子どもの誕生日を祝うとき。お祝いの仕方やプレゼントの選び方など

子どもの誕生日を祝うとき。お祝いの仕方やプレゼントの選び方など

年に1度の子どもの誕生日。1年の成長を感じながら、生まれてきてくれたことに感謝する1日を、盛大にお祝いしたいと考える家庭も多いのではないでしょうか。今回は、ママたちに聞いたお祝いの仕方や食事メニュー、プレゼントの選び方などについてご紹介します。

子どもの誕生日はどうお祝いする?

初めて迎える子どもの誕生日は、どうお祝いしたらよいかと迷うこともあるでしょう。一方で、毎年定番化した祝い方になってしまうため、ほかの家庭での祝い方について知りたいという方もいるかもしれません。

子どもの誕生日をどうお祝いしているのか、ママたちに聞いてみました。

お出かけをする

子どもの誕生日に、思い出に残る体験をしてもらいたいと考え、お出かけをする家庭は多いようです。ママたちは、子どもが行きたい場所や誕生日特典のある場所、天候に関係なく楽しめる場所などから、候補を絞って選んでいるようです。

実際にお出かけした場所について聞くと、テーマパークや水族館、温泉旅行などの声がありました。子どもの年齢やどのように過ごしたいかなどを考え、日帰りのお出かけにするか、泊まりでのお出かけにするかを決めてもよいかもしれませんね。
kai keisuke/Shutterstock.com
kai keisuke/Shutterstock.com

レストランで食事をする

毎年自宅でのお祝いが定番化しているという場合は、気分を変えてレストランでお祝いしてみてはいかがでしょうか。バースデーケーキやデザインプレートといったプレゼント、キャラクターの着ぐるみと記念写真など、子どもの誕生日をお祝いするサービスを提供しているレストランは多いようです。

子どもの誕生日にレストランを利用するときは、個室があるか、子どもの好きなメニューがあるか、授乳室やキッズトイレがあるかなどのポイントを、事前に確認しておくとよいかもしれません。

サプライズをする

子どもが好きなキャラクターで全体をデコレーションしたイラストケーキや、キャラクターから子どもに向けてメッセージが届くキャラレターなどで、子どもの誕生日にサプライズを行ったママもいるようです。

サプライズを成功させるには、いずれも事前の準備が大切でしょう。誕生日当日に間に合うよう、早めに予約をするなどしておくとよいかもしれませんね。

子どもの誕生日パーティーをするとき

自宅で誕生日パーティーをしてお祝いするのも、子どもの誕生日の定番の過ごし方かもしれません。マママたちに聞いた、パーティーを楽しむためのアイディアをご紹介します。

部屋を飾り付ける

パーティーを華やかに演出するために、バルーンアートやウォールステッカー、ガーランドなどで部屋の飾り付けを行ったママがいるようです。「HAPPY BIRTHDAY」の文字や、子どもの年齢の数字など、さまざまなアイテムが売られているようなので、子どもの好きな色や自宅の雰囲気に合うデザインのものを選ぶとよいかもしれません。

準備した飾りは、写真撮影をすることも考えた場所に飾るとよさそうです。1歳頃は座って写真を撮れるよう低い高さに、2~3歳頃は動きが活発な子どもの手が届かない位置など、子どもの身長や様子に合わせた位置に飾ったというママの声がありました。
SDammer/Shutterstock.com
SDammer/Shutterstock.com

子どもがよろこぶ料理を作る

誕生日パーティーで欠かせないのは、やっぱりごちそうですよね。どのようなメニューを作ったのかママたちに聞くと、オムライスやグラタン、手巻き寿司やパエリアなど、子どもが好きなメニューを作ったというママの声は多くありました。

誕生日のデザートは、ケーキが定番という家庭も多いでしょう。洋菓子店やネットショップで購入するほか、子どもの年齢に合わせて、食べられる食材を使ったり、砂糖やクリームの量を調節したりして手作りをしたという声も。混ぜる工程や飾り付けなど、子どもにできることをお願いして、親子でいっしょにケーキ作りを楽しんでもよいですね。

【年齢別】子どもの誕生日に選ぶプレゼント

子どもの年齢に合った誕生日プレゼントが知りたいという方もいるでしょう。実際にママたちが選んだプレゼントについて、年齢別にご紹介します。

1歳

子どもの1歳の誕生日プレゼントに、実際に乗って遊べる乗り物のおもちゃや、積み木や楽器など知育系のおもちゃなどを選んだママがいるようです。1歳ならではのプレゼントとして、オーダーメイドの絵本や、一升餅背負うためのベビーリュックを贈ったという声もありました。

1歳の子どもへの誕生日プレゼントは、成長や様子に合わせたものを選ぶとよさそうです。子どもが興味を示しているものや、口に入れても安全な素材でできているものなどをポイントに選んだというママの声があったので、参考にしてもよいかもしれません。

2歳

子どもの2歳の誕生日プレゼントについて聞くと、お絵かきボードや水で落とせるクレヨンなどのお絵かきグッズ、ままごとセットやお世話人形などのごっこ遊びのおもちゃといった声がありました。

2歳頃になると、体の動きが活発になったり、手先が器用に使えるようになってきたりする子もいるようです。三輪車や室内用ジャングルジムなどの体を動かして遊べるものや、ブロックやパズルなどの指先を使って作品を完成させるようなおもちゃをプレゼントしたというママもいました。
iStock.com/kohei_hara
iStock.com/kohei_hara

3歳以上

3歳を過ぎると、子どもの好みや興味がはっきりとしてくる場合もあるのではないでしょうか。女の子のママたちからは、アクセサリーやプリンセスドレス、キッズ包丁など、男の子のママたちからは、タブレット型知育おもちゃやキックスケーター、自転車など、さまざまな声がありました。

5歳頃になると、身につけられるアイテムとしてだけでなく、時計の見方の勉強にもなると考え、腕時計をプレゼントする家庭もあるようです。腕時計を身につけるようになってから、時間に興味を持つようになり、規則正しい生活が送れるようになったというママの声もありました。

子どもの誕生日にプレゼントする絵本

誕生日プレゼントとして、子どもに絵本を贈りたいと考える方もいるかもしれません。

1歳の子どもには、目で見て楽しめる絵本が向いているようです。どのような絵本を選んだかママたちに聞くと、布絵本や音が出る絵本といった声がありました。この時期は、ストーリーというよりも、見たり触ったりして楽しめるものを選ぶとよいでしょう。

2歳を過ぎると、徐々にストーリーも理解できるようになってくるようです。飛び出すしかけ絵本やオノマトペ絵本、強く興味を持っているものがあれば図鑑を贈ってみてもよいかもしれませんね。

子どもの誕生日を特別な1日に

iStock.com/kyonntra
iStock.com/kyonntra
年に1度の子どもの誕生日に、ママたちはお出かけをしたり、自宅で誕生日パーティーをしたりしてお祝いをしているようです。パーティーでは、バルーンやガーランドなどで部屋を飾り付けたり、子どもが好きな食事のメニューを作ったりして、盛大にお祝いすると子どもがよろこぶかもしれません。

誕生日プレゼントは、子どもの成長や興味に合わせて選ぶとよいようです。知育につながるものや、体を動かせるもの、コミュニケーション力を育めるものなど、ただおもちゃとして遊べるだけでなく、子どもの特性を伸ばせるものを選べるとよいかもしれません。

子どもの誕生日が、家族みんなの思い出に残る、特別な1日になるとよいですね。

2021年01月25日

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ