迷いました。写真撮影もするのでなるべくきれいな服装をさせてあげたいと思うのですが、新しく購入するべきか、ある服で済ませるか、すごく迷いました」(30代ママ)

お宮参りのとき、赤ちゃんや親の服装は悩まなかったけれども、上の子の服装で悩んだというママの声がありました。赤ちゃんのお世話などで上の子の服装まで気が回らなかったというママもいるようです。主役の赤ちゃんを中心に考えながらも、上の子が喜んでお参りに行けるような服装を選んであげられるとよさそうですね。

お宮参りで上の子が女の子のときの服装

お宮参りで上の子が女の子の場合、どのような服装でお参りに行けばよいのでしょうか。女の子のお参りのときのコーディネートを季節別でご紹介します。

春夏

「下の子のお宮参りの少しあとに、上の子の入園式が控えていたので、入園式でも着れるように、白い襟付きの紺色のワンピースを購入しました。上の子はとても喜んで、はりきってお参りに参加していました」(30代ママ)

「三姉妹なので雰囲気を揃えたいなと思い、赤ちゃんは白のベビードレス、上の子2人は白のシャツワンピースを着せました。写真を見てもまとまりがあってとてもよかったです」(30代ママ)

お宮参りのときは少しおめかしして、入園式などでも使えるお出かけ用の洋服を選んだというママの声もありました。また、普段使いしている洋服を組み合わせて、きちんと見えるようにコーディネートしたというママもいました。夏のお参りのときは暑いので、子どもが着やすいものを選ぶようにするのもよいかもしれません。

秋冬

「普段からよく着ているグレーのカットソーにあう、チュール素材の黒いスカートを購入しました。秋だったので、ハイソックスをはかせて寒さ対策しました」(30代ママ)

「白いブラウスに黒のジャンバースカートを着せ、寒くないようにカーディガンを着せました。シンプルかなと思い、衿元にリボンをつけてかわいらしくコーディネートしました」(30代ママ)

女の子の秋冬は、落ち着いた色合いで統一しながら、リボンなどのアイテムでかわいく仕上げるのもよい方法かもしれません。上から下まで新しい服を購入しなくても、トップスだけ、スカートだけなど、部分的に新しいアイテムをそろえるだけでも子どもは喜んでくれそうです。冬の時期のお参りでは寒くないようインナーをしっかり着させたというママの声もありました。

お宮参りで上の子が男の子のときの服装

神社
iStock.com/somchaij

お宮参りで上の子が男の子の場合はどのような服装でお参りに行けばよいのでしょうか。男の子のお参りのときのコーディネートを季節別でご紹介します。

春夏

「パステルブルーの長袖襟付きシャツにベージュの短パンをあわせました。パパと同じ色のズボンだったので、嬉しそうにはいていました」(20代ママ)

「白い半袖襟付きシャツに黒い半ズボンで行きました。ズボンが緩かったのでサスペンダーを買ったのですが、蝶ネクタイが売っていたので、いっしょに購入してつけて行きました」(20代ママ)

春や夏は全体のコーディネートが重くなりすぎないよう、さわやかさを感じる色の服を着せるとよいかもしれません。普段着を活用する場合も、ラフになりすぎないようにTシャツではなくポロシャツにすると、きちんと感が出せそうです。夏のお参りのときは動きやすいように、半ズボンなどを選んであげられるとよいかもしれません。

秋冬

服
© Studio KIVI - Fotolia

「白い長袖シャツにVネックのベストをきせて、黒いズボンをはかせました。ベストは新しく買いましたが、それ以外はもともと持っていたものを着せました」(30代ママ)

「白い襟付きのシャツにセーター、長ズボンを着せました。黒色のブルゾンがあったので、それを上から着せて寒さ対策していきました」(30代ママ)

寒い時期のお参りは、赤ちゃんだけでなく上の子の寒さ対策も気を使いますよね。荷物が多くなる場合は、厚手のジャンバーなどを車に用意しておくのもよいかもしれません。長いズボンを履く場合でも、カジュアルになりすぎないようにジーパンなどは避け、黒や紺などのチノパンを履くようにしたというママの声がありました。

上の子の服装で気をつけること

お宮参りのときの上の子の服装で気をつけたほうがよいことはあるのでしょうか。ママたちに、どういうことに意識したのか聞いてみました。

家族でテイストをあわせる

「主役の赤ちゃんがベビードレスだったので、いっしょに行く家族も全員洋装にしました。上の子の服もなるべく落ち着いた色を選んで、主役の赤ちゃんが目立つように気をつけました」

いっしょにお宮参りに行く家族で服装のテイストをあわせたというママがいました。赤ちゃんやママが着物を着るので、上の子の着物もいっしょにレンタルし、和装で揃えたというママの声もありました。祖父母もいっしょにお参りする場合は、どのような服装を着ていくのか、事前に相談できるとよいかもしれません。

なるべく着慣れているものを選ぶ

「一着くらいきちんとした服があればよいかと思いましたが、着慣れない服装をして、上の子がぐずると大変なので、着慣れた服を着てお参りにいきました」(30代ママ)

「洋服は普段着を着せる予定だったので、靴だけ新しいものを買いました。新品で履いて疲れると困るので、一週間くらいはかせて慣れさせるようにしました」(30代ママ)

下の子のお宮参りについていけば、上の子も疲れてしまうこともあるかもしれません。移動や待ち時間の間でも窮屈にならないよう、なるべく着慣れている服の方がよいかもしれませんね。靴を新しくする場合は、当日までに履きなれておくようにするとよさそうです。

家族で素敵なお宮参りを

お宮参り
© amarettomilk - Fotolia

ママたちはお宮参りのときの上の子の服装を、持っているものを上手に組みあわせたり、新しく買い足したりしながらコーディネートしているようです。男の子でも女の子でも、着やすさを意識しながら服装を選んであげるとよいかもしれません。家族全員で服装の雰囲気をそろえながら、素敵なお宮参りができるとよいですね。

2018年11月10日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事