内祝いに贈るおすすめのハンドクリーム。香りや素材にこだわったハンドケア

内祝いに贈るおすすめのハンドクリーム。香りや素材にこだわったハンドケア

内祝いに贈るハンドクリームを選ぶポイント

内祝いにハンドクリームを贈ろうと思ったとき、どのようなハンドクリームを選べばよいのか悩むママもいるかもしれません。ママたちは内祝いにどのようなハンドクリームを頂くとうれしいのでしょうか。今回は内祝いを贈るときに気をつけることや、内祝いに贈るとよろこばれるおすすめのハンドクリームをご紹介します。

ママたちが内祝いに贈ったもの

子どもの出産や入園、卒園など、さまざまな節目にお祝いを頂くことがあるでしょう。お祝いを頂いたお返しに何を贈ったらよいのか悩むママもいるかもしれません。

ママたちは内祝いにどのようなものを贈ったのでしょうか。内祝いを贈るときに気をつけたことと併せて聞いてみました。
30代ママ
贈る相手が好みの商品を選べるよう、入園時も入学時も内祝いにカタログギフトを贈りました。頂いたお祝いの金額に見合ったカタログを、それぞれのご家庭に贈るように考慮しました。
30代ママ
ママ友からちょっとした出産祝いをもらったとき、内祝いにボディソープを贈ったことがあります。ママ友同士の場合は、お互いに負担にならない金額で選ぶようにしています。
40代ママ
卒園の内祝いでだしのセットを贈りました。お祝いを贈るときもそうですが内祝いを贈る時期についても前もって調べ、贈るタイミングに失礼のないよう気をつけています。
30代ママ
ハンドクリームはママ友の誕生日プレゼントにもよく選ぶのですが、出産祝いのお返しにも気兼ねなく贈れるハンドクリームを選び、とてもよろこばれました。
ママ友から頂いた出産祝いのお返しには、ボディソープやハンドソープなど気軽に贈れるものを選んでいるというママがいました。いただいたお祝いに合わせて、内祝いを選びましょう。

ハンドクリームなど日常や外出時に使える、使用頻度の高いギフトは、もらうとうれしいプレゼントの一つですよね。ハンドクリームは単品やセットなどさまざまな組み合わせで贈ることができるため、相手に合わせて内祝いを考えるとよさそうです。

ママ友同士だと2人目や3人目の出産祝いなど、今後もお祝いごとが続くかもしれません。お互い負担にならず、気兼ねなく贈り合えるものを選ぶとよいかもしれませんね。

頂いたときうれしいのはどのようなハンドクリーム?

ハンドクリーム
Africa Studio/Shutterstock.com
内祝いにハンドクリームを贈るとき、どのようなハンドクリームを贈るとよろこんでもらえるのか知りたいママもいるでしょう。

どのようなハンドクリームを頂くとうれしいのかを、ママたちに聞いてみました。

香りが好み

30代ママ
ベルガモット、ゼラニウム、ゆず、さくらなど、好きな香りのハンドクリームを頂くとうれしいです。
40代ママ
無香料のハンドクリームが好きです。香りによっては香水の妨げになるので使いにくいと感じることもあります。
40代ママ
香りが強すぎると外出時には気になることがあり家用にしています。家族が嫌がる場合は自室でのみ使っていたハンドクリームもありました。
30代ママ
子どもにご飯を食べさせたりいっしょに遊ぶときにも気にならない、ほのかな香りのハンドクリームが好きです。
好きな香りのハンドクリームを頂くとうれしいというママの声がありましたが、ハンドクリームの香りがいつまでも残ると気になるというママもいました。

ほのかに好みの香りがたのしめるハンドクリームを贈るとよさそうです。あらかじめママ友にどのような香りが好みなのか、情報収集できるとよいかもしれませんね。

使い勝手がよい

40代ママ
塗ったあとに、水に触ってもヌルヌルしないハンドクリームが好きです。
30代ママ
私は乾燥肌なので、時間がたってもしっとり感が持続しているハンドクリームはもらって嬉しく思います。
ハンドクリームを塗ったときの肌ざわりにこだわりを持っていたり、しっとり感が持続するハンドクリームを好んでいるというママがいました。

毎日使いたいと思える塗り心地のハンドクリームなのかどうかも、ハンドクリームを選ぶときのポイントになりそうですね。

素材にこだわりがある

30代ママ
オーガニック系のハンドクリームが好きです。肌にやさしいイメージなので安心して使えます。
40代ママ
エッセンシャルオイルのハンドクリームを愛用しているので、贈り物でエッセンシャルオイルのハンドクリームを頂けるとうれしいです。
肌への負担を軽減したいという理由から、オーガニックやエッセンシャルオイルのハンドクリームを使いたいというママの声がありました。

ハンドクリームを贈るときは、使われている成分をチェックしてから選ぶとよいのかもしれません。

内祝いにおすすめのハンドクリーム

贈ってよろこばれる、素材にこだわったハンドクリームはどのようなものがあるのでしょうか。

生活の中に、香りを楽しむアイムを【ロクシタンオンラインショップ 】

世界中で愛用されているロクシタンのハンドクリームは、プロヴァンスのライフスタイルを思わせる豊富な香りが揃っているようです。

ロクシタンのハンドケアアイテムに配合されているシアバター、はちみつ、アーモンドオイルなどの天然の保湿成分が、疲れた手肌をみずみずしく潤してくれます。

みんなが憧れるうるおい肌に!【ヴェレダ公式オンラインショップ】

ヴェレダはスイス生まれのオーガニックコスメです。植物由来の成分にこだわっているので、赤ちゃんから大人まで使える製品が揃っているようです。

全身用集中保湿クリームは、肌荒れしやすい肌を深い潤いで包み込み、ふっくら柔らかい肌へ整えてくれます。ハーブエキスが肌を乾燥からしっかりと守り、手だけでなく肘やかかと、爪など、特に乾燥して硬くゴワついた部分のケアにも使えるようです。

イギリスの自然派化粧品ブランド【ボディショップ】

ボディショップのハンドクリームは香りの種類が豊富で、オンライン限定商品も販売しているようです。 ハンドクリームにも自然の恵みが詰まっており、豊かな香りと、心地よい使用感がたのしめるようです。

新商品も続々登場しており、メッセージカードサービスがあるのもうれしいポイントですね。

内祝いに贈ってよろこばれるハンドクリームを選ぼう

小さなプレゼント
Rido/Shutterstock.com
ママ友同士のお祝いや内祝いには、気兼ねなく贈りあえるプレゼントを選ぶとお互い気をつかわずよいのかもしれませんね。

自分では選ばないような素材にこだわった自然派ハンドクリームは、子どもと触れ合うママにとってうれしい贈り物かもしれません。

香りや使いやすさなど相手の好みを考えながら、内祝いに贈ってよろこばれるハンドクリームを選べるとよいですね。

2020年02月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧